更新情報をプッシュ通知でお知らせ

ママ友いないまま入園【体験談】ぼっちママが初めて知る幼稚園に入った後のこと

ママ友とかめんどくさいなぁーーー!!と思っている、新入園児ママのあなた!

いよいよ入園の日が近づいて来ましたね。

入園までの4年間、児童館にも行かず公園デビューもせず、ママ友の世界を避けるように過ごし、ぼっちママのまま子どもを入園させた私…

 

つまりは、ぼっちママの達人!

 

でございます。

息子は平成最後の春に年長になります。

今あなたは、ご自身にママ友がいない事で、『何か困る事があるのでは…』とか『入園式、知り合い1人もいなくて大丈夫かなぁ…』なんていう不安を感じている事と思います。

ついでに言えば、自分だけでなく子ども同士の関係にまで悪影響が及ぶのでは…と心配しているのではありませんか?

 

でも大丈夫!

 

結論から言うと、ママ友がいないお母さんも、あえて群ないお母さんも沢山います!

今日は、ママ友情報ゼロ、1人目入園で何の予備知識もなかった私が、入園後に「ちょっと驚いたこと」や「困ったこと」を中心に、まとめていきます。

これを知っておけば、入園後の流れがわかり、心の準備が出来ますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

入園式は知り合い同士で群れてる暇はないので気にしないで大丈夫

しょっぱなから悪目立ちすると、変なお母さんに目を付けられかねないという警戒心から、存在を消す事に徹底した入園式。

 

意外だなと思ったのは、ママ友同士でキャッキャ言い合っている人はほぼいず、そんな時間もないという事ですね。

 

しょっぱなから疎外感を感じてしまうのではないかと不安だったのですが…

あれよあれよという間に終わりました。

 

しかも、入園式といえば、正門前やシンボル的なモニュメントなどの前で撮影をする人が多いですよね。

その行列に並ぶタイミングやら何やらで、びっくりするほどあっさり終わります。

 

入園式の後にクラスごとに教室に集まりましたが、子どもたちがいますし、更にはパパもいるので、同じクラスにどんなママ達がいるのかもよくわからぬまま終わりました。

 

 

入園直後の保護者会は自己紹介に警戒を!

問題は、数日後に行われる【保護者会】。

 

のっけから自己紹介。

 

いやいやいやいや、書いといてよ!!!!!!
自己紹介なんて、そんな簡単に、思い浮かぶ?!

こういう時、ぼっちママだと何の予備知識もないので辛いですね。

当然、ぶつけ本番で自己紹介ですよ私は。
ぶつけ本番で絶対失敗できない感じ。

 

めっちゃ辛かったです…

 

ラッキーな事に私が座っていた場所からは離れた方からのスタートでしたので、だいぶ年下であろう先輩方の自己紹介を聞き参考にさせてもらう事にしました。

話す内容はみなさん大体このような感じ。

 

 

○○の母です。○○は3人兄弟の1番下で、ちょっと我儘というか…ご迷惑お掛けする事もあるかも知れませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

△△の母です。私はフルタイムで働いているのでお迎えも遅くて、あまり皆さんと会える機会が少ないと思うのですが、1年間よろしくお願いします。

 

 

みなさん緊張している様子もなくすらすらと自己紹介してるんですよ。

でも、すらすら自己紹介している方って、だいたい上のお子さんがいらっしゃって、第1回目の保護者会を経験されているんですよね。

私はというと、しどろもどろにこんなことを言った…はず、確か。

緊張しすぎて記憶が曖昧。

 

息子はひとりっ子で、私が外に出たがらないタイプなので、ほぼ初めてお友達に接します。ご迷惑お掛けするかも知れませんが、1年間よろしくお願いします。

 

この時、入園児に配られた名簿を持参し何か記入しているお母さんもいました。

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・どんな事、書いてるんですかね?w

 

あとは、役員(息子の園は手伝い係という軽い感じのもの)を決めて行きます。

これは園によってだとは思いますが、息子の園では「手伝い係をやりたい!」というお母さんの立候補でほぼ埋まります。

 

幼稚園は短いので、本当にあっという間に終わってしまうんですよね。

上の子がいるお母さんたちはそれを知っているため、役員を買って出るケースが多いのではないかと感じました。

 

 

4月・5月生まれの子どものママは辛いかも?初めてのお誕生会

これも幼稚園によって違うと思いますけども。

幼稚園のお誕生会に、親も呼ばれるケースがあるって、知ってました?

 

いやいやいや、いいですよね微笑ましいですよね、子どもたちが歌って踊ってお祝いして、超可愛いですよ確かにね。

 


問題はその後の会食ね

 

園児全員でうわぁ~っと盛大にお祝いしたと思ったら、園児はきゃぁ~っと教室に戻り。

お母さんたちだけで会食。

 

なくない?w

そんな突然、園児がいなくなるなんて思ってなくない?w

 

最初から「保護者だけで会食してもらいます」とか書いといてくれてもよくない?w

書いておいてくれればさ、会食は不参加にしましたよ?????!!!!

 

息子は幼稚園バス通園なので、同じクラスのお母さんと顔を合わせたの、保護者会1回だけなんです。

 

知り合いが一切いない中、給食を食べる修行。

ジューシーさがないハンバーグとぽそぽそのコッペパンを、ただでさえ緊張でカラッカラになっている口の中に運ぶという、1人ぼっちの修行。

 

他のお母さんたちは上の子の繋がりとかで、何となくかたまって話してる。

同じクラスのお母さんが1人いらしたので同じテーブルで会食しましたが、この時ばかりは本当に苦行でした。

 

当時の私に今の私が1つアドバイス出来るなら、年少の誕生会後の会食は不参加にしとけよってことを伝えたい。

 

春の親子遠足、ぼっちが怖いからってパパを連れて行ってはダメ!

入園から1ヶ月半もすれば、春の親子遠足があります。

 

春の遠足は、ぼっち母にとってターニングポイント。

ここで「どうせぼっちだし、パパにも来てもらう」なんていう考えでいたら、いつまでも顔見知りのお母さんは出来ません。

 

遠足というのは、自分の子どもがどんな子と仲が良いのか、その子の親がどんな人なのかを知る絶好のチャンスですし、何なら顔見知りになるチャンスでもあるんです。

 

私の地域の幼稚園の遠足といえば、アスレチックや牧場がある広大な有料レジャー施設に行くのが定番。

流れとしては集合をして体操をしてお昼を食べ、その後スタンプラリーという名の自由行動といった感じです。

 

お昼ご飯はクラスごとに集まって食べるような決まりがあるし、遠足は基本的に子どもと常に一緒に行動するので、あまり修行感ありませんでしたね。

 

幼稚園恒例お菓子交換タイムが始まると、親の都合関係なく子ども同士で盛り上がってくれます。

仲の良い子同士集まって手を取り合って、めっちゃ笑顔を弾ませて楽しそうに遊んでる。

 

○○君のお母さんですよね?うちの息子がいつも遊んでもらってるみたいで、ありがとうございます!

 

こんな風に声を掛けてくれるお母さんがいたりして、割とどうにかなります。

 

児童館にも連れて行かず、公園も殆ど行ったことがなく、入園まで同年代の子と遊ぶ機会のなかった息子でも、普通にお友だち作っていて、ぶっちゃけ、親の余計な心配が入り込む余地はありませんでした。

 

あれよあれよという間に子どもたちに引率されて、息子の仲良しの子とそのお母さんとスタンプラリーを回る事になったのです。

 

子どもは子どもなりに既に小さな社会を形成しているんだなと感じた年少の遠足。

 

親がぼっちであろうが何だろうが子どもにとっては関係のないこと!

 

子どもたちのおかげで、お母さん同士のコミュニケーションも深まり、少し顔見知りのお母さんが出来る、それが親子遠足です。

 

 

ライングループの参加不参加はどっちでもいい感じ

幼稚園へ入園させて困るのがLINEグループに入るかどうかって言う問題ですよね。

え?私だけ?w

 

私自身はというと、年少の時はライングループへは参加せずに1年終えました

 

ライングループに参加しない事で、特に困る事も疎外感を感じる事もありませんでしたが…

年中になって参加してみると、他のお母さんが撮影した写真などを貰うことが出来たり。

運動会で「この辺に場所取りをするとそのクラスの演技が見やすい」という情報をもらえたり、嬉しい事も多かったんです。

 

LINEグループでいちいち返事しないっていうタイプの人ももちろんいて、だからといってその人が何か言われるような事もありませんでした。

なので、ひっそり参加しても良いと思います。

 

ランチ会は不参加でも全く問題なし

息子の幼稚園は、公には茶話会やランチ会を禁止しています。

だから不参加でも全く問題なし。

 

それでも「ランチ会に参加しないと情報が得られないのでは」って言うお母さんいますけど、ランチ会や茶話会で仕入れられる情報なんて、必須事項じゃないから全く問題ないです。

 

特に、お受験がある私立幼稚園ならまだしも、幼稚園型認定こども園なら日中はお仕事に出ているお母さんも多くいます。

そういうお母さんはランチ会に参加したくても出来ませんからね。

 

で、年少最初のランチ会。

欠席したのは22名中2名のみ!!
そのうちの1名はもちろん私です。

 

やっぱ参加した方がいいんじゃん!!!

…そう思いましたか?

でも大丈夫。

初回のランチ会に2名不参加だった事で『え?ランチ会参加しないのもアリ??』、そう思ったお母さんたちが、次のランチ会を欠席し、その次も欠席し…

最終的に10名も集まらなくなりました。

 

どうしても、初対面の人とランチをするのが苦手、そういう方は無理をしなくても大丈夫。

 

参加していない時に名前すらあがりませんよ!

 

 

ぼっちママでも孤独ママでも、顔見知りぐらいはできるから安心して

夏休みに入る頃には、顔見知り程度のお母さんも出来てきます。

私はそもそも園に行く用事が圧倒的に少ない園を選びましたが、それでも土曜日の自由登園や延長保育では園に送り迎えが必要。

そういう時、「いつもは仲良しのお母さんとばかり話しているようなお母さんが1人で来ていてばったり出くわす」なんていう事があります。

 

きちんと挨拶を交わすようにしてさえいれば、自然と会話に繋がったり、次に会った時に声を掛けてくれたりしますよ。

 

でも同じクラスのお母さんとの交流より、園バスを利用するのであれば同じバス停のお母さんとのお付き合いの方が重要ですね。

バス到着に少し遅れてしまう時などは、園に連絡するよりお母さん同士連絡を取り合った方が早いし、学区が同じなので小学校に上がってもお付き合いが続きます。

 

ママ友いないまま入園【体験談】ぼっちママが初めて知る幼稚園に入った後のこと さいごに

入園前は『幼稚園のママ友界はドロドロしててめんどくさい』という噂ばかりで疑心暗鬼になっていましたが、全くそんな事なく拍子抜け。

 

お母さん同士がどうであれ、子どもたちは子どもたちで勝手に仲良くなります。全く心配なし。

 

人として礼節をわきまえた行動をしていれば大丈夫。

 

息子がもうすぐ年長になる今感じるのは、もう少し気楽に楽しめばよかったなということ。

めんどくさい事に巻き込まれたくないと警戒するあまり、たった3年しかない幼稚園生活の少なくとも1年を丸々、警戒する事だけに費やしてしまったようなもの…

噂では悪意ある人ばかりが取り上げられていますが、実際はそんな人の方が圧倒的に少なく、少なくとも私の周りには、素敵なお母さんしかいません。

 

結論!

 

噂よりさっぱりした世界!

 

過剰に不安になりすぎず、肩の力を抜いて、短い幼稚園生活を楽しんでくださいね。

この記事があなたの役に立ちますように!

Copyrighted Image