今年最後の ビッグセールはここから

【4歳で卒乳】メリットデメリット以前に自分でも長期授乳は気持ち悪いと思ってる

断乳という苦労をしたくなかった私は、「自然卒乳」という体の良い流れを選ぶ事にし、なんと!!!四歳まで授乳をしておりました!

そんな我が家の授乳事情、卒乳事情、長期授乳で虫歯はどうなの?その辺のデリケートな話題を書いていきたいと思います。

私の長期授乳に対する考え方

最初にお話ししておきたいと思います。

私は長期授乳を積極的に取り入れたくてした訳ではありません。
その考え方は今でも同じで、どちらかというと・・・いやはっきりと惰性で行っておりました。

長期授乳していると、なんていうか・・・叱らない育児をしている層や自然派ママと同じようなくくりにされてしまう事が多いんですけど、違います。

愛情をたっぷり与えたくて長期授乳していた訳ではなく・・・

「こいつ、いつまで飲むつもりなんだ??」

と思いながら授乳をしてました(☝ ՞ਊ ՞)☝

授乳中にスマホ使ってました。むしろ授乳中はスマホタイム

よく育児書や育児サイトなんかに「授乳中に母親がスマホを見る事は害悪」みたいな事書かれていますけど、私は授乳時間=自分の休息という扱いでしたので、平気でスマホ見てましたしね。

 

何が悪いねん

 
お母さんはね!!
授乳を終えたら家事もしなきゃなんないし、子供の遊びにも付き合わなきゃなんないし、子供がかまってかまってっていう時期はかまわなくちゃなんないし、見て見てっていう時期は見てあげたいし、喋るようになったら聞いて聞いてって言うし・・・
 

授乳中しか子供が静かな時ないのよ。

 

  • 授乳中は赤ちゃんの目を見ましょう
  • 授乳中にお母さんがスマホを見ていると、赤ちゃんがサイレントベビーになります
  • お母さんがスマホを見ているとお母さんに対する愛着が育ちません
  • 赤ちゃんはお母さんが自分に集中していない事に気付いています

 
これだいたいオッサンが言ってるからね。

では、そんなオッサンに聞く。
お母さんはいつ息抜きしろっていうのでしょう?

私は、お母さんが完璧な育児をしようとして頑張り過ぎて追い詰められて余裕がなくなるよりも、過度に頑張らずほどほどに手抜きをして笑顔でいる方が絶対に子供にとって良いと思うんですよねー。

だから積極的に手抜きします!

だって、母業って普通にしてたら結構我慢して頑張っちゃうものなんだよ。

それで我が家の場合。
授乳中、母がスマホを見て育った息子は、サイレントベビーとは真逆なぐらいに自己主張をしっかりする赤子だったし、特に問題行動も見受けられないです。

だから絶対授乳とスマホは関係ないと思うよ。

でも、子供が一生懸命話し掛けてるのにスマホに夢中になっちゃってるのはダメだと思うわ。
将来、同じ事されるからね。
 

長期授乳は気持ち悪いという自覚があります

これ、ものすごくデリケートな問題なのですが・・・

私は正直言って、我ながら気持ち悪いなって思いますよ。
他人が長期授乳していても何とも思わないけど、自分の事として振り返るとやっぱり笑ってしまう。いつまでそんな事してんだよって。

だから敢えて人には言わないし、自分が体調不良で病院にかかる時なんか恥ずかしかったですしね。

我が家は授乳中にスマホ使っていましたので、ついでと言ってはあれなんですが、よく写真を撮っていました。

今見ると、可愛いのってやっぱりせいぜい二歳前ですね。

二歳ぐらいから写真の違和感半端ない。
三歳代なんて悪質なコラなんじゃねーかっておもうほど。
 

でね、これ、長期授乳気持ち悪いよとか、早くに卒乳しないと甘えん坊になるよとか外野に言われると。
 

モンゴルでは大人になっても授乳してるっっ!!

WHOやユニセフは世界では4.2歳まで授乳してると言っているっっ!!

「断乳」という考えは日本にしかないっっ!!
 

と、ヒステリックに反論するお母さんがいますが、そこでヒステリックになるから長期授乳がキモイって言われちゃうっていうのも一理あると思うのよ。

妄信してる感じっていうかね・・・

どんなに反論しても絶対に相容れないんだし、外野のいう事なんて放っておくに尽きます。

あとね、お姑さんがもしご主人指して、

この子ねー、四歳まで授乳してたのよー☆やっだーもー!!

って言ってたら気持ち悪くないですか??????
私も確実に将来嫁から気持ち悪いって思われるっていうね。

 

 

長期授乳していた我が家の息子の現在

長期授乳するとメリットが多いやら、いやデメリットが多いやら戦う勢力が一定数いますが、私はそのような不毛な戦いを好まないタイプですので、我流で考察していきます。
 

長期授乳の影響は全く不明だが落ち着いた子供である

息子は落ち着いてます。
何て言うか、とにかく落ち着いてます。

子供らしくソワソワしたりうろうろしたりする事はもちろんありますし、ギャン泣きしますけど、ベースが落ち着いていて、話せばわかるタイプです。

でもこれって長期授乳の影響っていうより、小さな頃に砂糖を控えた影響の方が大きいような・・・・・・・

いやね、砂糖悪!!とは全く思っていませんし今はある程度普通に与えてますが、砂糖与えすぎて低血糖になってアドレナリン出っぱなしっていう現象は体感として理解できてしまうんです。

やっぱり小さな頃からガンガンお菓子与えられていた子供ってそんな感じの子多いし。

だから、長期授乳で心が満たされて息子が今落ち着いているとは言い切れないですね。

親離れの第一段階はめっちゃスムーズだった

幼稚園の入園が最初の親離れ子離れの機会だと思うんですが、とりあえず早く卒乳しないと甘えん坊になるよBBAに言いたい

うち、初日から自分で意気揚々とバスに乗り込みましたが?m9(☉౪ ⊙)プギャー!!!!

全くもって、母と離れる事を恐れていませんでした。
もちろん外出先では母と離れる事を恐れますよ。だからむやみやたらに離れて行ってしまうのではなく、自分で判断出来てる親離れって意味でね。

長期授乳のお陰なのか、四月生まれでただでさえ生育が早いっつーのに、いつまでも母親と引きこもっているのに嫌気がさして幼稚園をめっちゃ楽しみにしていたのか・・・ま、どちらかと言えば後者でしょうけどね。

でも長期授乳をしていたからと言って、母親から離れられない子になるとか、甘え過ぎの子になるとか、そういう事は一切ありません。デマ。個人の資質による。

添い乳してましたけど虫歯ゼロでございますわよ

もうね、早く断乳させないと虫歯だらけになっちゃうわよBBAしかり、寝かしつけに授乳させるのは虐待BBAしかり、デマばっかりで嫌になっちゃうわ(@・´д・)(・д`・@)ネー

卒乳までしっかりお胸様に頼った寝かしつけをしておりましたが、虫歯ゼロでございます(´◉◞౪◟◉)どや顔

しかし、一日三回の歯磨きはかなりしっかりと行ってましたし、カラトリー共用は一切しませんでしたし、シュガーコントロールもしっかり行ってました。

その辺の詳しいお話はコチラ⇒四歳で卒乳 添い乳でも虫歯ゼロ 長期授乳で虫歯にしないためのコツ

虫歯菌のエサになる物をしっかりと除去しておけば、授乳だけで虫歯になる事はありません。
ここ、勘違いしちゃならない点ですよ。

糖というのはいくつか種類がありまして、虫歯になるものもあれば、なりにくいものもあるんですね。ここで言う糖というのはお砂糖の種類じゃないですよ。

もちろん母乳にも糖が含まれているのですが、その糖だけでは虫歯にならないと言われています。
ですので、添い乳をする時はしっかりと寝る前の歯磨きをして、歯に付着した汚れ=虫歯菌のエサを取っておく事が非常に大切なんです。

また、しっかりと三度の歯磨きを習慣化しておく。
これも非常に大切だと思います。

 

 
そしてカラトリー共用については、それだけで虫歯菌が移るのを防げないとかどうとかいう説もありますが、単純に、お年寄りの口の中ってね・・・嫌じゃない?!

私、母の食べかけとか食べられません。
もちろん使った箸をそのまま使うとか絶対無理です。

その流れで行くと、私も自分の口の中に自信がないです。汚いし。
そんな私が使ったものを息子に使わせるのは非常に抵抗があります。
自分がだらしがない自覚あるので(;;;՞;ਊ՞;;)
 
そのため、徹底して箸やスプーンやフォークは別にしていましたし、自分が使った端やフォークで分け与える事もしませんでした

そもそもそんな事してたら風邪とかループしますしね。

夫は最初、超めんどくさそうにしていましたが、断固として私が拒否、母や義母も他の孫には平気で自分が使ったカラトリーで分け与えていましたけど、うちの息子にはしませんでしたね。

協力してくれたというよりも、単に私が面倒な性格なのをわかっているので反論しなかったって感じでしょうねー(´◔౪◔)

ちなみにその”他の孫”、みんな三歳でもう虫歯ありましたよ\(^o^)/

迷わず、箸フォークスプーンは別にしましょう。

長期授乳をどう終えたか

それでは実際に、いつ終わるのかもわからない状態だった長期授乳をどう終えたかについて書かせていただきます。

別記事にアップしますが、我が家は授乳中は所謂砂糖をたっぷり使用した市販の甘いお菓子や清涼飲料等の類は、卒乳後に解禁するという約束でやってきました。

授乳中に解禁していたのは、キシリトール100%の甘い物と母自作芋デコレーションケーキ等です。

二歳から誕生日ケーキを自分で選択させた

「お芋ケーキがいいか、お店で買った美味しいケーキがいいか」
これを本人に決めてもらっていました

もちろん二歳じゃ何言ってるかはっきりとはわかっていなかったと思うんですが、でも何となくはわかっていたのかもしれない。
三歳の誕生日はしっかり「まだお胸様とさよならしたくないからお芋ケーキ」という意思を伝えてきましたし、四歳も同様でした。

息子がお胸様と言ってる訳ではありません。露骨な表現もアレなので・・・

本人が辞めたいと言えば協力するよっていうスタンスでいましたね。
あまりどうこう言っても本人が納得しないとねー。
 

転機は入園。僕も他の子と同じようにお菓子の方がいいと言うように

息子は四月上旬生まれなので、入園前に四歳になるんです。
ですので、入園前にお芋ケーキを食べているんですね、「まだ卒乳しないから芋で!!」ぐらいの潔さで芋ケーキを選択したのを覚えています。

ですが入園し、割とすぐだったような。

別に皆で集まって何かをしたとか、一緒にお菓子を食べる機会に息子だけ食べさせなかったとかそういう事は一切ありませんでしたし、幼稚園で出されるご褒美や月一度のお誕生会で出されるデザートは許可していたんですけど、突然「僕は乳よりお菓子がいい」みたいな事を言い出したんです。
 

よっしゃーーーー!!待ってたその一言!!


 
そう思った母は、まずきちんと意思を確認しました。
それでも揺るぎないようだったので、では今日でバイバイしましょうと。

その時息子は見本を見ながら字を書くのがブームだったので、お胸様に手紙を書きました。

これで夜の添い乳がどうなるか・・・

四歳で卒乳のため寝かし付けに昔話を読むようにした

今までは添い乳で入眠していた訳ですから、それをいきなり「何もしません勝手に寝てね」って言ったって眠れる訳がないんですよね。

入眠の仕方がわからないっていうかね。

あまり儀式化するのは良くないと言いますが、でもね、環境の変化に耐え抜くためには支えも必要なんですよね。

だから我が家は息子が大好きな昔話を一つ読むという約束をしました。

その昔話を選ぶのは100%息子。
今日は何がいいかなーと考えて、これを読んで欲しいなーあれかなーと考えるのは楽しかったようですし、その楽しさが卒乳の寂しさや迷いを少し軽くしてくれたかも知れません。

 

添い乳出来なくて七転八倒したのは三日

残念ながらというか・・・正直、寝付く時はまだマシで、ほぼほぼ入眠したかなーって時と、寝ぼけて途中でお胸を探しちゃう時、あれがやっかいでした。

息子の場合は泣いてジタバタしました。
きっと難なくスムーズに行くお子さんもいらっしゃると思います。
 

噂によるとさぁ!!
卒乳したら朝まで起きないんじゃねーの?!

 
と思ったのが正直な感想。

めっちゃ起きるやんけ。
しかもめっちゃ探してる。
 
夜中に起きてしまうと、寝ぼけているのでなかなか諭す事も難しく、本人もどうしたら良いのかわからずパニックになっちゃっているような感じでした

放っておけば泣き止むのかも知れませんが、感情的になかなかそれが出来なかったので、もうあえて話し掛けちゃう。「明日のおやつは何食べたい?」となるべく優しい感じで。

「シュークリームにする?」「プリンがいい?」「カステラは?」とか聞くと、息子が首を横に振ったり頷いたりして、次第に落ち着いて再び眠ってくれました。
 

でも、それもほんの三日四日でしたねー。
その後は徐々に暴れる事がなくなり、泣くことがなくなり、探すことがなくなり・・・ようやく何事もなく眠れるようになったのは一週間後ぐらいでしたかねー。

 

さいごに

こうして我が家の長期授乳は息子が四歳の頃に幕を閉じました。

今思う事、それは・・・

 

「我ながら結構気持ち悪い」☝(◉ਊ ◉☝)三(☝◉ਊ ◉)

 
でも、めっちゃくちゃ良い思い出です。
赤ちゃんの頃の授乳をしている息子の写真なんて、天使ですからね。

本当に幸せそうな顔して飲んでる。

五歳の今既に”四歳まで授乳していた自分”をなかった事にしている息子です。思春期にスマホに夢中になって無視とかしやがったら、絶対に授乳中の画像を息子のスマホに送りつけてやると決めている母でした!
 

ちなみに・・・五歳の誕生日もお芋ケーキをリクエストされました。
芋ケーキが母の味になったもよう。
 

以上、四歳まで授乳していたがメリットデメリット以前に我ながら気持ち悪い件でした。

Copyrighted Image