【社畜上等】サラリーマン夫が最高過ぎる!夫よ、社会的信用をありがとう

私こはく(@kohaku11111111)の夫はサラリーマンです。

毎日スーツを着て、満員電車に揺られて本社まで一時間。
社にいる事は殆どありませんけど、社にいない日は方々飛び回っています。

最近【社畜】という言葉が普及しましたよね。

自分の時間を削ってまで会社に尽くす人生はおかしいのではないかと、自分に合ったライフスタイルでお金を得る人が増え、また自由に稼ぐことが出来る時代になりました。

ブログ界隈でもサラリーマンを見下すような意見も散見されます。

私は一言申し上げたい。
 
 
サラリーマン最高だから!!
 
 
サラリーマンをなめたらアカン!

 

【0から1にした】を言い訳にする人々

 
先日、とあるSNSでこんなものを見掛けたんです。
 
 

何もない所から1円にした!
誰かが作ったレールで稼ぐサラリーマンの何十万円より価値がある!
 
 
は?
 
 
ちょっと待って。

うちの夫が稼いでくる給与賞与が、1円より価値がないですって?!
 
 

どこのどいつだ!!!ゆるさん!!!!!
 
 

私は嫌ですよ。
 
 

オット
俺は!会社の力を借りないで1円稼いできたんだから!
めっちゃ価値あるから今月これで頼む!!
 
 

と言ってきたらマジでしばきます。
愛情も冷めます。

こう言うと「金の切れ目が縁の切れ目か!」とか「金目的なのか!!」とか言う人が出て来そうですけどね、【お金を稼ぐ】というのはある意味家族に対する責任だと私は思っています

 

夫婦は二人合わせて戦闘力を100にする

 
最近、男女平等や女性の社会進出が盛んになって、世の中何だか難しく考えすぎなんだと思うんですよね。
 

なぜ何もかもを平等に、何もかもを半分にしようと思うのでしょう。
何もかもを平等にしようとするのなら、妊娠と出産、これどうやって平等にするんでしょうか?

半分腹の中で育ててくれるんでしょうか?
半分痛みを負担してくれるんでしょうか?

平等とは一体・・・

 

【自分が出来る事をする】をお互いにし続けてこそ平等

 
男性と女性、どう考えても身体の構造が違うんだから、何もかもを半分ずつという意味での平等は無理なんですよ。

妊娠して出産する時に、会社を休まなくてはならないのは実際女性ですし。
下手したら辞めなくてはならない事もあるし。

その時に男性は何が出来るかって、そりゃもう【稼ぐこと】でしょう。
 

妻がいつ何時外部の手助けを必要とするかもわからないその時に、お金をバシッと出してあげられるように稼ぐ。

妻が出産で満身創痍の中24時間オンコール状態で育児をしている時、妻にお金の心配を掛けないというだけでも相当負担を減らす事になります。
 

家事なんて自分が出来る事を出来る状況の者が当たり前にやればいいし、夫が病床に伏せったら妻が稼げばいいし、どっちがやったやらないではなく、自分がやれることをやる。やれない事は相手を頼る。でも自分が出来る事はする。

相手に何が足りないかに目を向けるのではなく、自分に何が出来るかを考えて生活していればいいのではないかと思うんです

 

夫が苦手な事は私が得意、私が苦手な事は夫が得意=100

 
今我が家は子供が幼稚園なので、稼ぎは主に夫が担当しています。
稼ぎだけでなく、社会的信用も夫頼みです。

その分、私は子供ととことん付き合えますし、子供のペースに合わせてあげられるだけの精神的なゆとりもあるのです。
 
でも夫は、根気よく理解力の乏しい子供に物事を教えたり諭すことが苦手です。
ですので、叱ったり諭したりするのはもっぱら私の役目。

子供に手を焼いている時に夫は得意の家事をしてくれる事もあります。
でも、何かを組み立てたり直したりするのは私の方が得意なので私が行います。

時々、『何でこうしてくれないの!!』と思う事もありますけど、それは心の中にしまっておきます。多分夫もそうだと思うんです。お互い自分が気付いたのだからやればいいや、みたいな感じ。

 

私達夫婦はめちゃくちゃ相性が悪いんですよ。腹が立つ事もありますし、キャッキャキャッキャウフフした仲良し夫婦ではありません。

でも夫婦なので何十年と一緒に生きて行くのだから、相手の粗を探して変わってもらおうとするよりも【自分が出来る事をするという事をお互いが惜しみなく行う】事でスムーズに運ぶんです

適材適所って言葉の通りね。

 

で、もし夫が0を1にした!!
とか言うような人だったら。
ちょっとバランス崩れちゃいますよね。

私が稼いでくるし社会的信用も得てくるから、夫に子供産んでくれって言っても無理だし。

 

ただひたすらに【社畜】を褒め倒したい。感謝したい。

 
うちの夫は社畜なんでしょうか。
夜遅くなることもありますし、出張も多いです。
海外出張も多いです。

私は、毎日ビシッとスーツを着て、私には到底稼げない額の給与と、私には得られることができない社会的信用を得ている夫を、心底尊敬していますしカッコいいと思っています。

 

どん底生活を味わったからこそわかる社会保障のありがたさ

 
私は以前、世捨て人のような生活をしていた時期がありました。
セルフネグレクト状態であえて酷い世界に身を置いたといっても良い状況だったのですけど。

社会的信用がないとここまで酷いのか…という事を思い知りましたし、何でも会社が保障してくれるのと違って、自由はあるけど私を守る物など何もない、そんな状態でした。

 
マンションを購入し、きちんと健康診断を受け、予防的保険的にお金を使うことができ、子供が年中の今でも子供に合わせた生活を送る事ができ、毎日好きな物を食べ、夏は涼しく冬は暖かい部屋で毎日を過ごす事が出来る。

四季を感じ、小さなことに喜んだり心を動かす事ができる生活。
当たり前のようですが、当たり前ではないんですよ!!

そんな生活に身を置かせてもらって思う事は、夫の凄さですね。

 

専業主婦には年収一千万円の価値があるとは言えない

 
私は産後五年専業主婦です。

自宅でメルカリ等で預貯金をだいぶ増やしましたが、外に働きに出たことはありません。
 
 

産前から大変だったんだし、何年かゆっくりしなよ。お金に余裕がある訳じゃないけど何年か休むぐらいなら大丈夫だし
 
 

そう提案してくれたのは夫です。

メルカリやラクマは自分がやりたくてやっている事なので、お金が増えようとも実質趣味のようなものです。夫の仕事と同列に語れるものではありませんし、家事や育児や料理をしていますけど、私は料理は得意でも掃除や片付けが苦手で、完璧にこなせているかというと疑問です。

確かに育児中24時間オンコール状態はきつかったですよ。
我が家は周りに知り合いがいず実家にも頼れなかったですし、日中はワンオペです。

でも私、自分の主婦としての仕事をお金に換算して年収1,000万円もあるとは思いませんね。
だって好きで子供を産んで好きで妻やって好きで母やってるんだし。

 

独身だったら社畜辞めてると思うから

 
今夫が務めている業種は夫が好きな業種でもなんでもなく、ただ英語が活かせるからという事と給与が良いからという事で働いていると思います。

そもそも夫は今の給与程の収入がなくても生活ができる人なんです。

 
先程も述べた通り、お金を稼ぐという事は家族への責任なんです。
男性だけが稼げと言ってるわけではありませんよ。
夫が稼げなかったら妻が稼いで補うべきだし。

生活のベースを維持するというのは親の責任。
子供が一般的な教育を受け教養を身に着け、健康でいられる食生活と生活習慣を身に着け、健全な心を育てるための生活のベースを維持するには、ある程度のお金が必要なんです。

夫はそれを理解しているからこそ、今の仕事をしてくれているんですよ。

【社畜】とか言われる人の大半がそうじゃないですか?
責任があるから社畜やってるんです。

家族のために頑張ってるのに、0を1にした人が得た1円より価値がないなんて事は絶対にあり得ない。

一括で家買っても何の痛手もないってぐらいになってからサラリーマンを馬鹿にして欲しいもんですね。

 

正直言って一生賃貸住まいなんて嫌です。だから社会的信用が大切

 
分譲vs賃貸論争はいつまでも尽きませんが、買えるなら買った方がいいと私は思ってます。
 

私は長年不動産会社にいましたが、賃貸住まいなのは売れない営業マンだけですよ。
みんな不動産を購入します。

35年ローンを組んだからと言って一生そこに住み続けなくてはいけないわけでもありませんし、そもそも三十五年もきっかりローンを払い続ける人はいないのでは。

【一生賃貸の方が安く済む】なんていう人もいますが、富裕層が住む高級賃貸に住めるならまだしも、六十代になっても七十代になっても賃貸物件に一生住み続けるのって現実的ですかね?

歳を取ったら国のお世話になる前提なのでしょうか?
 

貧困層が多い物件は治安も悪いというのは定説です。
誰しもが入居できるような物件は、隣近所に想像もよらぬめちゃくちゃな人が住んでいる可能性も高まります。

分譲住宅でも隣近所におかしな人がいた!なんていう事はありますけど、確率で行ったら賃貸の方が断然高いですよね。賃貸は引っ越せばいいって言いますけど、それを言うなら分譲住宅も売ればいいですし。

高級賃貸ならその点はクリアできますが、家賃50万円100万円の部屋を借りるだけの財力があるとしても、その物件を借りるためには社会的信用が大切ですよね。0から1を生み出した人はその社会的信用をどこで得るのでしょう。

 

【社畜】と呼ばれている夫のようなサラリーマンは、普通の顔してこの【社会的信用】を当たり前に得ているんです。めちゃくちゃすごくないですか?お金では買えないんですよ、社会的信用って。

 

サラリーマンよ、あなたはカッコイイのです

 
家族のために会社で働く男性のみなさん、今日もお疲れ様です。

男性社会ってめちゃくちゃ大変ですよね。
女性社会より厳しいと私は思います。

 

フリーランスで収入を得ている人は、「サラリーマンは暑いのにネクタイなんて締めてなんて無駄な事ばかりしているのだろう」と言いますけど、私は夫のスーツ姿大好きですよ。

TUMIのバッグをパンパンにして重さも感じさせない颯爽とした足取りで出掛けていきます。
てっぺん禿げてますけどハゲを感じさせないかっこよさ!!

 

それにサラリーマンっていうのは、ある程度の年齢になってくると意識せずともマナーや礼儀作法などを習得している人が多い。

「行きたくもないクソつまらない接待」

と言われるもので得てくるものは、お酒の飲み方であったり、プライベートではなかなか食べられない美味しいものであったり、それこそマナーであったり礼儀作法です。

これただの楽しい飲み会だったら得られない事かも知れません。

 

サラリーマンのみなさん、あなたは凄いんですよ。
私の様にサラリーマン大好きな嫁も沢山います!!
 
 

結局歳とってゆとりがあるのはサラリーマン家庭が多くない? (親が自営業だった私調べ)
 
 

会社を辞める事が【偉い】みたいな風潮、ちょっと待てと言いたい。

初期費用を掛けずに出来る副業もある時代ですよ?
どうしても副業したい方はサラリーマンを続けながらセールスハブのような副業をしましょう。
やることは商談アポのセッティングだけ。ビジネスマンの新しい副業【Saleshub(セールスハブ)】

奇を衒い社会的信用まで捨てる必要は全くないんです。

 

社畜上等!
これからもサラリーマン大好き人間で行きたいと思います!
 
 

奥様がたも、もっとサラリーマンの凄さに気付きましょうよ!