旦那さんに読んで欲しいシリーズはここ

甲州さくらんぼ狩り 旦那に「スーパーで買う方が安いじゃん!」と言われた旅

先生!!
山梨県って富士山見えないんですか!!!

毎年気付いたらシーズン終わっちゃってるさくらんぼ狩りとホタル・・・今年こそ行くぞ!富士山も間近で見てやるぞ!!と意気揚々と甲州塩山や勝沼、石和温泉まで行きましたが、富士山がいなくて愕然としましたっ!!

想像していた景色とあまりにも違い過ぎる・・・・・・・・・・

ただいま絶賛、1.5次反抗期とでも言いましょうか、超絶偏屈男に成長中の五歳息子と、
 
 

オット
えっ?一人二千円もするの?!スーパーで買った方が安くね???
 
 

とか言うせこい夫と、先行き不安な旅の幕開けー!

フルーツ大国山梨県

 
山梨と言えばフルーツが有名ですよね。
春はいちご、初夏はさくらんぼ、夏は桃、秋はぶどう等の味覚狩りが出来ます。

私の夫は現群馬県であるグンマー帝国出身ですので、山梨や長野や栃木には並々ならぬ敵対心を抱いております。
 
 

オット
山梨だと?!なら群馬でいーじゃねーか!!!
 
オット
ママンにも会えるし
 
 
・・・このセリフを何度聞いた事でしょう・・・

五年にしてようやく、私たち家族は山梨入りを許可されたのです。

今回の旅の目的はさくらんぼ狩りともう一つ。

蛙すら二回しか見たことがなく、カタツムリは実物を見たことがない都会育ちの息子(笑)に、ホタルを見せてあげたい!私もホタル観賞して癒されたい!という目的がありました。

六月上旬に蛍鑑賞ができ、さくらん坊狩りも出来る地域、山梨県で決まり!!

さくらんぼ狩りの値段や時間など

 
今回は宿が石和温泉という事もあり、その近辺で探しました。
そのため、甲州市、山梨市、笛吹市、塩山や勝沼ぶどう郷、石和辺りをリサーチ。

雨でも楽しめるハウスや屋根付きの農園もあれば、味にこだわって露地物のサクランボを売りにしている農園もあります。

我が家の息子は猛烈な雨男・・・
のはずなのですが、今回はお天気に恵まれそうなので、露地物の味の濃いさくらんぼを楽しむ事にしました!
 
 
金額は40分~45分で大人一人2000円という農園が多いです。
子供は3歳以上で1000円程。
 
 

佐藤錦や紅秀峰、紅てまりといった高級品種を多く取り扱っていたり、有名な大沢農園のように完全に雨避けできるハウスの農園だと3000円超える事もありますが、およそ見てみた感じでは2000~2400円。2000円以下の農園はほぼありませんでした。

協定かなんかがあるのでしょうか。

時間についてはルールを守っている人なら無制限とか、ゆるい感じの園も多いようですね。
私達が今回お世話になった農園では時間無制限でした。

とはいえ、一時間も食べ続ける事は困難です。

更に農園によって送迎があったり、ツアーがあったり、予約なしで当日受付可だったり様々です。

バスツアーなら往復も楽ですしお得です>>>日帰りツアー・体験イベントならポケカル

 
 

フルーツ狩りが盛んな勝沼近辺

 
都心から車で約一時間ちょっとで行く事が出来る勝沼周辺は、どこもかしこもブドウ畑。
 

甲州勝沼ぶどう畑

ブドウ畑があちこちにある勝沼

 

普通のお宅っぽい軒先にもブドウが覆い茂っていて、自然のタープのようで涼やかでした。

六月はまだブドウが赤ちゃんの状態で、こんな風景見たことない!!と一人で大興奮。

楽をしたいのであまり遠方には行かない我が家ですが、それでも伊豆には伊豆の景色があって、グンマーにはグンマーの景色があって、山梨には山梨の景色がありますよね。

例えば伊豆は、個人商店で軒先に干物が干されている光景。
小田原だったらミカン畑。グンマー出身の夫はミカン畑が見慣れないそうです。
グンマーだったら蒟蒻畑とリンゴ畑。南関東出身の私はリンゴ畑が物凄く珍しい光景。

山梨のブドウ畑は涼やかで本当に美しいです。
うちの庭もブドウ植えたい!と思ったぐらいにオシャレ。

山梨が他の海なし県と比較してオサレっぽいのはこのブドウ効果なんじゃねーの?と思いました。葡萄のおかげでワインも豊富ですしね。
 
 
ちなみに、富士山はどこにもいませんでした!!
 
そんな景色を楽しみながら、山へ山へと車を走らせるのですが、山を登っていくとようやくさくらんぼがなっている木を目にすることができます!

見慣れているはずの桜の木・・・

ですが、赤くてぷくっとしたさくらんぼが実っている姿、普段見た事ありません!!
 
 

ヤダかわいい!!
 
 

さくらんぼの可愛さに思わずはしゃぐ、オネエのようなBBAは私です。

さくらんぼ狩りの時期いつからいつまで?

 
完全にハウス栽培で早くてゴールデンウィークから楽しめるという農園もありますが、さくらんぼは旬が短いので、山梨県の場合殆どが五月末から六月末までになります。

山形県だともう少し遅いのでしょうか。

特に美味しいとされる露地栽培のさくらんぼはその年の天候にもよりますので、早まったり遅れたりする事もあります。

さくらんぼ狩り子連れレジャー注意点

 

今回さくらんぼ狩りを体験してみて、気付いた事を挙げて行きたいと思います。

畑まで農園の車で送迎される

 
シーズンになるとどこの農園も非常に混雑します。

さくらんぼ畑をいくつか所有している農園になると、受付の場所(=農園所在地としてホームページ等に記載されている場所)と自分たちに割り当てられる畑が離れている場合があります。

これは味覚狩りにはよくある事なので想定はしていたのですが・・・

今回はけっこう遠かった!!
車で5分ぐらい。

ここまで離れた畑に案内されるのは初めてでちょっと驚きました。
ちなみに乗り合いです。

車の往来が殆どない車道と、畑の所有者しか入らないような脇道しか走行しませんでしたが、五歳の息子をチャイルドシートなしで車に乗せたことがない私たちにとっては結構な恐怖。

息子は年齢にしては背が高い方なので普通のシートベルトでも何とか大丈夫でしたが、小さなお子さんはちょっと心配ですよね。

シートベルトが首に掛かってしまう年齢のお子さんは、近くの畑に案内してもらえないか予め確認をしておくと良いと思います

ただひたすらに暑い

 
当日の予想最高気温は28度で晴れでした。
受付を済ませ、畑まで送迎してくれる車を待っている間はタープの下で待っていましたが、
 
 
暑い
 
 
ようやく畑に到着し、今回は露地もののさくらん坊狩りをしましたが、
 
 
暑い!!
 
 
さくらんぼはお日様をたっぷりと浴びれば浴びる程甘さを蓄えますので、木陰に入って採っているようでは美味しいさくらんぼに巡り合えないのです。

農園の方は、ぜひ梯子を使って太陽を沢山浴びたさくらんぼを収穫してください!って言うんだけど、暑いんです

おまけに眩しい。

今回お世話になった農園は、桜の木の下にベンチを用意してくれていて休憩できるのですが、まぁそうですねー、孫に付き合ってるお年寄りがずっと占領しています

感覚としては、初夏に野良仕事をするような感覚ですね。
小さなお子さんは熱中症に注意したい所です。帽子必須!!
 
 
猛暑でも子供が嫌がらないカリマーベンチレーションクラシックについての記事はコチラ
 
 

飲み物、お手拭きは持っていくべし

 
今回お世話になった農園の畑には手洗いのための簡易的な給水機はありましたが、いちいち給水機の所に行くのは煩わしく、さくらんぼの糖分で手がベットベトになりますので、おしぼりやお手拭きがあると便利です。

また今回はさくらんぼを食べるんだから飲み物はいらないだろうと安易に考えたのですが・・・
 
 

なにこれ、めっちゃ喉乾くーーーー!!!!!!
 
 
有名な佐藤錦で糖度16~18と言われています。
20を超える粒もあるとかで、とにかく喉が渇きます。

さくらんぼ自体、他のフルーツと比べてもそれほど水分はありませんし、食べ続けるのに水か麦茶が必要。
私は飲み物を持参しなかった事を非常に後悔しました。
 
 
もしかしたら今回の旅で一番の失敗かもしれません・・・
 
 

農園の中にはバッグ持ち込み禁止等の決まりがある事も多いので、そのような農園の場合は予め確認をしましょう。

さくらんぼ農園のトイレは仮設トイレが殆どです

 
公衆トイレすら苦手な私には結構キツイ現実でした・・・

受付のある場所にも仮設トイレ。
農園にも仮設トイレ。

仮設トイレが苦手な方は農園に到着する前にお近くの道の駅等でトイレを済ませておくことをお勧めします

我が家の息子は洋式しか使用したことがないので、万が一トイレと言われたらどうしようとビクビクしていましたが、暑さでそれどころではありませんでした!

 
 

美味しいさくらんぼはこういうやつ

 

農園の方に教えていただいた、甘いさくらんぼを見分けるコツをご紹介します。

  1. 団体でなっている所よりぽつんとあるさくらんぼが濃い
  2. 太陽が当たる高い位置にあるさくらんぼが甘い
  3. 美味しいさくらんぼはパンパンでツヤツヤで大きい
 
 

①味が濃いさくらんぼはボッチのさくらんぼ

 
要するに、私みたいなさくらんぼがめっちゃ美味しくて優秀ってわけ。

群れているさくらんぼは味が分散しちゃって薄いそうですよ。
確かに・・・群れてるお母さんみんなブs・・・ハッ!すみません口を慎みます!!
 
 

さくらんぼ狩り

こういう群れてるブsより

 
 

さくらんぼ狩り

こういう私の様に可憐なやつのが美味しい

 
 

みなさん、孤高のさくらんぼを見付けて下さいね。

②甘いさくらんぼは高い所にある

 
そうは言ってもねぇ・・・

高所恐怖症の私は梯子なんて絶対に登れませんよ!!

ここは「スーパーで買った方が安くね?!」等という爆弾発言をした夫に頑張ってもらいました。
 
 

さくらんぼ狩り

イクメン(気取り)の出番だよ☆

 
 
さくらんぼの木の枝は柔らかいので、グイン!と下に引っ張ってさくらんぼを採っても大丈夫と農園の方が行っていました。

「さくらんぼの木」と丸でオバカサンのような言い方をしたのは敢えてですからね!!
桜の木って書くと、普通のソメイヨシノの枝をグインってやるアホがいるんで!!
 
 
高い所に登れなくてモジモジしている人の所には、お兄さんが枝を切ってくれたり、美味しい所を収穫してくれたりしてくれます。

彼氏とデートで頑張ってスカート履いてきちゃった女子でも安心。

③パンパンでツヤツヤででかいさくらんぼが美味しい

 
あらーこれも私の事なのかしら?

最近すっかり体重が増えてしまったBBAです。
女は四十代になると痩せてると老けて見えるっ!!をモットーに食に励んでいます。

それはさておき、普通野菜や果物というと大きいと大味でイマイチな印象ですが、さくらんぼに関しては大きな粒の方が美味しいそうです。

そしてハリがあるツヤツヤした粒。

探すのがめんどくせぇって人はお兄さんに甘えてしまいましょう。
結構イケメンです。

 
 

さいごに

 
我が家では食育の一環として頻繁に味覚狩りをします。

私自身、さくらんぼが木に実っている状態を見るのは数回目ですし、息子にとっては五歳にして初めての経験でした。

スーパーに売られているさくらんぼはパック詰めされていますし大きさも甘さも一定ですが、さくらんぼ狩りでは酸っぱいさくらんぼもあれば甘いさくらんぼもあり、小さい物や大きい物、あまり綺麗でない物など様々。
 
 

オット
何だこれすっぺーじゃねーか!!
 
 

と文句を言うイクメン気取りは放っておいて、どんなさくらんぼが甘いのか、どの木が一番美味しいかなど、子供と一緒に考えると楽しいですよ!

ちなみに夫は慣れないさくらんぼをここぞとばかりに詰め込んだせいで・・・
 
 
宿のトイレにこもりっきりでした\(^o^)/
 
 
みなさんもシーズンが短いさくらんぼ狩りをぜひ楽しんでくださいねー!

翌日は富士山二合目の遊園地ぐりんぱへ!記事はコチラです