旦那さんに読んで欲しいシリーズはここ

夫婦2人で産後を乗り切る方法。心構え・食事・買い物・育児共有・家事について

この記事では具体的に里帰りせず夫婦2人で産後を乗り切る工夫をまとめました。

里に頼れず出産が不安なお母さんお父さんの参考になれば幸いです。

 

外野を放置する心の強さを持とう

 

 
なかなか難しいと言えば難しいのですが、赤ちゃんを育てるのは他の誰でもありません、お母さん貴女です。

貴女が育てるのだから、外野が何と言おうと聞き流すべし。
貴女が信じた道こそが赤ちゃんにとって最善の道なのですよ。

…と何だか大袈裟な言い方になってしまいましたけど、これほんと。

お母さんが自分のしたいようにする事が一番なんです。出産は一生のうちに何度もある事ではありませんよね。しかもやり直したくてもやり直せません。何が何でも自分がしたいようにすべし!!

 
親孝行とか関係ないからーーーー!!

 
ちなみにここでの敵な義母だけでなく、親戚のおばさんや実母だったりします。
 
 

里帰りしないなんて!!
夫婦二人でできるわけないでしょう?!何言ってんの!!
 
 
これただの脅しです。
夫婦2人だけでも絶対乗り越えられます。

 
大切なのはいちいち反論をするのではなく、聞き流す事。

反論すればするだけ相手も反論してきますし、それによってこちらはストレスが増えますよね。無駄な争いは避けて心を平穏に保った方が得策。

 

夫にしっかり自分の想いを伝えておこう

 

 
女性は命からがら子供を産んで満身創痍の状態です。
大袈裟ではなく、二人で乗り越えるためにはご主人の自覚なしではムリ。

でも逆を言うと、この一番大変な時期に夫婦で力を合わせ、子を産んだ母親の壮絶さをまざまざと見せつけられた夫というのは、自身が父親の自覚を持つのが早いです。
 
里帰りなし出産の一番のメリットは【父親の自覚が育つ】という点です!

これ里帰り出産だといつまでも父親の自覚が育たず、育児もどこか人任せになってしまいがちなんですよ。

一番大変な時見ていないんだから当然と言えば当然ですよね。

 
ご主人には改めて「大変な時期を貴方と2人で乗り越えたい」という事と、「あなたがいないと、赤ちゃんも私も生命に関わるのだ」という事を伝えましょう。

これを真正面から言われると男性ってハッと気付くものですよ。

 

赤ちゃんのお世話は夫にも教え込もう

 

 
赤ちゃんのお世話の仕方は全て夫と共有しましょう!

おむつ替えの仕方から、ミルクを飲ませた後の背中トントン、寝かしつけ方から何かなら何まで、お母さんが初めて知る事が多いように、お父さんも知りませんので細かく共有する方がいいです。

私は切迫早産の入院で筋力が低下してしまい、新生児を水の中で支える力もなかったため沐浴は全て夫にしてもらいました。

 
『これぐらい知っているだろう』という先入観はいけないな、と思った出来事があります。

新生児のおむつ替えについて、私は一度おしっこをしたら替えるものだと思っていましたが、夫は一度ではなく数回してからでいいと思っていたそうです。乳児スタイルとでもいいますかね。

赤ちゃんが泣く理由は主に【オムツ】と【ミルク・授乳】、新生児のうちは肌も弱いため毎回替えるんだよと教えた際には心底驚いていました。

このような事もありますので、事細かに共有した方が良いです。

 
最初のうちは赤ちゃんに合わせて細切れ睡眠になり、どうしても夫婦すれ違い生活になりがちなので、病院でもらった育児日誌に【いつミルクを飲んだか】【いつおむつ替えをしたか】等をお互いに記入し合い共有しました。

これがあると、私が赤ちゃんと寝てしまっている時に夫が帰宅したり、まだ私たちが寝ている時に夫が出勤したりして話す時間がない時にも状況が分かりやすく、とても便利でした。

 

自分の食べ物の準備・夫の食べ物の事

 

 
出産前にとにかく数を用意したものは、

  1. 一つずつラップに包んだおにぎりを冷凍
  2. 一回に食べきれる量に小分けした惣菜を冷凍
  3. 添加物の少ないインスタント味噌汁

この三点です。
ぶっちゃけこれさえあればどうにでもなります。

 

ラップに包んで冷凍したおにぎり

出産前に炊き込みご飯や白米等、思い当たるだけおにぎりにした物を何十個と一つずつラップに包み冷凍しておきましょう。

ここで大切な事は面倒でも【1つ1つラップに包む】事。

産後すぐはラップのままレンジに入れて温めて片手で食べる。
食べ終えたらラップを捨てる。
以上!

産後すぐはお皿を洗う気力も余裕もないと思います。
ですのでラップに包んでおく事が重要なんです。

 

インスタント味噌汁

できるだけ無添加で具沢山の物を用意します。

なぜ無添加の物が良いかと言うと、赤ちゃんのためやお母さんの身体のためというよりも、母乳育児だった場合赤ちゃんが何か別の理由で体調を崩した時に、お母さんが自分を責めちゃうから。

私自身オーガニック信者ではありませんけど、何かあった時にこじつけて絶対気に病んでしまうと思うので、自分の精神衛生上無添加の物にしてます。

お味噌汁は身体を温めるのにも良いですし、満腹感もあり、お味噌汁の匂いは日本人にとってリラクゼーション効果もあるので、産褥期のストレス緩和になるかもーという安易な考えもありました。

今思えばですが、どうしてもたんぱく質不足になりがちなので、インスタントではなくレトルトの豆乳スープ等も良いかも知れませんね。

 

一回で食べきれる量の惣菜

小分け惣菜は、大豆入りひじきの煮物や切り干し大根、きんぴらごぼう等、冷凍しても大丈夫そうな和惣菜が殆どでした。

ごぼうは母乳にも良いので、母乳育児を希望している方は多めに作って小分けに冷凍しておくと良いと思います。

冷凍でなくてももちろん大丈夫ですよ。
例えばパウチやレトルト惣菜も今美味しいですしね。

でもいちいちお皿に盛らなくてはならないような物だと手間が増えるのでお勧めしません。ラップに小分けにしておけば、ちょっとお行儀悪いですけどそのままでもいけます。

 

夫の食事は夫自身で用意してもらいましょう

大切なのは、自分の事だけ考えるという事。

夫の食事は自分で準備してもらいましょう。
コンビニ弁当でもなんでも良いと思います。
日ごろきちんとした食生活をしていれば、非常事態の数ヶ月栄養バランスが崩れたとしてもすぐにリカバリーできます。

 
どうしても自分で用意が出来なさそうなお父さんには、宅配弁当という手もあります。

 
【管理栄養士監修メニューも豊富です】

メニューは300種類以上!おいしい食事宅配サービス「食宅便」

 

MEMO

  • 自分用に出来る限り多くのおにぎりと小分け惣菜を冷凍しておく。
  • 温めてそのまま食べられる状態にそれぞれラップで包んで冷凍しておく。
  • とにかく自分の事しか考えない。
  • 夫は大人なので自分の食事は自分で用意してもらう。

 

日用品の調達は夫に頼むより断然ネット

 

 
Amazonなくして我が家の里なし出産は語れません。

 
当時は佐川急便もAmazon配送を行っておりましたので、我が家の地域を担当している佐川のお兄さんは息子が赤子の頃から(=私がボッサボサのかなりヤバイ状態から)ずっと知ってくれている心強い存在であります。

おむつ、お口拭き、おしりふき、トイレットペーパーやティッシュの類は全てAmazonと楽天を駆使し、基本的に安い方で注文をしつつ、急ぎの時は値段に関わらずAmazonを利用しました。

 
ご主人に頼んで正確に買ってきてくれる人であればご主人に頼んでもいいんですけど、微妙に違う物を買ってこられたり、頼んだものがなかった場合の臨機応変な対応が苦手な男性が多いので、ストレス回避のためにもネットを利用する事をお勧めします。

 

Amazonでどんな物を購入しているかリスト化してあります。
合わせてお読みくださいね。
【Amazonは命の恩人】密室育児ワンオペ育児を乗り越えられたよ、ありがとう

 

里帰らない出産にAmazonや楽天は必須です。
登録がまだの方はこの機会にぜひお済ませくださいね。

 

使い捨てできる物は使い捨てる

 
我が家では雑巾や布巾は使わず、全てキッチンペーパーとお口拭きで代用しました。
雑巾や布巾は洗濯の手間が掛かりますよね。すぐに臭うし。

雑巾は他の物と一緒に洗濯できませんので個別に洗濯する羽目になりますが、洗濯機を使う程の量でもなかったり…
 

使い捨てできるものは使い捨てる、エコからは少々遠のきますが、手間を減らすという点では非常に効果的ですよ。

 

楽な手段、手間が掛からない手段を選ぶ

 
2ヶ月弱切迫で入院していた私は筋力という筋力が衰え、何と母乳を与えるのにしっかりと抑える事すらできない状態でしたので、最初の数ヶ月はミルクとの混合育児でした。

ミルクというと、哺乳瓶の消毒の手間が掛かりますよね。

煮沸消毒、レンジ消毒、ミルトン等の方法がありますが、煮沸消毒は薬剤使わず良いのですが産後すぐは出来れば違う方法がいいですよ!

睡眠不足で火を使うこと程恐ろしい事ってありません。
火はなるべく使わないようにしましょう。

私は一番手間がかからなそうな消毒薬を選択し使用していました。
もちろん濯ぐ必要のないタイプです。

24時間オンコール状態で3時間以上眠れない日々が続きますので、細かな事でも出来るだけ【一番楽な手段】を選択しましょう!

 

MEMO

  • Amazon、楽天などで日用品を調達
  • 使い捨て出来るものは使い捨てに変える
  • 迷ったら【手間が掛からないもの】にする

 

産褥期の家事はしない!夫に頼り、口出しもしない!

 

 
夫は1人暮らし歴が長く家事スキルが高めです。

何も出来ないご主人をお持ちの方は、この機会に徹底的にご主人に基本的な家事を覚えてもらいましょう。

産後だけでなく、例えば子供がインフルエンザになったり高熱を出したりした際、『子供にかかりっきりで旦那の面倒までみれねーよ!』という状況は多々出てきますし、子供が体調崩せば大体お母さんに移ります。

そんな時にご主人が何もできないと本当に詰みます。

 

洗濯は基本的に週末、夫にしてもらいました。

自分たちの物はため込んだままでしたが、赤ちゃん用のガーゼやタオル等、衛生面が気になる物は小さくすぐ洗えてすぐに乾くため、入浴のついでに洗濯しました。

大人の物は一週間ため込んでも大丈夫な枚数を予め準備しておきましょう!

 

掃除やゴミ出しもご主人担当。
産後なんて傷に響いて重い物なんて持てません。

いっそのこと1人暮らししているかのごとく、当たり前のように自分でやってもらう感じで!

 
ただ、出来の悪さや細かい事には目をつぶりましょうね。
例えば洗濯物を干すのにしわを伸ばしてないとか、畳み方が自分と違うとか、そんな事で目くじらを立てると男性はやる気を失っちゃうので思っていても言わない。

今はそんな細かい事はさておき、干せればいいんです。とりあえずしまってくれればいいし、ゴミを捨ててくれればいいんです。ガミガミ細かい事を言って何もしてもらえなくなるよりは良いはずです。

 

MEMO
  • 大人の物は週末にまとめて洗濯。週末までもつ枚数に増やしておく
  • 一人暮らしと同じ感覚で掃除・ゴミ出しも夫にしてもらう
  • 自分のやり方や出来栄えと違ってもダメ出しはしない

 

まとめ

 
 

  • 外野を放置する心の強さを持とう
  • 夫にしっかり自分の想いを伝えておこう
  • 赤ちゃんのお世話は夫にも教え込もう
  • 自分の食べ物の準備・夫の食べ物の事
  • 日用品の調達は夫に頼むより断然ネット
  • 産褥期の家事はしない!夫に頼り、口出しもしない!

 
ご夫婦2人で乗り越えて、より一層絆が深まる事を願っています。
絶対大丈夫ですよ!

 

我が家が里帰り出産をしないと決めた理由や当時の状況についてはこちらにまとめてあります。
里帰り出産って必要?【実体験】実家に頼らず乗り越えられるとこんなメリットがあった