使わないと損する無料サンプル・お試し・トライアル随時更新中!

料理下手ママに送る、たった1つの克服法【調理師監修】手間暇と節約レシピから離れよう

4 min

調理師の免許を持っている筆者。料理が苦手~!という友人知人がみんな大好きなのが「節約レシピ」「アレンジ」だという事に気付きました。美味しい料理を作る人は、食材を簡単に調理しています。料理下手克服のコツを伝授します。

美味しい料理を作る人には共通点があって、その共通点は、

  • そもそも美味しい食材を使っている。
  • 簡単に調理している。
  • 基本に忠実。
  • アレンジはほとんどしない。

です。

残酷なことを言うようですけども、イマイチな食材を買ってこねこねこねこねするよりは、美味しい食材を少し買って塩コショウして焼くだけの方が断然美味しく仕上がります

私は良い食材を買って、最低限の調理しかしません。

「そりゃ美味しい食材なんだから美味しくて当たり前じゃん…」そう思う方もいると思うんですけども、それが料理の原点ですから…

私にとって美味しい美味しいと言いながら食べることは本当に大切な事でして、家庭の中で最も重視している事でもあります。

でも、手間暇は一切かけていません。

今日は、料理が下手・苦手な人が克服できるコツを紹介していきます!

Check!美味しい食材を買う食費を節約のために使えるサービスを先に確認!

料理が下手な人は「節約レシピ」と「アレンジ」からいったん離れよう

私の周りの「料理が苦手」な人は、ほぼ、余計なことをしちゃってるんですね。

もうほんと、できる限り臭みのない肉を買ってきて焼いて美味しいたれつけて出したらいいし、ブロッコリー茹でて添えとけばいいんですよ。

あと「節約レシピ」や「アレンジ」って本当に諸刃の剣でして、あれは料理が上手な人がやるから美味しく仕上がるものであって、料理の基本が身についていない人がやると、大惨事になりかねません。

せっかく作った料理を家族に美味しく食べてもらえないなんて、奥さんにとっても損ですよ。

奥さんは頑張って時間をかけているわけですから。

それに料理は毎日の事なので、家族が美味しく食べてくれないとストレスが蓄積します。

やがて心まで病んでしまう方もいる、割と深刻な問題。

腕に自信のない方は、節約レシピやアレンジからいったん離れましょ。

料理は、美味しい食材を簡単に調理するのが一番なんです。

料理下手な人が克服するたった1つのコツ

美味しい食材を簡単に調理するのが一番なのに、「手間暇をかけた方がおいしくなる」と勘違いしている人が多いんですね。

手間暇かけた料理も確かに美味しいです。

でも、料理が苦手な人が手間暇を掛けると失敗する可能性が高いのです。

1日も早く料理に慣れたいのなら、コツは次の通り。

  • 良い素材をなるべく工程が少ない調理方法で仕上げる。

これに尽きます。

それでは説明していきます!

安い素材で手間暇掛けるより、料理下手こそ良い素材の物を最短の調理で仕上げる

安いオーストラリア産のビーフを買ってきて、何かに漬け込んだり筋を切ったり繊維を叩きつぶしたり…

中には牛脂を巻くなんていうツワモノもいますが、ぶっちゃけ黒毛和牛買ってきてそのまま焼いた方が美味しいですよね。

つまりそういうこと。

美味しいお肉を焼くだけ。
美味しい魚を焼くだけ。
美味しい野菜を切って添えるだけ。

それに美味しい醤油を掛けて食べるだけで、相当美味しい夕飯になります。

まずここを忠実に守って慣れてきたら、次のステップに進む。

調理師の学校でも基本的な事を学んでいくことがメインで、レシピなんかほぼ教わりません。

お肉や魚を美味しく焼けるようになったら、次は塩を振ってから焼いてみましょう。

難しい事は省きますが、肉や魚に塩が入ると更に美味しくなります。(←料理が苦手ではない人はここがスタートラインです)

盛り付けや形を整えるのは味付けが上手くなってからでいい

形を整えたり盛り付けにこだわったりすると、そこも手間暇になってしまうので、料理が苦手な方はまず料理が【失敗しない】ようになるまでは気にしないようにしましょう。

私は盛り付けは適当、オムライスなんて超適当にドデーンとふわとろ卵を乗せるだけです。

野菜も切ってボンと皿に載せるだけ。

でも材料が美味しいので絶対美味しく仕上がります

料理下手を克服したい人が常備すべき調味料を紹介します

私が「絶対にこれは外さない」と思う調味料をお教えしますね。

どれも、驚くほどの価格ではなく、スーパーでも買える(ものもある)というのがポイントです。

久世福商店「手づくり味噌」

味噌はもうずっと久世福商店の手づくり味噌を使っています。

価格は1キロで680円なので、スーパーで売られているお味噌とそう変わらない価格で、かなり美味しいです!

サンビシ「純生しょうゆ」 

美味しい醤油はいろいろとあるんですけども、コストパフォーマンスと味でサンビシの純生醤油をイチオシします。

スーパーだと200円しません。

大森屋「ぱりうま」

美味しい海苔はいろいろあるんですけども(再び)、スーパーで買えてお手ごろな海苔の中でダントツなのがぱりうま。

スーパーで売られている海苔って、当たりはずれ大きくないですか…?

でもぱりうまはいつ買ってもめちゃくちゃ美味しいです。

久原本家「茅乃舎だし」

スーパーでは売られていませんけども、我が家では茅乃舎だしが欠かせません。

茅乃舎だしは無添加ではありますが味付けはされているので、鰹節などから丁寧に取った出汁とは違います。

でも出汁を取る手間を考えたら断然茅乃舎ですね。

これ使うだけで味付け省略の上で味がバシッと決まります。

Check!茅乃舎と久世福の出汁を比較してみました

美味しい食材を買う食費を少しでも節約する方法

うちは食費がかなりかかる方なんですが、それでもお金をいくらでも使っていいとは思っていなくて、同じ食材を買うならできる限りお得に買おうと考えます

例えば、ふるさと納税をフルで活用する、生産者から直接買う、ポイントやキャッシュバックを利用する、この辺は絶対に抑えて、無駄なく手に入れるのが我が家スタイル。

ふるさと納税は収入などによって違いはあれど、目安となる金額以内なら実質2,000円の負担でスーパーで買ったら手の届かない贅沢品のお肉や食材が手に入るだけでなく、

例えばYahoo!ショッピング経由でふるさと納税を行えばポイントまで貰えるのでさらにお得。

生産者から直接買える食べチョクも、普通に都市部のスーパーで買うより安くて新鮮な食材が手に入ります。

「買わない」節約をするのではなく、「できる限りお得な状態で買う」節約で、美味しいものを食べて家族が笑顔になる事を選ぶのは、決して贅沢ではないと思っています。

料理下手ママに送る、たった1つの克服法【調理師監修】手間暇と節約レシピから離れよう、さいごに

料理が下手・苦手な人は、節約レシピやアレンジから入りがち、まずは美味しい食材を簡単に調理するところからスタートしましょう、というお話でした。

私は息子の第一次反抗期までは、腕によりをかけて手の込んだ料理を毎日作っていたんです。

でも反抗期の息子は文句ばかり。夫もあれこれ言ってくるのが重なって、本当に辛かった!!!

美味しい食材を簡単に調理するだけにしたら、家族の食いつきが良くなって、私も料理に時間を取られず一石二鳥だったので、奥さんもぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事がヒントになれば幸いです。

ひがしむき

ひがしむき

子ども苦手でだらしがない(元汚部屋住人)、高齢母でママ友いない、誇れるものが何もない、子どもを産んでちゃんとした人生を歩み始めた、そんな主婦です。

過去ワンオペでぼっちママで余裕がなかった私が知りたかった【お母さんがちょい楽になる】子育てや暮らしの情報を発信しています。
⇒詳しいプロフィールはこちらから

カテゴリー:

Copyrighted Image