クリスマスプレゼントの準備は

子どもの写真を夫に消されてしまった体験談!削除された画像動画データは復元できるのか

子どもの写真を毎日毎日撮り、いつでも見られるようにSDカードだけでなく、サイズを小さくしたものを当時使っていたガラケーに保存し、ニヤニヤ楽しむ事だけが楽しみだった私です。

 

しかーーーーーーし!!!!!!!!!!!!!1

 

夫にデータを丸っと消され、心の底から「この人とはやっていけないかもしれない…」と危うく離婚騒動にまで発展しそうになった経験があります。

 

パソコンのOSアップデートや、SDカードをうっかりフォーマットしてしまった、などなど…

可愛い我が子の画像や動画データが一瞬で、本当に一瞬で無くなってしまうという事は、何もそう珍しい事ではないようですね。

 

今回は我が家の子どものデータが消えてしまった体験談と、結局データは復元できたのか、その辺をお話ししていきたいと思います!

 

あれはある休日、夫の「思い付き」でその事件が起きた!

もともと夫は、すぐに物を買う人ではなく、今ある物をうまく活用するタイプ。

すぐに新しいものを買って済ませてしまう私にとって、夫のその一面は尊敬できる部分でもあります。普段は

 

子どもの写真やムービーが増えても、新しいメモリーカードを買って増やすのではなく、パソコンにデータを移して保存し、空き容量を増やして使えばいい…

そう、あの時もデジカメのメモリがいっぱいになってしまった事に気付いた夫が、こう言ったんですよね。

 

「デジカメの画像がいっぱいだからパソコンに移して、メモリーカードを空にしよう!」

 

何度も確認したのにどこにもない!子どもが産まれた日、新生児期の画像や動画

「デジカメの画像がいっぱいだからパソコンに移して、メモリーカードを空にしよう」

そう言った夫を、信用していなかったわけではないんです。

確かにこの事件の直前までは、夫を信用していましたよ私は。

 

ただ、ただ、夫は、

  • 説明書を絶対に読まない。
  • よく確認しないでボタンをポチっとしがち。
  • 人のアドバイスを一切聞かない。

 

こういうタイプでもあり、万が一っていう事があるので、口を酸っぱくして何度も「ちゃんとデータがパソコン本体にあることを確認してから、メモリーカードを空にしてね」と伝えたんですよ。

 

さてデジカメのデータをパソコンに移したというので、いい機会だからデータを整理しようと私がパソコンを確認すると…

 

どこにもない

 

子どもが産まれるからと購入した今の住まい。

キッチンに立った私が子どもの様子をいつでも見られるように、リビングのどこにいてもキッチンの私が息子から見られるようにリフォームしている経過を撮影した写真も。

 

出産当日、陣痛が進まない私の横で退屈そうに高校野球を観る夫の姿を写した写真も。

陣痛にうめきながら何故かパスタを食べる私の野性的な写真も。

産まれたばかりの息子の写真も。

 

何もかも、一切、跡形もなく、いや気配さえ、どこにもない。

 

いや何かの間違いだろう、このフォルダじゃないんだろう、そう夫に確認するも…

 

ない

 

あの時の、全身の血がサーっと引いていくような感覚は、今でも覚えています。

 

保存したはずなのに…どこにもなかったんだよね。

 

(いやそもそも保存出来てるか確認してからメモリーカードを空にしろ、と言っただろ…)

 

息子が生後4ヶ月で亡くなった父の、貴重な画像・動画データまで消え去った

私の父は、息子が生後4ヶ月の頃に亡くなっています。

ただでさえ息子との写真や動画を撮れる期間が短かったのに、出産前、切迫で1ヶ月半の入院をしていた私は産後のリカバリーが遅く、高速でたった1時間の距離に帰省する事もままならない状態。

…なだけでなく、ほぼ親の手を借りず、里帰りもしなかった事もあって、まず精神的なゆとりが全くなかったんですよね。

 

父と息子の写真は本当に数えるぐらいしかなく、動画に至っては亡くなる数日前に撮影した2つだけ。

 

その動画も、どこにもありませんでした…

 

息子が誕生した時や新生児期のデータは、例えこのまま無くなってしまったとしても、何枚か現像したものを大切にしていけばいいし、何より私自身が心の中で大切にしていけば良いんですよ。

でも、父の写真や動画は違います。

 

息子がいつか、「おじいちゃんってどんな人なの?」「遊んだことがあるの?」そんな事を考えるようになった時、父が息子をあやしているその姿を見せてあげたい。

おじいちゃんは君の誕生をこんなに喜んでいたんだよって、その目で見せて教えてあげたい。

 

そんな希望ももう叶わなくなってしまう。

 

大切な想い出を、夫が念入りに確認をしなかったがために一瞬で消し去ってしまった事を、私は責めました。

だいたい、いつも「大げさだよ」「心配し過ぎだよ」と聞き流すから!!!!ほらね!!!!こういう大切な物を失っちゃうんじゃん!!!!!!

そんな風に責めに責めましたね。

 

消してしまったデータの復元を試みた!復旧できたのは約6割…

当時は、いまいち信用できる業者がどの業者なのか分かりにくかった事もあり、業者にお願いすれば確率的に多くのデータ復元を望めるとわかっていながら、自分たちで復元するソフトを使いました

 

こういうやつ。

 

でも、復元できたのは約6割でした(※使用したのは上のソフトではありません)

消去してしまった時やその後の状態によって復元の状況も変わってきますので、約6割を多いと考えるか少ないと考えるかは別として…

 

緑やピンクのノイズのような画像として復元されたり、半分ずれた状態のものも多く。

なぜか夫が撮影した義母の写真ばかりが復元され、

私が復元したかったお気に入りショットはデータが壊れた状態で復元されたり(息子と父のツーショット写真に夫が撮影した義母が被さって復元されるなど)、

 

私のイライラは増す一方。怒りは頂点に。

『いや何で??何で義母さんの写真ばっか綺麗な状態で復元されるの!!!』あの時は何かに取り付かれたようにもう何もかもが許せなかった。(義母さんすみません…)

 

今では笑い話で話せるようにはなりましたけど、一生忘れないですね、あの気持ちは。

 

・・・・・・・

 

幸い、当時使っていたガラケーにサイズを小さくしたデータを残している事を思い出した私。

現像するには向かないけど、データとしてガラケーやスマホから眺める事が出来ます。

 

このまま怒りを持ち続けても仕方がない、約6割復元で納得するしかありませんでした。

 

もしデータが消えてしまったら絶対に慌てていじっちゃダメ!

もしもお子さんの大切な画像や動画をポチっと消してしまったら、絶対に、慌てていじらないようにしましょう

慌てるあまり、何かを上書きしてしまったりすると、復元できたはずのデータが復元できなくなってしまう恐れがあります。

 

もしも消去してしまったら、とにかく触らないで、復元まで「消去した時の状態のまま」でいる方がいいのです。

自分で復元をして失敗をしたくない!という奥さんは、データ復旧サービス 国内売上シェアNo.1の【デジタルデータリカバリー】の無料診断でまず相談する事を強くおすすめします。

もちろん、見積もりもしてもらえます。

 

  • 11年連続、国内売上シェアトップクラス
  • 復旧率最高値95.2%
  • 官公庁、国立大学法人、上場企業が利用している

…だけでなく、他社で復旧できなかった案件年間343件中、205件も復旧をさせた実績がある会社なんです。

 

もしあの時デジタルデータリカバリーを知っていたら、間違いなくお願いしていました。

 

初期診断で正確な見積もりを出してもらえるのが大きな特徴

見積もりの内容に納得した場合のみ、成約に進むため安心です。

 

もしもの時はぜひ、無料診断をしてみて下さいね。

 

無料診断はこちらから

デジタルデータリカバリー公式サイトが開きます

 

子どもの写真を夫に消されてしまった体験談!削除された画像動画データは復元できるのか、さいごに

今では笑って話せる事件。

でもあの時は本当に夫が憎…いや、もう過ぎた話ですね。

あれ以来、データ関係は必ず私の手で、何ヶ所かにコピーして保存しています(トラウマ)。

 

たった写真や動画のデータの事で?…と言う人もいますけど、例え心の中にいつも思い出としてあったとしても、目で見て初めて感じる事もありますよね。

 

それに子どもの写真や動画って、撮影した親のための物というより、子どものためのものだなと思うんです。

大人になった我が子が自分の小さな頃の写真を見て、自分の存在に自信を持って欲しいし、ある意味、親からの手紙みたいなものだと思いませんか?

 

私が、自分の小さな頃の写真を見た時「こんなに愛されていたんだな」と感じたように、未来の子どもに届けたい。

 

もし奥さんが、データを消してしまってお悩みなら…

この記事がヒントになりますように願っています!

 

 

無料診断はこちらから

デジタルデータリカバリー公式サイトが開きます

Copyrighted Image