添い乳でも虫歯ゼロ 長期授乳で虫歯にしないためのコツ

前回、息子が四歳で長期授乳を卒業した話 を書きました。

結局のところ長期授乳の弊害として目に見えてわかる事って虫歯なので、何が何でもそれだけは避けたいと思うのがお母さんの気持ちではないでしょうか。

私もその想いで必死に色々な対策をしましたが、こうして過ぎてみると、実は一番大切な事は親がぶれないという事。

親と子が一緒にルールを守る事で、いつか親子の足並みが揃います

私が長期授乳で決めた事

 
長期授乳で絶対に言われたくない言葉、それは…

 

シュウトメ
ほーーーら、お母さんがちゃんと辞めさせなかったから虫歯になっちゃったのよ。かわいそうに。

 

みなさん、これで相違ないですよね?

絶対にこれだけは言わすまい!!

卒乳したら市販の甘いお菓子を解禁というルール

 
授乳してる間は、所謂市販の甘いお菓子は与えませんでした。

これはまた別の理由もあり、私自身が歯科医師お墨付きな程に虫歯になりやすいタイプで、昔から虫歯に悩まされてきましたので、息子には同じ轍を踏ますまい、その想いから、甘いものは極力大きくなってから解禁しようと最初から決めていました。

まぁ甘い物好きでも何のメリットもないですしね・・・

ボクもそれ食べたい

 
 

こういうのはね、おぺち卒業したら食べられるんだよ
 
・・・神様から聞いてない?

 
 

・・・マジかよ・・・

 
 

さらっとかわしましょう。

その代わりと言ってはなんですが、キシリトール100%の物や自然由来の甘味についてはほどほどに解禁していました。
帰省の際の車中のご褒美とか、そういう感じで。

 

有名どころではこちら。

リニューアル前はいちご味とぶどう味の二種類混在でしたけど、リニューアルでぶどう味に統一され、小粒からトローチ型になりましたね。

個人的には前の方が、いちごかぶどうか選ばせる事で子供が飽きにくかったように感じます。

 
 

お次に、キシリトール100%チョコレート。

 

こちらのチョコレートは今でもよく食べています。

チョコレートは食べた後に歯の溝にべったり付着しますよね。
あの状態が一番虫歯になりやすいんです。
ですので、家でチョコレートを食べる時はこれを出します。

 
 

そして一番お世話になったのがこちらのハードグミ。

近頃、硬い物自体があまりないですよね。
時代が「柔らかい、甘い」に傾倒しているというか。

するめでも食べさせておけば良いのでしょうけど、なかなかそうも行きませんので、顎を鍛える意味でもこのグミはよく食べさせました。

結構硬いです。

正直言ってどれも割高ですが、将来歯医者さんに掛かる費用に比べれば安いです。

まぁ夫は腑に落ちない顔しておりましたけれども・・・ʅ(◔౪◔ ) ʃ

卒乳してない間は母自作の誕生日ケーキ

 
息子には誕生日に甘いさつまいもペーストとフルーツでデコレーションしたケーキを作っていたのですが、これが結構おいしいんですよ。

スポンジを焼く際に、生地に余らせた粉ミルクを使用すれば、程よい甘さも出ます
スポンジを焼くのが苦手な方はパンを丸い型でくり抜いて重ねてもOKです。

サツマイモは普段買うものより糖度の高い芋を購入して、じっくり火を通して甘さを引き出しました。我が家では土鍋で焼き芋状態にした後、皮を剥いてペーストにし、そこにも粉ミルクを投入、硬さを見て必要であれば水分を加えてクリーム状にするだけ。

フルーツはバナナやイチゴやオレンジ、キウイやブルーベリー等、土台が地味なので色とりどりにしました。

で、このフルーツに「ナパージュ」という方法でツヤを出すんです。

ケーキ屋さんで買ったフルーツタルトのフルーツには艶がありますよね?あれがナパージュというもので、通常ゼラチンと砂糖と水で作ります。フルーツを乾燥から守ったり、美味しく見せたりする効果があります。今回はジャムと水で代用しました。

 
フルーツだけだとどうしても酸味が勝ってしまいますので、砂糖不使用のジャムでナパージュして甘さを足す感じです

 
砂糖不使用ジャムの有名どころサンダルフォー。ナパージュにはアプリコットかいちじくが綺麗です。

 

三歳の誕生日を迎える前から、誕生日のケーキはお芋ケーキにする?お店で買った美味しいケーキにする?と聞いて本人に決めさせました。

まだお芋ケーキが良い!!(キリッ

 

四歳の誕生日にはっきり言い切られた時は複雑な気持ちでしたけどね・・・

約束事に特例は作らない

 

今日はおばあちゃんちだから特別だよ

 

これは絶対にしませんでした。
これをしてしまうとブレる親に子供が困惑すると思ったんですね。

以前、子供は状況判断は出来ないという事について、
自動改札の「ピッ」を子供にやらせるのは育児とは言わないんじゃないかって話
でも触れましたが、こうだから良いけどこうの場合はダメなんて、まだ子供にはわからないんですよ
 
わかるのは「親が許してくれる」っていう事実だけ。

だから、おばあちゃんちだからいいよーとか、旅行だからいいよーとかっていう特例を増やせば増やすほど、後々大変になるのは親なんです。

なんで!!ぎゃぁぁああ!!

 
 

こうなります。

めんどくせぇ・・・・

だから約束をしたら徹底する。
何が何でも徹底する。

 
 

シュウトメ
かわいそうに。うちに来た時ぐらいねぇ・・・

 

ボキタン
せっかくママンが孫と会えたのに雰囲気壊しやがって

 
 

うるせー黙れ

 

 

歯磨きをうまく乗り切るコツ

 

実際に行ってきた歯磨きの方法と、使用したアイテムをご紹介します。

歯磨きペーストを数種類用意し子供に選ばせる

 

我が家では研磨剤不使用でフッ素が含まれている歯磨きジェルを使用した後で、MIペーストを使用してました。

歯磨きジェルは定番のチェックアップジェル

小さなお子さんにはフッ素500ppmのバナナが良いと思います。
別シリーズのチェックアップこどもはフッ素950ppmですし、他の味のジェルも950ppmですので、チェックアップで500ppmの物はバナナしかありません。

まぁこの歯磨き粉をごくごく飲んだりしない限りは問題ないと言われていますけど、念には念をという事で。

子供に味を選んでもらうのはこの後!

 
 

これは歯のミネラルパックのようなもので、歯磨き粉とはちょっと違います。

 

MIペーストは、豊富なミネラル(カルシウム、リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用をもつCPP-ACP(リカルデント)を含んだ全く新しいコンセプトの口腔ケア製品です。患者さんのブラッシングの後に、MIペーストを歯面に塗布するだけの簡単な操作で使用できます。

牛乳アレルギーの方は使用しないでください。リカルデントガムと同じ牛乳由来成分 CPP-ACP が含まれております。

引用元:株式会社ジーシー

とあるように、歯磨きの後に塗るペーストなんです。
このペーストは塗りっぱなしでOK。
 
クリーニングの際に仕上げとしてMIペーストを導入している歯科医も多いですよ。
 
このペースト自体の効果のほどはわかりませんが、これを塗る事により先にチェックアップで磨いたのと合わせて磨き残しの確率は減りますし、更に味が美味しいので歯磨き後のご褒美的な存在としても使えます。

我が家では常時数種類の味を開封してありますので、歯磨き後に今日はどの味を塗るか、息子本人に決めてもらっています。

ただし、虫歯予防の基礎は正しいブラッシングです。

これを塗ったからといって、歯磨きを手抜きしていてはあっという間に虫歯になってしまいますのでご注意を。

 
 

MIペースト塗ると歯がツルッツルになるやで

 
 

期間限定のチョコ味やパイン味は即売り切れますので、見付けたらラッキーですよ、オクサマ

 
 

歯磨きは泣き叫んでも押さえつけて実行

 
そして問題の歯磨きのしかた。

しまじろうのエデュトイなんて効果ゼロですよ(;´༎ຶД༎ຶ`)
歯磨きの時にあんなもの持ってくれた試しがない。

 

歯磨きで子供が泣き叫んで胸を痛めている所にダメ出しの、

シュウトメ
かわいそうに。そこまでして磨かなくても・・・

 

ハゲ
どうせ生え変わるのにそんな泣かせてまで・・・

 
 

私は毎日鬼のような形相で歯磨きしていましたよ
大暴れする子供を両足でプロレス技のごとく押さえつけ、このような無責任な発言をしてくる敵どもを寄せ付ける隙もないほどの鬼の形相で(╬ಠิ益ಠิ)
 
 

「ここで折れなければある日突然黙って磨かせてくれるようになる」

 
 
そうネットで見て、それだけを信じて毎日毎日泣き叫ぶ息子を押さえつけて般若の様な顔で髪を振り乱して磨いてました。

時々こっちが泣きてーよ!!!とも思いましたねー。
特に夫に「かわいそうだろ!!!」とか言われた日にゃ・・・
 

じゃオマエやれよ(╯⊙ ⊱ ⊙╰ )

・・・それはさておき。

本当にある日突然黙って磨かせてくれるという噂はモノホンです。

人が変わったように磨かせてくれます。
先日までのあのプロレスが何だったのかっていうぐらい。

ですので、今歯磨きでお悩みの方、そのまま強行しても絶対大丈夫!!
周りのカワイソウ星人が何と言おうとも自信を持って下さいね。

子供の歯を本当に守ろうと思っているのは、毎日子供と戦っているアナタしかいません。

まとめ

 
私が実際に行ったのは

卒乳するまでは甘いお菓子を解禁しない
誕生日でも自作ケーキ(簡単)
例外は作らない
歯磨きペーストを毎日子供に選ばせる
泣き叫んでも歯を磨く

です。

さて細かくお話してきましたが、結局のところ長期授乳で気を付けたい事はただ一つ、冒頭でも申し上げたとおり親がぶれない事です。

磨くと決めたら磨く。

卒乳まで甘いものを与えないと決めたら与えない。

育児って覚悟の連続ですね。
でも私思うんです。

 

先に大変な思いをしちゃった方が最小限の労力で済む!

 

そういえばシュガーコントロールをしていたお陰で・・・
小さな頃からお薬を喜んで飲んでくれるという嬉しい誤算もありました(☝ ՞ਊ ՞)☝