仕事関係で批判的、攻撃的な人から身を守る方法!もうストレスにしない!

突然、批判をされたり敵視されたりして嫌な気分になっていませんか?

どの世界にも、敵は突然あらわれるものです。

 
特に職場。
会社はチームワークで成り立つ一方で、戦場でもあります。

こちらが全く敵意を抱いていなくても、突然、変な噂を流したり攻撃的な事を言ってくる人っていますよね。

 
私こはく(@kohaku11111111)は生きてきた年数が長い分、色々な人に出会いました。

 
その中で、当て逃げ事故のような攻撃を受けたこともありますし、お付き合いしていた人を略奪しようと躍起になられた事もあります。

更にはある日職場に置いておいた靴が片方だけ無くなっていた事もあります。内線電話を受け取ったら嫌味をネチネチ言われるだけで、仕事とは全く関係ない内容だった時も。

 
でも、攻撃的な人や批判的な人の言う事を目の当たりにしてしまうと、売り言葉に買い言葉で懲戒解雇処分となった夫のように、最悪の結果を招きかねません。

 
夫は仕事の悩みを私に話すタイプではないので、私は最悪の結果になるまで気付かずにいました。

何のアドバイスも出来ず、本当に悔しいです。

 
今回は『突然、敵意を向けられた時の効果的な対処法』についてまとめます!

お悩みの方はぜひお読みください。

この記事はこんな人におすすめ
  1. 職場で一方的に攻撃や批判をされて悩んでいる。
  2. 仕事の人間関係がギスギスしていて辛い。
  3. 自分の悪口を言いふらしている人がいる。

 

攻撃的な人っていったい何を考えているの?彼らの心の中は

 
仕事関係で批判的な人や攻撃的な人の事、まったく理解できませんよね。

なぜあえて人を傷付けたり不快な思いにさせるのか。
彼らが人を傷つけるのには次のような背景や理由があります。
 

  1. 家庭内で誰からも相手にされていない。
  2. プライベートで友人がいない。
  3. 誰かを貶めないと自分が上位に立てない不安感がある。
  4. 寂しい・孤独である。
  5. 批判をしている事柄が、実は自分のコンプレックスである。
  6. 誰にも心を許せない。

 
どうですか?
 
 
哀れですよね。
 
 
あなたが今、大きな敵に見えている相手は、こんなにも哀れで可哀想な人間なのですよ。

 

あなたはこんな哀れな人のために、エネルギーや時間を使う必要はないのです。

 

相手はあなたをターゲットにして自分を優位に見せようとしている

 
攻撃をしてくる人は、あなたの事を潰したくて仕方がないのですね。
それには理由があります。

  1. あなたの実力に気付いている。
  2. あなたが幸せそうに見える。
  3. 自分にないものを持っていると思っている。

つまり人は誰かを妬み僻んだ時、攻撃をするのです。

そしてここで『あの人だけには絶対に負けない』と自分を高めていった人だけが、人として成長する事が出来るのですが…

可哀想な事に攻撃をしてくる人はその知恵がないため、自分より少し優位にいる相手を貶める事で自分を優位に立たせようと躍起になるのです。

 

相手はあなたに八つ当たりをすることでストレス発散をしている

 
自分にないもの、自分が欲しくても手に入れられないものを持っている人が目の前に現れた時、人は激しく動揺します。

 
例えば、若さにこだわる女性ほど若い女性に攻撃的に。

親のコネが欲しかった人ほど、親のコネで活躍している人を批判する。

お金が欲しい人ほど、お金を持った人のあらをさがします。

自由が欲しい人ほど、自由な人の悪口を言います。

 
人はコンプレックスでも何でもない事には気付きません。
「手に入れたいのに手に入らない」から腹が立つのですね。

そして相手を攻撃することで、『手に入れたいのに手に入らないストレス』を解消していきます。

つまり、批判をされたり攻撃をされた時点で相手はあなたを、羨ましいとどこかで思っています。絶対に。

 

攻撃された!批判された!その時の正しい対処法

 
あなたは絶対に「カッと」なってはいけません。
正しい対処法は次の4つ。
 

  1. 反論しない
  2. 批判しない
  3. 相手にしない
  4. 同情する

 
これだけです。

これではスカッとしませんか?

でも本当の仕返しは、相手と同レベルの攻撃を返す事ではありませんよ。

 

買うべき喧嘩と買う価値のない喧嘩を見極める

 
攻撃を攻撃で返したらそれは【喧嘩】です。

 
喧嘩には2種類あります。

1つは『同じ目的を遂げるため、お互いの理解を深めるための喧嘩』。
もう1つは『相手を傷付けたり攻撃をするために行う喧嘩』。

 
同じ目的を遂げるためというのは、例えば同じプロジェクトを成功させるために出し合った意見が衝突したとき、お互いが『プロジェクトを成功させたい』という気持ちで意見をぶつけ合う事。

こういう喧嘩は最終的に絶対に理解しあえます。
だって同じ目的に向かっているのだから。

むしろこういう喧嘩をした後は、けんか相手と喧嘩をする前よりも強い絆が出来たりするものです。

経験ありませんか?

 
でも、相手を傷つけたり攻撃をすることが目的になっている喧嘩は、何一つ産みません。

時間の無駄です。
精神力も使い果たして疲れるだけ。
ストレスで体調を崩す事もあります。

そして残るのは『相手を傷付けて自分も傷付いた』という事実だけ。

 
もしもあなたが、仕事関係で攻撃的な人に遭遇し、売り言葉に買い言葉で喧嘩に発展させてしまったら、無駄なだけでなく立場によっては夫のように【懲戒解雇】という処分を下されることすらあります。

 

懲戒解雇の正当な理由には、社内規定違反があります。
社の規律を乱した、社の信用を著しく落とした、などが該当してしまいますよ。

 
マイナスしかありません。
ぜひともこのような不毛な争いは避けましょう。

 

口で勝つより人間性で勝とう

 
あなたがもし、相手と同じように相手を批判したり悪口を言うのは非常にもったいない事。

なぜなら周囲の人たちは、あなたと、あなたを攻撃している人を冷静に客観的に見ているんですね。

ここで仮にあなたが反撃した場合、『どっちもどっち』だと思われてしまうのです。

逆にあなたが華麗にやり過ごした場合、あなたの評価は上がります。
最初は巻き込まれたくなくて静観していた人たちも、あなたの人間の大きさを目の当たりにした時、あなたを応援したくなるものなのですよ。

 

私の人生を振り返ってみると、敵が現れた後、味方や仲間が増えていくというパターンの繰り返しでした。

 
では、人間性で勝つとはどういう事なのでしょう。

それは【同じ土俵に立たない】という事。
これ以外にありません。

 

負けるが勝ち。相手に『勝った』と思わせて自分は飛躍しよう

 
負けるが勝ちってどういう事か知っていますか?

一見負けたように見えたとしても、あえて争うことを放棄していったん相手に勝ちを譲ることのほうが、結局は勝ちに結びつく例が多いことから生まれたことわざなのです。

勝ったと思った瞬間、人は一番心が緩みます。
その隙があなたの飛躍するチャンス。

仕事で実績や成果を残すのか、気が緩んでミスをしたその相手のフォローをして上司からの信頼を得るのか、今より良い条件で転職をして成功するのか、あなたに合った方法で飛躍してください。

 

仕事関係で批判的・攻撃的な人への対処法まとめ

 
本当はやり返したい。
ギャフンと言わせたい。
何としてでも仕返しをしたい。

私も以前はそう思っていたんですよ。

でもそれをしても、本当に何も得られるものはありません。

それどころか、エネルギーを無駄に使う事になりますし、1日中その人の事を考えて頭を悩ませ、その人のために時間を使う事になりますよ。

相手が一番恐れている事は、あなたが今より飛躍する事。
ぜひ見返してやりましょう。

この記事があなたの役に立ちますように!