旦那が会社をクビになっても年収アップで転職させるための5つのコツ【体験談】

夫が懲戒解雇になり、2ヶ月で転職先を決めました。

初出社から1週間以上経ち、何となく夫も落ち着いてきた感じです。

 

旦那が会社をクビになっちゃった…

これからどうしたらいいんだろう…

 

クビになると新しく仕事が決まっても、クビになっている事を理由に足元を見られて収入が下がってしまう。

解雇になった事は転職活動でかなり不利になるから、希望年収を下げるしかない。

 

 


…なんて煽っているサイト多いですけど嘘ですよ!!!

 

 

私の夫は懲戒解雇になりました。
でも年収アップして再就職先が決まりました。

私たち妻にとって、夫が会社をクビになってしまうという事は、将来の不安に直結する一大事件ですよね。

今回はそんなピンチを、ピンチで終わらせるのではなくしっかりとチャンスに変える方法をお教えします

 

  1. 責めない
  2. 労わる
  3. 楽しむ
  4. 何も言わない
  5. 教える

 

以上の5つ。
妻として当たり前のことを当たり前に行う、ただこれだけ。

 

えっ・・・こんなこと?こんなこと、いつもしてるんだけど・・・

 

そう思った貴女!

 

夫がお金を稼いでくる事が当たり前になっていませんでしたか?

お金を稼ぐのは夫の役割、そう突き放していませんか?
毎日感謝の気持ちを表していましたか?
本当に夫の事を、大切に出来ていますか?

 

これは2018年8月までの私に向けて言っています。

お恥ずかしいことに、夫が仕事をしてお金を稼いでくることが当たり前だと思っていました。

 

夫が前の職場を懲戒解雇され、すぐに私に打ち明ける事が出来ず1晩悩み打ち明けた時のあの表情。

転職活動がうまく進まず履歴書がどんどん返送された時の気持ち。

夫がその書類を悲しそうな笑顔で開封するあの姿。

どんどん弱くなっていく夫。

 

私はあの時、今まで夫が1人で抱えてき「家族を養う」というプレッシャーの大きさを知りました。

 

 

だからこそ絶対に、夫が会社をクビになったという現実を、人生が好転するきっかけにしてみせると誓ったのです。

今、あの時の私と同じように不安を感じている奥さまに、この記事をお届けします。

ぜひ、ご主人の力になってあげて下さい!!

 

夫が利用したエージェントはここ!

登録無料です。

 

前提:『家族のためにまた頑張ろう』そう思ってもらえる事が年収アップの土台になる

妻である私たちが作った料理。

これをあなたのご主人やご家族は「美味しいね!ありがとう!」と言って食べてくれますか?

恐らく殆どの奥さまは『たいして喜んでもらえるわけでもないし…なんだか作り甲斐がない…』と感じていますよね。

 

私たち主婦の行う家事は、毎日同じことの繰り返し。

だから「ありがたみ」に欠け、誰からも感謝されることなく、毎日が過ぎていきます。

 

家族の健康を考えて献立を決め、暑い日も寒い日もスーパーへ買い出しに行き、帰ってきたら冷蔵庫にしまうためにバタバタ。

気付いたらもう夕飯の準備の時間。

いつもの時間に間に合うように、バタバタと夕飯の支度をして、配膳して、掻き込むように食べて、ほっとしたらもう寝る時間…

でも家族は別に褒めてもくれず喜んでもくれない。

 

 

これ、全部ご主人に置き換えてみましょうか。

家族のために毎日満員電車に乗りもみくちゃにされて会社に到着して、上司から嫌味を言われたりプレッシャー掛けられる事にも耐えて、家族を安心させるために頑張って稼いでいる。

でも家族から感謝なんてされないし、給与が少ないって文句言われる。

こんな感じでしょうか。

 

自分の立場に置き換えてみると判りやすいんですけど、私たち妻が「美味しい美味しい」と言って食べてもらえたら『もっと頑張って美味しいご飯を用意しよう、手間暇を惜しまず作ろう』と思うのと同じように、ご主人も、家族からの感謝がなければ頑張れません

 

夫の年収をアップさせようと思ったら、私たちにも相応の気遣いが必要。

 

 

これだけまず、しっかりと自覚しましょう。

そのうえで、やらなくてはならない事は次の5つ。

  1. 責めない
  2. 労わる
  3. 楽しむ
  4. 何も言わない
  5. 教える

これだけです。

 

①クビになってしまった事を一方的に責めない

正直言うと、責めたくなる気持ちもわかります。

うちの夫は自分の非を認めていますし、心の中で『なんてことをしてくれたんだ』っていう気持ちになりましたしね。

でも夫を責めても、クビになった会社に戻れるわけじゃないですよね。

 

それに、もしかしたら理不尽な事を言われ続けていたのかも知れません。

癖がある人を相手にしていてずっと我慢していたとしたら?

こんな事でクビになるケースも未だにあります。

 

  • 社長や上司と合わない・言い争いになった
  • 取引先に癖の強い人がいてトラブルになった
  • トカゲのしっぽ切り的なクビ
  • モラハラやパワハラに我慢の限界が来て衝突した

 

夫が会社でこのような事に耐えてきた結果、クビになり、そして家庭で奥さんにも責められたとしたら?

逆の立場だったら耐えられますか?

一方的に責められたら『また家族のために頑張ろう』なんて思えないですよね。

 

『また家族のために頑張ろう』そう思ってもらえる環境づくりが一番大切ですよ。

 

②クビになった夫をより一層労わり、健康に気遣う

そして、クビになったご主人は満身創痍の状態です。

 

もしかしたら会社の人と言い争いになったかもしれません。
会社の人に責められたかもしれません。

今までの頑張りや無理が、仕事を失った事をきっかけに一気に表面化する事があります。

 

今は転職活動や次の職場で活躍するために、身体と心を整えるべき時期。

 

 

バランスの良い食事を心がけ、思う存分休んでもらいましょう。

 

ひとたび身体や心を壊すと、回復するまでに相当な時間がかかってしまいますよ。
そうならないように、サポートしてあげましょう。

 

③クビになって時間が出来た今を楽しむ

人間、不思議なもので、辛いと思えば辛い事ばかりが目に付いて思い浮かびます。

でもですよ?

もし自分が夫の立場だったら…

奥さんに毎日暗い顔をしてしかめっ面でいられたら、居心地が悪いですよね。

俺が悪いのは解ってるよ!!!

そう言ってしまいそう。

ストレートに言うと「こんぐらい稼いでおけばいいだろう」と思わせてしまうか。

「家族のためにもっと頑張ろう」と思ってもらえるか。

この違いが、転職活動で年収をアップさせるために大きく影響します。

ねちねち文句を言うぐらいなら、ご主人に時間が出来た事をプラスに考えて、とことん遊びつくすべき。

その純粋に『楽しかった』という気持ちが、ご主人の活力になりますよ。

 

我が家ではあまりお金を掛けずに大きな公園巡りをしたり、家族でゲームに没頭したりしました。就職が決まった時には少し無理をして旅行にも行きました。一生の思い出です。

 

④何も言わずそっとしておく

転職活動をしていく中で、うまく行かない事も出てくるでしょう。

例えば第一志望だった企業からお断りされるとかね。

こんな時、男性って見て見ぬふりをして欲しいものなんです。

言いたい気持ちはわかります。

私は何でも聞きたくなってしまう性分なので、「ダメだったの?」とつい聞いてしまいそうになりました。

でも、話すことですっきりするのなら、その時は相手から「ダメだったんだ」と打ち明けてくるでしょうし、言ってこないという事は触れて欲しくないという事。

ご主人にも自分の気持ちに折り合いを付ける時間が必要。

それに、奥さんに知られるのが恥ずかしいのかも知れません。

 

⑤転職活動で迷走していたらしっかりとアドバイスを

夫は最初に1ヶ月、ハローワークで求人を探していました。

 

自分で見付け、紹介状をもらい、自分で応募して、落ちて書類が戻ってくる。

面接までこぎつけたのは、希望年収を200万下げた企業だけ。

しかも夫が最も強みとする英語力は必要のない会社でした。

 

夫は確実に自信を喪失していましたし、あのまま方向転換せずに転職活動を進めていたら…

年収は下がるだけでなく、夫の強みを活かせない職場で決めていたでしょう。

 

夫は転職エージェントを信用できない、怪しい、営業がしつこいのでは?という理由で嫌煙していたんです。

更に言うと何か裏があるんじゃないかと勘繰ってまでいました。

それだけならまだしも、転職エージェントのようなサービスに頼る事はプライドが邪魔をしている状態でした。

 

ハローワークで良い仕事が見つからず、どんどん気弱になっていく夫に、私は、本格的に転職エージェントを使って仕事を見付けてみてはどうかとアドバイスをしました。

夫が私の勧めでパソナキャリアに登録をしていたのは、失業して間もなくの事でしたが、カウンセリングが億劫という理由で活用していなかったんです。

 

  • カウンセリングは電話で済ませられること。
  • カウンセリングを受けることで、受かる可能性が高い求人情報がもらえること。
  • 転職エージェントは仕事を紹介するのが仕事だから一生懸命になってくれること。

 

これらを伝え、とにかく夫に有利になるような事を伝えました。

転職エージェントを使って損をする事はありません。

しつこい電話もかかってきませんし、パソナキャリアはほぼメールのやり取りだけで進みます。

 

詳細は以前書いた記事にまとめてありますので読んでみて下さいね。
会社をクビになった夫に【実際に】転職エージェントを利用してもらった感想

 

5つのコツでサポートしたら、背中を押してあげよう

5つの鉄則を守る事が出来たら、あとはたった1つ、後押しをするだけです。

転職活動をする中で、夫婦でお金の話になりますよね?

その時に気を付けなくてはいけないのは「これぐらい稼いでもらわないと困る!!」等のような、ご主人を責める言葉を掛けてはいけないということ。

これを言われてしまうと、5つの鉄則でご主人をサポートした意味がありませんので気を付けて下さいね。

私が夫の後押しをした言葉は…

 

あなたの今までの頑張りからすると、前の会社が安いぐらいだったから〇〇万円行けるんじゃない?

 

これだけです。

〇〇万円の数字は、以前の年収より2割増し程度、つまり1ランク上げたぐらいの年収。

今まで500万円なら600万円。
600万円なら720万円。

700万円なら840万円。

 

本人があまりプレッシャーを感じない程度の金額で、後押ししてあげる事が重要。

ここで500万円の人に700万円で再就職先を決めろと言っても、本人がたじろいでしまいます。

 

最も大切な事は、『〇〇万円ないと生活できない』という理由でご主人を動かすのではなくて、『今までの頑張りの正当な給与はこれだよ』と教えてあげること

こうして奥さんに励まされたご主人は、堂々と、自信を持って転職活動に取り組むことができますよ。

うちの夫はこれで、年収ベースアップの内定を複数社勝ち取りました。

 

家族として当たり前の些細なことを実践し、ピンチをしっかりとチャンスに変えてしまいましょう。そのためには、奥さまの内助の功が必要です!

 

この記事が、あなたのより良い未来の役に立ちますように!

 

 

夫が利用したエージェントはここ!

登録無料です。