夫の解雇から2ヶ月【転職活動で急展開】複数社からベースアップ内定、でも…

夫が前の会社を懲戒解雇されてからもうすぐ2ヶ月が経とうとしている今、夫の転職活動に【急展開】が訪れました!

何と・・・

 


複数社から内定!

 

更に更に、

 


年収ベースアップ

 

まさかのこんな事態になりました。

 

でも、すでに1社のオファー面談を済ませてほぼ決定している状態なので、正直言うと『もっと段取り良く転職活動を進めていれば、強気で交渉出来たな』という、もったいない状態なんです。

そこで今回は、夫の転職活動を振りかえり『もっとこうしておくべきだった』という失敗談をお話ししていきます!

こんな人に読んで欲しい内容です
  1. 転職サイトやハロワで求人を探しているけど思うように進まない。
  2. より良い条件で転職をしたい。
  3. 夫の転職活動を成功させ、出来れば年収アップしたい。

 

夫は現在、複数の転職エージェントを使って転職活動をしています

 

一社のオファー面談を受けた後に他社からの内定を受けた夫

 

夫が〇〇エージェントを活用するようになったのは約1ヶ月前。

その後数週間して△△エージェントを併用するようになりました。

 

その後夫は、〇〇エージェントで紹介を受けたA社から内定を受け、夫も内定承諾。

年収や役職などを決めるオファー面談を済ませています。

オファー面談とは
内定前後に役職や給与などを決める面談です。企業側からすると内定承諾を得る意味もあり、条件面談と言う会社もあるそうです。

 

夫の場合は内定後にこのオファー面談を行いました。
そこで最終的な収入の内訳の話になったのですが・・・

 

オファー面談で初めて分かった給与の内訳

数字は例ですが、夫が提示していた条件を以下とします。

 

【希望】
年収600万円(プラスアルファで実績に応じた賞与があればベター)
固定部分が600万円÷12ヶ月=月給50万円

【A社の実際の内訳】
年収500万円にプラスして実績に応じた賞与50万円~200万円
(最も多い年収が650万円前後)
固定部分が500万円÷12か月=月給41.6万円

 

固定部分を重視する夫。

一方、固定は若干減るものの普通に働いていれば希望通りもしくはそれ以上の収入が得られるので問題ないだろうという考えの企業側。

 

夫は転職活動も2ヶ月経過しようとしている状況でしたので、『これぐらいは仕方がないな…』という気持ちで帰宅しました。

 

しかし、その後すぐ△△エージェントから紹介を受けて面接を済ませていたB社から内定連絡。

B社は面接時の金額提示のみでオファー面談を済ませていませんが、提示額条件は以下の通り。

 

【B社口頭での提示額】
ベース年収600万円にプラスして実績に応じた賞与
(賞与込みの年収は営業によってまちまちで600万円~1200万円)
固定部分が600万円÷12ヶ月=月給50万円

 

B社はベースとなる固定給が夫の希望通りなだけでなく、賞与の率もA社よりも高いのです。

でもこの時点ではまだ口頭での提示になるため、実際にオファー面談でどう決定するのかは不明の状態。

 

B社とのオファー面談をするにしても日程の調整に1週間はかかります。

 

もしも夫が同時期に内定をもらっていた場合こんな交渉が出来た

なぜこのような事になったかと言うと、夫の場合、転職エージェントを活用するまでに時間がかかったのと、エージェントの併用をするのに更に時間が空いたため。

 

最初から転職エージェントを併用していれば、同時期に内定が出ていたはず。

そうすれば両社の受け入れ熱意や待遇を十分に比較し、こんな交渉が出来たはずなのです。

 

エージェント

こはく夫さん、ぜひ500万円+賞与50万から150万でわが社に来てください!

 

実は…希望通りの給与を提示してきている会社がありまして、正直悩んでる状態です。(チラッチラッ

 

エージェント

…!!で、では先方とすぐに相談させていただきます!

 

うまく行けばベースになる収入を見直してくれる事もありますし、それが無理だとしても力関係が変わりますよね。

他の社からも声が掛かっているという事実は、付加価値になるのです。

 

夫の場合は最初からエージェントを活用していなかったことで、この交渉を仕掛ける事が出来ません。

もったいないですよね。

 

転職活動を成功させるには【同時期】に【複数】の内定を勝ち取ること

以上の事からも、出来るだけ同時期に複数の内定を勝ち取っておくべきだという事がわかりました。

 

企業側は、あなたにそれだけの給与を払うだけの価値があるのかどうなのか、面接だけでは想像するしかありません。

しかし他企業からも内定を勝ち取っていると知れば、その事があなたの付加価値に繋がり、あなたを獲得しようと躍起になります。

 

夫は最初の1ヶ月、ハローワークで求人を探し、自分で応募していました。

でも次々と応募書類が返送され、さてどうしようか…という時に最初のエージェントを活用するようになったのです。

 

夫はまずパソナキャリアを利用し、今まで書類選考で落とされていたのが嘘のように次々と面接が入るようになりました。

そして転職エージェントの便利さを理解した夫は複数のエージェントを活用するようになったんですね。

 

でも…

あの時、もしもパソナキャリアだけでなく、複数のエージェントを併用していたら…

今より、より良い状態で転職を成功させることが出来たでしょう。

 

夫は『転職エージェントって営業ばっかりしてくるんでしょ?』『あっちもこっちも登録するのめんどくさいよ』、こんな理由でチャンスを棒に振っています。

どうか、ここを読んでいるあなたや、あなたのご主人がチャンスを棒に振ることがありませんように!

 

夫が利用したエージェントはここ!

登録無料です。