クリスマスプレゼントの準備は

ナットケースリトルナッティの口コミと感想!ベルズーム2・クミカニコと比較!

子どもにヘルメットをかぶせる時、バックルで顎肉を挟んでしまい子どもを泣かせてしまった経験のあるお母さんいませんか!!

 


私です

 

息子がストライダーに乗るようになり、BELLのZOOM2を使っていました。

でも結局、ナットケースに買い替えて、かれこれ数年愛用しています。

今回はこんなお悩みをお持ちのあなたにぜひ読んで欲しい記事です。

 

  • 子ども乗せ自転車デビューする人。
  • 子どもがキックバイクや自転車デビューするという人。
  • ヘルメットがいまいち子どもの頭にフィットしていないと感じる人。
  • ヘルメットの買い替えを考えている人。
  • お勧めヘルメットを知りたい人。
  • ヘルメットのバックルに、子どもの顎肉を挟んでしまった私。

 
それではどうぞ!

 

 

初代ヘルメットはコスパ最強CE・SG・CPSCマーク付きのBELL ZOOM2

 

参考:楽天市場

 
最初に子供ヘルメットを購入したのは、息子が2歳の誕生日頃にストライダーを購入した事がきっかけ。

当時は私自身の隠し銭が殆どなく、危険予測が甘い…

何なら「ヘルメット無しでも大丈夫じゃない?」と言い出しかねない夫を説得するのが面倒で、手頃な値段のヘルメットを探していました。

 
そして辿り着いたのがこのBELLズーム2でした。
 

 

このヘルメット、手頃な価格なのにもかかわらず機能性抜群なんですよ!

 

どんな風に機能性抜群かと言うと…

  1. 子どもの成長に合わせてサイズ調節が可能。
  2. 首に負担がかからない軽量仕様。
  3. 虫の侵入を防ぐ仕様。
  4. 耐熱性の高いアウターシェルを使っている。

 
このような感じです。

更に、CE EN1078、SG(製品安全協会)、CPSC(アメリカ合衆国消費者製品安全委員会)付き。

日本だけでなく欧州からもアメリカからもお墨付きの安全規格という事で、安全性も間違いなさそうなベルズーム2。

値段も3,000円台。
これにしない理由が見当たらないというほど、優秀なヘルメット。

即購入し、愛用していたのですが…

 

ベルズーム2が息子の頭の形に合わない?

 
ちょっと『頭の形に合わないのかな?』と思う節がありつつも、ストライダーの時に活躍していたBELLズーム2

 
息子は慎重なタイプなので、ストライダーでそこまでスピードは出しませんし、そんなに気にしていなかったんですが…

 
どうもグラグラする。
内側のアジャスターを締めても、フィットしないんです。

 
子ども乗せ自転車の後部座席に息子を乗せ、約2.5キロ先まで幼稚園の未就園児体操教室に連れて行く事が決まった時、私の心配性が炸裂!!

 
ベルはキッズヘルメット界ではかなり有名なブランドです。

レビュー評価も高く、キックバイクや自転車に乗るお子さんがあちこちで被っているのを目にしますし、誰もが一度は見たことがあるんじゃないかっていうロゴ。

しかも目立つし可愛い。

お勧めのヘルメットと言ったら、OGK KABUTOやBRDIGESTONEと並んで、まずBELLが挙がるのではないかという程のベルズーム2。

タオルを巻くと良いとか、帽子用のサイズ調整テープを貼れば良いなんていうアイディアも見掛けたのですが、けど、それってそもそも非常時にどうなのかっていう問題ですよ。

 
そんな小細工をして万が一の時に「あれがいけなかったのかも」と後悔したって遅いんですよね…

 

買い替えを迷っていた時に、バックルに顎肉を挟むという事件発生

 
そんなタイミングで運よく?事件発生。

真夏のある日、息子にヘルメットを装着しようとすると、息子が「ギャァァアアアア!!!」と泣き出したではありませんか!

 
えっえっ何なの?
ヘルメットの中に蜂でもいたの?!

 
「イタイイタイ!!!」と泣く息子、パニックになる母。

 
「やだ!!これやだ!!」

どうやらヘルメットを外せと言っている息子。
ヘルメットを外すと…!!!

 


40代高齢母、暑さで朦朧として、息子の顎肉をバックルに挟んでしまう大失態をおかす。

 

それからというもの、息子は大好きだったヘルメットを嫌がるようになり。

ヘルメットを被る機会になるとその度に恐怖に慄き、バックルを止める時は「ヒィィイイ!!」と叫ばれるように。

私の罪悪感は募るばかり…

 
ヘルメット、買い替えよう…
バックルに顎肉を挟まない、なおかつ息子の頭にフィットするものに…

そう、決めたのです。

 

 

ナットケース・リトルナッティとクミカニコを比較検討してみた

 
今回、比較検討したヘルメットはこちら。
 

 
特徴をまとめていきますね。
参考にしてください。

 

KUMIKA NICCO(クミカ ニコ)

 

参考:楽天市場

 
こちらは何といっても日本製。
しかも、ママの意見を取り入れたとかで、

  • 超高耐衝撃性ABS樹脂採用のハードシェル
  • SG規格合格品
  • 発泡スチロールより強い衝撃吸収ライナー
  • フロントパット水洗い可
  • 車と同じ塗装を使用
  • サイズ調整ダイアル付
  • あご紐アジャスター付
  • ベンチレーション付

 
かなり本気です。
子供の頭守るぞ!!という信念がうかがえますね。

 

 
シックなタイプもあります。

 

機能性は抜群、安心の日本製。

でも…

うーん…

 


子どもが食いつかなそうじゃない???

 

シンプル好きなお母さん向けって感じでしょうかね。

私はキャラクターものは好きではありませんので論外としても、ここまですっきりシンプルだとそれはそれで寂しい気もするんですよ。

子どもの頃にしか持てないものってありますからね…
かといって、シールを貼るのはナシ。

 
子どもってやっぱり気に入ったものを身に着けたがりますよね。

それを考えると、ちょっとシンプル過ぎるかなぁという印象。

 

NUTCASE LITLLE NUTY(ナットケース リトルナッティ)

 

参考:楽天市場

 
キッズヘルメットを探していると嫌でも目に入ってくるド派手なナットケース。

テントウムシや蜂、スイカの柄でご存知の方も多いのではないでしょうか。

 
NIKEのクリエイティブディレクターだった人が立ち上げたブランドとあってデザインが斬新。

絶対に子供が間違えようがない。

特徴は次の通り。

  • ABS樹脂製アウターシェル
  • 発砲ポリチレン(EPS)製のインナーシェル
  • 衝撃吸収帯をEPSの外側に採用
  • 輸入品で取得が難しいSG規格にも合格
  • 欧州と米国の安全基準CE、CPSCもクリア
  • スピンダイアルでサイズ調整可
  • 厚さ調節のインナークッションが三種類付属
  • バイザー付属
  • マグネット式バックルで片手装着可
  • 顎クッションカバー付き
  • ベンチレーション付き

盛りだくさん過ぎて、条件だけ見ればもう間違いなくナットケースにしてしまいたい。

が、しかし…

 

お た か い

 

高いんだよね、高いんだよね!!
だってヘルメットで8,000円て、私には高いんですよね!!

 
こういう育児用品って、どうですか?ご主人、すぐに賛成してくれるタイプですか?

うちは全く。
このヘルメットで言えば「前買ったじゃん!」って絶対に言うタイプ。

なのに高いと来た。

 

【送料無料】NUTCASEヘルメット【XS 幼児用48-52センチ】★ LITTLE NUTTY HELMET 子どもキッズ XS(48-52センチ)

 
ちなみに大き目サイズはコチラ。

【子供用 ヘルメット】 Nutcase Multi Sport Helmet S size / ナットケース マルチスポーツ ヘルメット Sサイズ52〜56cm 国内正規品 SG規格]

 

ナットケース・ベルズーム2・クミカニコを比較するとこんな感じ

 
ここで頭の中を整理してみます。

ナットケース BELLズーム2 クミカニコ
見た目 個性的 頻繁に見掛ける シンプル
バックル マグネット 普通 普通
調節 ダイヤル
調節パッド
ダイヤルのみ ダイヤルのみ
安全規格 CE・SG・CPSC CE・SG・CPSC SG
値段 8,424円台 4,212円 5,400円

 

値段重視ならBELLズーム2
日本製にこだわるならKUMIKA NICCO(クミカ ニコ)
マグネットバックルにこだわるならNUTCASEリトルナッティ(ナットケース)

このような感じで間違いないでしょう。

 

結局ナットケースリトルナッティに買い替えた理由と、リトルナッティのメリット

 
結局、BELLズーム2から、ナットケースリトルナッティに買い替えを決めたのですが…

その理由と私が感じるナットケースリトルナッティのメリットは次のとおり。

 

  • マグネットバックルを採用しているヘルメットが他にない。
  • 人と被らない。
  • サイズ調整がダイアルだけでなく、3種類のインナークッション(付属品)でも可能な点。
  • スローガンがストレートで良い。

ご説明します。

 

マグネットバックルを採用しているヘルメットが他にない

 
何といってもマグネットバックルですよ。

これ。

 
マグネットと言ってもただ磁石の力でくっついているだけではなく、横にスライドさせてカチッとはめる感じです。

普通のバックルは両手を使わないと取り外しが出来ませんよね?

でもこのマグネットバックルは、片手で脱着できます。

 
子どもがストライダーやキックバイク、自転車に乗るためのヘルメットであれば、片手でも両手でもそれほど変わらないような気がしますが…

 

子乗せ自転車に乗せる時って、結構色んな手間がかかるんですよ!!!

 

チャイルドシートのバックルも着けたり外したりしなくてはならないし、荷物が多くて手間取ったり、子供を乗せたり降ろしたりするだけで重くて体力も使いますし…

時には幼稚園や保育園の送迎で、慌てて出発する時もあるでしょう。

 
私はこの手間を少しでも省きたくて、自転車のレインカバーはリトルキディーズを使用しています。

自転車というのは事故にも遭いやすいので、なるべく慌てずにゆとりをもって行動をした方がいいですよね。

 
たかがバックルなんですけど、両手でないと脱着できないか、片手でも脱着できるのかは非常に大きい要素。

更に…

 


顎肉を挟まない!!

 

普通のバックルと動かす方向が違うので、子どもの可愛い顎肉をもうはさむことはりません!

 

ナットケースは人と被らない

 
ベルズーム2を使用していた時は、出掛ける先で必ずや同じヘルメットを着用している子と鉢合わせをしました。

でもナットケースの場合、今までで1回ですね、見掛けたの。

 
他の子が持っていない自分だけのものというのは、子どもにとってもその物に対する愛着が湧きやすいですよね。

私は心配性なので息子からそうそう離れる事はありませんけど、多くの子どもで混雑している場所で遠目からも確認しやすいというメリットもあります。

 
そしてバイザーがめっちゃ可愛いんです。

脱着可能なバイザーがついています。

(このバイザーは、古い柄にはついていない事があるそうです。)

 

サイズ調整がダイアルだけでなく、3種類のインナークッション(付属品)でも可能

 
ナットケースのリトルナッティにはサイズ調節用のパッドが3種類付属しています。

 
これ。

デフォルトで装着してあるのは厚さ6mmのパッド。

他に4mmと10mmが付いてきますので、アジャスターで調整しつつ、ヘルメットの浮きや微妙な調整を更にパッドで行えるんです。

 
という事はですよ?

頭のサイズが小さなころから、インナークッションで調節をしつつ長く使用できるということ!

 
実際、我が家のリトルナッティは既に3年現役。

ヘルメットサイズの端境期とも言える3歳頃を乗り越えて、もうすぐ6歳の今も使用していますので、コストパフォーマンスも悪くないという事!

 

スローガンがストレートで良い

 
I LOVE BRAIN ! WE LOVE YOUR BRAIN !!をスローガンに掲げているナットケース。

凄く印象に残ります。

 
2006年10月19日にマサチューセッツ州に住む8歳の男の子が、ナットケースを着用していたため頭部損傷を免れ一命を取り留めたという話は、今でもナットケースの誇りとして受け継がれています。

 

 

ナットケースリトルナッティの口コミと感想!ベルズーム2・クミカニコと比較!さいごに

 
子どもを守るグッズ、妥協をして万が一何かがあった時に後悔する事だけは避けたいというのが、私の出した結論です。

 
確かにナットケースは他のヘルメットと比較すると少々お高いヘルメットなんですが…

何万もするものではありませんし、旦那のヴィンテージスニーカーを売・・・いや、親が購入したいもの1つ先延ばしすれば買える程度の金額。

 

毎回ヘルメットを装着するたびにバックルに肉を挟むのではないかと気を遣う事もなくなり、子どもももう、あの恐怖体験の事はすっかり忘れている様子。

ヘルメットを着けたくない!!とごねる事もなくなりました。

 
Check楽天市場のNUTCASE(ナットケース)リトルナッティの口コミはここから

 
この記事があなたの役に立てますように祈っています!

 

\ここから検索画面へ行けます/

 

 

お気に入りが見つかりますように!

Copyrighted Image