旦那さんに読んで欲しいシリーズはここ

我が子と手を繋げる時間なんてほんの少しなのに、バカ親は何故手を繋がないの?

先生!!!

手抜きばかりしている母こはく(@kohaku11111111)ですが、一つ言いたい事があります!

手抜きはしても息子の手は離しません!!
でもどうして馬鹿親は子供と手を繋がないんですかーー!!

子供の手を離さないで下さい、子供のために!

誰かが言った子育て四訓


 

乳児は、しっかり肌をはなすな
幼児は、肌を離せ、手を離すな
少年は、手を離せ、目を離すな
青年は、目を離せ、心を離すな

 
なんて良い言葉なんでしょう。

私がこの言葉を聞いたのは、あざみ野の100坪のご自宅にお住みになられあそばされている、息子さんお二人をお医者様にし、ご主人を看取り悠々自適に暮らす御年七十歳のアザミネーゼに子育てのアドバイスをしてもらった時、それが最初でした・・・

私はこの言葉を聞いた時に、なるほど!と思ったのですよ。

だってそうでしょう?
いつまでも親がべったりしていては、子供が成長する機会を奪われてしまいます。でも親が子供を放牧していては、子供には幾多の危険が降りかかりますよね。

この言葉はまさに「丁度良い」距離感を表してくれていると思うのですよ。

幼児、少年、青年っていつごろなんだろう?

 
五歳で年中の息子。
幼児ですよね・・・?

幼児、少年、青年って何歳ぐらいまでを言うのか調べてみましょう。

乳幼児(にゅうようじ)は、乳児と幼児を合わせた呼び名。 乳児は児童福祉法では、生後0日から満1歳未満までの子をいい、幼児は、満1歳から小学校就学までの子供のことをいう。
引用サイト:乳幼児 – Wikipedia
 

少年(読み)ショウネン
ふつう、7、8歳くらいから15、6歳くらいまでをいう。
引用サイト:デジタル大辞泉
 

青年(読み)セイネン
青春期の男女。10代後半から20代の、特に男子をいうことが多い。若さを強調する場合には30代にもいう。
引用サイト:デジタル大辞泉

 

なるほど、では小学校入学前までは手を繋ぎ、中学校卒業ぐらいまでは目を離さず、その後30代あたりまで心を離すなよと、つまりこういう事ですね。

息子と手を繋げるのもあと一年半か・・・

 
息子は心の成長が早いタイプなので、既にもう手を繋ぐことを恥ずかしがる一面もありますが、繋いでもらえるのもあと一年半ぐらいという事になりますね。

確かに小学生の男の子がお母さんと手を繋いで歩いている所って見掛けないですね。

もしスーパーで同級生女子に遭遇しようものなら・・・・
 
 

えっマザコン?
 
 
とドン引きされそうですしね・・・

子供と手を繋げる時間ってたった数年なんですね。
当たり前ですけど、あっという間に終わってしまうお楽しみタイムなんじゃないかって思うんですよ!!

手を繋いで子も嬉しい、親も嬉しい、そして子供の安全を守ることが出来るなんて、こんな素晴らしい事ありますか?!
 
 
なのになぜ!!
 
 
なぜバカ親は手を繋がないんだよぉぉおお!!
 
 

手を繋ぐ習慣を歩き出した瞬間から徹底して!!


 

そんな事言ったってうちの子は手を繋ぐと嫌がってどうしようもないのよ!!キィイイイ!!あなたにはわからないっ!!
 
 
そんな風に思っているお母さんも沢山いる事でしょう。
手を繋ぐのを嫌がって座り込んだり泣き叫んだりぐずったり・・・

そうそう大変で・・・・

知るかボケ
 
 
子供が歩き出した瞬間から、徹底して繋がないとダメです。

もう少し大きくなったら繋ごうとか、もう少し話が分かるようになったら繋ごうと思っているようでは、いつまで経っても手を繋いでくれる子に成長しません!!

手を繋がれたら座り込めば許されると学習するんです。
泣き叫べば自分の要求が簡単に通ると学んでいるんです。

そんな事にいちいち反応しない!!
ダメなものはダメ、これが一番子供にとってシンプルで覚えやすいんです。
 
 

手を繋がないと起こる危険はこんなに沢山ある

 
手を繋がないと起こりえる危険は予想以上にありますよ。

  • 人にぶつかる
  • 自転車にぶつかる
  • スーパーのカートに激突する
  • スーパーの品出しに激突する
  • 転んだ先が車道だった
  • 迷子になる
  • 誘拐される

 
よく見掛けるのが、歩道などを子供に先導させているバカ親ですね。
あれは子供に痛い目に合わせようという特殊な人たちなのでしょうか?

いくらちゃんぐらいの子供がはしゃいでツタタタタ・・・・と先を行き、親は後ろから頭の中お花畑にしてキャッキャウフフと見守っている。
 
 
見守るんじゃなくて手繋ごうよ!!!!!
 
 
交差点とか危ないじゃん!!

確かに車と人なら車が停まって当然なのかもしれないけども!
事故に遭っちゃってからじゃ遅いから!

自転車も同じ。
悪いのは歩道を走っている自転車なんだよ確かに。
でも痛い目見るのは我が子ですよ?

 

スーパーやホームセンターで、やはりいくらちゃんぐらいの子を放牧して、自分は商品選びに夢中になっている人。中には仲良くご夫婦で一生懸命相談しながら選んで、子供完全に忘れちゃってる。
 
 
ここは日本ですが、結構悪い人いますよ?
 
 
連れていかれちゃってからじゃ遅いの!!

ほんと、平和ボケし過ぎだから。

手を繋がなくても良いのは家と遊び場だけ

 

歩くときは手を繋ごうね、おててを繋がないのはおうちと遊び場だけだよ
 
 
そう子供と約束したら、まずは親である私たちが徹底する事が一番大切なんです。

暑いから、めんどくさいから、子供がぐずるから、子供が嫌がるから、子供が泣くから、そんな理由で子供との約束を反故にしていたら、子供自身が約束を守ってくれるとおもいますか?
 

子供の頃の自分を思い出してみて下さい。

 
親が理不尽だなって感じた事、誰しも一つや二つあると思うんです。
やれって言うからやったのに遅いって怒られた、とか。
こうしろって言った事を親はしていなかったとか。

私達は物心ついてからの記憶しか思い出せませんけど、まだ言葉を発する事もできない子供も、親の言う事や親の矛盾に気付いています。

徹底しない事は聞かないですもん。
親がしていない事は子もしませんし。

手を繋がないのはこことここ、そう決めたら親である私たちがまずその約束を守りましょう!

手を繋ぐ事を徹底するにはどうしたらいいの?


 
簡単に言うと、手を繋がなかったら不利益があると学ばせる事です。
 
 
手を繋がないなら抱きかかえて帰宅。
 
 
これが一番効果あります。
 
 
実際はなかなか難しいですよね。

私は今徹底しちゃった方が後々楽だって思っていましたので、何としてでも手を繋がせました。
大変だったのはほんの一ヶ月ぐらいでした。

毎日出掛ける訳ではありませんので、体感ではもっと少ない感じですね。
 
 

手を繋いだら楽しい場所に行けると学んでもらうのも効果的

 
更に、手を繋いだら楽しい場所に行けると学んでもらう事も大切です。

お子さんの好きな場所、興味のある場所に「おてて繋いでいこう!」と誘い、それを積み重ねていくのです。

手を繋いでお買い物ができた時はおやつを選ばせてあげたり、いつもより豪華なおやつにしても良いですしね。

途中で手を繋がなかったら行かない。
繋いだら行く。
実に単純明快です。

少し釣るようで罪悪感を持つ方もいらっしゃるかも知れませんけど、子供のために手を繋ぐ事を習慣化するのが目的ですので、この程度の事で楽しく繋いでくれるのなら良いのよ!

繋がない子になっちゃって事故に遭うより断然良いです。

 
 

予定はフレキシブルに

 
せっかくショッピングに来たのに子供が手を繋がないから抱きかかえて帰宅なんて出来ない~~!ウジウジとお思いの方。

だから子供が言う事聞かないんだよっ

そもそもショッピングしないと命にかかわりますか?
手を繋がないと命にかかわる事に遭遇しますけど。

ネットショッピングをうまく利用して、フレキシブルに対応しましょう。
その方が子育て中はお母さんの時間的余裕にも繋がりますよ。

ポイントサイト経由ならお買い物の度にポイントが貯まります

ヨーカドーネットスーパーなら当日配送できる事も多いので、子供が愚図ったら即注文しておく!

 
 

物事の習慣化は小さなうちに教えた方が絶対に楽

 
例えば歯磨き。

毎回大泣きして大暴れして心が折れてしまうお母さんもいるようですが、小さな頃に泣き叫んでも押さえつけて歯を磨いていたお子さんは、ある日気付けば大人しく磨かせてくれるようになるというのはもはや育児の定説ですよね。
 
 

子供だからうちの子はまだわからないのよー
 
 
とか言う人を見ると、あぁ勿体ないなと思います。

だって小さな頃に習慣化させる方が、身体や知恵が小さな分だけ反抗も単純で力も弱いから楽なんです!
 
 
一年後にさて習慣化しようと思ったら、

身体も大きくなっている
力も強くなっている
知恵もついている

にプラスして、今まで何も言われなかったという実績があるので納得をしてもらえず更に抵抗が強くなる、が加わります。
 
 
めっちゃ大変ですよ・・・・・・・・

私の体感では、「まだ小さいからわからない」と言って小さな頃に習慣化してこなかった事は、幼児期になっても習慣化しませんね。

子供と手を繋げる時間なんて六年ぐらいしかないんだよ?


 
今子供が歩きたての一歳で手を繋がなくて手を焼いているお母さん。
お子さんと手を繋げるのはあと五年ぐらいです。

子供が二歳のイヤイヤ期で繋いでくれなくてうんざりしているお母さん。
お子さんと手を繋げるのはあと四年ぐらいです。

第一次反抗期の三歳になっていちいち反抗されてイライラが募っているお母さん。
お子さんと手を繋げるのはあと三年ぐらいです。

子供が四歳になってようやく落ち着いてきたかなーと感じているお母さん。
お子さんが手を繋いでくれるのはあと二年ぐらいです。

子供が五歳になって生意気ばっかり言うようになってムカッとしつつも楽しい私。
息子が手を繋いでくれるのはあと一年ぐらい。
 
 
だから、しっかり手を繋ぎましょうよ!
 
 
今だからこそ出来る子供を危険から守る方法、それが「手を繋ぐ事」なのです。