更新情報をプッシュ通知でお知らせ

保険見直し体験談【実話】ファイナンシャルプランナーに相談、1社から4社に保険を分けた話

保険ってほんと、わけわからないですよね。

今我が家にどんな保障が必要なのかもピンと来ないし…保険見直し保険見直しってさ、結局新しい保険に入らせたいだけなんじゃねーの???って。

 

結論から申し上げますと、我が家は息子が3歳の頃にフィナンシャルプランナーさんにお願いして保険の見直しをした結果、とても納得が行ったので、不要な保険を解約して必要な保険に加入しました。

 

で、なぜ今この記事を書こうと思ったかと言うと、再び『保険を見直したいな~』と感じる事が増えて来たからですね。

 

え?

産後にやっと保険に加入したようなやつが偉そうにって…?

 

 

いやいやいや、だから!!

だからわかるんですよ!!!!

保険に入ったら入りっぱなしじゃダメなんだって事がね!!!

 

ライフステージや預貯金によって全然変わってきますからね、必要な保障って。

 

我が家はこの数年で家計事情が大きく変わりましたので(夫の解雇とかもあったけども)、死亡保障をもう少し手厚くしようと思ってます。

でも、自分で保険を選んで加入するのって難しいでしょう?

 

だから、保険相談にお願いして第三者の立場でアドバイスしてもらうといいんですけど…

保険相談したら強引に勧誘されるとか営業がしつこいっていうイメージがありすぎるので、今回は数年前に保険相談をした時の体験談をまとめますね!

 

 

ディノス・セシールグループで安心

公式サイトが開きます

 

【前提】保険相談=保険加入、ではない!何がムダなのかも相談できます

まず私も勘違いしていた点なんですけど、保険相談の会社に相談したら保険に入らなくてはならないわけではありません。

強引な勧誘もないし、しつこい営業もないです。

 

私の場合は子どもがまだ3歳だったため、店舗に行く保険相談ではなく、フィナンシャルプランナーさんに来てもらう保険相談をお願いしました。

来るのはフィナンシャルプランナーさんであって、保険の営業マンではないです。

 

保険会社の営業と保険相談で派遣されてくるフィナンシャルプランナーは立場が違う

例えば今、奥さんかご主人が加入している保険会社に連絡をして「保険を見直したい」と言えば、その保険会社の営業の方が来てくれます。

 

でもその場合、その保険会社の商品の中から選ぶことになりますよね。

 

でも保険相談の会社に相談をした場合、フィナンシャルプランナーさんが来てくれます。

フィナンシャルプランナーさんは特定の保険会社の人ではありませんので、色々な会社の保険の中から、より良いものを選んでくれます。

 

例えば、月の保険料が同じでもA社よりB社のこの保険の方が保障が手厚いですよ、っていう提案もしてくれるってわけ!

 

我が家は息子が産まれた数ヶ月後に、夫が加入していた保険会社に相談をして色々と加入しましたが、その後3年でフィナンシャルプランナーさんに見直しをしてもらいました。

 

保険見直しで無駄な保険を削り出費を抑えるor保障を手厚くすることができる

例えば今、月の保険料が高額過ぎるなと感じたのなら、無駄な保険がないかを相談しましょう。

逆に、月の保険料を現状と同じぐらいでやっていくなら、今加入している保険よりも手厚い保障内容の保険が他の保険会社にある場合、ファイナンシャルプランナーさんに教えてもらうことが出来るのが、保険相談のメリット。

 

月々の保険料を少なくするのも、保障を充実させるのも、自分で考えると混乱しますよね。

 

保険相談は相談を受けたら必ず加入をしなくてはならない訳ではなく、納得をして必要だと思えば加入すればいいだけ。

むしろ私の体感では、保険会社の営業の人の方がグイグイ来た感じがしました。

 

次は私が特定の保険会社の人とやり取りをした時の失敗談をお話しします。

 

特定の保険会社に相談すると、その保険会社の保険しか勧められない

恥ずかしながら私は保険なんて必要ない!先の事を考えるより今を楽しみたい!という根無し草生活を送っていたわけなんですけど、まぁ当然、産前産後に保険の事など考える余裕などなく…

保険に加入したのは産後数ヶ月してからでした。

 

この時は、保険相談が怪しいものだと思っていたので、夫が加入していた保険会社に連絡をしました。

保険見直し系の会社って、こう…なんていうか…ちょっと…

 

うさんくさいですよね

 

強引に営業されそうな気しかしない。

その点、保険会社は名も知れているから間違いないじゃないですか。

 

保険会社の営業の方が自宅に来てくれて、新しくいくつか保険に加入しました。

ええ、この時に息子の学資保険も加入したんですよ。

 

でも、息子が3歳になった頃、ふと保険の事が気になって保障内容を見てみると…

 


夫の死亡保障が200万円しかない

 

嘘だろ…w

夫が亡くなったら、この無職で何の取り柄も資格もなく1人で食べていく事すら怪しい私と、まだ幼い息子の手元にはたった、たった200万!

確かにこのマンションは夫が亡くなればローンは支払わずに済みます。

 

でもたった200万円!!

 

いや確かに、あの時は「私が何も保険に入っていないので私の保険を中心に、夫の分も見直したい」と伝えましたけども。

 

大黒柱の死亡保障がたった200万円!

 

どう考えてもまずくない??

これなぜこのような事が起きたかと言うと、私たちが「私(妻)の保険の加入と学資保険の加入をしたい」と伝えたからなんです。

 

保険会社の営業の方はお客様の希望通り忠実に自社の保険をお勧めをしただけ。

ついでに夫の医療保険も付け足したと思います。

この時の私たちは、私の保険と息子の学資保険の事しか頭にありませんでした。

 

夫の死亡保障が独身時代のままだなんて事、すっかり頭から抜け落ちていたんですよね…

 

中にはアドバイスをしてくれる保険会社の人もいるでしょう。

でも基本的には「お客様の要望に沿った提案」をまず適えるのが保険会社の営業マンですよね。

保険会社の方には何の落ち度もなく、私たちが保険や将来のリスクについて認識が甘かったというだけの話なんです。

 

逆に言うと、保険の事を熟知しているという自信がある方は、保険会社に来てもらった方が話が早いかも知れません…

 

ディノス・セシールグループで安心

公式サイトが開きます

保険見直しの無料相談でFPに相談すれば、様々な保険会社の美味しいとこ取りができる!

もともと夫が加入していた保険会社の方に来ていただいて、付け足すような感じで増やしただけでしたので、保険のバランスがかなり偏っていた我が家。

 

確かに、団体信用生命保険に加入しているから大黒柱の死亡保障を手薄にして、他に回しても良いという考え方もあるにはあるんですけど…

 

現在の死亡保障もさることながら、夫が病気になったときや働けなくなったときの保障があまりにも薄すぎた。

 

私はめっちゃ疑り深いので、この時、複数の保険相談会社に申し込みをしたんですよね…

 

で、どの会社も流れはこんな感じ。

 

手順1
ネットから申し込みをする
疑り深い私のような奥さまはバックボーンが大手の会社をお勧めします。
手順2
電話でヒアリング
保険相談の会社から電話が入ります。そこで要望(月々の保険料を圧縮したいとか保障内容を手厚くしたいとか)を話します。会社によっては病歴をここでヒヤリングされます。
手順3
フィナンシャルプランナー紹介
保険相談の会社に伝えた希望日程と合うフィナンシャルプランナーを紹介されます。場合によっては該当するFPがいないとお断りされるケースも。(私も1社、該当するFPがいないとお断りされました…)
手順4
フィナンシャルプランナーと初面談
ファミレスでもカフェでもOKですが、我が家の場合、自宅まで来てもらいました。FPさんが必要な事を聞き出してくれ、必要な保障を絞り込んでくれます。
手順5
2回目の面談
初面談でこちらの希望要望を聞き出したFPさんは、数日掛けて数ある保険会社の保険の中からいくつか最適なものをピックアップしてくれます。それを持って2回目の面談。
手順6
検討
FPさんの提案を受けて『やっぱこここうしたい』という事が出てきたら再び伝え、繰り返し納得いくまですり合わせて行きます。我が家の場合、4回ぐらい来てもらったかも…
手順7
必要であれば加入
納得できるものがあれば加入すればいいし、納得できなければ加入は見送りに。

 

 

お越しいただいたのは50代Nさん。子育てを終えた女性フィナンシャルプランナー

保険見直し系の会社に申し込みをすると、電話で現状をヒヤリングされます。

でも実際に話をしていくのはその会社の人ではなく、その会社が紹介をしてくれるフィナンシャルプランナーです。

 

疑り深い私は、かなり警戒をしていました。
まず挨拶の電話が来て、約束をして家で相談に乗ってもらいましたけど、

 

「今日の今日、新しい保険に加入するつもりはありませんので」まで言い切ったほどです。

 

保険見直し系の会社は色々ありますけど、私のように「営業嫌!」「しつこいの嫌!」「基本的に疑ってみるよ!」という奥さんは、株式会社ディノス・セシールの保険GATEがおすすめ。

バックボーンが大手なので安心です。

 

 

Nさんに何度も何度もお会いして、

 

  • 我が家がどうして行きたいのか
  • 何をどう心配しているのか

 

を話し合い、我が家の場合は「同じ金額で保障を手厚くする」方向に決めました。

 

もちろん、保険料を圧縮したいとか、節約したいとか、保険控除を最大限使うために内容を変えたいとか、色々と希望を伝えてオッケー。

 

 

保険見直し無料相談で、心配していた【強引な勧誘】は一切ありませんでした

Nさんはバリバリキャリアウーマンという感じで…そうですね、小池百合子みたいな感じ。

上質なものを身に着けていたし…

 

「これはもう完全にぐいぐい営業されるのだろうな」と身構えていたのですが、そういう事はありませんでした!!

 

 

もちろんお仕事なので、『こっちの保険会社だったらこっち入ってくれた方がいいんだよなぁ…』って事は内心あるのだと思う。

でも少なからず聞いている限りでは、我が家が損をするような事は一切押し付けてこなかった。

 

私は当時、健康診断で引っ掛かってしまった箇所があったんですね。

私の医療保険が高すぎるので変えたいという希望も出していたんですけど、Nさんはきっぱり。

 

「今回の健康診断で引っ掛かった個所が特定部位不担保になってしまうから、奥さまの医療保険は今の保険のままの方が良い」としっかり教えてくれました。

 

結局我が家は、めっちゃくちゃ納得した上で、今まで加入していた無駄な保険をいくつか解約し、その代わりに足りない部分、

 

  • 夫が働けなくなった(亡くなった)時の月々の生活費となる保険。
  • 夫の死亡保障。

 

この辺を付け足しました。

 

例えばがん保険1つ取っても、がんと診断されたらまとまったお金が入るものもあれば、入院通院抗がん剤治療にかかるものを保障するものもあります。

 

こんな事フィナンシャルプランナーさんに相談するまで全く考えたこともありませんでしたし、相談をするだけでも保険を知るきっかけになります。

 

我が家が今まで加入していたのは全て同じ保険会社の保険でしたが、1社にまとめるメリットは特になく、むしろ色んな保険会社の美味しいとこ取りが出来て大満足!

 

この保険、必要…?保険でムダなお金払ってる…?と思ったら保険見直し系の会社に相談すべし!

保険を最適化しようと思ったら、1つの保険会社の中で済ますことは難しいです。

 

でも、これに関してはこの保険会社のこの保険、それに関してはその会社のその保険に特約を付けた方が良い、あれに関してはあの会社…なんて自分で考えるの無理ですよね。

もしも自分たちで全て保険を最適化しようとするなら、色んな保険会社と自ら関わらなくてはならないし。

 

保険見直し系の会社に依頼すれば、それを全部フィナンシャルプランナーさんが代行してくれます。

 

我が家が保険の見直しをしたのは約3年前ですが…

この1年で大きく経済状況がかわったため、近いうちにまた保険の見直し相談をします!

 

だって無駄なお金は払いたくないですからね。

 

でも高齢出産だし、息子に残せるものは残したい。

あとは息子が社会人になってから息子に頼らずに済むように、間もなくやってくる老後の備えもしっかりとしておかなくてはなりません。

 

保険って入ったら入りっぱなしでもいいんですけど、場合によっては不要なお金を払い続ける事にもなります。

数年おきに見直す事が大切。

 

フィナンシャルプランナーさんに来て相談するのは無料ですし、無駄な保険に入る前に、奥さんもぜひ相談をしてみて下さいね。

 

この記事があなたの役に立ちますように!

 

ディノス・セシールグループで安心

公式サイトが開きます

 

Copyrighted Image