放し飼いのリスザルと触れ合える伊豆シャボテン動物公園子連れ旅

伊豆高原の伊豆シャボテン動物公園はシャボテンを鑑賞するだけの場所でしょぉー?と思っている人ーー!

じ つ は !

動物も沢山いるのです!

その中でも特にお勧めしたいのが、園内で放し飼いにされているリスザルーー!!(☝ ՞ਊ ՞)☝

今回はそんな、伊豆シャボテン動物公園と、周辺の宿についてまとめます!

 

伊豆シャボテン動物公園

 
〒413-0231 静岡県伊東市富戸 伊東市富戸1317−13
TEL.0557-51-1111(代)

【営業時間】
3月〜10月 9:00~17:00(最終受付 16:30)
11月〜2月 9:00~16:00(最終受付 15:30)

 
【電車でのアクセス】

  • 熱海駅より伊東線で伊東駅まで
  • 伊東駅から東海バスで約35分
  • 伊東駅からタクシーで約25分
  • 伊豆高原駅から東海バスで約20分
  • 伊豆高原駅からタクシーで約10分

 

【車でのアクセス】

  • 東名高速道路、厚木ICより約85km(小田原厚木道路・国道135号線経由)
  • 東名高速道路、沼津ICまたは長泉沼津ICより約55km(伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・修善寺道路経由)
  • 東名高速道路、御殿場ICより約1時間40分(箱根芦ノ湖スカイライン・伊豆スカイライン・遠笠山道路経由)

 
 
BBAがまだうら若き乙女だった頃は「伊豆シャボテン公園」という名前だったのよねー。
それが、いつの間にか「伊豆シャボテン動物公園」という名前に。
2016年に改称したようですね。

そりゃ「シャボテン公園」っていうと、サボテンだけ見に行くような場所かと勘違いされてしまうものね・・・

我が夫も、私が「シャボテン公園に行きたい」って言ったら、

俺サボテンなんて興味ねーよ

 
 
って即答してたしね。
 
アンタ椎茸狩りのお山のたいしょうん時も同じような事言ってたね。
小田原根府川のきのこ苑お山のたいしょう記事はコチラ
 
 

伊豆シャボテン公園 子連れレジャー注意点

 
伊豆シャボテン公園は子供を連れてのレジャーには丁度良いレジャー施設ですが、気を付けておきたい点があります。

実際に何度か行った経験から、より快適に過ごすコツを書いていきたいと思います。

リスザル餌やりは必ず餌を広げた手のひらに乗せて

 
リスザルはとても小さくて可愛い動物のため、皆さん警戒せずに餌やりをしてしまいがちですが、実はリスザルは歯が鋭く、よく噛みつく動物です

餌やりタイムになると園内から数多くのリスザルが集まり、我先に餌にありつこうとするので、予想以上に素早い動きで餌を奪っていきます。

そのため、もう少しリスザルを間近で見たい、腕に乗せていたい、触れ合いたいと思うがために、餌を持った手をグーにしようものなら・・・

めっちゃ手をこじ開けられます

そして噛まれます

結構危ないです。

私が餌を次々に奪われたのを見て、

何ですぐに持ってかれてんだよ!こうすりゃいいんだよっ!(キリッ

 
 
と私から餌を奪い、手に餌を握りリスザルをじらす作戦に出た夫、見事リスザルに噛まれ流血

噛まれたのは一瞬だったようですが、バンドエイドでは保護できない程度の出血で、止血が必要な程でした\(^o^)/

私達がリスザルのえさやりに参加したのは途中からだったため、もしかしたら餌やりタイム開始頃に係員からの説明があったのかも知れませんねー。

まさかあんなに力強いとは。

破傷風等の病気も怖いですし、ここはぜひ噛まれにくい餌の与え方を覚えていかれた方が良いです。その方法は「手を広げた状態で餌を乗せる」これです。

こうすればリスザルがスムーズに餌を取る事ができますので、爪でこじ開けられることも噛まれることもなくなります。

こんなに可愛らしいリスザルですが・・・

 

特にお子さんが餌やりをする場合は十分気を付けて下さいね

リスザルはえさやりの時間以外にも園で放し飼いにされていて、木の実なのか虫なのか、地面を掘ってモグモグ食べる姿を間近で見る事ができます。
 

伊豆シャボテン公園リスザル

こんなに近付けます

 
そーっと触るぐらいだったら噛まれたりする事はなさそうですが・・・

でも動物は基本的に自分の身に危険が差し迫っていると判断した時に攻撃性が高くなります
くれぐれも突然すごい勢いで手を出したりしないようご注意下さいね。

 
子育てファミリーに大人気!みんなの優待(初月無料)

 
 

ぬかるんでいる所が多い

 
例えばシャボテン温室の、温室と温室を繋ぐ通路やなかよし牧場、バードパラダイスやカピバラ温泉付近は、雨上がりでなくてもぬかるんでいる箇所が多いので、汚れて困る靴は履いていかない方が良いです。

お子さんは長靴を履かせる程ではありませんが、汚れても良い靴を履かせましょう。
雨上がりは長靴推奨。
 
 

なかよし牧場はもちろん動物のフンも落ちていますよー
 
 

何かが来た

何か来た

 

ロバなの?

ロバなの?

 

息子ドン引き

ロバ「ドヤァ」 息子「ドン引き」

 

特にバードパラダイスは水たまりのようになっている場所もあり、階段も多く滑りやすいので気を付けて下さいね。

フラミンゴのいる所は、水辺の石畳を渡りますが、場合によってはフラミンゴがピンポイントで石畳に居座っている事もあります。
 

伊豆シャボテン公園フラミンゴ

これはまだ渡りやすい状態

 
 

季節の変わり目は予想以上に寒い事が多い

 
これは我が家の家族旅行のタイミングがいつも春か秋という季節の変わり目なので感じる事なのですが、予想以上に寒い事が多いです。

高原だからなのか、風が強い時もあったり。

今まで行った中で「思ったより暖かかったねー」という事はありませんでした。
アニマルキングダム程ではありませんが、思ったより寒いじゃねーかよ!!と思う事が多い。

天気予報を見つつ、一枚羽織を持っていく事をお勧めします。

我が家では子供用に、真夏にはコーエンのUVカットパーカーを持ち歩いています。
コットン100%で肌に優しく、透け感のある涼やかな素材でエアコン除けにもなりますし、蚊の多い場所でも活躍します。

大人用もありますので、親子コーディネートしても可愛いです。
しかも超お手頃価格。

 

 
 

伊豆シャボテン公園のランチ事情

 
伊豆シャボテン公園には食事処がいくつかあります。
正午頃には混雑してしまいますので、我が家は早めのランチで11時過ぎには入店するようにしています。
 
 

森の動物レストラン ギボン亭

 

営業時間
3月~10月 10:00〜16:30 (L.O 15:30)
11月~2月 10:00〜15:00 (L.O 15:30)
座席数 室内席350席
特設サイト:森のどうぶつレストランギボン亭

ここには可愛いメニューが多くあり、子供は絶対喜びますねー

カピバラの姿をしたカピバーガーやアヒルの姿をしたオムハヤシ、サボテンのグリーンカレーやサボテンステーキが可愛くて、インスタ映えもしますよー!

 

カピバーガーはバーガーにトマトも入っていて、子供が持ち上げられない程の大きさ。
サラダも付いていて、大人でもお腹いっぱいになります。
 

カピバラバーガーを食べる四歳

元カピバラ

 
他にキッズプレートもあります。
こちらにもサラダがついています。出先でキッズプレートを注文すると炭水化物と揚げ物だけ、というキッズプレートが多くて残念に感じる事が多いのですが、こちらは品数も多く好印象です。

 
おトクな優待が5万件以上!【dエンジョイパス】

 
このギボン亭、以前は何の変哲もないただ広い食堂だったのですが、リニューアルしてジャングルの様に飾り付けがしてあり、席には動物のぬいぐるみ(でかい)が置かれていて、すっかり楽しいレストランになりました。

 
私はサボテングリーンカレーを食べましたが、思った程サボテン感はなく食べやすいカレーでした。グリーンカレーと言っても、ココナツの入ったグリーンカレーではなく、グリーン色のカレーですね。

ドリンクバーもあります。

 
 

次はサボテンステーキを食べまーす

 
 

中華ちゃお

 
営業時間
3月~10月 10:30〜15:30 (L.O 15:00)
11月~2月 10:30〜15:00 (L.O 14:30)
座席数 48席
 
どうしてもラーメン食べたい時ってありますよねー。
私はレジャー施設の中のまずうまいラーメン(失礼)が結構好きなんです。
 

この中華ちゃおも後ほど出てくる花むすびもギボン亭の上にありますので、まだどのレストランで食事をするか決まっていない時でもあちこち移動しなくて済みますよ。

 
中華ちゃおでぜひ食べたいのがサボテンラーメンと磯ラーメンなのですが・・・
残念ながらサボテンラーメンは終了してしまったそうです

私がまだうら若き乙女だった頃に食べたことがありますが、特に臭みもなく茎わかめを柔らかくしたような感じでした。

磯ラーメンはあさりや海藻が入っていてさっぱりしています。
ここにはもちろんキッズセットもありますよー!

 
 

和食処 花むすび

 
営業時間
3月~10月 10:30〜15:30 (L.O 15:00)
11月~2月 10:30〜15:00 (L.O 14:30)
座席数 室内54席、テラス20席
 
お蕎麦やうどん、天丼カツ丼等を食べたい時にはこちらの花むすび。
デザートまでついた花むすび定食や、ネギトロ丼などもあります。

正直、蕎麦だけで見ると割高感が否めません。
どうしても蕎麦!どうしてもカツ丼!!というなら行くかも知れませんが・・・箱根そばや富士そばを想像してしまうとどうしてもね・・・

キッズセットも用意されています。

パン軽食 カフェ・シェリー

 
営業時間
3月~10月 9:00〜17:00 (食事 L.O 16:30・カフェ L.O 17:00)
11月~2月 9:00〜16:00 (食事 L.O 15:30・カフェ L.O 16:00)
座席数 24席
 
小さめのお店です。
中華ちゃおや花むすびの並びにあります。

パンやカレー、ピザ等の他に、丹那牛乳や挽き立てコーヒー、無添加100%ジュース等も楽しめるカフェです。ソフトクリームも充実しています。

ここではシャボテンの実を使った赤いソフトクリームが食べられますよー!

ここはいつ行っても混雑していますねー

ベル・ステーション

 
営業時間
10:00〜17:00 (冬期16:00)
座席数 テイクアウトショップ
 
ここはメインゲートにあるテイクアウトショップで、なんと!シャボテンジュースやシャボテンソーダ、シャボテンソフトクリームなるものが!!

私はシャボテンソフトクリームを食べましたが、シャボテンの味は全くわかりませんでした!

色がほんのり緑だったような・・・
わさびソフトクリームも食べたのですが、そちらは爽やかでした。

ここではB級グルメも味わうことが出来ます
富士宮焼きそばや天城わさびフランクフルト、ちんちん揚げボール・・・

ちんちん揚げボールというのは、魚をすり身にして野菜を混ぜ込んで揚げた伊東周辺のB級グルメだそうですよ。さつま揚げに似てるのかも。

テイクアウト専門ですが、数席室内に用意されていますので、帰りがけにちょっと食べる程度ならこちらが便利です。

伊豆シャボテン公園雨の日は楽しめる?

 
息子は強烈な雨男です。
レジャーや旅行に雨は付き物なのですが、ここシャボテン公園はというと、屋内施設も充実していますので雨の日でも楽しめます!

【伊豆シャボテン公園の屋内施設】

大講堂⇒アニマルショーが楽しめます。

わくわくモンキーハウス⇒コモンマーモセット、ワタボウシタマリンを見る事ができます。二階のタッチden ZOOでは動物と触れ合えます。

シャボテン温室⇒5種類の温室と、温室と温室の間の通路にはコツメカワウソやフェネック、なまけもの等がいます。シャボテン狩り工房ではシャボテン狩りが出来ます。

 
園内は広々していますので、傘を差してのんびり散策しても十分楽しめます。

 
 

伊豆シャボテン公園付近の宿泊施設

 

ここ伊豆高原は、ペンションやプチホテルといった小規模宿泊施設と、リゾートマンションが多い地域で、人気が高い地域のため宿泊費も少々高めの印象です。

我が家がよく利用するのは、お手頃価格のヴィラージュ伊豆高原です。
ヴィラージュ伊豆高原の記事はコチラ
 

ヴィラージュ伊豆高原

子供用客室にはおもちゃや本が沢山あります

 
ヴィラージュ伊豆高原は夕飯を部屋食のしゃぶしゃぶ等にする事ができるので、時間が読めない子連れ旅行にとっても便利です!

客室は80㎡超えでとても広い上に、大浴場は好きな時に何度でも入浴できます。

 
 

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

 
 

西伊豆まで行く余裕があるなら断然マホラリゾートをお勧めします!

一人一万円台で、富士山と海を一緒に眺められる客室露天風呂付のお部屋に宿泊できます。
マホラリゾートの記事はコチラ
 

マホラリゾート

この景色見ながら客室露天風呂に入れちゃうっていう。

 
マホラリゾートは故渡瀬恒彦さんがオーナーだった宿をリニューアルした宿で、戸田温泉の高台の上にあり、宿への道中には南アルプスまで見える事もありますよ。

 
 

旅するように、暮らしたい。「MILESTO」

 
 

伊豆高原からもう少し東京よりに宿泊したい、帰宅時の135号線の混雑を回避しておきたいという方には、小田原根府川にある、離れのやど星ヶ山をお勧めします。
ナチュラルリゾート離れのやど星ヶ山の記事はコチラ
 

離れのやど星ヶ山

ログハウス!!

 
これからのシーズンはすぐ横の白糸川の上流でホタルが見られるそうです。
紫陽花も綺麗な季節ですねー。

近くには、きのこ苑お山のたいしょう があります。

根府川付近は夏はカブトムシやクワガタ、秋は椎茸狩り、冬はミカン狩り、春はたけのこ掘り等、里山体験が出来ますので大好きです。

 
 

 
 

さいごに

 
伊豆シャボテン公園はサボテンだけでなく、色んな動物を見る事ができ、触れ合うことができるレジャー施設です。

伊豆シャボテン動物公園がある伊豆高原は、伊豆半島の中でも、イルミネーションで有名なぐらんぱる公園や大室山等のレジャー施設やアクティビティースポットが集中している地域でもあり、とても動きやすいという利点があります。

我が家はせっかちなのでおよそ三時間程度の滞在になりますが、アニマルショー等を絡めれば半日滞在できるレジャー施設です。

またリスザルに会いに行きたいと思いまーす!

もう少しワイルドな肉食動物に近付きたいっていう方は、ホワイトタイガーの極近でランチできる伊豆アニマルキングダムの記事をどうぞ!