クリスマスプレゼントの準備は

一生モノのカシミアストール英国御用達ジョンストンズ、差を付けるならあえて「無地」

英国王室御用達の印、ロイヤルワラントを取得したJonstons of Elgin (ジョンストンズ・オブ・エルガン)。

その中でもカシミア100%の大判ストールは、良い物を永く使いたいという人たちに愛され続けているアイテムです。

 

一生モノのストールを手に入れたいとお考えの奥さんなら、1度は聞いた事があるブランドではないえしょうか。

 

最近では有名ファッションブランド別注なんかも見かけるジョンストンズですが、私が選んだ大判ストールは、まず無地。

ジョンストンズといえば「マッケンジー」「ブラックスチュワート」「ロイヤルスチュワート」など、伝統的なチェック柄が特徴でもありますが、

人と差を付けたい!と思った私はあえて無地を選択。

 

これが予想以上に良かったのでご紹介します。

 

 

ジョンストンズ、人と被りたくないなら断然無地!上質だからこそ差が明確


参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

ジョンストンズのカシミアが欲しいな…と思った時、人との被りが気になるのは私だけじゃないはず。

気軽に買い替えられる値段ではないカシミアをやっとの思いで購入したのに、人気柄ゆえに人と被りまくり…という事は避けたいですよね。

 

「最高のもののみが全て」という経営理念のジョンストンズは、 現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで手掛ける、英国でも珍しい一貫生産工場をもつメーカーなんです。

 

その品質は、英国王室御用達の証、ロイヤルワラントが証明済み。

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

 

高品質だからこそ、ジョンストンズのカシミアは、無地でも「華やか」なんです。

カシミヤのもつ艶感が、無地だとより一層際立つので、本当に美しいんですよ。

手触りも、ふんわりというより「しっとり」。

ベーシックなカラーをご紹介します。

 

おばカラーになりがちなベージュ系も、カシミアの艶感で上品な印象に

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

 

まず私の年代にとっての鬼門、ベージュ。

おばカラーになりがちなベージュ。

肌なじみが良いカラーなだけに、使い方を間違えるとぼんやりした印象になるし、しっかりメイクの時じゃないと危険なベージュ。

 

でもジョンストンズのカシミア大判ストールなら、カシミアの艶感が加わって一気に上品に見えるから不思議。

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

ネイビー系のコーディネートの中に、このベージュを差し色として使うとかなりイイ感じじゃない??

 

ファストファッションには出せない漆黒の艶

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

お次は黒。

黒というのは1番品質の違いが出てしまうカラーとして有名ですね。

 

若いママならいざ知らず、私のような高齢母は黒こそ品質重視で選びたいところ。

年齢を重ねると、(高い安いではなく)上質なものを身に着けていないと顔とのギャップが産まれてしまうんですよね。

 

ジョンストンズのカシミアの黒は、潤いのある黒、とでもいいましょうか。

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

 

艶やかですらあります。

 

こなれ感を出すならジョンストンズのグレー

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

 

カジュアルにも、ちょっとかしこまりたい時にも使える万能カラーのグレー。

ジョンストンズなら、一気にオシャレ上級者に仲間入りできそう。

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

 

全身、グレーのグラデーションコーデをして、バッグやシューズだけ赤やワインを使うとめちゃくちゃカッコいいし、もちろんモノトーンコーデしてもいいですよね。

 

ジョンストンズカシミア大判ストール無地、子育て中に活躍するシーンは様々

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

 

私がジョンストンズの無地を気に入っているのは、無地だと艶感が増して人と被らないというだけではありません。

カシミヤストールがチェックの場合、ほぼ普段使いになっちゃうんですよね。

 

でも無地を購入すると、子育て中に活躍する場がグッと増えます。

 

  • お宮参りが冷えるシーズンの場合。
  • 幼稚園の面接などで。
  • 入園式・入学式に。
  • 保護者会のシックな装いに。
  • 七五三に。
  • 卒園式・卒業式に。

 

セレモニースーツを着るようなシーンでは、チェック柄がとにかく浮いてしまうもの。

でもジョンストンズの無地ストールなら、着座の場合はひざ掛けに使え、底冷えするホールや拝殿・本殿などで重宝します。

 

「コートを着るのは大げさだけどスーツだと寒い」という時にも、羽織ればちょうど良い暖かさ。

 

実際に私は七五三でジョンストンズのストールを持っていきました。

拝殿の中は外と同じぐらい寒く、更に冷たい椅子に座った状態で祈祷をしてもらったので、ストールを持って行って本当に助かりましたよ。

 

このようなセレモニーシーンって、とにかく冷え込むことが多いんですよね。

私が購入したのはネイビー。

普段着はカーキ系が多いので、顔周りにネイビーを持ってくると目線を上にあげてくれるし、使い勝手が良いです。

 

 

チェック柄も持っているけど無地の出番の方が圧倒的に多いジョンストンズ

参考:ナノユニバース楽天市場店

 

断然、無地推しの私ですが、実はチェック柄も持っています。

選んだのはブラックウォッチ。

参考:THE PARK楽天市場店

 

でも正直、無地の方がやっぱり出番が多いですね。

チェック柄だとどうしてもカジュアルっぽい印象になってしまうと言うか…(伝統はさておき)

 

ぎりぎりブラックウォッチなら、10年後20年後もコーディネートできそうなのと、何なら息子も使えそうかなという理由で購入しました。

手入れをしながら永く使っていきたいと思います。

 

ジョンストンズのカシミヤストール、高くて手が出ない!…という方は

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

 

ジョンストンズのカシミヤ大判ストールは、正規品を購入すると6万円超え。

いくら品質の良いものだとわかっていても、なかなか気軽に手が出せる金額ではないんですよね。

あたりには、海外正規店直輸入品や並行輸入品として3万円弱から出品されていますが、確実なものを手に入れたい方は中古で探すのもおすすめですよ。

私は、「同じ金額ならノーブランドの新品より信頼できる品質の中古」という考えなので、どうしても手が出ないな…と思った時や、失敗したくないな…という時はまず中古を購入します。

 

例えばブランディアオークション iconなら、タイミングにもよりますが、

参考:ブランディアオークション

確かなものを、このお値段で手に入れられる可能性が!

中古で探すリンクを貼っておきますので、良かったら活用して下さいね。

 

 

一生モノのカシミアストール英国御用達ジョンストンズ、差を付けるならあえて「無地」さいごに

参考:UNITED ARROWS楽天市場店

この記事では、一生もののカシミアストール「ジョンストンズ」をご紹介しました。

この冬はぜひジョンストンズの優しいカシミアに、お子さんと一緒に包まって下さいね。

きっとすっごく暖かい冬になりますよ!

 

この記事があなたのヒントになりますように。

 

 

 

▼ジョンストンズの手入れはショージワークスの馬毛ブラシ(3,000円台)を使っています。
ショージワークス(庄司ブラシ)の口コミと感想「あのカシミヤストールの毛玉も元通り」

Copyrighted Image