旦那さんに読んで欲しいシリーズはここ

撥水・蒸れない・嫌がらない【UVハット】が子供の熱中症対策にも最適だった!

こんにちは!こはく(@kohaku11111111)です。

2018年はまだ五月だと言うのに既に30度オーバーの日も出た程で、8月には名古屋で初の40度超えを記録しましたね。

私の住む東京でも37度が出て、もうとにかく今までの夏とは違います。

 
さて、近年は熱中症対策として子供に帽子を着用させる事が推奨されていますよね。

でも実際は暑がってすぐに脱いでしまったり、断固拒否されてしまう事も多く、更に風が強いと飛んで行ってしまって余計な苦労をする羽目になったり…

髪の毛で覆われた子供の頭は炎天下にさらされるとすぐにアッツアツになってしまいますので、何としてでも子供が被ってくれる帽子を探し出したい。

 

どうせなら長く!!

 

あんまり高いのも困るけど!!

 

ゲリラ豪雨にも役に立つと尚良し!!

 

そんな願望を全て叶えてくれるのはカリマーベンチレーションクラシックなのよ!!

 

カリマーベンチレーションクラシックに辿り着くまで

 

カリマーと言えばイギリス発のアウトドアブランドで有名ですよね。
英国旗のロゴが目をひき、アウトドア用品の中でも比較的お手頃な印象。

もともとは私が被る、

  • 強風でも飛んでいかない
  • UVカット加工がしてある
  • 多少の雨ならしのげる
  • 暑くない
  • 人と被らない
  • BBA感出ない

という条件に当てはまる帽子を探していて、唯一全てに該当したのがKarimmer ventilation classic ST +dだったのです。

このカリマーベンチレーションクラシックst̟+dにたどり着くまでの間に、モンベルやコロンビア、パタゴニアのハットを使用しましたので、まずはその感想から。

mont-bellストレッチODハット

 

 

お手頃ながらクオリティーの高さに定評があるモンベルのストレッチODハット。
最初に購入したのはこのハットでした。

何と超耐久撥水加工に加え、紫外線遮へい率90%以上という高性能さ
値段はダントツにお手頃なのですが、顎紐は別売り。

更にこれはもう本当にモンベルのせいではないのですが、

なんと!!!「老人歩け歩けの会」に誘導されてしまうという誠に遺憾な事態に遭遇

そう、我が町のシルバー富裕層はみな、モンベルを愛用しているのですよ。

そういう私も全く富裕層ではございませんがモンベルを愛用しています⇒モンベルスーパーメリノウールについて熱く語っている記事はコチラ

 

更にその日の私は首の日焼けを防止するために首に夏用ストールを巻いていたのですね。その姿、まさにBBAの定番。

ソッコーでメルカリに出品しました

Patagonia ボーイズトリムブリムハット

 

 
お次に、パタゴニアのボーイズ・トリム・ブリム・ハット。

当時、男児育児中の梨花さんがパタゴニアのアトム・スリングを持っている姿がインスタグラムで広められ、空前のパタゴニアブームでしたので便乗してみる事に。

大人用ハットで気に入るものがなかったので、こちらのLサイズを購入してみました。

こちらも耐久性撥水加工がしてあり、UPF50+のサンプロテクション

しかし、どことなく似合わない・・・

更に頭周りを調節できるという部分が太くて目立つ。
子供のハットとしては及第点ですが、大人が被るにはね・・・
なら大人用買えよって話なんですけどね。

また、通気孔が四つ開いているだけなので、割と蒸れる。

残念ながらこちらもメルカリ行きとなりました。

Columbia ゲッパーブーニー

 

 
意地でも気に入るハットを見付けたくなった私は、お次にコロンビアを購入。
 
野外フェスに行くわけでもなく、ディズニーランドのような大型レジャー施設に行くわけでもなく、トレッキングや登山をするわけでも海に行くわけでもキャンプに行くわけでもないというのに拘り続けるアウトドアブランド。

 

コロンビアのゲッパーブーニーは撥水ではなくて防水。
しかも透湿防水ですので、湿気を通して水は防ぐという性能で、縫い目にはシームテープまで貼ってありますので、本格的な雨に打たれても中に染みてくる事はないです。

更にUPF50なので、雨の日も晴れの日も使える!!!

が!!

つばが垂直すぎて正直眩しいーーーー!!\(^o^)/

ハットのつばってちょっと下向きの方が日差しが遮られるんですよね。

でもこのゲッパーブーニーはオムニテックという防水透湿素材を使用している事からわかるように、雨を防ぐという点に重きが置かれていていて、雨を快適に過ごす点ではこの垂直のつばが優秀なんですよ。

下向きのつばだと雨が前に垂れてきてしまい超不快なのですが、ゲッパーブーニーはそのような事はなく、ほぼ垂直のつばのお陰で雨が後ろに流れて行ってくれます。

防水なのでもちろんベンチレーションもありません。いくら透湿とはいえ、蒸れる。

そして携帯性も良くありません。
つばが固めなので、折りたためないのですねー。

でもこのコロンビアゲッパーブーニーは、最初から雨の日には他のハットを凌駕する快適さ。
ですので、雨の日専用として引き続き使用する事にしました!

 

ようやく辿り着いたKarimmer ventilation classic ST

 
数々の帽子で不満を抱えた私が次に購入したのがこのカリマーベンチレーションクラシックでした。
 

 
コロンビア、パタゴニアあたりはパーリーピーポーと被るし、モンベルは地元の歩け歩け大会で誘導されちまうし、カリマーなら人と被らずに誘導もされずに良いかもしれない!

そう思った私はまず今は完売してしまったモスグリーンを購入。

つばが程よく広くてBBA感出てないわ!!

 

とりあえず試着して一安心!

さてこのカリマーベンチレーションクラシックの性能。

はち周り、つまりつばの上あたりに一周ぐるっとスリット状のベンチレーションが付いていて、更に通気孔まであります。

更に内側に消臭機能のデオテープが使われていますので嫌な臭いもし辛く、UV遮蔽性能はUPF50+です。

もちろん撥水です。
ハット後ろのドローコードでサイズ調整が可能で、顎紐も標準装備。

おまけに生地が撥水性に優れた綿のような素材感のTaslan Nylonなので、いかにも登山します!!という感じではなくタウンユースしやすいんですよ。

晴れの日も被っていた方が涼しく、つばの広さと角度が程よく日差しを遮ってくれ、突然の雨でも慌てる事もなくなり、使わない時は超コンパクトになる。

気に入ってしまった私は、その後ネイビーを追加購入。
私の帽子を借りて被り快適さにビビった夫はパープル購入。

我が家のハットはカリマーだらけとなったのです。

手抜き母目線で見るカリマーのUVハット

 

手抜き母的に子供の帽子で拘りたい点は、

  1. 子供がすんなり被ってくれる
  2. 蒸れない
  3. UVカット/li>
  4. サイズ調整が細かくできる
  5. 風で飛んでいかない
  6. 視界の邪魔にならない
  7. 少々の雨をはじく
  8. 春から秋まで使える
  9. 他の子と被らない希少性
 

これぐらいカバーできていれば言う事ないですね。

大人のハットはカリマーが良いとわかったものの、子供のハットどうしよう。
そう悩みつつ、外出の際はギャップのアウトレット等で購入した帽子を子供に被せていたのですが、暑いとすぐに脱いでしまう。

仕方なしに私のカリマーを被せておくという事が度々ありました。

あれ?カリマーだと脱がない・・・これはもしや・・・

 

キッズを探して即購入。

カリマーベンチレーションクラシックキッズ使用感

 

 

まず驚くのがその軽さ。
たった70gですよ70g

6枚切りの食パンと同じ重さ!!わかりづらっ!

しかも大人同様小さく丸められますので、被らない時にも邪魔にならないという。

遊んでいる最中に強風に煽られても、ドローコードとあご紐で飛んでいく事はありませんし、万が一の時は顎紐は外れる仕様で安心です。

視界が危うそうな時はつばを上に折る事もできます。

息子は傘が嫌いなので、小雨ぐらいだったらこのハットとレインコートでちょっとそこまで・・・なんていう事も多々ありますが、時々振り払ってあげれば中に染みてくることもありませんし、これがゲリラ豪雨の多い夏にめっちゃくちゃ便利。
水遊びの時も被せています。

そして、このハットをかぶっている子に今まで一度も遭遇したことがないという点もだいぶいい。

18ssのベンチレーションクラシックがいよいよ発売

その年によって微妙に色を変えてくるこのシリーズですが、2017ssは

カモフラージュ×ネイビー
コヨーテ×ネイビー
ネイビー×マゼンダ
パープル×ライトピンク
ターコイズ×ホワイト
ホワイト×キャメルベージュ

以上の六色でした。

現在在庫があるものはカモフラージュ×ネイビーとコヨーテ×ネイビーだけのようですねー。
我が家は2016ssのベージュ×イエローを購入しましたので次は明るめの色にしようと思っていたのですが、2017ssは完全に出遅れてしまいました。

 

2018ssのカラーは

Bisque/LB
Camo/MG
Multi-logo/NV
Peach/LP
Stone/NV

以上の六色!

これはどれにしようか悩みますねーー!
マルチロゴは以前も即売り切れでしたしかなり目立ちそうですね。我が家はこのマルチロゴを購入しようと思っています!
 

今まではいかにも女の子というカラーがないのがちょっと残念でしたが、今回はピーチとライトピンクの組み合わせが登場するようですので、可愛いカラーが好きな女の子にもお勧めできます!

まとめ

カリマーのベンチレーションクラシックキッズは4000円弱。

ファッション帽子で暑くて嫌がったり脱いでしまうお子さんには本当におすすめです。

かぶって!

 

いや!!

 

かぶれーーー!!

 

いやだ!!ぁああぎゃぁああーーー!!

 

のやりとりがなくなるだけでもお母さんがちょっと楽できますし、暑すぎてぐずってしまうのはやはりかわいそうですしね。

なにより熱中症を防ぐという点で、帽子選びは大切です。
実際、 直射日光を浴びるより、カリマーベンチレーションクラシックを被っている時の方が暑さがやわらぎます

またサイズを調整できる事や耐久性の高い生地を使用しているため、まだ小さなころから小学生になるまで長く使用する事ができます。

そう考えるとコスパ最強のハットではないかと思う婆でした。

以上、子供が暑がらずに被ってくれるカリマーベンチレーションクラシックの使用レビューでした!