旦那さんに読んで欲しいシリーズはここ

幼稚園選びで失敗しないコツ!迷ったら【子供に合う園よりママに合う園】

幼稚園選びを100%私の独断と偏見で選んだこはく(@kohaku11111111)です。

ちなみに入園させた幼稚園しか見学してません。
一本釣り。

後悔してないかって?
 

全くしてません!むしろ超快適!
 

育児をしていて感じるのは、お母さんの見る目や感性、いわゆる【カン】ってやつですね。

例えば子供が風邪の症状が出て『いつもとおかしい…』そう感じて病院に連れていき、医師に「ただの風邪ですね」と言われたとします。

でもお母さんは『いつもと違う』と思っていた所、夜に子供の体調が悪化、結局肺炎でした、なんていう事ありますよね。

育児をしていてこの【母のカン】の大切さを感じます。
四の五のつべこべあれこれ考えて比較検討するのも良いのですが、結局お母さんのカンや感性で決めちゃった方がいい事も多いのではないかな、と。

 

幼稚園選び、失敗しないために大切な事

 
 
ママ友いない、だから有益な情報を得られない。

多くの幼稚園を比較した方がいいの?

うちの子に合う幼稚園って一体どんな幼稚園なんだろう・・・

みなさん考える事だと思います。
色んな育児雑誌や育児サイトに、
 
 

子供を連れていけば顔色で行きたい園がわかる(キリッ
 
 
とか、
 
 
子供が行きたいと思った幼稚園にすることが一番良い(キリッ
 
 
とか書かれていますが…
 

嘘言ってんじゃねーよっ!!
 

いいですか?
相手は子供ですよ?

この玩具がどうしても欲しいと言われて買った十分後に、
 
 

ボク、本当は違うのが欲しかったんだよねー
 
 
とか言うような子供ですよ?!

どうしますか!
行きたいっつーから入園させた翌日に「ボク、本当は違う幼稚園行きたかったんだよねーウジウジウジウジ」って言われたら!!

ほんと、取り返しつかないんで。

そういう訳で、子供がどうのってよりも、お母さんが【どんな事を学んでほしくてどんな環境に自分の子供を置きたいのか】これがめちゃくちゃ大切じゃないかと思うのですよ。

 

幼稚園選びのポイント、条件で絞り込む

 
 
幼稚園選びの条件は沢山ありますが、一般的に考えられる幼稚園の条件は下記の通りかと思います。
 

  • 私服か制服か
  • 弁当か給食か
  • 幼稚園バスが利用できるかどうか
  • 延長保育や夏季保育冬季保育があるかないか
  • 近いのか遠いのか幼稚園までの距離

 
まずはこれら、お母さんが対処できる園でないと無理です

「子供のために無理するわ!」とお母さんの努力ありきで幼稚園を選んで、お母さんが怒ってばかりイライラしてばかり、時間にゆとりがなく子供とコミュニケーションを図れない、これでは本末転倒です。

では一つ一つ見ていきましょう。

 

私服か制服か

 
息子の第一次反抗期で、私が呼吸している事にすら反抗してくる反抗期っぷりを味わった私としては、毎朝毎朝着ていくもので揉めたくない・・・!

という訳で、第一条件に制服アリの園を選びました。

私立小学校に入れるような富裕層ならまだしも、我が家は普通に公立小学校に入学させるつもりですので、次に制服姿が拝めるのは中学校ですよねー。

可愛い可愛い制服姿が拝めるのは幼稚園時代だけ!

我が子だから中学生になっても可愛い☆という理屈はわかりますが、幼稚園児の可愛さにはかなわないだろーーーという事も手伝って制服アリの園。

そもそも私たちは高齢親なので、下手したら中学校の制服姿見られるかどうか怪しいんですよね。アハハ・・・・・

 
高齢出産のメリットがたった二つしかないっていう高齢出産の現実を語った記事はコチラです。

 
ただ、制服の園を選ぶという事は入園前に制服代がかかるという事です。

最初は冬服のみの注文という園が多いようなので『あ、そんなに高くない』という印象ですけど、最終的に夏服や体操服の夏用等も揃えますので、トータル五万円は掛かっていると思います。

購入した物は下記の通りです。

  • ブレザー
  • ブラウス二枚
  • ネクタイ
  • 冬用靴下
  • 冬用帽子
  • ズボン二枚(夏冬共用)
  • 長袖スモック二枚
  • 夏用スモック二枚
  • 夏用帽子
  • 長袖ジャージ
  • 半袖体操服二枚
  • 体操服半パン二枚
  • ジャージズボン

 

弁当か給食か

 
食育の概念は園によって様々。

「出されたものをきちんと食べる」という食育をしている園は給食メインでしょうし、【親が作ったものを感謝して食べる】ならお弁当メインになるでしょう。

また、給食しかない園、お弁当しかない園、給食もお弁当も選べる園もありますよね。
 

私はですねー、

『母親のお弁当にキャッキャするのは幼稚園時代ぐらいだろうから弁当も作ってあげたいけど、時々手抜きしたい』

という単純な理由で給食か弁当か自由に選べる園、に絞り込みました!

 
我が家は炊飯器なし生活を送るようになりましたので、お弁当を作る日は「ご飯を炊き忘れちゃなんねーな」という緊張感があるんですよねー。

だから時々お弁当から解放されたいんです。
幼稚園給食がカレーの日は特に子供も喜ぶので給食にしています。

 
ただ・・・

年少さんの頃のお弁当箱は小さいので楽ですが、年中さん年長さんになるにつれ量も増えますし結構面倒なんですよね。

我が家の息子は年少の頃は400mlの弁当箱を持っていましたが、

 
年中に上がり430mlに買い替えました。

 
430mlというと小食なOLさんレベルの量ですからね。
弁当箱埋めるのにも結構品数いりますよ。

 

幼稚園バスが利用できるかどうか

 
我が家は幼稚園まで2キロ以上離れていますので幼稚園バスで通園しています。

幼稚園バスで事故に遭ったらどうしよう…などど、超絶心配性な私は気が気でない部分もあるのですが、幼稚園バスを利用するメリットは通園が楽なだけでなく、幼稚園に送り迎えしている多くのお母さん達と顔を合わせずに済むというメリットがあります!

バス停で一緒になるお母さんと、送り迎えで5分程度ずつしか顔を合わせずに済むバス通園は本当に楽です。場合によってはそのバス停に一人だけという事もありますしね。

 
園まで送迎しているお母さんたちはグループ化していますけど、疎外感とかはないです。

むしろ「バス通園だからなかなか皆さんと顔を合わせられないんですぅ~」という体で「ママ友メンドクセェ!!」をカモフラージュできるという素晴らしさ。

 
ただお金の問題が発生します。
毎月3000円~5000円程度掛かる園が多いようです。
我が家はバス通園のために年間約50,000円払っている事になりますが、これは夏休みで丸々バスを使用しない八月でも、登園日数の少ない五月や春休み時期にも毎月掛かってきます。

バスを利用するための月額ではなく、維持費という捉え方です。

 
また、バス通園だと帰宅時間がバス次第という点にも注意したいですね。

息子の園は通常14時に終わりますが、早い便だと13時50分頃に、遅い便だと15時半頃の帰宅となります。早い便であれば朝はかなり早くに登園する事になります。

 
園までお母さんが送り迎えする方は、悪天候の際にどうするかをシミュレーションしておいた方が良いですね。

車が使えるかどうかも園によって様々ですし、自転車の方は悪天候の際徒歩で帰宅できる範囲なのか公共交通機関が使えるのかなどなど・・・

ご参考までに息子の園は、半径一キロ以内の保護者は送迎の際車の利用は禁止されています。
運動会等の場合は二キロ以内の保護者は車の使用禁止です。

 

延長保育や夏季保育冬季保育があるかないか

 
子供が幼稚園に行っている間にパートをしたい、と考えているお母さんは延長保育や夏季保育等を重視しているかと思いますが、幼稚園の場合、延長保育はしていないという園も多いですよね。

私はいずれパートに出たいと思っていましたので、最初から延長保育がある事を条件にしました。

 
また、結構大変なのが夏休み・・・・・・・・・・・・

もうすぐ・・・地獄の夏休みがやってくるのね・・・・・・・

 
暑いからなかなか外にも出られないし、しょっちゅうしょっちゅう遊びに連れて行ける訳でもないし、横でギャーギャー煩いし、ずーっと質問攻めにされる夏休み・・・・

一人の時のように昼ご飯を適当に済ます事もできないし・・・
 
 
あぁ考えたら憂鬱になってきました!!!!
 
 
この夏休みに夏季保育があるかどうか、これ重要ですよ。

しかも、気軽に預けられる夏季保育なのか、のっぴきならない事情じゃないと預けられない夏季保育なのかは園によって違います。

私は自分がリフレッシュしたいのと、息子も私と二人っきりより園に行きたがるので、夏休みの間も時々夏季保育を利用していました。

 
2018年の年中児夏休みを最小限の労力で過ごすためのスケジュールを考えました!
夏期保育利用できる方は参考にしてみて下さいね。

 
「幼児期にお母さんが愛情を降り注がないと!!!お母さんのリフレッシュとか甘えですっ!!!」という謎の勢力が現代にも生き残っているのが現実ですが、私は全く気にしてません。リフレッシュします。
だってその人たちが育ててくれる訳じゃないし!

 

近いのか遠いのか幼稚園までの距離

 
幼稚園は駅と駅の間に位置していて、自宅からは二キロ以上距離があります。
駅からそれぞれバスで10分程度の場所、本数の少ないバスのため、公共の交通機関も当てにならない場所にあります。

ですので、園まで行く際は自転車で行きますが、雨の日は結構厳しい距離。
ちなみに私は車の運転はしません。

保護者会などが雨の場合はタクシーを利用しちゃいます。
雨の中自転車で行って何かあるより、この時だけと割り切ってタクシーを使う方が安心ですしねー。

その点では不便なのですが、そもそも園自体に行く機会が年数回なので、それほど不便さは感じずに年少を終えました。

これがもし頻繁に園に行かなくてはならないような幼稚園であれば、2キロ車なしではきついと思います。その辺のバランスは良く考えましょう。

 

幼稚園選びのコツ:園の特徴を大まかに把握しよう

 
さて、条件を当てはめて園を絞り込んだら、次に園の特徴!
カリキュラムが充実してる園とか、のびのびと過ごせる園とか色々ありますよね。

ちなみに息子が通う園の特徴は、

  • のびのび系
  • 畑や自然との触れ合いに力を入れている
  • マンモス園
  • 園庭がめちゃくちゃ広い
  • 茶話会禁止、親の出番かなり少ない

 
このような感じです。
お勉強系幼稚園でないことは確かです。

 

幼稚園の方向性に、特に母親が賛同できるかどうか

 
例えば幼児の頃から勉強をさせた方が吸収が早いという考えの方もいれば、幼稚園時代ぐらい楽しくのびのびと過ごして欲しいという考えの方もいるわけで、お母さんが園の考え方に賛同できるのが一番望ましいと思います。

子供が向いてそうだから、子供がこっちがいいといったから、という理由で園を選んだ場合、何かあった時にお母さんが園を信頼できなくなってしまいます。

そうすると見えない分疑心暗鬼になりますし、何でも悪い方向に受け取ってしまいがち。

例えば子供がけがをして帰ってきたとして、園を信頼で来ていれば、
 
 

親に連絡するほどの怪我ではなかったという事ね
 
 
で済みますが、お母さんが園を信頼できていないと・・・
 
 
えっ!子供が怪我したのに連絡もしないなんてどういう事?!
 
 

となってしまいますよね。
こんな事の積み重ねでギクシャクしてしまうのは子供にとってもマイナスです!

 

茶話会の頻度や親が行う役員がどれだけあるか

 
息子の園は公式には茶話会禁止です。
理由はトラブルに繋がるから。

息子の通う園ではこの保護者同士のトラブルというのをかなり警戒しています。保護者同士がトラブルになると子供同士に悪影響を及ぼすと公言しているぐらいです。

お母さん同士でランチ会とかやってますけど、あくまでも参加は任意です。

でも中には茶話会を毎月行い、保護者同士の交流を深めるという園もありますよね。
近隣の幼稚園では卒園のアルバムはお母さんたちが作るそうですし、私の妹が子供を通わせている園ではバザーがあるそうで、バザーまでの二ヶ月程度毎日のように園に出向いて制作活動を行うそうです。

 
どちらが良い悪いではなく、どちらにもいい点悪い点ありますよね。

 
息子が通う園は気付いたら一年何の絡みもなく終わってるような感じです。園での事は全て先生がやってくれますし、発表会の衣装も先生が作ってくれますので、あっけない。

茶話会があったり保護者の出番が多い園はその分、園での様子を見る機会も増えるでしょうし先生との交流も増えて色んな話も聞けそうですよね。

 

幼稚園のカリキュラムがどうなのか

 
幼稚園時代から英語教育に力を入れている園もあれば、運動系に強い園もあります。
モンテッソーリ教育がどうとか・・・
七田式教育法がどうのとか・・・
ヨコミネ式がどうのとか・・・

ウィメンズパーク等でも話題が尽きないこのネタですが、私自身は幼稚園のカリキュラムは全く重視しませんでした。

自分自身、幼稚園時代の思い出は大して残っていないのですが楽しかった事だけは覚えているんです。小学生ぐらいから段々ときつくなっていったので、幼稚園時代は普通に工作したり運動したり体操したり、みんなで遊んだり、そんなゆるーい感じでいいかなと。

 
幼児期に色んなことを学ばせた方が伸びるという説もあり、お母さん達の間では気になる点かとは思いますが、でもですよ?これからずっと競争じゃないですか。

少しでもレベルを底上げしてあげて、社会に出たら嫁子供を養える程度の収入を得られるぐらいに教育していかないとならないと思うんですよね。息子の場合親に頼ることが出来ないと思うので、ワーキングプアになられたら息子の人生人生詰みます。

そのためには今後色んな試練が待ち受けている訳で、せめて幼稚園時代ぐらいは伸び伸び楽しい思い出にしてあげてもいいのでは?と考えたのです。

 

幼稚園の先生の雰囲気はどうか

 
園によって先生たちにも違いが現れます。

ノリっていうんでしょうかね。
カチッキチッとしている先生たちがいる園もあれば、ノリノリの先生たちがいる園も。

息子の通う園は後者の、ノリノリの先生が多く、若くて可愛い。
 
 
マジめっちゃ可愛い。
 
 
でめちゃくちゃ元気で面白い。
 
 
だから子供がすっごい生き生きしてるんですよ!
すっごく楽しそう。
 
 

こりゃ園が楽しくてしょーがない訳だは・・・
 
 
行事のたびにいつもそう感じて、先生方に頭が上がりません。

 

幼稚園はマンモス園なのか少人数園か

 
息子はマンモス園に通っています。
マンモス園の良い点は色んな子と交流できる事だと思います。

一方少人数の園は先生の目が届きやすくより細やかな指導が期待できると思いますし、園児同士の絆も生まれやすいのではないかと思います。

マンモス園は決まりごとが多く、少人数園は融通が利く等の特徴もありますよね。

例えば園バス、人数が多いとそれだけ取りまとめるのが大変なので所定のバス停以外で乗り降り禁止だったりしますが、少人数園では前もって申請しておけば違う場所での乗り降りに対応してもらえたりとかもありますね。

 

幼稚園選びでプレや未就園児クラスに行くべきなの?

 
私が息子を産んで初めて区市町村の赤ちゃん遊びに参加した際に驚いたのが、
 
 

もうプレ申し込みましたぁ?
 
 
とねちっこく聞いてくる意識高そうな母の多さです。
当時、高齢出産のリカバリーがだいぶ遅くてそれどころではなかった私は、
 
 
えっ・・・もう幼稚園選び・・・?
 
 
とドン引きしたのを今でも覚えています。
あまりにもねちっこすぎたため、プレ教室とか未就園児クラスそのものに嫌悪感を抱くようになってしまい、結局今の幼稚園に決めるまで一切その手の物には参加しなくなりました。

 
何でも、未就園児クラスやプレに参加すると重要性の高い情報が得られるとか・・・
 
 
えっ…めんどくさっ!!!!
 
 
人気の園なら未就園児教室やプレクラスで優先入園の特権などが与えられる場合もあるようですので参加した方が良いと思いますよ。

でもいくつも掛け持ちするほどの事かなぁ?と思います。

我が家は今の園の未就園児体操教室に参加しただけですが、特に後悔も失敗もないですね。

 

最終的な決め手は「母の都合」と「母のカン」である

 
それでもどうしても悩んでしまう・・・

そんな時に一番大切なのは、ずっとお子さんを傍で見て来た母のカンですよ。
カンというのは本能が出しているサインですよ!!めっちゃ大事。

例えば、いけ好かない園長がいる幼稚園より、何か好感が持てる園長がいる園、とかね。
 
 
もっと母親である自分に自信を持ちましょう!!
 
 
子供というのは大人が思う以上に柔軟性に富んでいて、よっぽどおかしい環境でない限り、何でも順良く吸収して学び取って成長していきます。

幼稚園というのはあくまでもそのサポートをする場なので、良い意味で【お母さんが禿げあがるほど悩む程には重要ではない】と私は言い切ります。
 
 
お母さんが直感で決めた幼稚園、それだって十分な理由。

更に強調したいのは母の都合だって園を選ぶ立派な理由です。

近くの園を選べばお母さんの負担も減りますし、お母さんの負担が減れば余裕が生まれます。余裕が産まれれば笑顔も生まれます。

料理が苦手なら給食の幼稚園を選べばいいし、ママ友メンドクセェと思うなら保護者の出番が少ない園を選べばいいし、毎朝着るもので悩みたくなければ制服の園を選べばいいのです。

 
ちなみに私は児童館や支援センター、ママサークル等に一切行かずに入園の日を迎えました!

 
皆さんが素敵な幼稚園に巡り合えることを願っています!