お得を使いこなして旅に備えよう!

【富士サファリパーク】サファリゾーンは猛獣スタートで超興奮!緊急事態にレンジャー出動

4 min
【富士サファリパーク】サファリゾーンは猛獣スタートで超興奮!緊急事態にレンジャー出動

外出自粛要請にともない、営業時間や内容などに変更がある場合があります。最新情報は公式サイト等でご確認の上、お出かけの際はぐれぐれも感染防止対策とソーシャルディスタンスに配慮の上、お楽しみください♡

この記事では富士サファリパークの「サファリゾーン」の、我が家の体験記です。

初めてのサファリパーク、どういうものなのかよくわからぬまま訪れた我が家がサファリゾーンに恐る恐る入るとそこは…

猛獣スタートで恐怖煽る煽る&目の前で緊急事態が発生しレンジャー出動という体験をしてしまったのです!

我が家の旅行記をお楽しみください。

なお、サファリパーク内のネタバレありありなので、行くまでのお楽しみにしたい方はこの先は読まず、

別記事【富士サファリパーク】子連れレジャー 滞在時間や1周の所要時間・混雑状況・感想まとめを参考にしてくださいね。

Check!富士サファリパークで使える優待を確認

マイカーでサファリに入場!いきなり恐怖を煽ってくる富士サファリパーク

車に乗ったままチケットを購入してゲートをくぐるとすぐそこにサファリ…ではなく、いったん駐車場になっていて、トイレなどを済ませることができました

緊張するとトイレに行きたくなるタイプなので…そそくさと用を足し、いざサファリへ出発ぅ~!

何の心の準備もないまま、私たちは猛獣の檻の中へ…

私の勝手な想像では、

はーい!ここからサファリゾーンです!
ドアのロックチェックしますね!
ハイッ!!オッケーです!
それでは良いサファリを~!行ってらっしゃ~い!

…的なモノがあるのかなって何となく思っていたんですけど、そういうのはないです。

よって、静かに、ゲートが開きます。

完全に、ゲームで敵が出てくるやつ。

ちょっとこう、「あれ…?ここ、飼育舎とかじゃないよね…?」って疑いたくなるような雰囲気もある。

この中には猛獣がいるんで、当然なんですけど扉は2重になっています。

そりゃそうだよ脱走防止だよ。
でもその扉の重々しさが恐怖をあおってきます。

超重々しいの。

ちょっとマジで引き返したい

マップによるとこの先にはクマがいるはず。

超絶心配性、そして被害妄想強め、更に妄想癖のある私は、知恵を付けたクマがドアをこじ開けてくるという最悪のシナリオしか頭に思い浮かばなくなっていた…

いよいよここからが猛獣の住むサファリゾーン!!!

だがしかしクマはいない。

肩透かしを食らいつつ、先を進んでいくと…

いました!クマ!

えっめっちゃ小さい!

あぁでもそうか。ニュースでよくやってる「体長2メートルを超す」とかってあれだ。確か立ち上がった状態での大きさなんだった。

四足歩行している時は小さく見えるっていう罠ね!!

こういう看板が割とある…

ぶっとい骨をかみ砕く雌ライオンを目の前に

クマに怯え、デンジャー看板に怯えながら先を進むとそこにはまたあのものものしいゲートが登場。

最初のゲートをくぐったらいろんな動物が野放しにされていると思ったんだけど、そうではないらしい。

肉食獣同士といえど、共存はできないってことか…こっわwwwwww

こんな風にすぐ真横を恐る恐る通り過ぎます。

車の中だから別に普通に声とか出しても大丈夫なんだろうけど、万が一気付かれちゃうと超怖いから呼吸すらためらうレベルで近い。

・・・・・・・・

いやいやいやいやいやいやwwww

はぁぁあああ?!!!!!

こっわ!!!!何の骨!!!!!!!!!!!!

こんなのがっしがっし噛み砕いてますからね。私なんて一発で噛み砕かれちまうよ…こっわ…!これが犬のおやつの骨型ガム的なモノだと信じたい。そう信じて先を進む。

ライオンは我が物顔で道を横断したりなんかしてるんだけど、みなさんはお気付きだろうか…?

こんなにも、レンジャーがいるということに

富士サファリパーク・サファリゾーンで緊急事態発生!レンジャー出動

レンジャーの数に気づいてしまった私は、「ここはそれだけヤバい場所」とすぐに気づいたんです。

でもこの時はまだ「窓を開けなきゃ問題ないっしょ…」ぐらいに思っていた。

私の怯えをよそに、うちの夫「あ、あっちにもライオンさんいるよ~☆近寄ってみよ☆」とかなんとかキャッキャ言いながら車をよりライオンに近づけようとする。

ライオンは車に轢かれるこどなど気にせずグイグイ横断してくる。

ぶつかっていません。

いやこれどんな状況…

脳内が軽くパニックになっている私の目の前で、とうとう緊急事態発生

私たちの前にいた赤い車めがけてライオンが突進していったのです。

荒ぶるオスライオン、ターゲットになったのは…

そのライオン、私たち車のちょうど横ぐらいにいたのに、何やら突然イライラした様子で飛び出していったの。

意味が解らない。

しかももてあそぶように目の前で止まり、また少し離れまた走りを繰り返したのである!(突然の「である」調)

いやいやいやいや…

そこまでサファリなの?!

こんなにサファリな感じ????ライオンアタック的な??

怖い怖い怖い、こんなに執拗に狙いを定めて…次はうちだったらどうしよう…

と思ったその時!

レンジャーが砂ぼこりをあげ、もの凄い勢いで赤い車とライオンの間に滑り込んだのだった!

ライオンの顔に注目

これ文章にしてるから長い時間に感じると思いますけど、私たちの横にいたライオンが赤い車めがけてビュンと行ってパトルールカーが間に割って入るまでほんとに一瞬でしたからね?

何度もドリフトターンし何度もライオンをけん制するパトロールカー

砂ぼこりを巻き上げて、丸で映画みたい。

すっごいカッコイイ・・・・・・・・

抱かれてもいい・・・・・・・

女性でした。

何かの時にはレンジャーが助けてくれます

はい、パトロールカーは何台も停車していて、いざという時に動物から守ってくれます。

危険な動物のゾーンにはそれこそ何台もいます。

このように、かなりあちこちにいてくれるので、ライオンアタックみたいな事には滅多にならないそうです。

でも何かの緊急事態には、クラクションでレンジャーに伝えましょう

窓は開けちゃダメ絶対✖

富士サファリパークのサファリゾーンは猛獣の後、徐々に落ち着いて終わり♡

もう一刻も早く猛獣ゾーンを抜け出したい私(夫は気にしていない)。

お次はトラやチーターのゾーンです。

チーターはライオンと違い、ワイヤーみたいなものが張り巡らせてあって、車道には出てこれないようになっていました。

マーキング中…

まぁ確かに…追いかけられたらヤバそうですしね…

チーターはライオンのような落ち着きはなくて、常にソワソワソワソワうろうろうろうろしていてなんかうちの夫みたいだった。

猛獣コーナーさいごは私の大好きなトラ。

個人的に百獣の王にふさわしいのはトラだと思っている。だって勇ましいしね!

・・・うちの猫かな?

草食動物のコーナーでほっと一息、癒しタイム

肉食獣たちの野蛮な姿にすっかりスリルを味わったこは家一行。

二重の重々しいゲートを抜けるとお次は草食動物のコーナーです。

う~ん、ほのぼのぉ~♡

私も来世はこんな感じで伴侶に甘えたり寄り添い合ったりできるといいよね…なんて微笑ましく見ている横で、「うんこがでかい!うんこがでかい!」と息子が大興奮。

そうだね・・・ハハッ!

キリンさんだってお姉さん座りしちゃう。

そう、ここには敵がいませんからね。

ほんと、草食動物ってオラついてないからすき…♡

でもどう?草食系男子ってどう?草食系男子はグイグイ引っ張ってくれないじゃない?だからやっぱり肉食男子もいいよね。肉食男子はグイグイ引っ張ってくれて時には頼りになったりもするじゃない?その辺奥さんはどう???

グイグイ押しの強い山岳草食動物

草食動物のコーナーを抜けると次は山岳草食動物のエリア。

山岳草食動物っていうのは、

超追いかけてくる、ドリルみたいな角を持った動物や…

めっちゃグイグイ来る鹿?みたいな動物や…

無言で圧をかけてきて微動だにしないシマウマなどのこと!

立ってるだけ

お願い!もうわかったから!!!

これはワピチという動物らしいんですけど、ほぼトナカイってことでよろしいか?

最後にかわいいバンビちゃんを眺めて、サファリは終了となりました♡

【富士サファリパーク】サファリゾーンは猛獣スタートで超興奮!緊急事態にレンジャー出動、さいごに

富士サファリパークには今回紹介したサファリゾーンのほかにも、ふれあいゾーンがあります。

車から降りて動物と触れ合うことができるゾーンで、小さなお子さんも楽しめますよ。

サファリゾーンとふれあーゾーンはどちらが先でもオッケーなのと、混雑していない時はサファリをまた回ってもオッケー。

ふれあいゾーンは別記事にまとめますのでぜひ読んでみてくださいね♡

ひがしむき

ひがしむき

待ちたくない・並びたくない・混むところに行きたくない、でも子と旅やおでかけをしたい母。東京から2~3時間以内の近距離旅行が好きです。

当サイトは、我が家の旅とおでかけの記録や、子どもと行ってみて感じた事、居心地や滞在時間などを発信するブログです。⇒詳しいプロフィールはこちらから
疲れ果てる旅やおでかけが苦手な人の参考になれば嬉しいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事