お得を使いこなして旅に備えよう!

東府やベーカリー&テーブル足湯カフェ周辺を散策、チェックアウト後の駐車場についても解説

4 min
東府やベーカリー&テーブル足湯カフェ周辺を散策、チェックアウト後の駐車場についても解説

外出自粛要請にともない、営業時間や内容などに変更がある場合があります。最新情報は公式サイト等でご確認の上、お出かけの際はぐれぐれも感染防止対策とソーシャルディスタンスに配慮の上、お楽しみください♡

東府やチェックアウト後に敷地内を散策しがてら、足湯カフェ、東府やbakery&table(ベーカリー&テーブル)で買い物してきました。駐車場についても解説します!

東府やは、日帰りでも利用できる「東府やベーカリー&テーブル 足湯カフェ」があり美味しいパンが買えると評判。

パンだけでなくパウンドケーキも売られているので、東府やに宿泊した方もチェックアウト後に立ち寄りたい場所ですよね。

11時にチェックアウトして、散策をしてから足湯カフェでランチ、というプランを立てている方もいらっしゃるかと思います。

そこでこの記事では、東府やを散策しつつベーカリーに立ち寄った様子をレポします♡

駐車場利用のコツについても書いていますので、参考にしてくださいね!

\メゾネット蔵の間と料理などのレポはこちら/

\宿泊者専用ラウンジレポはこちら/

東府やの足湯カフェをチェックアウト後に利用するなら、駐車場は移動しないのが吉

東府やのチェックアウトは11時。

チェックアウトまでお部屋でのんびりと過ごした後もリゾート内を楽しむ事ができます。

東府やはバレーサービスがあるので車はチェックアウトの際に車寄せまで移動させてくれるのですが、

チェックアウト後にリゾート内を散策する場合、

  1. 車を出してもらい、日帰り駐車場に移動させて散策を楽しむ。
  2. そのまま宿泊者専用駐車場に預けておき、帰る時に出してもらう。

以上のどちらか尋ねられます。

日帰り駐車場は東府やベーカリー&テーブル足湯カフェの先、桜テラスの近くにありますが、特に土日祝など混雑時期は日帰り駐車場が混雑して待たされる事があるようなので、

宿泊者専用駐車場に車を預けっぱなしにして、敷地内を散策しながら足湯カフェに向かうことをおすすめします◎

参考:じゃらん

当たり前といえば当たり前なんですけど、日帰り駐車場に車を移動させると、一般のお客様と同じように順番待ちをしなくてはならないのです(もちろん空いている日はスムーズに停められるけど)。

これについて「宿泊者なのに待たされた〜!」なんて書いている口コミを見掛けたのですが、こればかりはその人気ゆえ、致し方ないことですしね。

車を預けたまま散策する事を伝えると、手荷物を預かってくれ、このような札をもらえますよ♡

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

身軽に、散策しながら足湯のある東府やベーカリーに向かいましょう!

東府やリゾートの敷地内を散策!

さて、荷物を預け、フロントのある棟から敷地内をのんびり散策しながら東府やベーカリーに向かいます。

東府やの渡り廊下を渡り…

本館へ。

今回宿泊した蔵の間の前を通って、

食事処の水音の前を通っていきます。

ひときわ大きな木がありました!

これが樹齢100年の欅かな?

この木のそばに、いったん外に出るような感じで道が続いています。

歴史ある芳泉橋を渡ると…

大正時代に作られた「芳泉橋」を渡ります。

眼下には吉奈川。

それほど下にあるわけじゃないけど、高所恐怖症のわたしがぎりぎり正気を保ち1人で渡れるぐらいの感じですね。

それにしても吉奈川はきれい!

渓流釣りの一般のお客様がいらっしゃることがあるそうですよ。

少し先にフォードが展示されていました。

すごい!大正時代のものなのかな…(説明をちゃんと読んでない)

このフォードの右手あたりに「芳泉の庭」があって、ヴィラスウィートが数軒並んでいます。

さらに進むと、2010年まで東府やの前身「東府屋旅館」と並ぶ、歴史ある旅館「芳泉荘」だった建物が宿泊者専用ラウンジに生まれ変わった、大正館芳泉が現れます♡

富士見平にチャレンジ

東府やリゾートの敷地内には富士見平という、富士山が見える場所があるとのこと。

お天気が良い日は富士山がきれいに見えるそうなので、富士見平にチャレンジしてみます!

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

まずはこの石の階段を登って、細い道を進みます。

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

けっこう細いですね…

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

なるほど…

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

…?

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

富士見平まで約1.2キロと聞くと「割と近いじゃん!もう9/10まで来ちゃったよ!」って思うけど、

これ、富士見平←1←2←3←4←5←6←7←8←⑨←10って意味だったの、この時の私はまだ信じていないのであった。

夫に指摘されたけど、私は9/10まで来たと思い込んでいたから先に進みます。

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

杖が出てきたwww

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

この杖が必要な苦難を乗り越えたら富士山出てくるやつでしょ?

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

ひゅ〜!東府やが小さいぜ!絶景かな絶景かな!!!!!

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

現在地情報です。

富士見平←1←2←3←4←5←6←7←←9←10

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

私は潔く諦め、しゃくなげ広場の看板を撮影し、山を下ることにしました。

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

東府やのある吉奈温泉は、子宝の湯としても有名。

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

上の像はお万の方。

東府やの子宝の湯はこちらでレポしています。

check東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

東府やの足湯カフェベーカリーはすでに混雑!

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

この日はこの後、息子のリクエストによりクリスタルビーチに行く事になったので…本当に残念なことに東府やベーカリーの足湯カフェは利用せず、お昼ごはんのパンを買って東府やを出ることに。

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

橋の向こうに見えるブルーのなにかが足湯かな?

風鈴が飾られていて素敵です。

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

平日12時前に足湯席はほぼ満席

こちらが足湯カフェですね!!おおおお!!

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

奥には寝そべることができるソファもありました。

平日、しかも週中の昼前ですが、すでに足湯席と奥のソファは埋まっていました。

ここは普通のパン屋さんスタイルで、トレーにトングを持って自分で選ぶスタイル。

殆どのパンはビニールに入れられていました。

足湯カフェが満席でも、お店の中にも数席、そして店舗の横にはこのとおり、

東府やリゾート&スパ伊豆 子連れ旅ブログ2021|メゾネット蔵の間やアメニティ等口コミレビュー

こんな素敵な場所もあるから、ピクニック気分でのんびり過ごしても良さそう!

この先には桜テラスや滝見テラスもありますよ♡

東府やベーカリー、パンの味の感想

買ったパンはクリスタルビーチで食べちゃって写真に撮ってないんだけど、ツナのパンが美味しかったなぁあああ!!

自宅に帰ってから食べる用にも買えばよかった。

東府やベーカリーは、ぶどうパンが有名っぽいんだけど、ぶどうパンは私しか食べないので今回は買いませんでした。

ソーセージパンや、ツナコーンパン、チョココルネ、食パンなどを購入。

メロンパンの写真を載せておきますね。

パンの味だけでいうと、東府やベーカリーが唯一無二で美味しい!って感じではないけども、こだわりパン屋さんレベルに美味しいです。

やわらか牛肉のシチューと地場野菜サラダのプレートランチやベーカリースープセットは女子なら絶対好き!

美味しいこだわりパンをこのロケーションで食べられるのはさすがに唯一無二。そりゃ人気も出るわね…

時間がある方はぜひのんびり過ごしてみてくださいね。

東府やベーカリー&テーブル足湯カフェ周辺を散策、チェックアウト後の駐車場についても解説、さいごに

東府やベーカリーでパンを買って、また東府やの敷地内をフロント方面に戻り、我が家は東府やを後にしました。

メゾネット蔵の間や、料理・お風呂のレポは別記事にまとめていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

ひがしむき

ひがしむき

待ちたくない・並びたくない・混むところに行きたくない、でも子と旅やおでかけをしたい母。東京から2~3時間以内の近距離旅行が好きです。

当サイトは、我が家の旅とおでかけの記録や、子どもと行ってみて感じた事、居心地や滞在時間などを発信するブログです。⇒詳しいプロフィールはこちらから
疲れ果てる旅やおでかけが苦手な人の参考になれば嬉しいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事