カスタマイズ中につき表示崩れあります。

石和温泉で部屋食!庭園のある【ホテル甲子園】子連れ旅体験談ブログ

5 min

わたくし驚いたのですけどね。

えっこんな値段でこんなホスピタリティを受けることが出来、夕飯部屋出ししてもらえるホテルがあるの?って。

ここなんですけどね。

何だか関西にありそうな名前の宿なんですけど山梨県の石和温泉郷にある、銘庭の宿 ホテル甲子園

本当に素晴らしい宿だから世の中の人全員行ってほしい。

[memo][box class=”yonde” title=”ひとことで言うと”]

超ホスピタリティ

[/box][/memo]

夕食部屋出しで子連れ赤ちゃん連れでものんびり過ごせる!銘庭の宿 ホテル甲子園

夫に「スーパーで買う方が安くね?!」と言われながらもさくらんぼ狩りを堪能し、ホテル甲子園に向かった私たち一行。

駐車場に停めて車を降りるとすぐに、作務衣を着たスタッフが出迎えてくれました。

荷物を運んでくれ、館内に案内されます。

山梨石和温泉【ホテル甲子園】チェックイン

一歩入るとそこは、ホテルというより旅館。

入り口を入ると右手にフロント、左手に室内の小池、鹿威しが風流です。

正面に大きな池と庭園があり、池を眺められる場所に配置されたソファーに案内されてチェックイン手続きをします。

静々と運ばれてきたのは…

ホテル甲子園
なんとお上品な!
お抹茶と、山梨の葡萄を使用した金平糖になります…しずしず

こここここ金平糖!

1万円台の宿で金平糖とお抹茶出てきたの初めてです!

葡萄使ってるっていうし高そうに見える!いつも饅頭とかだったから…どうしたらいいのかわかんない…

建物自体がものすっごい静かなんですけど、係の方の口調もものすっごい静かで穏やかです。

常に目の高さを合わせて話してくれるし、めっちゃ丁寧な接客。

ここで池の鯉の餌がもらえます。

ゆったりとした説明でチェックインを済ませ、部屋に案内してくれました。

笛吹市石和温泉【ホテル甲子園】客室

参考:楽天トラベル

普通タイプの客室に宿泊。

10畳のお部屋で広縁付きです。

私たちが案内されたのは2階。

部屋の出入り口は引き戸で、広めのたたきと靴入れがあり、更に引き戸を開けると10畳の客室のため、広く感じます。

広縁からは池を眺める事が出来るのですが…
古いタイプの柵なので、結構コワイ。

1階だと池が目の前で素敵かも。

次に行くなら1階の客室を予約したい(できるなら)!

ホテル甲子園のお風呂

客室にも内風呂があって、温泉が引いてあります。

ただ水圧がちょっと弱い。

シャワーはなかなかお湯が出て来ませんでした。

大浴場には男女それぞれ内風呂と露天風呂があり、広々していました!
これぐらいの大きさなら数人他の人が入っていても抵抗なく入浴できる広さです。

しかもフェイスタオルが沢山置かれていますので、濡れてしまったものと交換できるんです!

これは嬉しいですね。

露天風呂は眺望はありませんでしたけど、広々と寛ぐことが出来るので満足度高いです!

ホテル甲子園の食事

正直、山梨県なので…ほうとうが出てくんだろ?と思ってました。

が、違いました。
予想外に(失礼)美味しかったです。

あんまり大きな声じゃ言えませんが…海なし県って…ほら料理が地味じゃないですか…夫の故郷のグンマー帝国なんか…本当に美味しくないし…

ホテル甲子園食事
上品過ぎてビビる

季節の紫陽花が描かれています。
器の色合いも紫陽花とコーディネートされていて、これぞ和の心!!

ホテル甲子園食事
よもぎソースのとまとなんとか
ホテル甲子園食事
お刺身も美味しい

カトパンこと加藤綾子さんに似た女性が担当してくれました。
最初に希望の食事ペースを聞かれ、早めかゆったり目か希望に合わせて給仕してくれますし、給仕の度に料理の説明を丁寧かつさりげなくしてくれます。

[say img=”https://haharaku.net/tabi/wp-content/uploads/2018/06/nakaisan.png” name=””]慌ててお食べではないですか?大丈夫でしょうか?[/say]

と気遣ってくれて、もうサイコーです。

息子はこのホテル甲子園のカトパンに一目ぼれしたもよう!!

お姉さんいつ来るの?まだかなぁ…

と、キモイぐらいに鼻の下を伸ばしておりました。

ホテル甲子園食事
きれい

ホテル甲子園の三倍する値段の宿に宿泊した際に、我が家にあるのと同じ百円均一の小さな器が出て来た時には相当ゲンナリしましたが、ホテル甲子園は料理だけでなく器全体を使って季節感を演出している感じで、美しかったです。

ホテル甲子園食事
こんな器まで!!

謎のこの球体は汁椀。

朝食は広間を家族ごとに仕切り、座敷でいただきました。
お膳に所狭しと料理が並べられ、ここでもお重をセンス良く使用していました。

料理もかなり満足度の高いものでした!

ホテル甲子園自慢の庭園の茶室で過ごす夕べ

ホテル甲子園は奥庭があり、人工の大滝があります。

その滝の前には屋外の茶室が用意されていて、ウッドデッキのような座敷でフリードリンクをいただくことができるんです!

その日のドリンクは甘酒・白ワイン・緑茶でした。

滝が流れるのは三十分程度で、音楽が流れてとても良い雰囲気です!
六月に行きましたが夜はひんやりしていました。

スタッフの対応がとても良く、フリーサービスなのになお一層丁寧です!
とても良い気分で睡眠前のひと時を過ごすことができました!

子供連れ旅行としての【石和温泉郷 ホテル甲子園】

今回もいつも通り【食事あり・添い寝】での宿泊です。

[list class=”li-yubi li-mainbdr main-c-before”]

  • 子供浴衣貸し出しあり
  • 布団あり
  • フェイスタオル歯ブラシセットあり
  • 子供用スリッパあり
  • 子ども用カラトリーはないけど小さめの物を用意してくれる
  • こどもやベビー用シャンプーとボディーソープを貸してくれる
  • 鯉の餌で子供が飽きない

[/list]

まず浴衣、可愛い。
良い思い出になります。

更に嬉しい事に、添い寝で申し込みをしたのに、子供が喜びそうなアンパンマンのお布団を敷いてくれたではありませんかーー!!

更に、赤ちゃんや幼児用のボディーシャンプーとボディーソープを籠に入れて貸し出してくれました。
何と親切なんでしょうか。

ホテル甲子園
息子も大喜び

子供の食事はお重に入ってました。

ホテル甲子園
子供の夕食
ホテル甲子園夕食
子供のお重の下段

他に茶わん蒸しやデザートが付きます。

玩具や絵本、遊び場等は見掛けませんでしたが、チェックイン時に鯉の餌をもらえるので、子供が飽きたら庭園を散策しながら鯉に餌をあげると良いです。

ただ・・・

鯉が飢えてるのでドン引きする可能性も・・・

鯉が人を認識していて群がってきます・・・

ホテル甲子園池の鯉
もっといます。

石和温泉で部屋食!庭園のある【ホテル甲子園】で子連れ旅体験談【ママものんびり過ごせます】まとめ

率直なイメージとしては

この値段でこれだけのホスピタリティを受けられるの?

です。

料理の質も非常に高く、何よりもスタッフが全員丁寧で、お客様を急かすことがない対応、気遣いも良く、気持ちの良い滞在ができました!

ただ一つだけ問題点を挙げるとするならば・・・

茶羽織がちょっと柔軟剤臭かった!!

柔軟剤問題は今デリケートな問題まで発展しているのでぜひ無臭でお願いします!

その一点以外は、建物の古さは否めませんけど有り余る程のおもてなしを受けられます。

この記事が奥さんの旅のヒントになりますように。

こちらから宿の詳細やお得なプランをご覧いただけます。

 
 
ほったらかし温泉から石和温泉郷までは車で約20分程度の距離なんですよ。

子供の花火大会デビューに最適な石和温泉鵜飼花火(旧石和温泉連夜花火)がある!

2018年7月20日(金)~8月19日(日)の水・木・土・日には、笛吹川で【笛吹川石和鵜飼】が開催され、それに合わせて【石和温泉鵜飼花火(旧石和温泉連夜花火)】が開催されます。

平安時代から続く、鵜匠が船に乗らずに川を歩いて鵜を操る珍しい鵜飼が見られ、限定数で体験も出来るそうです。

更に花火は1日約10分間。

夏休み期間の長い間開催されるので、混雑や渋滞が少なく、また短い時間なので子どもの花火デビューに最適です!

石和のご当地グルメは「ほうとう・鳥もつ・馬刺し・鮎の塩焼き」

石和のご当地グルメは山梨の王道ラインナップ!

馬刺しは熊本だけでなく山梨でも有名ですよね。
中年太りが気になるお年頃としてはヘルシーな馬肉は注目の食材。

鳥もつは甘辛く照り煮にしてあるそうですよ。

派手さはないご当地グルメですが、気持ちがほっこり安らぐものばかりなんですよね。

特にほうとう。

子供のころから大好きです。

山梨県石和温泉周辺の観光スポット

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 富士山が見える【新道峠】
  • リニア中央新幹線が見えるスポットの【リニアの見える丘】
  • 山梨県笛吹川フルーツ公園のアスレチック(雨でもOK!)や親水公園(じゃぶじゃぶ池)
  • 愛宕山こどもの国
  • 山梨県立科学博物館

[/list]

暖かい季節は川遊びをしてもいいですし、少し足を延ばして山中湖や河口湖、清里高原や八ヶ岳も1時間程度で行く事が出来ます。

ワイナリーも沢山ありますが、今回は子供連れのため、省略させていただきます!



こはく

こはく

高齢出産・ひとりっ子・ママ友いないぼっちママ属性。もともと子どもが苦手。だからこそ「健全」目指して試行錯誤しながら子育てをしています。人生の経験値だけは積んでいます。

カテゴリー:
関連記事

Copyrighted Image