記事一覧をチェック

孫を見るのはもう諦めてるって話【育児や家事の合間にサクッと読むシリーズ】

最近、すっかり更新を怠っていますこはくです。

あーやっぱね。
やっぱ1年もたずにフェードアウトしてっちゃうタイプのブロガーなんだ?ww

…って思ったアナタ!!

 

 

 

他サイトの更新にうつつを抜かしてるだけですすみません。

 

さて、先日ツイッターで仲良くしていただいているフォロワーさんと、「健康でいたいよね」って話になったんですよ。

その流れで、健康で元気で長生きしたいよねって話になって…

 
私は息子が20歳になる頃60歳なので、今のうちからしっかりと身体のメンテナンスをして健康に気づかい、せめて息子に負担を掛けぬようにいなくてはと考えているんですけどね。

仲良しのフォロワーさんが「私は孫を見るまでは元気でいたい」って話してくれた時、「私は孫を見る事はすっかり諦めてるわ」って話したんです。

今日はその話。

 

息子には、私の事など丸で気にせずに自分の思い描く幸せをつかんで欲しいんです

 
今、凄くいい事言ってますよ!!!
めっちゃいい事言ってますよ!!!

 
私は、息子が「母ちゃんが喜ぶから」とかっていう基準でライフイベントを選んでほしくないんですよ。

 
母ちゃんが歳だから早く結婚して安心させたいとか。
母ちゃんが歳だから早く孫を見せてあげたいとか。

そういうのはして欲しくないんです。

 
ここまで書くと私、めっちゃいい母親みたいじゃないですか?

え?
そうでもない?w

いやいやw

まあ私がいい母親だという事は事実として置いておきましょう今回は。

 
嫁の立場からしたらこんなクソマザコ…あ、ちょっとマザーコンプレクスを抱えた男性、奥さまだって嫌でしょう?

結婚・妊娠・出産・家を買う建てるなどの機会に「カーチャンガーカーチャンガー」いちいち言う男…私だったら記憶から抹消したいレベル。

 
ライフイベントの多くは、パートナーと決めるものですよね。

そのパートナー、息子の奥さんの意思より「息子の思う親孝行」を優先させるなんていう事、絶対にして欲しくないんです。

 
でもさぁ、子どもって親孝行考えちゃうでしょ。

どうしても。

 

親孝行はとっくにしてもらいました

 
私にとっての親孝行は、息子が生まれてくれたこと。

息子が生まれて私をお母さんにしてくれたこと。

もう親孝行と言えばこれが全てなので、これ以上の事は私にとって、あくまでもプラスアルファであり経験出来たらラッキーというレベルのこと。

 
そりゃ孫を見ることが出来たら幸せだとは思うけど、今もう十分幸せなので。

 

こんな事を思うのは、まあ夫のせいですね

 
奥さまならご存知だと思いますけど、うちの夫、ほら…ちょっとねえ?アレじゃないですか。

マザーにコンプレックスみたいな。

帰省すると、扱いに歴然とした差がありますからね。

 

 
そんなマザーにコンプレックスを抱いている夫は、私が息子を出産する前日、「カアチャンガー」って言いやがりましたし、産後もまずは「カアチャンガー」でしたからね…

母ちゃんのために産んだんじゃねーよボケwww

 
恨み帳にしっかり書き残してありますので、夫に何かあった際は読み聞かせる予定です。

 
今日はこの辺で!

Copyrighted Image