住宅購入は縁と運!風景、土地持ち分、非ビッグコミュニティを重視した結果

実は!!私の一番長い職歴は不動産会社です。

事務職ですが営業部所属でしたので、各戸の価格付けや店頭公開や一部上場に向けての予算委員会にも携わっており、ある程度不動産業界の裏側を見てきました。

そんな私が夫と結婚をし、息子の妊娠がわかり購入する事に決めたのが中古物件でした。

今回は自宅購入で我が家がこだわった事について書いていきたいと思います。

中古物件に決めたわけ

 
不動産業界にいますと、新築物件を購入したの資産価値の下落率に目が行くものなんです。

誰しもが憧れる一戸建て住宅、二十年後の資産価値は限りなくゼロ、分譲マンションで半額程度になってしまいます。

新築にこだわる人は「誰かの物だった」事実を嫌がります。
例えば悪い運気をもらうとか、一生に一度の買い物だから真っ新な状態が良いという気持ちを持つそうですよね。

私はあまりその辺に執着がなく、安く買いたいしフルリフォームすれば良いという考えでしたので、最初から中古物件を探しました。

住宅購入における中古VS新築問題に焦点を当てた記事はこちらです

ちなみに私は木造住宅が好きではないので、今回はマンション限定です。

一階専用庭広め、土地持ち分多めを希望した

 
私は高層マンションが苦手です。
自分が高所恐怖症だからという理由もありますが、人間が空中に住むのは物理的におかしいと感じるからなんです!!

例えば子供の”高所平気症”なんかその最たるもので、更に気圧の変化で低体温化したり自律神経をおかしくしたり、身体の不調を起こす人が増えていますよね。

なぜ高層マンションがあんなに人気なのかと言えば、そりゃもう少ない土地にどうにか沢山住まわせようっていう勢力が必死になって作り上げた幻想だと私は思ってます。
 
 
上に伸びれば伸びる程に土地持ち分が減ってゆく~\(^o^)/
 
 
結局の所、最後に残る資産価値なんて土地持ち分だけになりますからね。

 

そして私にとって重要なのが庭。
東京横浜辺りで所謂”庭付き”と言われている戸建てで我が家が買える価格の物件は、庭が狭い。狭いし隣とめっちゃ近い。

その上、>戸建てだからプライバシー云々はお互いに自衛するしかない

そうなると、もうむしろマンションの専用庭という形で借りている方が潔いんです。
そこそこ広いし。
プライバシーに関してもある程度管理会社が配慮してくれます
 
 
そりゃぁ庭でバーベキュー出来ませんよ。
花火も出来ません。

でもさぁ、戸建てにしても結局そんなバーベキューとか花火する??
絶対隣近所の人迷惑してんじゃん。

正々堂々とバーベキューするっていう人もいますけど、私は人目が気になるタイプなので戸建てに住んでいたとしても絶対しないと思うので!!

非ビッグコミュニティーに拘った

 
一度だけ150戸超えのビッグコミュニティーマンションを内覧しました。

大きなエントランスと、エントランスを抜けた共用部分のホールには噴水があり、散歩ならこの物件内で済みそうな程大きい物件。

前庭と呼ばれる、各自自由に植栽を植えられるスペースが玄関前に設けられていて、非常に素敵ではありました。

でもビッグコミュニティーって事はですよ?
面倒も多いんですよね。

総会とか理事会とか、お祭りとかの他にクリスマスとか餅つきとかなんかもうイベント盛りだくさんの可能性がある

任意で参加のイベントもあるでしょうけど、小さな子供がいるのに参加しなかったら変わり者扱いですよ

子供の同級生も同じマンション内に多くできる可能性もあり・・・

ママ友とか超面倒な私にとっては苦行となるかもしれないし。

またビッグコミュニティーマンションは、一つの街のような楽しさや賑やかさはありますが、大きな船の舵取りが難しいように、何となくめんどくさそうなイメージ。

だって戸数の分だけ色んな人が住むって事でしょ?
完全に先入観なんですけどね。
 

更に言うとここは工業地域だったため、マンションの周囲の雰囲気は最悪だったのです。

そのため却下となりました!
 

都内リノベーションマンションに特化した不動産サイト!【リノベ派】

 

物件との巡り合わせは縁と運

 
物件探しをしていて、物件との巡りあわせは本当に縁と運だなと実感しました。
いくら気に入った物件でどうしても手に入れたいと思っても、縁がなければ契約に至りません。

例えば我が家の場合

①最初に申し込みをした物件 → 我が家が指し値して申し込みをした数時間後に定価現金 → 括申し込みが入り、我が家が蹴られた

②次に申し込みをした物件 → 我が家が申し込みをした数十分前に申し込みをした人がいた

二回も他の人に奪われ(我が家の主観で言うと)、もうマンションの購入を諦めた方がいいのかとノイローゼ寸前になりました。

だって一生に何度も買うものじゃないので必死で探して必死で選んで決めた物件ですよ!!

妊娠中だった私はとうとう・・・
 
 

営業マンと私たちの相性が悪いんだよ!!ムキィィィイイイッ!!
 
 
などと、意味の分からず事を言い出す始末。

 

結局10戸以上見たと思います。いや20戸に迫る勢いだったかも。

最初に探していた市区から範囲を大幅に広げ、半径12キロ程まで探し、やけっぱちで内覧しました。ぶっちゃけ最後の方に内覧した物件なんて全く覚えていません。

思い当たる物件すべてを内覧しても、ピンとくる物件はありませんでした。

もう見付かりそうにないので購入を諦めるという選択肢も視野に入れた時、積極的に検討したい訳ではないけどもう一度見てみたいと思う物件が一軒だけあったのです。

その物件は全く検討していなかった駅にある小規模マンションの一階角部屋でした。

三面採光で明るいんですが、リビングは圧迫感があり、居住中という事もありかなり雑然とした雰囲気だったんです。だから内覧直後は全く良いと思いませんでした。

でもその物件、リビングの窓の外には四階建て相当の大きな桜が鎮座しているのです。

更に庭は30平米弱。
これはタイル敷のバルコニー部分を抜かしての数字なので、実際はもっと広々と使用できます。

そして桜の木が鎮座する窓と別の窓からは専用庭の向こうに自生している木々が青々と茂っていました。

丸で森の中に住んでいるような風景でした。
 
 
ここで子育て出来たら、きっと子供は楽しいだろうなー
 
 
そう思いついてからが早かった!!

私は、どうにかこの部屋をもっと開放的にリフォームできないか、と考えるようになったのです

キッチンの壁を取り払い、私がキッチンに立っていても窓の外の景色が一望できるようにしたい。子供が日常的に緑を見ながら遊べるようにしたい、そんな事を考えた途端、めっちゃ希望の光がパァァアアアアアっと!!
 
 

もうここ買うわ
 
 
えっ?
 
 
夫からしたらぽっと湧いて出て来た話。
ちょっと驚いていましたが、そこからがトントン拍子に進み、契約に至ったのです。
 
 

次々と整い変わっていく環境

 
申し込みをし契約締結まで、今までのトラウマにより戦々恐々としていましたが、あっさりとスムーズに滞りなく進行していきました。

そしてリフォームは全て私の希望通りに。

ようやく居住できるようになったのは十一月。
ま、三ヶ月程暮らした後、切迫早産で入院してしまうんですけども!!!

息子が産まれる前、三月末に二ヶ月ぶりに退院した私の目に飛び込んできたのは、白く蕾を膨らませた桜の木でした。
更に出産して四月上旬に帰宅すると、満開の桜が!!!

 
これ、息子の誕生日に毎年この景色が眺められるんですよ。
これだけでかなり胸が熱くなります!!

 
そして息子が入園する直前の話。自宅から幼稚園までの道のりで唯一「ママチャリこえーなー」っていう道路があり、ビュンビュン車が走り狭い歩道の危険な道を行くか、大きく迂回して行くか二択だったのですが・・・

なんと!

その道路のすぐ横に整備された大きな道が開通しましたーーー!!

これで、自宅から幼稚園まで広くて危険が少ないほぼ一本道で繋がったのです。

更に更に、なんとなんと駅前再開発キタコレ!!(´⊙౪⊙)۶ッッッッィィィィイイイイヨッシャアアアアァァァァ!!!!

と、このように、信じられない事なのですが次々と環境が好転していったのです。
本当に縁と運、これ以外に考えられません。

  

さいごに

 
今となっては最初に指し値をしている間に現金一括購入の人に奪われてしまったマンションや、つい数十分前に申し込みが入ってしまったマンションを購入した私達の生活が、全く想像つきません。

我が家は自然に囲まれているため、めっちゃくちゃ虫が多く、トカゲやカナヘビも出ますし、北側にはヤモリが生息していますし、夏はセミだらけ、秋は蜂が・・・

でも春には丸で大きな絵画を飾ったような満開の桜、新緑の季節も清々しく、秋は秋で紅葉した葉も美しく、冬の佇まいもなかなかのもの。四季折々の自然を楽しんでいます。

今もし皆さんがマンションや自宅購入で、なかなか良い物件に巡り合えず悩んでいるとしたら、私が断言します。

自宅購入は99.9%ぐらい縁で決まります!!

今なかなか決まらなくてうんざりしていても、いつかきっとあなたに合った良い物件があちらからやってきますよ。

ちなみに、我が家を担当した営業の方。
後でわかった事なのですが、何と、同じ会社の同じシリーズの別マンションに住み、しかも一階の専用庭付、更に同じ年の四月に第一子が産まれたという恐るべし偶然。

そういう事ってあるんですね(@・´д・)(・д`・@)ネー

皆さんが素敵なマイホームと巡り合える事を願っています!