旦那さんに読んで欲しいシリーズ

子供連れ旅行で食事ありは何歳から?宿泊施設で決まりがない場合の上手な選択

子どもと一緒に旅行に行く時に悩むのが、子どもの食事ありなしと布団ありなし、どう選ぶかですよね。

宿によっては、食事・布団を使用しなくても数千円の施設利用料がかかる事も。

我が家で宿泊を検討していた宿では、お子さま用メニューの食事でも、宿泊料金は大人の50%相当がかかるというケースもありました。

子連れ旅行をする私たち親の立場としては、子どもの宿泊費は少なければ少ないほど助かりますが、宿側からすると、小さな子供を受け入れる事はリスキーでもあり…

 
そこで!

 
今回は我が家の経験を元に、主に食事のありなしをどう判断したらよいか、考えてみたいと思います!

 

まずは結論「お子さまランチ食べられるなら多少無理しても食事だけはつけるべし」

 
長ったらしく引っ張るのもアレなんで実体験に基づく結論を言いますと…

 

食事なしだと結構肩身狭いですよ…

 

いや、宿の方は露骨な態度は出しませんよ?

でも、子どもの食事すら頼んでいないとなると、何をするにもこちらが「お願い」しなくてはならなくなるのは間違いない。

子供用の食器1つ取っても、借りる感じになっちゃう。

 
食事を残すのはどうしても心苦しいというのなら、食事なし布団ありでもいいと思います。

 
大人と違って子供の方がイレギュラーな事が発生しやすいですよね。
こぼしちゃうとか、汚しちゃうとか。

そんな時のためにも、多少無理しても食事ありにしておいた方が親の気持ち的に楽です。断言します。

 

でも「お子さまランチが食べられる年齢」ってずいぶんアバウトじゃない?

 

ですよねー。

ただ、お子さまランチを食べさせる年齢って人それぞれではありませんか?

 

1歳代から大人の取り分けでは追い付かない量を食べるお子さん。

塩分などを気にしてお子さまランチは3歳頃まで食べさせたくないお母さん。

お子さまランチを頼んでも完食は出来ないけど、子どもが喜ぶから注文する親御さん。

 

色んな考えがありますので、まずは「お子さまランチを食べられるなら」という目安にしました。

 

ちなみに「お子さまランチ」はおよそ3歳程度のお子さんを基準にして作られている事が多いそうですよ。

 

あまりに食事を残してしまうので【食事なし・布団なし】にした感想

 
例えば息子の場合、普段はしっかりと食事をとる方で、宿の食事時間と同じ時間帯に食事を取っています。

でも旅行という特別な場なので、昼食が早まったりずれ込んでしまったりすると、夕飯に差支えが出ます。

 
例えばこんな感じ。

  • 7時
    出発当日の朝食を軽めに摂る
    これから車で移動という事や、生ごみを出したくないなどの理由で少なめの朝食になりがち。
  • 10時30分
    途中で軽食を摂る
    途中のインターで食べるラーメンが美味しすぎて、ちょっとのつもりが結構食べちゃう。
  • 14時
    軽食を摂ったため昼食が遅めになる
    道中でジュースなどを飲んでいると更に昼食が進まない。
  • 16時30分
    遅いおやつ
    夕飯までは待てないので、遅いおやつで腹を満たす。
  • 18時
    宿で夕食
    おやつが遅かったので殆ど食べられない。

こんな事が往々にしてあるので、夕飯は殆ど食べないんですよね。

我が家は息子の旅行デビュー自体が2歳代と遅かったため、最初から添い寝で食事ありの宿泊をしていたのですが、さすがに何回も残されてしまうと、逆に宿の方に申し訳ないような気持になってしまう事が多々あったんです。

 

きっかけは5歳4ヶ月・夏の旅行

 
実は息子にとって初めての海水浴となった5歳4ヶ月の夏旅行。

海が楽しくてテンション上がりっぱなしの息子と、それに付き合いがっつり運転した夫、相当体力を消耗したため宿に到着してすぐオヤツを食べずにはいられなかったんです。
 

この時は食事の豪華さで有名な堂ヶ島温泉郷 お刺身と天然温泉の宿 伊豆一さんに宿泊。

鯛のお刺身プランで、美味しい鯛がたーーっぷり出されました。

 

ボク、お子さまランチもいいけどおさかなとかお刺身が食べたいんだよね☆

 

ええ?そうなの?(いつの間にそんな魚好きに…)

 

これからはパパとママと同じご飯がいい!

 

以前からお子さまメニューが好きな夫と大人メニューが好きな息子が、おかずの交換をする事はありましたが、まさかこうも断言されてしまうとは。

しかもこの時は海水浴で変な時間におやつを食べてしまった夫が、お子さまランチまで間食できないという事態に陥り…

せっかく本当にたくさんの食事を用意してくださったというのに、残してしまったんです。

 

(こんなに残すと失礼だし、子供は食事なしにして大人の食事を食べきった方がいいのかも・・・)

 
そう考えるようになりました。

 

初めて食事なしにしてみた5歳半・秋の旅行

 
前回の夏の旅行で、息子がお子さまランチ的な物を好まなくなってきた事を知り、今回は1泊だけ【布団なし・食事なし】にしてみました。

親の料理をグレードアップしたため、取り分けで足りるのではないかと考えていたのです。

 
お刺身が好きな息子は、お刺身がそこまで好きではない夫の分を取り分けてもらい満足していましたが…

 
たとえば、大人のご飯はお替り自由で、宿の方は「お子さまの分のご飯もお替りしてくださいね」と声を掛けてはくれますが、正直…

 

頼みづらい…

 

息子に白米しか食べさせず自分たちは贅沢をしている親、みたいで超絶居心地悪い…

それに大人の食事しか頼んでいない場合、大人ペースで配膳されるじゃないですか。

お子さまランチって最初に全部配膳してくれるでしょ?
最初にお子さまランチが出るから、場が持つっていうか…

あれがない状態で、ちんまりちんまり出されたものを、ちんまりちんまり取り分けている感じだと、子どもが飽きちゃう!

 

ねーまだー?次のご飯なに?

 

常に真横で言われてごらんなさい。
絶対激しく後悔しますから。

更にそれだけじゃ終わりませんよ。
料理が来て取り分けようとしたら次は…

 

えっそれ何?僕が食べられるやつ?美味しいの?何で出来てるの?あれ?これ僕の嫌いなやつ入ってるじゃん!何で僕の嫌いなやつくれるの?

 

…などのように、延々と寛ぐことは出来ません。

 
しかも、夕飯の時も朝食の時も「あれ?ボクのご飯、ないの?」と言われちゃってますます居心地悪かったです。

 
夕食は量も多いから取り分けたとしても問題は朝食。
朝食が思いのほか取り分けるの結構難しいんです!!!!

 

すっごいめんどくさい。

 

あの時は戸田温泉 ときわやさんで高足ガニを食べる贅沢をしてきたんですよ!!!

なのに正直…

息子の「まだー?ねえまだー?僕のご飯はー?」攻撃のおかげで、半分ぐらい記憶が吹き飛んでます!!!

 

子供連れ旅行で食事ありは何歳から?宿泊施設で決まりがない場合の上手な選択のまとめ

 
ではまとめです。

子どもを【食事あり】にした方がいい理由は次の通り。

  • 宿の人にいちいち頼みづらいしお願いするのも煩わしい。
  • お子さまランチがないと「まだ?まだ?」うるさい。
  • 取り分けると見たこともない料理に警戒して質問攻めが加速して落ち着かない。
  • 親子の好物がかぶってしまった場合、つらい。

 

では、何歳頃から【食事あり】にすべきかと言うと…

  • お子さまランチが食べられるころ。
  • お子さまランチ出しとけばとりあえず注目してくれるころ。
  • お子さまランチは3歳を想定して作っている事が多いからその前後から。

 

このような感じです。

みなさんの快適な子供連れ旅行の参考になりますように!