今年最後の ビッグセールはここから

西伊豆で海水浴【2018年子連れレジャー体験談】砂浜・石浜・内海3つのビーチ比較!

海水浴場って色んな種類がありますよね。

砂浜だったり石浜だったり、内海なのか外海に面しているのかによっても海水の温度や透明度が違うそうですよ。一体子連れ海水浴ではどんな海が快適なのでしょう?

更に気になるトイレ事情。

今回は西伊豆の海水浴場3つに行ってきました!
【土肥海水浴場】【田子瀬浜海水浴場】【御浜海水浴場】それぞれの海水浴場を、子供連れレジャー目線でご紹介します。

 

砂浜の広いビーチ【土肥海水浴場】

 

 
【住所】〒410-3302 静岡県伊豆市土肥2657-6
【駐車場】1日1000円~

 

 

土肥海水浴場の特徴

  • 簡易トイレ
  • シャワー無料
  • 広い海水浴場なので日曜日でもそこまで混雑を感じない
  • ライフセーバーによる子供イベントあり
  • 海の家が複数あり、コンビニやスーパーも近い
  • 外海に面していて水温が低めで気持ちいい

 
土肥海水浴場は西伊豆のビーチの中でも広く遠浅だという事と、東京から直接行く事を考えると、土肥までが疲れずに着ける距離かなという事もあって、このビーチを選びました。

 

広いビーチだから人口密度が低く快適

 
日曜日だというのに、人口密度が低い!!
何と700メートルもあるそうです。西伊豆で最大規模の海水浴場。
広いビーチの特権ですね。


夫の上半身は彼の名誉のために塗りつぶしました…今マックス体重でぶよぶよです。

この土肥海水浴場なら、息子が憧れるスイカ割りも出来ちゃいます。
人とぶつかる事を心配しなくてもいいですし、人が沢山いすぎて子供を一瞬見失ってしまう事もないでしょう。

とにかくごちゃごちゃ混雑した海水浴場より断然快適です。

 

136号線がすぐ側でスーパーや薬局が近くにある

 
ビーチからすぐそばにマックスバリュや薬局があり、急に何かが必要になった際にも便利です。

子供が小さいと、どんなに準備して行ったとしても、現地で足りない物や必要なものが出てきたりするものですよね。

柔軟な対応が出来るという事は、お母さんの精神的負担も軽減されます。

もう少しおやつが必要かも、持ってきたお口拭きがなくなりそう、飲み物をこぼしてしまって買い足したい…などなど、急を要する事なら海の家の高額なもので対応するのもアリですが、出来れば普通のスーパー価格で買いたいですよね。

そんな時にここ土肥海水浴場では一切不便を感じずにレジャーを楽しめます!

 

海の目の前の民宿の駐車場が1日1000円で借りられる

 
駐車場は海沿いの民宿で1日1000円で借りることが出来ます。
136号線より1本海寄りの細い道に入ると看板が出ていますよ。
 
 

8月上旬の日曜日に行きましたが、ビーチから徒歩10秒の駐車場が借りられました
 
 

海水浴場専用の駐車場は狭く混雑している事が多いですが、民宿の駐車場は分散されるため比較的広く、荷物の上げ下ろしの際にその便利さを実感できますよ。

また、車に乗る前に外に備え付けられているシャワーを使わせてもらうことが出来たり、何よりもビーチの目の前に停められる点が便利過ぎました!

しかも土肥海水浴場の駐車場は1日1200円なので、民宿の駐車場の方が少しお得!

 

【土肥ビーチ】子連れレジャーの感想

 

土肥海水浴場の評価
海の綺麗さ
(2.5)
子供の楽しさ
(3.0)
行きやすさ
(4.5)
便利さ
(5.0)
快適さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

 
私達がテント設営した場所のトイレだけなのかも知れませんが、簡易トイレだったため、快適さに劣りました。

簡易トイレは狭く子供と親が一緒に入る事ができません。

子供の用を足す際はドアを開けっぱなしで済みますが、一方子供を連れて自分が用を足す場合、ドアを閉めた状態で5歳の子供を外で待たせるのは不安ですよね。

夫がいる時なら問題ないのですが、夫がどこかへ行っている時に子供と私が同時にもよおしてしまった場合…かなり不便!

公衆トイレなら万が一親子で入る広さがなくても、男女分かれているのでどうにでもなるんですよね。あまり考えたくないですが…扉を少し開けて子供に入り口にいてもらえば、子供にも目が届くし、外の人からも見られずに済むんですけどね。

 
しかし!ライフセーバーの熱意は他海水浴場の比にならない程でした。

子供たちが楽しみながら海の事を学ぶことが出来るイベントを開催したり、海水浴客が盛り上がるようなテンション高いノリノリの安全訴求
や緊急時のサインの出し方など、いざという時本当に頼りになりそうでしたし、感心しました!

 

地元の人が勧める小さな石浜【田子瀬浜海水浴場】

 

 
【住所】〒410-3515  静岡県賀茂郡西伊豆町田子
【駐車場】1日1000円

 

 

田子瀬浜海水浴場の特徴

  • 公衆トイレ(水洗)
  • シャワー無料
  • 小さな海水浴場なので混雑する(隣の家族と近い)
  • 海の家はごく小さな1軒のみ
  • 波はほぼない
  • 水温は高め

 
この日は堂ヶ島に宿泊するので、たまには南伊豆か下田まで足を延ばす予定だったのですが、宿のご主人の強い勧めでここ田子瀬浜海水浴場に行く事に決めました!

ただ、到着するまで『ここ進んでくの?大丈夫かな?』というような、漁港沿いの狭い道を延々と進むことになりますし、目立つ看板も殆ど出ていません。

しかも紛らわしい【駐車場1日1000円】という看板が、海水浴場の駐車場よりずいぶん手前に出ています。

辿り着くまでに後悔間違いなしの道のりですが、到着すると素晴らしい海が待っています!

 

砂浜ではないので砂の不快さがない

 
海水浴場というと砂浜だけではありません。
ここ田子瀬浜海水浴場は石浜なんです。

砂浜は焼けるように熱くなりますが、石浜はそこまで熱くなりません。
ただ、テント設営の場所が問題。設営しても、クッション性の高いレジャーマットでやっと寝そべる事が出来るかな…という感じ。大きな石でごつごつしています。

でも帰りの楽さは格別です!
砂を落とす手間もないですし、そもそもテントや荷物に砂が入り込みません。
ちょっと腰掛けたら砂だらけになって不快になったり、マリンシューズの中が砂だらけで大変な事になったりする事もなく、快適でした!

 
到着した午前10時頃はこんな状態でしたが、昼頃には石浜は密集状態です。

 
石浜の上にコンクリートの場所がありますので、そこを確保出来ればめっちゃ快適です。
我が家は運よくシャワー横の木陰が空いていたので、涼しくて本当に過ごしやすかったです。

 

海の家は1軒だが親切価格

 
昼食を持ち込む人も多く見られましたが、海の家も親切価格です。
ラーメン1杯500円でしたし、マリンシューズはサイズも豊富で、道中立ち寄ったコンビニより少し安く売っていました。

かき氷などのメニューも豊富にあります。
他にもライフジャケットや浮き輪のレンタルなどもあり、老夫婦が営んでいるアットホームな海の家です。

私は今の時代のウェーイ系海の家が苦手なんですが、ここ田子瀬浜海水浴場の海の家は、懐かしい昔ながらの海の家でした!
 

 

小さな海水浴場なのに公衆トイレ

 
ここ田子瀬浜海水浴場は、こじんまりした海水浴場なのに水洗公衆トイレがあるんです。

前日の土肥海水浴場の簡易トイレで、子供と2人だった時に自分が用を足せないという緊急事態に遭遇した私にとって天国のようでした!

トイレットペーパーも十分用意されていましたよ。
 
 

更衣室もありました

 

【田子瀬浜ビーチ】子供連れレジャーの感想

 

田子瀬浜海水浴場の評価
海の綺麗さ
(5.0)
子供の楽しさ
(4.5)
行きやすさ
(2.0)
便利さ
(2.0)
快適さ
(3.5)
総合評価
(4.5)

 

何と言っても海の綺麗さ!
そして子供の足がつく深さに魚が沢山います。

波は殆どなく遠浅ではありませんが、普通の海水浴場とはまた違った楽しみ方ができます。
蟹ややどかり、フグやウニだって見付ける事だって出来るんですー!

シュノーケルをするのに適した海なので、赤ちゃん連れよりもある程度海の中で楽しめる子供がいるご家庭向けの海だと思います。

向こう側にある島へは、昔は泳いで渡れたそうですが、今は禁止されています。
でも渡って行ってしまう人たちも多くいました…

 

内海で穏やか、ファミリーに断然人気の【御浜海水浴場】

 

 
【住所】〒410-3402  静岡県沼津市戸田
【駐車場】1日1200円

 

 

田子瀬浜海水浴場の特徴

  • 公衆トイレ(水洗)
  • シャワー有料(1分100円)
  • 海の家の人がお勧めの場所に案内してくれ、ゴザも無料で借りられる
  • 海の家は数件
  • 海上遊具が充実している
  • 内海のため水温は高め

 
以前、富士山と海を同時眺望できる客室露天風呂付の宿【マホラリゾート】に宿泊した際、御浜海水浴場を見掛けて、その綺麗さに『絶対に夏に来よう!』と思っていた御浜海水浴場。

白い砂浜と、内海で穏やかなのが特徴です。

目の前に漁船が沢山いて海の広さや壮大さを感じる事は出来ませんが、海上には滑り台などの遊具が点在していて、特に幼稚園児から小学生にとっては楽しい海水浴になること間違いありません。

またこのビーチには大きな大きな松の木があり、木陰が出来るのが特徴です。
木陰の下に場所取り出来れば、かなり快適に過ごすことができますよ。

 

 

海の家の人が外国のビーチ並みに至れり尽くせりしてくれる

 
まずビーチに到着すると、海の家の人がささささっと近付いてきます。

何事もまず疑ってかかる私はドン引き。
あれよあれよという間に、松の木周辺に場所を決められてしまいました。

ゴザまで持ってきたので「無料ですか?!」と慌てて確認した所、ゴザ・電動空気入れ・浮き輪ポール設営は全て無料だそうです。

途中でライフセーバーのアナウンスで「風が強いためテントやパラソルの固定が難しい場合は海の家の人にお願いして固定してもらいましょう」と聞こえて来たので、ぼったくり海の家ではなく、ただの親切な海の家でした\(^o^)/

 

こんな風に浮き輪が飛ばないポールまで立ててくれちゃいます。

遠慮なくゴザを利用させてもらったおかげで、レジャーシートは殆ど濡れずに済みました。

海の家には、テントで食べられる持ち帰り用の焼きそばやたこ焼き、アメリカンドックなどもありますので、荷物やテントの心配をせずに済みました。

ちなみに焼きそばは550円です。
親切価格ですね…
 
 

海の家の方、疑ってかかって済みませんでした!!

 

内海で波が穏やかで子供が楽しめる

 
この御浜海水浴場がファミリーや子連れに人気なのは、内海で波が穏やかなのも1つの理由でしょうね。

波があると子供ってはしゃぎますよね。

海の中に飽きたら波除けゲームをしたり、波に流されたボールをどっちが早くとれるか競争などのような単純な遊びが盛り上がります。

また、内海なので海水温度がそれほど低くないのも特徴ですね。
子供の初めての海水浴にはもってこいの場所でした。

 

公衆トイレが大きくて広い

 
550m程度のビーチですが、何とトイレが3つもあるそうです。

今回は海の家にほど近い茶色い建物のトイレを利用しましたが、個室もいくつかある大きく広いトイレで、明るく、安心して利用することが出来ました。

トイレが狭くて暗いと、子供が怖がって入ってくれないんですよね…

うちの息子はかなり臆病なので、仮設トイレがめちゃくちゃ苦手。
ここ御浜海水浴場の公衆トイレは、今回行った海水浴場の中で一番トイレが綺麗でした!

 

【御浜ビーチ】子連れ海水浴の感想

 

御浜海水浴場の評価
海の綺麗さ
(4.0)
子供の楽しさ
(4.0)
行きやすさ
(5.0)
便利さ
(4.0)
快適さ
(4.5)
総合評価
(4.5)
 

圧倒的にファミリーが多く、綺麗なビーチでした。

そして木陰があるのが良いですね。
いくら性能の良いテントやサンシェードを持参していたとしても、炎天下に晒されるのと木陰とでは断然体力の消耗具合が違います。

特に小さなお子さんは海水浴でかなり消耗します。
陽の当たらない木陰でのこまめな休息は、熱中症対策にもなります。

ただシャワーが無料でない点が不便ですね。

1分100円ですが、1分では全然足りません。
他2つのビーチのシャワーは完全に無料だったので、余計に不便に感じましたが、湘南当たりでは有料が当たり前ですし、ここは目をつぶるべきなのでしょう。

 

西伊豆の3つのビーチの感想まとめ

 

 
完全に私の独断と偏見ですが、参考にして下さいね。

 

赤ちゃん連れや海デビューに適した海水浴場は?

内海で穏やかな【御浜海水浴場】

水温もそれほど低くなく、波も穏やか、トイレも広く、砂浜も綺麗です。
それほど大きなビーチではありませんので、目が行き届きますし、海の家の方が色々親切にしてくれますよ。

 
 

自然体験に適した海水浴場は?

魚や海の生物が沢山いる【田子瀬浜海水浴場】

私達が数時間滞在しただけでも、真っ青で綺麗な魚やシマシマの魚、ウニやカニやヤドカリ等々…ただの海水浴の枠を超えて、自然体験をさせたいご家族にもってこいの海水浴場ですよ。

ちなみにフナ虫多めです。

 
 

混雑を避けて広々と遊ばせたいなら

西伊豆最大規模の【土肥海水浴場】

例えばビーチでボール遊び、スイカ割りなどをしたいのであれば、土肥海水浴場をお勧めします。人口密度が低いので過ごしやすいですよ。

 
 

短時間の滞在なら

シャワー無料、ビーチ徒歩10秒に駐車できる【土肥海水浴場】

本格的な海水浴としてどしっと腰を据える訳ではなく、ちょっとだけ立ち寄りたい時には、土肥海水浴場をお勧めします。

民宿の駐車場ならビーチまで徒歩10秒、136号線にもすぐに出られます。

 
 

お母さんが海水浴せずに荷物番するだけなら

木陰がある【御浜海水浴場】

お母さんが海に入らないでずっとテントやシェードにいるのであれば、断然、御浜海水浴場。
大きな松の木の木陰で、炎天下にさらされるのを防いでくれますし、幾分涼しいですよ。

更にテントにいながらにしてビーチを一望できますので安心です。

 
 

透明度の高い海がいい!という方は

シュノーケルの名所【田子・瀬浜海水浴場】

今回行った海水浴場の水質はどれもAAですが、その中でも田子瀬浜はワンランク突き抜けた透明度でした。

これは砂浜と石浜の違いでしょう。
砂が舞う事がありませんので、本当に透明なんです。

 

以上、西伊豆3つの海水浴場の感想と比較でした!
まだまだ長い夏、皆さんの海レジャーの参考になれば幸いです。

 

夏の準備、これで大丈夫かな…と不安な方はお読みくださいね

 

 
子供のライフジャケットの必要性と年齢別タイプ別解説!海水浴・川遊び

 

猛暑から子供を守る!日焼け止め・虫除けを塗る順番や手間を解決する方法!

 

撥水・蒸れない・嫌がらない【UVハット】が子供の熱中症対策にも最適だった!

 

子供と海水浴、持っていく物それで大丈夫?便利な持ち物は意外なあのアイテム

Copyrighted Image