使わないと損する無料サンプル・お試し・トライアル随時更新中!

エジソンの箸の次にののじ箸にステップアップしてお箸トレーニング完了した体験談

2 min
エジソンの箸の次にののじ箸にステップアップしてお箸トレーニング完了した体験談

子どもがエジソンの箸をいつまでも卒業できなさそうだったので、ののじ箸にステップアップしたところ、あっさりお箸トレーニングが完了しました。なかなか普通の箸に移行できない…とお悩みの方の参考になれば幸いです。

子どもがなかなかお箸トレーニングを卒業できないと、「焦らなくても大丈夫」と思う反面で「大丈夫なのかな…」と心配になりますよね。

お箸って早い子は本当に早いので、ママ友の子が2歳でお箸を上手に使っていたりすると、えええ…もう?!と内心焦っちゃったり。

幼稚園・保育園・こども園によっては、早めにお箸を使うようになるので、入園までにある程度形にしたい、と考えている方もいると思います。

我が家はお箸に関しては(というかトイレもだけども)かなり遅かったんです。

我が家のエピソードを紹介しつつ、どうステップアップしてトレーニングを完了したかをまとめます。

筆者事項紹介子育て
筆者:ひがしむき

もともと赤ちゃん・子どもが苦手、だらしがなく飽きっぽい、半世紀生きて何も誇れるものがない、どう考えても「母」に向いていない自分を反面教師にして子育て中。

エジソン箸から普通はしへの移行ができなかった息子

息子はエジソン箸を使ってお箸トレーニングをしていました。

まずは2歳前からベビー用のエジソン箸。

慣れてきたらキッズ用に移行しました。

息子はお箸トレーニングの時点では右も左も使っていて、利き手が定まっていなかった事もあって、余計に時間がかかったのかも。

(息子は交差利き(クロスドミナンス)だとあとでわかりました)

それにしてもエジソン箸は上手に使う事ができるんですけど、ふつう箸を持たせても一向に使える気配がありません…

エジソン箸はトングのように固定されているからか、普通のお箸を持たせると箸が交差してしまったりして、うまく持てないのです。

ののじ箸でお箸トレーニングをすんなり卒業!

エジソン箸からどうふつうの箸に移行させようか悩んでいた時に、「ののじ」というメーカーからもトレーニング箸が出ている事を知ったのです!

実はののじ、我が家では離乳食期からスプーンを使っていたんです。(★別記事でレビューしますね)

ちょっと変わった形をしたアイテムが多いので、便利グッズのメーカー、というイメージだったんですけど、うちはののじのスプーンでスプーンがすんなり使えるようになったので、

ののじのトレーニング箸ならもしかして…という良い期待がありました。

箸を固定している部分が柔らかい

ののじのトレーニング箸は、エジソン箸と違い、固定している部分がシリコンなんです。

このシリコンのソフトさが、ちょうどよい力加減を身に着けるトレーニングになるし、トング状にがっちり固定されていないので、ののじ箸は普通の箸に近い状態でトレーニングできる、という感じ!

慣れて来たら柔らかいパーツに変えてさらに普通の箸に近い状態に

シリコンのつなぎパーツは、買った時はしっかり目のものがついていて、柔らかい替えパーツがついてきます。

その柔らかいものに変えると、かなりぐにゃんぐにゃんになるので、使う感覚としてはほぼ普通箸と同じだと思うんですけども、

ののじ箸は箸と箸が離れないので、力の入れ具合をどんどん習得していきます。

トングのように固定はされていないけど、かといって箸と箸が離れない、という絶妙な造りが箸トレーニングを一気に進めてくれて、使い出して1ヶ月しないうちにお箸トレーニングが終了ました!

ののじ箸は「お箸トレーニングがあと少しなんだけど…」という子にも超おすすめ

ののじ箸は、繋いでいるパーツを取り外せば普通のお箸としても使えるので、「お箸トレーニング、あとちょっとなんだけどなぁ」というお子さんにもおすすめです。

それと、パーツがシンプルで直感的に取り外しできる点も気に入っています。

「今日はちょっと外してお箸使ってみようか」という時に、説明書を見なくてもサッと外せるし、

「もうちょっと練習しようか」となったらサッとパーツを付けられるのって、けっこう大事ですよね。

我が家はののじ箸がなかったら多分、私自身がお箸トレーニングにイライラしてしまったかも…と思う。

もちろん、エジソン箸で指の位置を習得していたからこそ、ののじに代えてからのお箸トレーニングがあっという間に終わった、というのも1つだと思うのですけどね。

もし、お箸がなかなか使えない…とか、あとちょっとなんだけどなぁ…という奥さんがいらっしゃったら、ののじのお箸を使ってみてはいかがでしょうか。

ひがしむき

ひがしむき

子ども苦手でだらしがない(元汚部屋住人)、高齢母でママ友いない、誇れるものが何もない、子どもを産んでちゃんとした人生を歩み始めた、そんな主婦です。

過去ワンオペでぼっちママで余裕がなかった私が知りたかった【お母さんがちょい楽になる】子育てや暮らしの情報を発信しています。
⇒詳しいプロフィールはこちらから

カテゴリー:

Copyrighted Image