更新情報をプッシュ通知でお知らせ

「誕生日プレゼントはいらない」という妻の本音とは。本当に欲しいもの教えます

嫁に「誕生日プレゼント、何が欲しい?」と言っても「いらない」と言われてしまう。

誕生日プレゼント欲しいものがないなら、何か美味しいものを食べに行こう、そう誘ってっも「んー・・・」とはぐらかされる。

では温泉にでも行こうか?そう誘ってもいまいち反応が悪い。
そこのご主人。
そんな経験ありますね?

そんな時、『うちの嫁は物欲がないからなぁ…』なんて言葉通りに受け止めてたら…

 

大間違いだよっ!

 

「誕生日プレゼントはいらない」頑なにそう言う妻が「本当に欲しいもの」が何か、この機会に覚えていただきたいと思います。

 

・・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

特に、うちの夫な!!!!

 

今回はもう完全に私情を挟んで書かせていただきますし、感情的に書かせていただきます!!

 

私が欲しいものは「安心して過ごせる1日」

特別なプレゼントも特別な食事も何もいらないんで、私が安心して過ごせる1日、それが1番欲しい。

むしろそこがクリアしていないマイナスの状況で、特別なプレゼントも食事も旅行があったとしてもプラスマイナスゼロになる訳じゃないんですよ。

そんな特別な事はしなくていいから、まず普通に過ごしたい。

 

特別な事はしなくていいから、子どもの話にとことん付き合ってやって欲しい

今うちの息子は5歳なんですけども。

興味や好奇心がとめどなく溢れ出て、これは何?あれは何?そんな疑問質問を私たち親に投げかけて来るんですよね。

それの全てに付き合うのはなかなか大変なんですが、でも出来る限り付き合ってあげたいじゃないですか。

確かに私たち大人にとっては「そんな事?!」という小さなことだったとしても、子どもが自分自身で興味を持ち考えて疑問に感じるという事は、非常に重要な事でしょう?

ここで私たち親が下らないと決めつけて話を適当に聞いたりあしらったりする事は、子どもに対して「好奇心は無価値」だと教え込むようなものだと、私は考えているわけ。

さらに言うと、付き合える事は付き合ってあげる。
聞ける要望は聞く。

何でもしていいとか買っていいとかではなくて、一緒に絵を描きたい、本を読んで欲しい、クイズがしたい、そういう事にできる限り付き合ってあげるからこそ、子どもだって親の話を聞いてくれるわけじゃん。

子どもからしたら、そんなお願いも聞いてもらえないのに、親に四の五の言われてばかりじゃ、そりゃぁ納得しませんよ。

そういう話、いつもしてるのにさぁ…

 

週2日のうちたった数時間、子どもに付き合っただけで消耗して話半分に相手すんの何なの。

 

うちの場合、夫が息子に超ちょっかい出すのに、途中でこうなる。

そしたら子どもはもう納得しない。
「パパはボクの話を適当に聞いている」って理解する。

すると子どもはどうなる?
ますます追及するんですよ。

そうすると夫は更にあしらう。
で、息子は超機嫌が悪くなる。
そして夫も機嫌が悪くなる。

で今度は、息子がパパが言ってる事を適当に聞くようになる。

…で、2人が険悪なムードになる わ! け!!!!

 

こういうの!!!!

プレゼントいらねーからこういうの!!!!

プレゼントとかいらねーからたった週2日のうちの数時間、何かこう気持ちよく笑顔のまま終えられるようにしてくれないかな!!!!!

いや、わかるよ?
仕事で疲れてるのわかるよ?

だから私は別にイクメンとか望んでないんだよ。
ただ、子どもを構うんだったら、とことん構ってやってって話!

フォローに回るの、ものすっごい消耗するんですよ!!!

 

特別な事はしなくていいから、八つ当たりみたいなきつい言葉吐くのやめて欲しい

うちの夫、俺様モラ男なので、キツイ事ポロっと言うんですよね。

私はそういうのを今では全く相手にしていないので、以前と比べるとだいぶマシになったんですけど…

こういう誕生日などの機会によくキツイ言葉が出がち。

理由はわかってるんですよ。

夫が想定するより、私が喜んでいないからイライラしてるんですよ。

もしも夫がブログやってたら「夫の好意を無駄にする妻へ物申す!」とか書くかもしれないw

いやでもそれ、おかしくない?

喜んでほしくてやってるんだっていうのはわかるけど、喜んでもらえなくてイライラするってそれ何ていうか知ってる?

 

逆ギレと言います。

 

いやさ、私も確かに逆の立場だったら悲しいですよ?
でも逆切れする前に『なぜ、喜んでもらえなかったのか』を考えるよね。

私は夫が特別な何かをしようとすればするほど、正直言うとモヤモヤするんですよ。

毎回毎回、こういう機会に『この人は私が本当に望んでいる事を全くわかってないどころか、わかろうともしないんだな』って感じてしまうし、『妻にプレゼントする自分、これが好きなだけなんだな』とか思ってしまう。

そりゃぁお祝いも言われないよりはマシかも知れない。
中には「贅沢な悩みだ」って言う人もいるでしょう。

でも、私のためのお祝いじゃないじゃんこれw

 

「お祝いだから」って酒飲むけど、飲酒量を減らして下さいお願いします

あとこれね。

今日はママの誕生日だから休肝日だけど飲んじゃおうっかな~☆

 

え?

いやいやいやいや、お祝い関係ないですよねw

飲みたいだけですよねww

γ-gtpの数値が高くて義母さんに泣かれたの、もうお忘れかな???

休肝しないならもういっそのこと私の誕生日をこの世から抹消してもらってかまわない。

うん、その方がいいわ。
歳も取らずに済むしな!!!!

私の誕生日なんだし、むしろ飲まない日にして欲しい。

何なのほんとにw

 

日ごろ私が必要だと言ったものに対し無言の圧掛けるのにプレゼントって言われてもね…

私はね、今でも覚えているんですよ。

息子が生まれて、ママバッグを買う時。
「マザーズバッグなんて本当に必要?」って出し渋ったのを。

抱っこ紐用のコートが思った以上に寒く、1年使って買い替えたいと言った時も。

産後、私の回復が遅く次々と身体の不調が出て医療費がかさんだ時も、あなたはうんざりした顔をしましたよねぇええ?!!!。

 

全部覚えてっからな!!

 

誕生日プレゼントや旅行に使うお金があるならさ、そういう事で圧掛けるのやめて欲しいんですよ。プレゼントも旅行もいらないからぁああ!!

腹の中でどう思っててもいいからさ、子どもに間接的にかかわる事は気持ちよく家計から出して?それが当たり前なんです、世の中。

夫は息子に直接かかわる事には豪快に気持ちよくお金を出します。

でも自分自身がお金を遣わないから、嫁もお金が掛からないだろうっていう先入観があるようなんですよね。モラだし。モラなんだし。

私、今でこそ良いものを購入するようになりましたけど、前からこうじゃないですからね。

必要最低限のものを、底値で探して、考えて考えて考えた末、恐る恐る夫に言う感じ。

それでうんざりされた日にゃあなた…

 

こんな私も以前はちゃんと欲しいものを伝えていました

そう。

2年ぐらい前までは「誕生日、何が欲しい?」と聞かれて、考えて考えて「これが欲しい」って伝えていたんですよ、夫に。

家計の負担にならぬよう、1万円ぐらいのものを選んで。

でも夫、どう反応したと思います?

えっ!これ、こんなにすんの?!たっか!!

それ、似たようなのこの間買わなかったっけ?

いつもネイビーじゃつまらなくない?たまには違う色にした方がいいんじゃない?

まだ悩んでるの?(笑)
もうこっちでいいじゃん。こっちがいいよ!

 

もういいわww

 

自分で買うわそうするわw
いちいちめんどくさいんだよっ!!

プレゼントなんだから好きに買わせてくれw

貴様に急かされて買ったもの、100%後悔するんだよとことん悩ませてくれよ!

もう欲しいものは自分で買いますそうします。

 

もしもあなたが奥さんにどうしてもプレゼントを贈りたいなら…

もしもあなたが、それでもどうしても妻に何かプレゼントしたい、そう思うのであれば、まず、とことん奥さんの話に付き合ってあげ下さい。
奥さんが大切にしているものを、一緒に大切にしてあげて欲しい。

奥さんが今心傷めている事があるのなら、一緒に悩んで欲しいし考えてあげて欲しい。

イクメンになんてならなくていいから、気持ちに寄り添って欲しい。

そういう日常が全ての基盤であり、何よりもかけがえのないプレゼントなんですよ。

ここがごっそり抜け落ちているのに、こんな時だけプレゼント!…なーんて言われてもね…逆に悲しいわ。

 

「そんなに旦那嫌なら離婚すりゃいいじゃん」とか言う人へ

だからw

何回も言ってますけど離婚はしませんww

「嫌だから別れよ☆」って恋愛じゃないんだからw

 

 

「誕生日プレゼントはいらない」という妻の本音とは。本当に欲しいもの教えます、さいごに

私もね、夫の事けちょんけちょんに言ってますけど、日ごろから険悪に過ごしている訳じゃないんですよ。

息子を授けてくれた人だからとっても感謝しているし、家の中ではニコニコ過ごしてますよそりゃ。

今の生活に満足しているし概ね幸せなんです。

夫婦っていい時もあれば悪い時もありますよね。

価値観は長い時間を掛けてすり合わせて行けばいいし、喧嘩する事もあっていいと思うけど、時には蓋をした方がいい感情というものもあって…

 

私はこのプレゼント問題に永久に蓋をしたい。

 

今日は私の愚痴をお読みくださってありがとうございました…

Copyrighted Image