の2019年最後のビッグセール

雨の日の子供乗せ自転車、親の対策はポンチョじゃダメ!実際に使って分かった便利なもの

雨の日に子乗せ自転車を使わなくてはならない時、子どもはレインカバーで対策できますが、問題は親ですよね。

ママもパパも、濡れないようにしっかりとレインコートなどを着用すると思います。

雨の日の子乗せ自転車、やっぱ一番いいのは自転車用レインポンチョだよ~☆

とか書いてるサイト!!

 

絶対自分で使ってないだろ!!!

 

雨の日に子どもを自転車に乗せて運転するのは、予想以上に危険が伴います。

私が子供乗せ自転車デビューをして、滑りやすいなど想像しやすい事以外で特に怖いなと感じるのか下記の3点。

  1. レインコートで操作性が悪くなる。
  2. フードを被ると特に左右の視界が悪くなる。
  3. 風に煽られやすい。

 

『便利そうだな~』と思ったアイテムが意外と実用的でなかったり、使い勝手が悪かったり、いろいろなものを購入して感じたことをまとめてみたいと思います!

あなたが最短で、便利なアイテムにたどり着けますように!

 

 

 

誰も教えてくれない自転車用レイングッズの不便な点

一見、便利そうに感じても実際に使ってみると超絶不便!!というポイントは次の通り。

  • ポンチョは風に煽られる
  • 袖口が広いとハンドルに引っ掛かって危ない
  • フードを被ると左右の視界が特に悪い
  • つばが柔らかいハットは雨の重さでつばが垂れ下がってくる

それでは1つ1つ実体験を元にお話ししていきますね。

 

ポンチョは風に煽られる

バッサバッサと煽られます。

ホックやスナップボタンがついているものもありますが、風はどこからでも入り込んできますので、ゆとりがあればあるほど、風に煽られます。

子どもを乗せていなければいいんですけどね。
子どもを乗せているという事は、重さが出るし、子どもが動けばただでさえ安定性がなくなるんですよ。

その状態からの…

 

こういうの。

 

雨の日って、けっこう風強いです。

雨で地面が滑りやすく、更に視界も悪い中、ポンチョが風に煽られたらどうなるでしょう!!!

 


普通に危ない

 

もちろん、しとしと降っているだけの日もありますけど、自転車で走行しているだけでも風起きますからね。

バサっと捲れちゃったりして視界を遮るようなこともあり得ますね。

 

袖口が広いとハンドルに引っ掛かって危ない

袖口が広く、内側が2重になっていて雨が吹き込まないようゴムで絞ってあるデザインのレインコートを買った事があります。

 

 

こういうやつ。

外側をハンドルに掛けられるから、手が雨で濡れません!

って書いてあったのですが…

 


袖口がハンドルにいちいち引っ掛かって危ない。

 

レインコートってそうしょっちゅう着るものではないでしょ?

だからついいつもと同じ感覚で行動しちゃうんですよ。
細かい手の動きとかね。

ハンドルから手を離す時、ハンドルと水平に手を引く事、ありますか?!!!!

ないですよね!!!!!

だいたい、ハンドルから垂直方向に離すでしょ?!

すると袖口が!!
引っ掛かるの!!

いいですよ?
引っ掛かるだけならいいんです。

カゴに重い荷物入れてたらどうでしょう。

グインッて前輪が横向きます。

いいですよ?
前輪が横向いちゃうだけならいいんです。

カゴに重さがあるから勢いついて弧を描こうとします、前輪が。

そしたらどうなります?!

とっさに気付いて即支えないと自転車倒れます。

 

はい!危ない!

 

フードを被ると左右の視界が特に悪い

フード付きのレインコートやレインポンチョ、便利だなーって思いますよね…

私もそう思って買いました。

 

 

こういうやつ。

知ってました?

横向くじゃん?

その時、フードは前向いたままだって。

 

つまり、左右を確認しようと思ったら見えるのはフードの内側!

 

危険極まりない!

もう真っすぐしか進めない!

 

つばが柔らかいハットは雨の重さでつばが垂れ下がってくる

数年前は可愛いものが殆どありませんでしたが、今ではけっこう雨グッズ、可愛いものも増えましたよね。

フードがダメならハットはどう?

そう思って買ってみました。
レインハット。

 

 

こういうやつ。

知ってました?

こういうハットね、つばが柔らかいと折りたたみ出来て便利なんですけど、雨の重さでツバが目線を遮るって。

しかも風でパッターーン!!って上向いちゃって意味ねーの!!

でもまだこういうのを使う勇気はない…

 

これは使える!ちょっと高いけど絶対失敗しない自転車のレイングッズ

それではここから、私が実際に今でも活用している、自転車で使えるレイングッズをご紹介します!

 

子乗せ自転車で使える!乗馬コート

 

 

乗馬コートってまた大げさなw

そう思った奥さま、ちょっと待って。

自転車用レインコートを買っては失敗し続けるより、乗馬用レインコートを買った方が断然使えるんです!

普通のレインコートの場合、腿の上の部分が煽られて捲れてしまい、太ももが濡れてしまいがちですが、乗馬コートは左右のももに巻き付けるパーツがあるので、風で捲れず濡れないんです。

しかも跨る前提で作られたレインコートなので、足さばきが良いように設計されています。

袖の部分は面ファスナーで絞れます。

雨の侵入も防げますし、袖口がハンドルに引っ掛かって危険な状態になる事も防いでくれますよ。

私はエーグルの乗馬用レインコートを使用していますが、今は販売されていないんですよね…

エーグルのレインコートは【AIGLE公式サイト】レディース アイテムで探すか、【ランディアオークション】AGLEアウターの中古品iconから探せますよ。

 

 

アウトドアブランドの、ツバ固めレインハット

 

 

レインコートのフードは左右確認や、後ろ方向を確認するときに危ないので、自転車走行時は使用しない方がいいです。。

私が雨の日に一番使いやすかったのが、コロンビアのゲッパーブーニー

普段使っているカリマーベンチレーションクラシックはつばが柔らかく、雨の重さでつばが下がってきて視界を遮るので、本格的に雨が降っている時はゲッパーブーニーを使用します。

ツバが固定されたまま雨が後ろに流れて行ってくれるので、しずくが滴って来ません。

本当に快適。

 

 

コロンビア以外で選ぶポイントとしては、ポケッタブルや折りたたみ出来るものではないものを選んだ方が良いです。

折りたたみ出来る=ツバが柔らかいという事なので、雨の重さでツバが下がってきて危ないです。

 

 

雨の日の子供乗せ自転車、親の対策はポンチョじゃダメ!実際に使って分かった便利なもの、さいごに

それではまとめです。

雨の日、自転車を運転するなら…

  • ポンチョなどではなく乗馬コートが便利。
  • レインコートの袖口は絞れるものが便利。
  • フードは被らない。
  • つばが固いレインハットが便利。

このポイントに気を付けて下さいね。

 

最初からいいものを揃えておくとストレスがめっちゃ軽減されます!!

ただでさえ憂鬱な雨の日のお出掛けが楽になりますよ。

 

この記事が少しでもお母さんの手間の解消になります事を願っています!

 

 

 

 

Copyrighted Image