全カテゴリマップ

ママ友のお誘いどう断る?適切な距離を保つ角の立たない効果的なお断りのしかた

はい、距離なしのママ友に誘われて咄嗟に上手く断れない全国の奥さま。

さぞかしお困りの事でしょう。
ここでは至便上「ママ友」と言っていますが、ぶっちゃけ友ではない。

だからこそ、ママ友と良好な関係を維持しトラブルを起こさずに平穏な日々を送るには、何といっても仲良くなり過ぎない事が大切。

今回は、私が実際に体験して学んだ、効果的なお断りの仕方を伝授します。

適切な距離を最初から維持して、快適な幼稚園ライフを過ごしましょう!!

 

ママ友に「車に乗っていきなよ!」と言われた時の断り方

「ありがとう!でも私、めっちゃくちゃ車に弱くて…ソッコーで吐いちゃうの…だから歩いて帰るね!声掛けてくれてありがとう!」
これを言われてもごり押しする人はまずいません。

そして次もまた誘ってくることはないでしょう。

間違っても言ってはいけないのは次の断り文句。

  • 「ちょっと寄る所があって…」
  • 「買い物してから帰りたいから…」

このような断り方をした場合、

「ちょうど良かった!私も買い物するんだ!」
「どこ寄るの?ついでだから大丈夫だよ!」

ってなります。
ほぼ100%こうなります。

断っているのにもかかわらず、下手したらより長い時間を共に過ごさなくてはならなくなる。

それにこの断り方では、仮に今回は納得してくれたとしても、次にまた声を掛けられてしまう可能性が高いのです。

また、ママ友の車に気軽に乗車してしまう事によるリスクはかなり高いです。

特にこちらが子どもを連れている場合、チャイルドシートの問題が面倒。

相手が「チャイルドシートあるから乗っていきなよ!」と言ってくれるならまだしも、中には我が子にもチャイルドシートを使っていないタイプも未だ多くいますよね。

せっかく声を掛けてもらったのに「チャイルドシートある?」と聞くのも何様?って感じだし…

そもそもママ友が「チャイルドシートなんて使ってないよ!」ってタイプの人だった場合、「運転に自信があるから平気平気」とか言われてしまうでしょう。

短い距離でも万が一事故などがあった場合に、お互い気持ちよくお付き合いをしていく事が難しくなるケースも。

ママ友の世界は、適切な距離を維持し続ける事が最もうまく行く方法なのです。

ただほど高く付くものはありません。何が何でもお断りしましょう。

 

ママ友にランチに誘われた時の断り方

「そうなんだ!誘ってくれてありがとう!私は行けないんだけど、みんなで楽しんできてね☆」

ここで間違ってもしていけないのは、参加できない理由をグダグダと話したりすること

「参加できる」か「参加できない」のか、その事実だけを伝えればよく、なぜ参加できないのかを説明しなくてはならない義務はありません。

なのに、いちいち理由を考えて微妙な嘘をついたりするから、矛盾が生じて後で面倒な事になるんです。

矛盾に気付かれてしまった場合、あなたは再び弁解するための理由や嘘を考えなくてはならず、以後その繰り返しのスパイラルに陥ります。

仮に、参加できない理由が嘘でなく事実だとしても、理由を話してしまうとずっと誘われ続けます。

でも理由を話さずに行けない事実だけを伝えていると、3回もすれば誘われなくなります。

「楽しんできてね」という言葉を添えているので、相手が不快に感じる事もありませんよ。

心の底から『楽しんできてね』と笑顔で伝えるといいですね。

 

ママ友の家に誘われた時の断り方

子どもと一緒に誘われた場合

「子どもがもう少し言う事聞くようになったらお邪魔するね!」

まぁ…その時は永遠に来ないんですけどね…

実際、子どもを連れてママ友の家にお邪魔して、何かを壊してしまったり汚してしまってトラブルに発展するケースも多くあります。

ですから、あなたがよっぽど乗り気であったり、そのママ友の家になら遊びに行ってみたい!という場合を除き、お断りするが吉。

 

ママだけ誘われた場合

「私、御呼ばれって緊張しちゃって…」

もしもあなたがそのママ友と『お茶ぐらいなら行ってもいいかな』と思うのであれば、この後「だから今度、どこかにお茶しに行かない?」と続けてしまいましょう。

もしもお茶にも行きたくない場合は、そのまま「あ!そういえば…」と違うネタを振り、御呼ばれネタはフェードアウトするのがベター。

断っても断ってもしつこい人の場合、距離が出来てしまった方が良いです。気にせずお断りしましょう。

 

ママ友に「家に遊びに行っていい?」と言われた時の断り方

「うち、気の強い猫(犬)がいるから…お客様に何かあったら困るし、誰も呼ばないの。」

諸刃の剣でもあるんですけど、私は実際に猫がいるのでこう言ってます。

これが使えない方はこれ。

「ええっ!うち、誰も呼ばないの!ごめん!」

そもそも「家に遊びに行ってもいい?」と自ら言うようなママ友は、ちょっと図々しい人か距離なしの可能性が高いので、この機会に思い切りけん制した方がいいですね。

ただ、あなたがそのママ友のお宅にお邪魔したことがある場合は別。

自分だけお邪魔しておいて相手を拒否するのは非常識だと感じる人もいますので、くれぐれも慎重に。

 

ママ友に「セミナーに来ない?」と言われた時の断り方

「あっ、私そういうの苦手なんだ!(笑顔)」

「セミナーに来ない?」や「話を聞いてみない?」系は、何が何でもはっきりと断りましょう。

こういう人たちの周辺は後々ほぼトラブルに発展しますし、この機会に距離を取ってしまう方が得策。

絶対にしてはならないのが、次の受け答え。

  • 「今回は都合がつかず行けないの」

この一言であなたは確実にターゲットにされます。

端的に、しっかりはっきりと断る事が大切。
ただし、嫌な顔で断ると印象が悪くなりますので、あくまでも笑顔で颯爽とお断りしましょう。

お断りした後は、すぐに違う話題を振るといいですよ。

 

Copyrighted Image