ハローワークで転職活動中の夫、次々と履歴書返送「ご活躍お祈り申し上げます」職安では決まらない

4 min
ハローワークで転職活動中の夫、次々と履歴書返送「ご活躍お祈り申し上げます」職安では決まらない体験談ブログ

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

  • 解雇されて1ヶ月、ハローワークで職探しをしている夫の元に次々と履歴書が返送されてきました。
  • 「国の機関だから信頼できる」と職安で職探しを続けている夫ですが、大苦戦。
  • かなりランクを落として応募しても、正直、ハローワークでは厳しいです。[/list]

外資系商社マンの夫が懲戒解雇されてから早くも1ヶ月が経ちました。

夫が本格的に転職活動を開始して半月。
転職エージェントを「怪しい」と言って使わない夫はこの半月、ハローワーク(職業安定所)に通い、求人に応募しています。

何件か面接までこぎつけ、本人も手ごたえを感じていたようなのですが…

夫のもとに次々と応募書類が返送されています。

ハイスペックとは言えずとも、決してロースペックではない夫。

妻の私から見ると、率直に言って、なぜハローワークで手間をかけて転職活動をする必要があるんだろう?という感じ。

ぶっちゃけ、転職エージェントを使った方が早いと思うんですけど…

ハローワークって架空求人なの?と疑いたくなるほど、転職が決まらない

夫が足しげくハローワークに通い、履歴書を作り、応募し。

面接に行って「なかなかよさそう!」と少し明るい報告をして数日後、茶封筒が届くんです。

何度、この茶封筒を夫に見せず破棄してしまいたいと思った事か。

夫が茶封筒を見た時の顔が1番辛かった、我が家の転職活動

我が家は私がポストを確認して郵便物を取ります。

最初は1通、A4サイズの茶封筒が入っていて、それが返送された履歴書だと知ったのは夫が開封した後でした

でもこの時はまだ1通目だし「そりゃ1社目で決まる訳ないよね、次!次!」みたいな感じだったんですよね。

ところが翌日もまた茶封筒が。
そしてその翌日も。

次々と返送される履歴書。

私自身もポストを確認するのが辛くなり、そして何よりも、その封筒を夫が見た時の顔、これが1番辛かったです。

夫はどんどん、自信を無くして行っているように見えました。

それでも頑なにハローワークにこだわる夫

私は見ているのが辛くて、転職エージェントの利用をすすめました。

転職エージェントは確かに私たちが若かった頃にはなかったものなので聞きなれないし…私自身もこの段階では「転職エージェントに頼めば必ず決まる」とは言い切れない状態。

夫は自分が営業職だけに、誰かから営業をかけられる事を最も嫌う夫、頑なにハローワークにこだわります。

ハローワークは国がやってるんだから騙される事は絶対にないじゃん。転職エージェントなんて怪しいよ

そう言われてしまうと、私自身も転職エージェントを使った事がある訳ではないので、それ以上の事は言えません。

そこで調べてみた!「転職エージェント」のこと

私はちょっと気になったら調べずにはいられない性格。

(本当にハローワークは国がやってるから一番いいの?転職エージェントって怪しいの??)

調べ尽くした結果、私の中である程度見えてきたんです。

転職エージェントって何が仕事かというと、紹介するだけではなく就職させる事が仕事なわけですよ。恐らくエージェントにはインセンティブもあるはず。

いっぽう職業安定所の方は国家公務員で、紹介する事が仕事。

そこに熱意の差があるのではないかと思うんです。

それを夫に言うと「でもさ、それってやっぱり転職エージェントの場合、仕事を決めたいから変な職場押し付けてくるかもしれないって事じゃない?」って言うんですけど、

いや仮に変な職場を押し付けられそうになっても、自分で判断して断ればいいだけの話ですよね。

書面に書ける事が全ての職安と、カウンセリング必須の転職エージェント

私がハローワークを使ったのはかなり前なので、今では少し事情も変わってきているのかも知れませんけど、基本的に国の機関であるハローワークって書面に書ける事が全てですよね。

よく「お役所仕事」とか「融通が利かない」なんて言い方をする方がいますけど、国の機関だからそうじゃないといけないんですよ。

1人1人に合わせて変えているようでは、追い付かないばかりか逆に不公平が生まれてしまいますからね。

事実、ハローワークで長所や得意なこと、人柄についてなどは聞かれないですからね。

いっぽう、転職エージェントには仕事を紹介する前にカウンセリングが必ずあります

カウンセリングは、ほとんどのエージェントで実際に会って行うようですが、実際に会って話す事で個々の、

  • 社交性
  • 社会性
  • 説得力の有無
  • 誠実さ
  • 気が利くかどうか
  • 丁寧さ
  • 活気
  • 落ち着き
  • 話し方

この辺の、書面には書けない要素を伝える事が出来るんですよね。

引く手あまたの資格でも持っている人なら別ですが、夫のようにそれほど秀でたものがないでも悪くもない、そんな人にとって、履歴書や経歴書に書ける以外の「強み」を先方に伝えられるって大きなメリットすよね。

「凡人」には職安より転職エージェントの方がメリットが大きい

そして、私自身も営業職についていた経験から言える事なのですが、

転職エージェントとて無駄な仕事はしたくないので「高確率で決まるだろう」という案件を紹介してくるはず。

無駄打ちは営業マンにとって本当に機会損失だし、失敗が積み重なると人間ってモチベーションが低下してしまうんですよ。

だから紹介してくる会社はそれなりに可能性がある、ということ。

「この会社どうですか?」「あの会社どうですか?」って言われるなんて、とても恵まれているし、適性を加味して職探しをアシストしてくれるなら、メリットの方が大きいですよね。

職業安定所で仕事を決めるなら、逆に営業力がないと難しい

職業安定所の求人で仕事を決めようと思ったら、正直言って希少な資格でもない限り、自分を売り込む営業力が相当必要になってくると感じます。

書類に書けないような部分、つまり社交性や社会性、説得力の有無や誠実さ、気が利くかどうかや丁寧さなどは、履歴書や職務経歴書では伝えられませんよね。

でも職業安定所の紹介は書類だけのやりとりなので、そもそも書類以外の部分を相手方の会社に伝えるチャンスが少なすぎるんです。

という事は、職業安定所の求人で決めようと思ったら、応募段階で自分を売り込む圧倒的な営業力ぐらいないとムリ

でも現実は、ハローワークの求人に応募段階で自分を売り込む「術」はありません

ハローワークで転職活動中の夫、次々と履歴書返送「ご活躍お祈り申し上げます」職安では決まらない、さいごに

もちろん引く手あまたの資格や経歴を持っている方ならハローワークでもすんなり決まるでしょう。

でも求職活動も早くも半月経過し、本人なりに手ごたえを感じていた会社から「ご活躍お祈り申し上げます」と履歴書が返送され…

夫のモチベーションが下がる一方なので、転職エージェントを使ってもらいます。(私も見ていて辛いのです。)

転職エージェントを使って転職がすんなり決まるかどうかはわかりませんが、少なくとも職安よりは良さそうですからね。



こはく

こはく

健全に擬態する主婦

高齢出産・ひとりっ子・ママ友いないぼっちママ属性。もともと子どもが苦手。だからこそ「健全」目指して試行錯誤しながら子育てをしています。人生の経験値だけは積んでいます。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:

産まれてすぐに使えるアウトドアUV

子どもに日焼け止めも塗りたいし、虫よけも塗りたいし、でも肌も守りたい…

悩ましい夏をいっぺんに解決するクリーム、ありました。

しかも、保湿までしてくれるので最高。

市販品では香りが強すぎて…という私も大丈夫な自然の香り。

実際に使ってみて良かったので、ははらくをご覧の奥さんにシェアしますね。下のボタンからの予約で37%オフで購入できますよ。

私が買った時はすぐ買えたんですけど、今は予約になってます。蚊も紫外線もまだまだ油断大敵。お早めにどうぞ。

\今すぐチェック/

20日間返品保証

Copyrighted Image