我が家が年末年始の正月休み・お盆休み夏休みなどの混雑期に帰省しない理由と対策

5 min
我が家が年末年始の正月休み・お盆休み夏休みなどの混雑期に帰省しない理由と対策ブログ

年末年始もお盆休みも実家どころか義実家にも帰省しない鬼嫁です。

乗車率200%の新幹線や渋滞45キロの高速道路で帰省するのって、子どもがいると本当に大変ですよね。

[list class=”li-mainbdr li-pastelbc strong”]

  • 帰省費用がもったいない。
  • 赤ちゃん連れだと荷物が多すぎる。
  • 赤ちゃんの布団はどうする?
  • 授乳はどうする?
  • 混雑する場に連れ出して感染症は?
  • 夏は熱中症も心配。
  • 夜泣きしたらどうしよう。
  • 帰省先で子どもが体調を崩したら?

[/list]

子どもの事が気になって仕方がないけど、「親孝行だから」と仕方がなく帰省して母子ともにぐったり…

我が家も息子が産まれて最初の帰省ラッシュシーズンを迎える時、「帰省するのが当たり前だろう」という夫と「こんな赤ちゃんを連れて帰省ラッシュなんて無理」という私とで揉めに揉め、離婚騒ぎにまで発展したことがあるんです…

今では、夫婦ともに「帰省ラッシュシーズンは帰省しない」という考えで落ち着きました。

そこでこの記事では、我が家が帰省ラッシュシーズンに帰省をしない理由と、夫や義実家をどう説得したかについてまとめていきたいと思います。

なお、この記事は私の考えをまとめた記事なので、子ども連れでうまく帰省するコツなどは書いていません。ご了承下さいね。

我が家が帰省シーズンに帰省をしないのは「みんな大変だから」

我が家が帰省ラッシュのシーズンに帰省をしないのは、端的に言えばみんな大変だから、です。

行く方もあまりの混雑に到着する前に疲れ果ててぐったりだし、迎える方もあれやこれやを準備して大変でしょう?

ちょっとずらせば何事もスムーズで楽しい時間が過ごせるのに、わざわざ「みんなが帰省するから」という理由だけでわざわざ帰省ラッシュに飛び込む意味がわからない。

帰省シーズンは帰省費用が割高になる

帰省ラッシュシーズンになると、帰省費用が割高になるのはみなさんご存知の事と思います。

例えば新幹線。
春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・冬休みはハイシーズン料金が設けられていますね。

1人分は数百円ですけど、家族単位で考えると往復で千円~数千円の差が出たとして、高いのに混んでる。

飛行機になるともっと大きな差が出ますね。

では車なら…そう思いきや、帰省ラッシュシーズンはガソリン代が上がるのはもはや定説。

ただでさえ『帰省代がもったいない!』『帰省にかかるお金がない!』と頭を抱えてしまうのに、わざわざ高い時期に行くだけの何かがあるのかっていう…

正月はインフルエンザや感染症、お盆は熱中症リスクが高い

冬はインフルエンザが猛威を振るい、ノロの脅威も。

インフルエンザの大流行で幼稚園のクラス閉鎖や学級閉鎖を何とか潜り抜けてようやく冬休みに入った子どもを、帰省ラッシュの人ごみの中に連れ出すのって、もう本当に無理。

ただでさえ感染症から子どもを守りたいママにとって、帰省ラッシュのあの混雑に我が子を連れて行く事がどれほどのストレスか。

お盆は熱中症。

1年の中で1番暑いお盆に、帰省ラッシュで混雑している中子どもを連れだすのって、思っている以上にリスクありますよね。

家から飲み物を持って行っても、子どもがこぼしてしまったり足りなくなって自販機で買おうとしたら「売り切れ」。でも売店には大行列…

そんなこんなで、お子さんを優先するあまり、お母さんが熱中症になりかけるパターンも。

私の事なんですけどね。

迎える方だって大変!食材の高騰やスーパーの大混雑

これまでは帰省する方の立場からお話ししましたけど、迎え入れる方も大変なんですよね。

例えば食材。
クリスマスが終わったら途端に高騰。

普段は100円程度で買えるものも、400円近くまで値上げされることもざら。

高騰するだけでなく、お正月準備のためにスーパーはどこも凄い混雑をしますからね…

好きでやっている人もいるんでしょうけど、致し方なく迎え入れている方も多いようですよ。

大変な思いをしてまで帰省ラッシュシーズンに集まる理由があればまだしも

例えば私の実家の場合、息子が産まれるずっと前の話ですけど、盆暮れ正月に親戚一同が集まり、宴会をしていたんですよ。

でも祖父母が亡くなると今度は相続の関係などで、少しずつ距離が生まれ、祖父母邸を手離した今ではそのような集まりはなくなりました。

仮に、仮にですよ?

こういう「親戚一同集まって新年のあいさつをする」というような行事が定例となっている家庭なら、まだ、わざわざ帰省ラッシュシーズンに帰省するのもわかるんです。

多くの人が万障繰り合わせの上集まれるのって、冠婚葬祭でない限り、盆暮れ正月ぐらいしかありませんからね。

でも少なくとも我が家の場合、義実家はもちろん実家も、そのような集まりはないんです。

更に言うと、両家とも親戚付き合いももうほとんどないんです。

なのに帰省ラッシュシーズンに大変な思いをして帰省をする意味が見いだせないんです。

「帰省は義務、親孝行として当たり前」帰省しないのは非常識?

我が家も最初は「盆暮れ正月に小さな子どもを連れて帰省したくない」という私と、「帰省は義務だ、親孝行として当たり前。非常識だ」という夫との間で揉めに揉めました。

義母もあの時は確かに「帰省して当たり前」と思っていたようですし、きっと「なんて非情な嫁なんだ」と思ったと思います。

夫の実家に帰省をするぐらいなら自分の実家にだって帰省したいですよ。

でも私は、帰省ラッシュシーズンに自分の実家にも帰省はしていません。

なぜなら、私の両親は「こんな混雑をしている時に子どもを連れまわすな」というタイプの人なんですよね。

私の両親(父はもう亡くなりましたが)にとって、非常識なのは帰省ラッシュのハイシーズンに赤ちゃんを連れまわすことで、親孝行は子どもが幸せに暮らすこと。

親孝行を大義名分に孫に負担を強いるな、というような人たちなので、だから私も「ハイシーズンに帰省しない」という考えになったのだと思うんです。

親孝行のために帰省をしたい夫と意見が食い違い、「私は非常識なのではないか」と自分を責めた事もありました。

でもまぁ、「非常識」と責められるぐらいで済むのならそれでいいかなと、開き直る事にしたんです。

我が家が年末年始・正月やお盆に帰省しない代わりにしていること

帰省ラッシュのハイシーズンに帰省をしない代わりに、我が家でしている事は次の通り。

[list class=”li-mainbdr li-pastelbc strong”]

  • 義母は母に遊びに来てもらう。
  • 遠い義実家にはお彼岸の頃に帰省する。
  • 夫の旧友との飲み会などは夫だけで帰省してもらう。

[/list]

こんな感じ。

これで今のところ、めちゃくちゃいい距離感を保てています。

ハイシーズン帰省の代わりに義母や母に遊びに来てもらう

実際には帰省ラッシュで混雑するような時期に来てもらう訳ではありませんが、その前後にだいたい遊びに来てもらっています。

義母も母も70代ですけど、今の70代って下手したら私たち40代より元気ですからね…(しかも割と裕福だったりする)

我が家は都市部なので、仮に帰省ラッシュ時に来てもらったとしても、義母も母も上りで来るので混雑していず、むしろ都心って閑散としているんで過ごしやすいんですよ!

普段は地方で買い物などを楽しめない義母も母も、ここぞとばかりにあちこちで買い物をして楽しんでいますよ。

子どもが小さなうちは、あちらから遊びに来てもらう事をおすすめします。

遠い義実家へはお彼岸の頃に帰省をする

そして義実家へは、毎年お彼岸の頃に帰省をする事にしています。

「寒さ暑さも彼岸まで」という言葉の通り、お彼岸の頃って気候も良いんですよ。

更に言えば、お彼岸というのは、ご先祖様がいる彼岸と私達がいる此岸が一番通じやすくなると考えられている時期。

春の彼岸は自然や生き物に感謝する機会、秋のお彼岸は主にご先祖様に感謝する機会と言われていて、自然や生き物やご先祖を敬うと同時に、自分が正しい行いを行っているかを振り返る節目なんですよね。

と言う事はつまり、お墓参りや先祖供養に一番向いている時期でしょう??

しかも年末年始やお盆よりも比較的空いていて気候もいい。物価も高くないし食べ物が美味しい季節。

皆が幸せになれるじゃないですか!!

夫が旧友の集まりに参加するような機会には、1人で帰省してもらう

例えば年末年始に、夫の故郷で旧友の集まりがあるとか、そういう時は1人で帰省してもらう事にしています。

それについて咎めもしないし、嫌味を言う事もありません。

夫が飲みに出てしまうのなら私と息子が同行する意味ないですからね。

でも今では夫も「我が家が最高」という感じになってしまって、滅多に出掛けなくなりました。

むしろ時々、帰省してもらいたい。

我が家が年末年始の正月休み・お盆休み夏休みなどのハイシーズンに帰省しない理由さいごに

ここ数年は、もうこの過ごし方が我が家の常識になりました。

帰省の事で夫婦間でいがみ合う事もなくなったし、家庭内が嫌な雰囲気になる事もなく、平穏に過ごしています。

私が「帰省ラッシュの時にわざわざ帰省したくない」と言い出した時は、本当に大変でした。

周りは敵だらけ。

自分は子どもを守ろうとしているだけなのに、どうしてこんなにも非常識だと言われなくてはならないの?そう思って泣いた事もあります。

『自分と子どもさえ我慢すれば…』そう思う事もありました。

でも紆余曲折あって、我が家のスタイルに落ち着きました。

この記事が、奥さんのヒントになりますように!

帰省ブルーについての記事はこちらをどうぞ。
[card2 id=”8436″ target=”_blank”]

義妹一家と相容れない…義実家帰省がストレスな話はこちら。
[card2 id=”15648″ target=”_blank”]



こはく

こはく

健全に擬態する主婦

高齢出産・ひとりっ子・ママ友いないぼっちママ属性。もともと子どもが苦手。だからこそ「健全」目指して試行錯誤しながら子育てをしています。人生の経験値だけは積んでいます。

FOLLOW

カテゴリー:

産まれてすぐに使えるアウトドアUV

子どもに日焼け止めも塗りたいし、虫よけも塗りたいし、でも肌も守りたい…

悩ましい夏をいっぺんに解決するクリーム、ありました。

しかも、保湿までしてくれるので最高。

市販品では香りが強すぎて…という私も大丈夫な自然の香り。

実際に使ってみて良かったので、ははらくをご覧の奥さんにシェアしますね。下のボタンからの予約で37%オフで購入できますよ。

私が買った時はすぐ買えたんですけど、今は予約になってます。蚊も紫外線もまだまだ油断大敵。お早めにどうぞ。

\今すぐチェック/

20日間返品保証

Copyrighted Image