今年最後の ビッグセールはここから

子育てを楽しめない心配性の育児あるあると考え過ぎな性格のママへの効果的な接し方

私は超絶心配性な性格です。

瞬時に色々な妄想をしてしまうだけでなく、物事の後で瞬時に反省をしてしまい、さらに色々と気付いてしまう性格のため、基本的に育児・子育てが楽しくありません!!

 

えっ…子育ては一瞬で終わっちゃうんだよ?今を楽しまなくちゃ!ママだって1人の人間!もっと楽しも?☆

 

うるさいわ。

 

今日は『心配性ママは世界がこんな風に見える』という観点から、心配性の育児がどれだけ修羅場かという事を知っていただきたい。

 

うちの嫁、神経質過ぎるんだよ。いっつも文句ばかり言いやがって…

 

とかうちの夫みたいな事思ってるご主人がたにもぜひ読んでいただきたい。

 

心配症の子育てあるある

 
心配症で神経質な私の頭の中はこんな感じ。

 

車が停車してくれるなんて都市伝説

 
確か歩行者優先という決まりがあったはず…

でも実際、横断歩道で停車してくれる車なんて殆どいませんよね??

自分1人なら全く気になりませんけど、息子を連れている時、車が見える範囲にいたら渡れません…しっかりと停車してくれる車を待ちます。

 
でも夫と外出すると、あっちから車が走ってきてるのに平気で横断歩道渡るんですよね…

 
そのままのスピードで走ってくる気がして仕方がない。

いや、あれが暴走車だったら?
暴走者じゃなくても逃走車の可能性すら捨てきれない。

 
車が停車してくれるなんて、私にとっては都市伝説…

 

他人は全員、誘拐犯

 
息子はめっちゃ可愛いんで、目を離したら即、誘拐されちゃうと思うんですよねー

毎回、敵をかいくぐりながら外出するようなもんですよ。

 
基本的に手は離しませんが、自分の死角に入られると『ハッ!!誘拐されたっ?!』とてんぱります。

迷子になんてなられたら、たぶん軽く脳が委縮しちゃうんじゃないかと思いますね、ショック過ぎて。

 

ビュッフェやむき出しの総菜にはO157が潜んでる

 
むき出しのパン屋とかも基本的に買いませんね。

だってその辺の子どもがめっちゃ近づいてるし、何なら目の前でぺちゃくちゃ喋ってるでしょ!!!

 
O157は稀だとしても、黄色ブドウ球菌ぐらいは絶対いますからね!!

そんなの食べさせて子どもに何かあったら…あーーーーーームリムリムリムリ。メリット何もない。

 

焼肉のトング、生肉触ったやつで取る人は敵

 
焼肉行くじゃん?

生肉をトングでつかんで網に乗せるじゃん?

焼けるじゃん?

 

…なに同じトングで取って息子の皿に乗せてんねん

 

生肉!!

生の、お肉!!触ったよね??触ったトングだよね??

トングは焼いてないよね??

えーーームリムリムリムリ!!生肉のエキス着いてんじゃん!!!!

 

交差点では必ず自転車が暴走して曲がってくる

 
交差点ね。

あれ、必ず敵がシュッと出てくるから。

特に暴走自転車。

 

コンビニや歩道には年寄りの運転する車が突っ込んでくる

 
バックしようとしたら前に発信しちゃったテヘ☆

じゃねーよ!!

 
コンビニまじで危険。
1年に1回ぐらいしか行かないけど。

 

夫の飲んでいる熱々のコーヒーが息子めがけて降り注ぐ

 

パパおはよう~

 

息子、おはよう~☆ パパんとこおいで~サムサムだから抱っこしよう!

 

パパ~(ムギュウ…)

 

はいコーヒー!!!!

 

熱々のコーヒーが入ったカップ!!

 

どかしなさいどかしなさい、今すぐどかしなさい。
息子の頭より低い位置に移動させなさいまずはそこからスタートしよう。

 

つり橋はもちろんのこと、小さな橋は渡ったら崩落する

 
橋ね。

基本的に信用してません。

いつ崩落するかわかんない。

 

波は子どもをさらっていく

 
私、海育ちなんですよ。

だから海の怖さ知ってるんで。

小さいからって波ナメたらあかん!!!!
足元すくってくからね!!

先日イズーの帰りに少し立ち寄った白浜。

白浜の海

白浜の海

この写真「危ないから!!!」「気を付けて!!!」「あんまりいかない!!!」とか叫びながら撮ってますからね…

いやせめて手繋げよ!!
今見てもこええよ!!

あと、大きな波は突然来ます。

 

遊園地の観覧車や空中に浮かぶ遊具は全て、金属疲労で破損の可能性

 
観覧車なんて私にとっては絶叫マシーンですよ、絶叫マシーン。

港北ニュータウンのモザイクモールにある小さな観覧車ですら、乗ったのを後悔した程ですからね。

 
安全装置も金属も全く信用してません。

いつだって、強風にあおられてゴンドラごとすっ飛んでいく覚悟で乗るべき。

 

年寄りは子どもをケガさせるように出来ている

 
だって大体そうでしょ?

 

心配症ママに「これぐらい大丈夫だろ」「考えすぎだよ」「神経質だな」は逆効果、効果的な接し方とは

 
私のような心配性ママに「考えすぎだよ」とか「これぐらい大丈夫だろ」のような言葉を掛けると、どうなるでしょう。

 

(こいつ、危機管理甘いな…)

 

(こいつ危機管理甘いってことはますます自分が気を付けないと)

 

…と、心配性が加速します。
悪循環。

 
基本的に全員敵って所からスタートしてるので、まず味方認定されないと絶対に心配性の手を緩めてはくれません。

 

この人に任せておけば問題もないという実績を積む

 
たいてい家族間や夫婦間で、心配性な母親の言う事を適当にあしらった結果、心配性な母親が心配していた通りの結果を招き、更に頑なになっているケースが多いんです。

『この人に任せておけば問題ない』という小さな実績を積み重ねていく事以外に、心配性ママの心を開く術はありません。

 

心配に共感し理解を示す

 
心配症ママが心配する事に対して「んなバカなwww大げさだろwww」と言うのではなく、「そういえばそうだね」程度に、表面だけでも共感を示した方が、心配性の暴走がなくなりますよ。

 
心配症ママはとにかく危険から子供を遠ざけたいだけなのです。

 
注意を促すことにより場の空気が悪くなることや子どもにごねられることで、けっこう孤独。だから表面だけでも理解を示してくれるとホッとします。

 

まとめ:心配性でも育児を楽しめなくても良くない?悪影響とか知るか!

 
お母さんが心配性だと子どもに悪影響だとかどうとか書いているサイトもありますけど、書いてるの絶対オッサン。

 
子供の交友関係を断絶するとか、心配のあまり子どもを閉じ込めてしまうような、明らかに異常な事をしているなら別ですけど…こればかりはもう開き直るしかない。

実際、子どもに何かあってからでは遅いですしね。

 
実は私の父親が、私のように心配性だったんです。

小さなころや思春期の頃はあんなに嫌だった父の心配、今では思い出すと「どんだけ心配なんだよw」と笑える事ばかりで良い思い出。

息子が4ヶ月の頃に父は亡くなってしまいましたけど、もし父がまだ元気だったら…一体どうなっていたのでしょう…

 
脈々と受け継がれし心配性。
孫の代まで続いてます。

 

Copyrighted Image