【18cm前後】キッズシューズ比較!ナイキ・ニューバランス4000円前後の子供靴

こんにちは、こはく(@kohaku11111111)です!

今回はキッズシューズの中でも18cm前後の靴についてレビューしていきたいと思います。

 

息子に購入する靴の主な条件は次の通り。
 

  • 底がぐにゃぐにゃしていない(硬め)
  • 幼稚園から紐靴は禁止されている
  • スリップオンは殆ど履かせない
 

ちなみに両親ともにスニーカーを履きます。

 

New Balance KV996の口コミと感想

 

 

言わずと知れたニューバランス996のキッズタイプです。
大きなベルクロで12cm~16.5cmまでのサイズ展開であるFS996と比べてワイズ(幅)が細く、17cmからこのKV996になります。

ちょうどサイズの端境期の場合、靴幅があまりに違い過ぎるため躊躇うお母さんも多いのではないでしょうか。

 

幼稚園でかぶりまくるKV996

 
我が家は小さな頃から殆ど996を履かせてきました。
頭一つ分高いのですが、同じようなデザインと手に入りやすい靴の中では断トツにしっかりしているこの996シリーズ。

574に次いで人気が高く、幼稚園ではかぶりまくりです。

それでもまだFS996はカラーも豊富なため良いのですが…KV996は3色しかないため余計にかぶる。

それだけ良い靴だという事も言えますね。
記名だけはしっかりとしておきましょう。

 

KV996はベルクロがあまりにも短いので甲高の子供には不向き

 
細いベルクロがついているKV996ですが、このベルクロが微妙に短い。
あと1cm伸ばしてくれたら…と思う事が多々あります。

息子は甲高の方なので、ベルクロがはじけ取れてしまいます。

靴自体が丈夫なので脱げてしまったりする事はありませんが、子供がベルクロが外れたことを気にしてハッと路側帯でしゃがみ込んで直そうとする事があります。

今は私が付きっ切りなので良いですが、小学生になったらちょっと履かせるのをためらうかも知れませんね。

甲高が目立つお子さんならFS996の16.5cmが履けるうちはFS996を履かせて、17cmからはKV574に移行する方が良いです。
 
574は値段が手ごろなので即売り切れる事がネックなのですけどね

 

【↓↓574のサイズ在庫確認はこちらから↓↓】

 

つま先のアウトソールが必ず剥がれてくる

 
ニューバランスのキッズシューズ全般そうなのですが、アウトソール、つまり底面がつま先で巻きあがっているんです。そこが剥がれてきます。
 


 
こんな感じです。

でもこれがないとつま先が消耗してしまうんですよね。
あとはつま先の衝撃をこのアウトソールが受けてくれているのかも。

だからこそ剥がれやすいとも言えます。
剥がれてアウトソールごと外れちゃった、なんていう事にはなりません。あくまでも見た目の問題です。

 

良い点:インソール(中敷き)がしっかりしていて外せる

 
インソールが外せない物が多いNIKEや、インソールが外せるけどあまりにもペラペラのadidasやpumaと比較すると、ニューバランスのインソールはかなりしっかりした印象です。

外せるという事はしっかりと洗えるという事。
たわしでゴシゴシしても一切型崩れしません。その点adidasやpumaはインソールが脆く、ゴシゴシするのが不安になる感じでした。(今回はadidasとpumaのレビューはありませんが参考まで)

クッション性も良いです。
アッパー(本体)のしっかりとした作りと相まって、子供の足をしっかりと守ってくれそう。

 

良い点:ダントツで作りがしっかりしている

 
硬めのアッパーに硬めのミッドソール(本体と底の間の部分)で、今まで購入した同クラスの子供靴の中で断トツでしっかりとした作りです。

その分若干子供自身の履きづらさはあるかも知れません。
柔らかい靴の方が履きやすいと思いますので。

子供の靴なので何年も履きはしませんが、子供が走り回り遊びまわり酷使した状態でも、洗えば結構綺麗な状態を保っているのがこのニューバランスの特徴でしょうね。

 

 
これは毎日のように履いたKV996です。

ベルクロの端っこの繊維がにょろーっと出てきちゃってますが、切ってしまえばかなり綺麗な状態です。ウタマロ石鹸でゴシゴシ洗ってます。

 

良い点:ニューバランス996キッズはタンが厚い

 
これは個人的な意見なんですが、タンって厚い方が履きやすくないですか?
甲に優しいというか…

あと、子供が脱ぎ履きする際に厚いタンの靴の方がスムーズだという点も見逃せませんよ!
タンがペラペラだと、よそ見しながら靴を履いたら足と一緒にタンが中に入っちゃってもう一回やり直しー\(^o^)/ …って事が繰り返される日が訪れます…

 

 
これは色違いの996です。
タンがふっくらしてますよね。
どんなに慌てて履いても、足と一緒に中に入ってっちゃう事はありません。

 

NIKE REVOLUTION 3の口コミと感想

 

 

お次はナイキレボリューション3です。
お手頃な値段とメッシュで軽い素材が特徴のシューズです。横顔がめちゃ可愛いです。

 

安いだけあって安っぽいキッズシューズ

 
まぁ…ニューバランスと比較するとどうしても安っぽさは否めませんね。
実際に安いんですけどね。
3000円程度、安い時は2000円台で購入できます。

 
私が欲しいのはタンジュンなんです。

 
でも、色の組み合わせが好きなのか、息子はこのレボリューション3ばかり選ぶのです。

 

ライニング(履き口内側の部分)が毛玉だらけになる

 
安っぽい理由にライニングの毛玉が挙げられます。
履いていると毛玉だらけになります。

あまり毛玉にならずに擦り切れていくニューバランスのキッズシューズと違い、ナイキレボリューション3は毛玉製造機かってぐらいに毛玉だらけになります。

こまめに取ってあげると良いのかも知れません。
 

 
グレーのニューバランス996と同じ時期におろして、同じ頻度で履き、同じ頻度で洗ったレボリューション3です。


 

こうして見るとアッパーは綺麗なのに対してやはりライニングの劣化が目立ちますね。

 

NIKEの仕様?ベルクロの粘着力が弱い

 
このシリーズだけなのか、NIKEの仕様なのかは不明ですが、2足とも面ファスナーが弱いです。長さはいいんです!惜しい!

長さにゆとりがないニューバランスと比較すると、甲高の子にも十分対応できるだけの長さがあり、スポーツなど激しく動く時にきつく締めて余っても邪魔になる程ではなく、本当に絶妙な長さ。

でも残念ながらちょっと弱い!!
もう少し強いマジックテープだとより良いと思います。

子供にはぎゅっぎゅと押し付けるように粘着させるように言っています。

 

良い点:レボリューション3は軽く圧迫感が少ない

 
ニューバランスとNIKEどちらも置いておくと、8割、NIKEを履きます。

軽くていいそうです。
そしてメッシュ部分が多いので快適なのでしょうか。

靴の圧迫感を嫌がるお子さんは好むタイプだと思いますね。

 

良い点:すぐに乾く

 
大部分がメッシュなので洗った後すぐ乾きます。
すぐに乾くという事は嫌な臭いもし辛いという事ですよね。

 

MEMO
生乾きのニオイは乾きにくい靴でよく起こります。
残った水分で雑菌が繁殖した結果が嫌な臭いなのです。

メッシュのため、汚れが目立ちにくい点、落ちやすい点も好印象です。

 

レボリューション3は柔らかいので子供が履きやすそう

 
息子が好んで履く理由の一つが【履きやすさ】ではないかと思ってます。

子供って自分が上手に出来なかったりすると2度と手出ししなかったりしますよね。
成功体験の積み重ねが大切というか…

幼稚園に入園すると【自分自身で履ける靴】で登園する事が必須になってくるかと思います靴を履くたびに先生の手を煩わせるわけにはいきませんしね。

そういう観点からも、アッパーが柔らかく、子供が履きやすいという事はメリットです。

ただ、レボリューション3はタンが薄いので中に入りがちです。
 

慣れるまでは気に掛けてあげる必要がありますね。

 

New Balance KV247の口コミと感想

 

 

普段スリッポン、スリップオンの靴は履かせないのですが、このKV247はシンプルで値段も手ごろだったため購入してみました!

まだあまり履いていない状態ですが気付いた点をレビューします。

 

KV247はスリップオンだけど硬め

 
スリッポンタイプのキッズシューズってぐにゃぐにゃしたイメージがありましたが、このニューバランス247は硬めです。

履きやすくはありません。
例えばナイキダイナモフリーのようなスリップオンシューズとは使い勝手が違う印象です。
サッと履いてサッと駆け出すような靴を求めている方にはちょっとお勧めできませんね。

でもその分、子供の足をしっかりとホールドしてくれます。

 

甲高の子供にはキツイKV247

 
紐に見える部分はゴムなのですが、それほど伸びません。

伸びてしまったら足をしっかり固定できないのでそれほど伸びなくて正解ですし、どうしても使っているうちに伸びてきちゃうと思うので最初は硬めでいいんですけど、圧迫感ありますね。

若干甲高のうちの息子でも圧迫感を訴えていたので、甲高が特に気になるお子さんは避けた方がベターなシューズだと思います。

 

ニューバランスには珍しくタンが薄めで内側に反れている

 
シュータンはこのように薄めでです。
 

 
そしてなぜか内側に反れています。

子供が殆ど履いてくれないのはタンが内側に入り込みやすくて履きづらい点と、タンが薄いためにゴム部分の圧迫感を感じやすい点が関係しているのではないかと感じます。

 

ニューバランスKV247の良い点

 
何と言っても見た目のシンプルさですね。

数年前にニューバランスが流行り出して廉価版が売れるようになってきた頃から特に、絶対ニューバランス履きたくない層が増えた気がしますね。特にナイキ好きの人。

そんなナイキ派にも受け入れてもらえるのではないかというスタイリッシュな見た目!
 

 

 
横顔もめっちゃカッコイイです。

 

KV247もインソールはしっかりしたものが採用されている

 
外しやすく洗いやすいニューバランスのインソールですが、この247でもしっかりとした厚みのあるインソールになっています。

 

 
インソールは絶対に外せるものの方が便利です。
例えば砂場や砂浜で靴の中に砂が入ってしまった場合でも、インソールを外した方が砂を出しやすくなりますし、洗う際にも別々に乾かせば中までしっかり乾かすことができますよね。

 

まとめ

 
今回レビューした3点のまとめです。
同アイテムのサイズ在庫は各ショッピングモールのボタンから確認できます。

 

お出掛けや通園にはニューバランスKV966

 

 
夏場や、運動会・マラソン等ベルクロを気にしたくない時はニューバKV247

 

 
公園遊びや汚れる遊びにお勧めなのはNIKE Revolution3

 

以上、ニューバランス996キッズ、ニューバランス274キッズ、ナイキレボリューション3キッズのレビューでした!

皆さんが、お子さんに良いシューズを選ぶ際の参考になれば幸いです。