使わないと損する無料サンプル・お試し・トライアル随時更新中!

【おやつ交換】の現実「おすすめのお菓子」と「ダメなお菓子」、暗黙のルールを実体験で解説

3 min
【おやつ交換】の現実「おすすめのお菓子」と「ダメなお菓子」、暗黙のルールを実体験で解説

子どもの遠足や運動会で恒例行事化している【おやつ交換】についてまとめます。おすすめのお菓子やダメなお菓子、暗黙のルールなど。

最近はアレルギーの関係で禁止する園も増えてきたおやつ交換ですが、特に禁止されていない園なら行事ごとに交換用お菓子は用意していった方がいいです。

いやいやいや、わかります。わかりますよ、気持ちは。

でも、持って行かない場合、お子さんが肩身の狭い思いしちゃいますからね(相手は何も思ってなかったとしても)。

おやつ交換は賛否分かれるところですけど、個人的には子どものめっちゃ楽しそうな顔を見るのは好きです。

だからこそ、「普通の幼稚園だとこんな感じでゆる~くやってます」というおやつ交換の現実を、奥さんにお伝えしたい。

おすすめのお菓子や、あまり選ばない方がいいお菓子などをまとめます。

自己紹介幼稚園
筆者ひがしむき

児童館へ行かずママ友がいない状態で幼稚園選びをし、ママ友ゼロのまま入園してママ友を無理に作らぬまま卒園を迎えた母。ママ友がいなくてもそつなく幼稚園生活を過ごすコツを伝授します。

【おやつ交換】おすすめのお菓子&ダメなお菓子

おやつ交換は、禁止されてなければ「ある」と思って準備しておいた方がいいです。

ただ、前にどっかで読んだんだけど「「輸入菓子をお洒落に袋詰めにして配る☆」とかって、完全にお母さんの見栄の張り合いを助長するような事書いてるサイトありますけど…


真に受けないでOK

いや私立なら別なんでしょうけど、普通の幼稚園でそんなことしないから!!!!!

おやつ交換用のお菓子で気を付けた方がいいのは次の通り。

  • 溶けやすい・崩れやすいものは避ける。
  • 飴玉や豆類など、のどに詰まりやすいものは避ける。

以上!

大袋買ってドーンって感じでオッケーです。

1番のおすすめは「スティックゼリー」

先におやつ交換用おすすめお菓子を発表しますと、1番のおすすめはスティックゼリーです。

おやつ交換があるのって遠足や運動会だと思うんですけど、ほぼお弁当持参の機会なんですよね。

だから、スティックゼリーを凍らせておいて保冷剤代わりに持って行けば、おやつ交換のころにはほどよく溶けてでも冷たくて美味しい状態。

配ってしまえば普通の保冷剤を使った時と比べ帰りの荷物も軽くなるし、一石二鳥としかいいようがないおやつなんです!

しかもしかも、遠足も運動会もお天気に恵まれると暑い確率が高いので、ひんやりしたゼリーは子どもたちに大人気◎

あっという間になくなります。

他にもラムネやおせんべいを配っているお子さんがいました。

おやつ交換に向いているお菓子

  • スティックゼリー
  • 個包装のラムネ
  • 個包装のおせんべい
  • 個包装クッキー

大袋のお菓子を1つ持って行けばオッケーかと。

おやつ交換に向かないお菓子は…

では逆に、おやつ交換に向かないお菓子はというと、飴玉や豆類ですね。

まぁ豆類をわざわざ選ぶ方はいないとは思うので、飴玉で説明していきますね。

幼稚園のおやつ交換は、子どもが自由に動き回る状態で交換し合う事があるので、喉にすぽっとはまってしまうような丸い飴玉や、棒つきキャンディーは不向きです。

飴を選ぶのなら、真ん中に穴が開いているものを選んだ方がいいですね。

そんな事まで気にしなきゃなんないの?!って思うかも知れないんですけど、自分の子があげたおやつでよその子に何かあったら面倒じゃない??

私ならそういう意味でわざわざ飴玉は選ばないです。

そしてチョコレート。

チョコレートは夏でなくても、炎天下にさらされると溶けやすいです。

息子は10月の運動会のおやつにカプリコを選んだんですけど、中のチョコが全部溶けちゃってて大惨事になりましたw

また崩れやすいものは、当日荷物の中でお弁当や飲み物にぶつかって粉々になってしまう可能性があるし、かさばるものは荷物が大きくなってメンドウです。

おやつ交換に向いていないお菓子

  • 飴玉
  • 棒キャンディー
  • 豆類
  • チョコレート
  • 崩れやすいモノ
  • かさばるもの

危ないものはもちろんだけど、食べようと思ってたらドロドロだった…も避けたいですね。

【おやつ交換】の暗黙のルール!

おやつ交換は基本的に大袋を1つザクっと持って行って適当に配るスタイルが息子の園では主流でして、

いちいち親がそばについて交換し合うわけではないのですが、

ママ達の中で、おやつ交換の暗黙のルールというか、そういうのは存在します。

それは、

  • 動き回って食べても危険じゃないモノを配る
  • いただいたものを食べていいかどうかは親が判断する

みたいな感じでしょうか。

動き回って食べても危険じゃないモノを配る

さきほど「おやつ交換に向かないお菓子」であげたように、気管にすぽっとはまっちゃうような飴玉や豆類、それから棒付きキャンディーみたいなものはわざわざ選びません。

なんとなく「動き回って食べちゃっても危険ではないモノ」をみなさん選んでいる気がしますね。

チョコレートやソフトキャンディをいつ解禁するかとかはご家庭によって違いがあるし、そこまでは気にしなくてもオッケーなんですけど、

危険か危険じゃないかは気にしておやつ選びをするといいと思います。

いただいたものを食べていいかどうか必ず親に聞いてから

お次はいただいたものについてです。

色んなお菓子をいただいてくると思うんですけど、子どもには予め「食べる時はママがいいと言ったものだけ」という事は言い聞かせておきます。

自分の子がそばでお友だちにお菓子を配るのなら「食べていいかどうかはママに必ず聞いてね」と必ず声掛けします。

他のママも自分の子が近くでお友だちにお菓子を渡していたら同じように声掛けしているので、まさに暗黙のルールみたいに浸透している。

子どもたちは「おやつを交換する」という事が楽しいので、実際に食べるかどうかはそれほど重要ではないというか。

割と素直に「これは食べていい?」と聞いている子がほとんどですね。

【おやつ交換】の現実「おすすめのお菓子」と「ダメなお菓子」、暗黙のルールを実体験で解説、さいごに

アレルギーをお持ちのお子さんもいらっしゃるので、おやつ交換がいいか悪いかは別にして、

楽しめる環境であるのなら、せっかくなら楽しんだ方がいいんじゃないかなって思っています。

小学生になると、おやつ交換をする機会もないので、おやつ交換は園児まで。

私は最初メンドクサイな…と思っていたんですけど、子どもの楽しそうな顔を見て、めんどくささも消え去ってしまった。

この記事が奥さんのヒントになれば幸いです。

ひがしむき

ひがしむき

子ども苦手でだらしがない(元汚部屋住人)、高齢母でママ友いない、誇れるものが何もない、子どもを産んでちゃんとした人生を歩み始めた、そんな主婦です。

過去ワンオペでぼっちママで余裕がなかった私が知りたかった【お母さんがちょい楽になる】子育てや暮らしの情報を発信しています。
⇒詳しいプロフィールはこちらから

カテゴリー:

Copyrighted Image