【子どものサッカー教室の選び方】複数かけもちしてるママ目線でスクールの特徴や違いを解説

5 min
子どものサッカー教室の選び方や種類を「ざっくりと」解説!スクールと少年団で全然違う!ブログ

サッカーのルールも知らずに子どもをサッカー教室に入れて、今では主に3つ掛け持ちしています。少年団・スクールなどの特徴や違いを、初心者向けにざっくりと解説していきます。

パパが長年サッカーをやっていて、ママはルールもほとんど知らないままスクール探しをすることになり、「いや一体どんなところに入れればいいのよ…」と悩んでしまうパターン、多いんですよね。

うちもそのパターンだったのですけども。

サッカー教室やサッカースクールに種類があるなんて全く知らなかったし、年少の頃に少年団サッカーの体験にいきなり行かせてしまって、うっかり「サッカーはイヤだ」なんて思わせてしまったのが懐かしい…

今は3つのサッカースクールを掛け持ちしています。

掛け持ちしている理由などものちほど解説しますので、どんなサッカースクールを選べばいいのかわからない!という方はぜひお読みいただければと思います。

ちなみに、どんなサッカー教室を選んだらいいの?という疑問に対して、サッカーに詳しい方が解説しているページは数多くあると思うので、

私はママ目線でお話ししていきたいと思います。

あくまでも私が感じ取ってきたことであること、地域などにより違いがあることなどをご理解いただいた上で参考にしてくださいね。

ブロガー様・ライター様の当サイト内コンテンツの複製について

【子どものサッカー教室の選び方】クラブチーム・少年団・スクールの違いを理解する!

大まかにサッカーを習わせようと思ったら、

  • クラブチーム(傘下のスクール)
  • 少年団
  • スクール

この3種類はそれぞれ違う、という事を理解するところからスタートしましょう。

クラブチーム(傘下のスクール)

  • Jリーグなどプロチームの下部組織はだいたいこれ。
  • セレクションという選ばれし者達のスペシャルクラスへの道がある。
  • レベルが高い。
メリット

憧れのチームの下部組織で学べる。

レベルが高い中でスキルアップできる。

コーチもレベルが高い。

デメリット

レベルが高すぎてついていけないケースも。

月謝高め。

ユニフォーム代が高め。

クラブチームは、Jリーグのプロチームの下部組織の事が多く、

いずれセレクション(という試験みたいなやつ)を受けてスペシャルクラス(上級者クラス)に入り、ジュニアユースを狙っていくとか、プロサッカー選手を目指している子が普通にいます。

なので、レベルが高いです。

Jリーグプロチームの下部組織のようなクラブチームは、そもそもそのクラブに憧れて入る子も多くいるのと、まったくの初心者は少ない印象(っていうか他の少年団に属していないと入団できないとか、入団テストがある事すらある)。

コーチもレベル高いです。

ただ、うまい子が多いので、レベルが高すぎてついていけないとか、サッカーが嫌になっちゃう事もあるのは確か。

そしてそのモチベーションをすくい上げてくれるかというと、そうではない気がする。

というのは、クラブチームのスクールは結局、「うまい子を引き上げる」に特化しているのだと感じます。

ガツガツとした子は伸びていく感じ。

ちなみに…

息子はJリーグプロチームの下部組織のスクールに入っていますが、他スクールではもっとも上手くてもクラブチームのスクールでは一番足を引っ張ってる感じになっちゃってる。本人もそれを自覚していて、楽しくないみたい…

少年団

  • 小学校の校庭などでやっている地元のサッカーはだいたいこれ。
  • コーチは少年団卒業生だったり、パパだったりする。
  • 土日の練習が多い。
メリット

地元の仲間たちと成長していける。

子どものサッカーの裏方としてかかわる事ができる。

月謝が安い。

デメリット

土日祝日の練習が多く休日がサッカー主体になりがち。

保護者が持ち回りで係をやる事も。

少年団サッカーというのは、町名が付いていて小学校の校庭で練習しているようなやつです。(あくまでもざっくりと言うと、です。)

基本的に運営は保護者の持ち回りの係で成り立っていて、例えばお茶当番・車出し当番・付き添い当番・会計や総務などなどがあります。

ちなみに、コーチもボランティアで地元のパパがやっていることが多いです。

土日は練習や試合でサッカー中心の生活になると言われていて、少年団サッカーチーム同士での試合が本当に多いので、試合慣れしている子が多い気がする。

あと単にサッカーが強いだけでなく、上級生から下級生までいるので精神面も強くなる気がする。

弱いと一度も試合に出られず終わる事もあるけど、地域の仲間と成長して行く魅力というのもあるし、時々、兄弟みたいで羨ましいなと思う事もありますね。

ちなみに…

息子の場合、年少の頃に少年団サッカーの1日体験をして「サッカーやりたくない」になってしまった。少年団サッカーがどういうものなのか知った今では、私にはとても務まらなかったと思う(休みの日は寝ていたい)。

スクール

  • 平日、2学年ずつ1時間程度の練習をすることが多い。
  • 試合がほとんどないか少ない。
  • 基礎やテクニックが身につく。
メリット

親の出番がないので楽。

サッカーを始める子が入りやすい。

ユニフォームがないスクールも。

デメリット

上手くなってくるとスクールだけでは物足りないかも。

試合がないからうまくなった達成感がない。

一般的なサッカー教室やスクールは、どちらかというと皆で楽しくサッカーを学ぶ、みたいなイメージで、サッカー初心者の子も入りやすいですね。

試合がないスクールもあれば、あっても年3回という感じでしょうか。

親の出番は基本的にありません。

その分月謝がかかりますけど、自分の子どもの水筒を持って送迎するだけなので、「預けて習わせている」という感じ。

試合数が少ないので、試合慣れという点では弱い気がします。そもそも回数が少ないですからね。

でも、試合の時はまんべんなくどの子も試合に出してくれます。

ユニフォームがないスクールも多いので、手軽に始めたい人向け。

ちなみに…

サッカースクールにもカラーが色々あって、ウェイ~!みたいなノリの良いスクールもあれば、まじめな感じのスクールもあります。ただ試合が少ないから、目標がなく、頭でっかちになりがちな気がする。

子どものサッカー教室、自分の子にはどれを選べばいい?

大まかにざっくりと少年団サッカーやスクール、クラブチームなどの違いを把握したところで、結局どれがいいの?というお話をしていきますね。

向き不向きや親御さんの考えもあると思いますので参考にして下さい。

土日サッカー&係の持ち回りができないなら少年団は避ける

少年団サッカーに所属すると、土日はサッカー主体の生活になる事が多いです。

あと係が持ち回りな事も多いので、それに協力できないようなら少年団サッカーは避けた方がいいかも。

最近は保護者の負担を軽減するために月謝を少し高めにして外部委託している少年団もあります。

サッカーの入り口としてスクールを選ぶのは◎

サッカースクールの場合、サッカーの入り口として選ぶのに向いています。

年少・年中・年長のサッカースクールは楽しくすすめてくれることが多く、コーチもサッカーの楽しさを主塾にした指導をしてくれます。

サッカースクールでスタートして、少年団に入る、クラブチームのスクールに入るという子も多いですね。

仲間とのチームワークや精神的に鍛えるなら少年団

スクールは「習いに来てる」感じになるのと試合が少ないので、チームワークは経験しづらいです。

コーチも割と優しい。

少年団は同じメンバーで毎週末練習をして試合を積み重ねていくので、チームワークや団結力といった精神的な部分の成長が大きいと思います。

それと、何といっても低学年から高学年までいるので、精神的に鍛えられますね。

そうそう、スクールには体調不良などで練習に参加できなかった時の「振り替え」がある事がほとんどですが、少年団には振替はありません。

レベルが高い環境に入れるならクラブチーム

将来はサッカー選手を目指したいと考えているなら、最初からプロチーム下部組織のクラブチームスクールに入れておくのもいいと思うんですけども、

そもそも将来サッカー選手にしたいと考えている方の保護者の方はここを見ていないと思うので…w

ただ、レベルが高い環境に子どもを入れたいというのであれば、やっぱりクラブチームだと思います。

クラブチーム傘下のスクールの子たちがみんなセレクションを受けるために入っているわけではないんですけども、そのチームに憧れて入ってきている子も多いからレベルが高いですね。

子どものサッカースクール掛け持ちについて

うちは今2つのスクールと、1つのクラブチームスクールに入っています。

掛け持ちしている理由は特になくてw

子どもが塾に通うような年齢までは、なるべく本人の意向でやりたいことをやらせようと考えていて、それで結果的に3つ掛け持つことになった感じです。

サッカーをやっている子は掛け持ちしている子も多くいます。

例えば少年団に所属していて、足先のテクニックを鍛えるためにスクールにも入っているとか、

1つのスクールだと物足りなくなって掛け持ちするようになったとか。

体力維持のために、夏休みに短期スクールに参加する子もいます。

ただサッカースクールの掛け持ちについては、クラブチームや少年団によってはダメなところもあるので、事前に確認が必要。

【子どものサッカー教室の選び方】複数かけもちしてるママ目線でスクールの特徴や違いを解説さいごに

うちは今、スクールを掛け持ちしている状態ですが、本人自身が「強くなりたい」というより「楽しみたい」なので、これはこれでしばらく続けていきたいと思ってます。

高学年になるとスクールだけでは物足りない…試合をもっとしたい、なんていう考えになっていくかも知れないけども。

この記事は奥さんのヒントになれば幸いです。

ひがしむき

ひがしむき

子ども苦手でだらしがない(元汚部屋住人)、高齢母でママ友いない、誇れるものが何もない、子どもを産んでちゃんとした人生を歩み始めた、そんな主婦です。

過去ワンオペでぼっちママで余裕がなかった私が知りたかった【お母さんがちょい楽になる】子育てや暮らしの情報を発信しています。
⇒詳しいプロフィールはこちらから

カテゴリー:

Copyrighted Image