今年最後の ビッグセールはここから

川場田園プラザ近くでいちご狩り!沼田市の農園の口コミと子供連れの注意点

川場田園プラザに行きたいんだけど、ついでにいちご狩りしたいな~

 

群馬県沼田市の原田農園が有名だけど、そのほかにもいい農園ないかな~

 

子どもと一緒にいちご狩りに行きたいんだけど、何か気を付けた方がいいことある?

 

はい!

そんなお悩みを解決しちゃいます!

 
群馬県北部は川場田園プラザだけではなく、フルーツが美味しい地域。

特に群馬県生まれのいちご「やよいひめ」を楽しむことが出来るんです!

 
今回は私が実際に行った【原田農園】と【オーツファーム】をレビューします。

川場田園プラザに行く際にはぜひ足を延ばしてみてくださいね。

 

日本一の道の駅【川場田園プラザ】の記事はこちらからどうぞ!
【写真あり】川場田園プラザに足湯はないっつってんの!子供と行く田プラ体験談

 

楽天たびノート

 

バーベキューも楽しめる原田農園は川場田園プラザから車で7分!

 

 

原田農園さんは沼田市で一番有名な農園です。

沼田インターを降りると大きな看板が目に入りますし、いちごだけでなく、りんご・もも・さくらんぼ・ブルーベリー・ぶどう・きのこなど、どの季節に行っても、旬の果物や野菜を収穫することができますよ。

 
原田農園のいちご狩りは、しゃがまずに収穫できる高設栽培のハウスがありますよ。

 

果実の里「原田農園」はハウスの中のどの列で収穫するか指定される

 
原田農園の建物で受付を済ませると、いちごハウスまで係の人が案内してくれます。

私たちが案内されたイチゴハウスは、原田農園の大型バス駐車場の向こう側、徒歩で数分の場所にあるハウスを案内されました。

ハウスが見える曲がり角まで受け付けの人が案内してくれ、遠くに見えるハウスまでは自分たちだけで歩いていきます。

 
ハウスの前にはハウス担当のスタッフがいるので、スタッフから説明を受けてハウスの中のどこで収穫するか、列が指定されます。

他にも多くのお客様がいるので、列指定は逆に収穫しやすく、いい感じ。

 

果実の里「原田農園」は高設栽培でしゃがむ必要ナシ!

 
そしてここ、原田農園には高設栽培のハウスがあります。

 
こんな感じ。

群馬県の原田農園いちご狩り
群馬県の原田農園いちご狩り

 

この時、息子3歳です。
ちょうど顔の位置にいちごが。

群馬県の原田農園いちご狩り
群馬県の原田農園いちご狩り

 
しゃがむ必要がないため、お年寄りでもオッケー。

しゃがむいちご狩りはどうしてもボトムスが汚れがちですけど、高設栽培のハウスなら、ロングスカートとかガウチョでも大丈夫そうですね。

 

原田農園は人気の農園だから休日は混雑することも…

 
多くのお客様が訪れる農園ですので、受付などの流れはめっちゃスムーズです。

ちょっと事務的っぽい感じもしますけど、個人農園のような「今日はいちご少ないから休園!」みたいな感じもなく、急に味覚狩りをしたくなった時にはまず原田農園行けば間違いないです。

 
ただ1つ問題は、いつも駐車場がいっぱいで大型バスも多く、曜日や季節によっては非常に混雑し、案内までに時間をが掛かる事があるってこと。

 

原田農園のイチゴ狩りの時期と金額

 
それでは原田農園のいちご狩りの期間とお値段です。

 

原田農園でいちご狩りできる時期
12月上旬から何と6月上旬まで

 

原田農園いちご狩り時間制限
30分食べ放題

 

原田農園いちご狩りの金額
(12月上旬~1月 5日)大人1,800円・3歳~1,500円
( 1月 6日~3月31日)大人1,500円・3歳~1,200円
( 4月 1日~5月10日)大人1,200円・3歳~ 900円
( 5月11日~6月上旬)大人1,000円・3歳~ 700円

 

原田農園の営業時間
9:00から16:30
(12月から3月までは15:30)

 
季節によって金額が変わります。
6月までいちご狩りが出来るのは嬉しいですね!

 

土耕栽培のオーツ・ファームは川場田園プラザから車で4分!

 

 

川場から車で5分程度の場所にあるオーツ・ファームは、地元の方おすすめのいちご農園ですよ。

オーツ・ファームでは土耕栽培のイチゴが食べられます。
土で栽培したイチゴの美味しさは格別!

奥利根ゆけむり街道から少し入った場所にある、一見いちごの直売所なのかと思うようなアットホームな園です。

 

沼田市のオーツ・ファームは広いハウスで自由に収穫できる

 
イチゴが陳列された直売所を兼ねた事務所で「いちご狩りをしたい」というと、道を挟んだ向かいのハウスに案内してくれます。

案内されたハウスの中は自由に収穫ができますよ。

 
ハウスはとても広く奥行きがありますので、他の人と一緒でも心置きなく収穫することが出来ます!

 
沼田市オーツファームでいちご狩り

見てください、この広さ!

 
沼田市オーツファームでいちご狩り

イチゴ選び放題!

 

オーツファームは全て「やよいひめ」で制限時間が40分

 
やよいひめは2005年に群馬県で生まれたイチゴで、酸味は強くなく、まろやかな甘さが特徴。

オーツファームで収穫できるイチゴはこのやよいひめです。

とても身が大きく綺麗な形をしていて、一口でほおばる事が出来ないほど!

 
沼田市オーツファームでいちご狩り

その【やよいひめ】を、何と40分食べ放題で楽しむことができます。

 

オーツファームのイチゴ狩りの時期と金額

 
それではオーツファームのいちご狩りの期間とお値段です。

 

オーツファームでいちご狩りできる時期
12月上旬から何と6月中旬まで

 

オーツファームいちご狩り時間制限
40分食べ放題

 

オーツファームいちご狩りの金額
(12月上旬~4月中旬)大人1,400円・幼児800円
( 4月下旬~6月中旬)大人1,200円・幼児600円

 

オーツファームの営業時間
9:00から16:00

 

2月からスタートで6月まで、やよいひめの旬の時期だけのいちご狩りです。時期は短いですが味は格別!!

 

子供連れいちご狩り注意点と楽しむコツ

 
イチゴ狩りはハサミを使用せずにできる味覚狩りという事もあって、子どもと一緒に楽しみたいですよね。

子ども連れでイチゴ狩りをする際の注意点やコツは次の通りです。

 

  • イチゴの汁が着きやすいので、汚れても良い服装で。
  • 子どもは手がベタベタになりがち。お口拭きやウェットティッシュを持参しましょう。
  • スカートやガウチョなど、しゃがむと裾が汚れやすい服装の時は、高設栽培のハウスを選ぶべし。
  • 収穫したイチゴは丸ごとちゃんと食べましょう。

 
甘いイチゴは形が悪い!
イチゴは下のとがった部分が1番甘いんです。
だから先端がいくつもある、形が悪いものの方が甘いんですよ。

実際に比べてみると歴然とした差がありました。
ぜひ食べ比べてみて下さいね。

 

イチゴはヘタの方から食べると酸味を感じにくい!
イチゴはとがった部分、つまりヘタ側ではない方が甘いので…
ヘタを持ち手にして下の部分から食べると、甘い方から甘くない方へ食べ進める事になってしまいます。

そうするとどうしてもヘタ周辺が酸っぱく感じてしまうので、先にヘタを取って上から食べましょう!

甘くない方から甘い方へ食べ進めていく方が最初から最後まで美味しく甘く感じる事ができますよ。

 

川場田園プラザ近くでいちご狩り!沼田市の農園の口コミと子供連れの注意点さいごに

 
12月から6月まで楽しめる、群馬県沼田市のいちご狩り。
今回は実際に行った2件のいちご農園をご紹介しました。

川場田園プラザにお越しの際はぜひ、群馬生まれの美味しいイチゴ「やよいひめ」を堪能して下さいね。

 
日本一の道の駅【川場田園プラザ】の記事はこちらからどうぞ!
【写真あり】川場田園プラザに足湯はないっつってんの!子供と行く田プラ体験談

Copyrighted Image