旦那さんに読んで欲しいシリーズはここ

実家に頼れない!ワンオペ育児・母子だけでインフルエンザや感染症を乗り切る工夫

さぁさぁさぁ感染症の季節がやってきましたよー!!

インフルエンザに風邪、その時あなたはワンオペ育児で付きっ切り。

実家に頼ることも出来ず、近所に知り合いもいない状態。旦那は仕事で忙しいからあてにならない!

さぁどうする!!

 
去年の冬…

外資系商社マン(懲戒解雇済み☆)の夫がドイツに2週間出張に行くというタイミングで、何と息子がインフルエンザに罹ってしまったのです!

子どもが高熱を出して看病をするだけでも精神がすり減っていくのに、ここで私まで感染してしまえば食事すら用意できず息子ともどもヤバい状態…

どうにかして、息子と力を合わせて乗り切るしかない!

 
運よく息子は熱があるものの、比較的元気な状態でした。
そこで息子と話をし、自分で出来る事は自分でしてもらう事でこの危機を乗り切りました。

 
その実体験を元に、この記事では、子どもとお母さんだけで何とか乗り気る工夫をまとめます。

 

注意
インフルエンザや感染症の予防についてや治療については、必ず医師などの専門家に相談してくださいね。

 

お母さんがまだ動けるうちに、食料と飲み物を確保しておこう

 
まず真っ先に私がした事は、食べ物と飲み物をかき集める事です。

もしも既に動けない状態でしたらネットスーパーやネットショッピングで早めに準備しておきましょう。

最悪、お母さんが体調を崩してからでもネットスーパーで注文することは出来ますが、元気なうちの方がよりお得なものを見付けることが出来ますよ。

 

最短4時間で届く
入会金・年会費・買い物代行料無料

 

 

食べ物は【温めるだけ】or【そのまま食べられる】を基準に

 
お子さんだけでなく、お母さん自身も体調を崩す可能性が高いので、そのままで食べられるものや温めるだけで食べられるものが良いです。

また、お母さん自身は体調を崩していなくても、夜中に心配で寝られず予想外に体力が消耗したり、お母さんがそばについていないと不安がるお子さんも多いので、出来る限り手間を省いた方が吉。

我が家ではこのようなものを準備しました。

  • レトルトのおかゆ
  • レトルトの親子丼・牛丼・中華丼
  • 温めるだけのご飯
  • ゼリーやプリンなどのど越しの良いもの
  • カロリーメイトなどの栄養補助食
  • インスタント味噌汁やスープ
  • バナナ
  • パン
  • アイスクリーム類

 
ここで準備しておきたいのが、お母さん自身の食事。
結構忘れがちですので注意してくださいね。

ゼリーやプリン、バナナやパン以外の物は、最低でも10日程度日持ちするものを用意すると便利ですよ。
 

レトルト食品は余ったら災害の際の備蓄品に回しています。ただ賞味期限がそれほど長くないので注意!

 
アイスクリーム類は、お子さんに薬を飲ませる時に役に立ちます。

熱があって不快な時に、一口与えるだけでもすっきりしますので、あると便利ですよ。

 

飲み物は利尿作用のあるものを避けて小さめサイズを多く用意

 
ペットボトルのお茶や紅茶、コーヒーは利用作用があるので避けたほうがいいですね。

私が選ぶ基準は水分補給に向いているかどうかです。

 
子どもが熱を出してこまめに水分補給させたい時って、手軽に寝室に持っていける方が便利なんですよね。

ですので大きなサイズの飲み物をコップに入れて飲ませるのではなく、小さめのサイズのペットボトルやパックなどを数多く用意しています。

 
私がよく買うのはこれ。

飲み切りサイズで衛生的ですし、パック飲料って食いつきいいですよね。

 
また、体調が悪いといつも好んで飲むものを嫌だと言い出したり、あれもイヤこれもイヤ状態に陥る事も。

この時に大切なのは「いかに水分補給させるか」なので、気を引く意味でも、数種類買っておくといいですね。

 

お母さんが熱を出した時のためにも、経口補水液も買っておきましょう。

 

必ず換気をしよう

 
インフルエンザや感染症になると、どうしても暖かくしたいがために窓を閉めてこもり切りになりがち。

でも飛沫感染をする感染症は、子どもがくしゃみや咳をしたときの飛沫が乾燥すると、こまかな粒子になって部屋に蓄積します。
 

濡れた埃より乾いた埃の方が舞い散るわよね…それと同じって事ね!
 

また、長時間換気をしないとその飛沫が濃縮されていきます。

換気はおうちの中で他の感染者を出さないために効果的な手段なのですよ。

 

インフルエンザを乗り切るために子どもに協力してもらったこと

 

  • マスクをつけてもらう
  • 鼻を自分でかむ → ティッシュを自分で捨てる
  • マスクが汚れたら自分で交換 → 汚れた部分を内側に畳んで自分で捨てる

夫が不在の間、私に移ってしまうと、たとえ息子が回復したとしても息子の食事の準備や世話を出来なくなってしまいます。

そのため、ものすごく心苦しかったのですが、まず鼻水は自分でかんでもらい、更に【鼻水や唾がついたもの】は決めた場所に自分で捨てるようにしてもらいました。
 

息子は意思の疎通が出来る4歳。高熱はあるものの比較的元気な状態でした。取り入れられそうな方は参考にしてくださいね。

 

マスクはもったいなくても使い捨て

 
マスクをしてすぐくしゃみが出てしまうと、付けたばかりのマスクに鼻水や唾がついて汚れてしまいますが、ここは割り切って綺麗なものに交換します。

汚れたマスクは子どもが不快に感じるだけでなく、飛沫がたっぷりとついた状態という事なので、乾く前に捨ててしまわないと…
 

空気中に舞っちゃうってわけね!!

 
息子のインフルエンザの時は1週間前後で、使い捨てマスクを1箱半程度使用しました。

 
このマスクは耳が痛くなりにくいです。

 

高いマスクでなくて良いので、とにかく心置きなく捨てられる程度の価格がいいでしょう。

鼻水とくしゃみや咳のピークは、丸でティッシュかというレベルで頻繁に交換していました。

 

捨てる時は鼻水などがついた方を内側に折って捨てる

 
捨てる時に気付いたのが、ぺろ~んとした状態で捨てると、色んな所に鼻水がついちゃうんですよね。

我が家はキッチンにしかゴミ箱がないのですが、直接捨てると蓋にマスクがくっついていたり、うっかり触ってしまったり。

もちろんその都度手を洗えば済む話ですが、知らず知らず洋服などについてしまう事もあるので、捨てる時に濡れた面を内側にして畳んでから捨てるようにしました。

 

小さな袋を常に近くに準備しておき、そこに捨ててもらう

 
先ほどお話しした通り、我が家にはキッチンに蓋つきゴミ箱があるだけで、リビングや各部屋にはゴミ箱を置いていません。

そのため、自宅で余っている小さな紙袋にビニールを入れ、寝るときは寝室に、日中はリビングにというように分自分たちがいる場所に置いておき、そこにティッシュやマスクを捨ててもらう事にしました。

 
その袋は私がキッチンのゴミ箱に捨てに行きます。

ビニールの口は縛って捨てるようにします。
むき出しのマスクやティッシュを捨てるより、飛沫に触れる機会が格段に減りますよ。

 

母子だけ・ワンオペで感染症を乗り切る【まとめ】

 
それではまとめです。

  • 動けるうちに多めの食料・飲料を買い込んでおく。
  • 温めずに食べられるもの、火を使わずに食べられるものを多めに準備。
  • 飲み物は衛生面を考えて飲みきり出来る小さめサイズがベター。
  • 寒くてもこまめに換気してウィルスを部屋にためないようにする。
  • 鼻かみは自分でしてもらう。
  • マスクは汚れたら即交換。
  • 鼻水や唾で汚れたティッシュやマスクは、汚れた面を内側に畳んで捨てる。

 
この点に気を付けて過ごした結果、1週間買い物にも出ず誰にも頼らず、家庭内感染することなく無事に乗り越えることが出来ました。

ワンオペ育や密室育児、近くに頼れる人がいないお母さん、実家に頼ることができないお母さんの役に立ちますように!