育児・子育ての悩みは【ははらく】

伊豆の穴場izoo(イズー)子供連れレジャー体験談【写真あり】滞在時間やレストラン事情

奥さま、爬虫類はお嫌いですか?

爬虫類なんて見るのもイヤなんだけど!!!!コワイ!!

 

え?

 

ママ友とかSNSの方が怖くない??w

爬虫類なんて可愛いもんでしょう?

こっちが攻撃仕掛けなきゃあちらから攻撃してくることも、陰で悪口言う事も、人の不幸をあざ笑う事もありませんからね!!!!

 

しつこいほどに伊豆に訪れている我が家ですが、今回は懲戒解雇された夫が給与ベースアップで仕事が決定したお祝い(憂さ晴らし)に、またしても伊豆へ旅行に行ってきました!

正直、ちょっとネタ切れなので…今回は見て見ぬふりをしていたizoo(イズー)に行ってきましたよ…

ぶっちゃけ私は…

 


全く爬虫類怖くありません

 

そのためガンガン爬虫類の画像アップしていきますのでよろしくどうぞ!

では行ってみましょう!

 

\1人200円割引/

家族3人で500円お得!

 

 

体感型動物園izoo(イズー)ってこんなところ

 

 

 

 

早い話、爬虫類と亀などの動物園ですね。

いる動物はヘビ・トカゲ・カエル・ワニ・亀・カメレオン…の仲間たち。

ゾウガメに乗って写真を撮ることができたり、大蛇とも撮れます。
ある意味、お母さん泣かせの動物園と言えましょう。

 

人気(ひとけ)がなくわかりづらいizoo入口


引用元:asoview(アソビュー)

 

ちょっと分かりづらい。

ほら、レジャー施設の出入り口ってさぁ、こうもっと人がいるでしょう?

 

イズーの場合、賑わっているのがこの建物とちょっと離れた場所にあるお土産&レストラン棟なんです。

レストランやお土産屋さんの方が派手で大きいのですが、そちらからは入れません。

 

check楽天ペイ・ドコモ払い・auかんたん決済/au WALLET・ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバルまとめて支払いを利用している方は、駅探バリューDaysが便利ですよ!

IDとパスワードを入力するだけで割引が受けられます。

 

1人200円割引が受けられます。

 

チケットを受け取り入場するとすぐにテンション高めのお姉さんに写真撮影されます。

ここで撮影した写真は出口付近で購入できますよ。

 

izoo(イズー)にいるのは、ただただ爬虫類と両生類

写真を撮り終えてふと周囲を見渡すと早速…

ヒィィ!!!

 

む…群がってる!!

爬虫類は全然大丈夫なんですけど、群がってる状況がめちゃくちゃ苦手なんですよ!!

一瞬にして何かの屍に群がっているように勘違いしちゃってパニックになりましたけど、食ってたのはただの葉っぱでした。

 

ただただ、爬虫類を見ていく…
そんな時間。

ウーパールーパーは触れます。

 

ウーパールーパーはお水から出しっちゃいけませんが、お水の中で触ることができます。

ウナギのような感触というか…柔らかくて気持ちいい感じですね。

顔も可愛いし、イズー唯一の癒しキャラかも。

 

さぁ次々!

次は何かな~!

そう思い私が見付けたのは、緑色のトカゲのようなもの。

 

こっちこっちー!緑の細長いのがいるよ☆

 

 

 

 

 

 

 

近づいてみると…

 

 

ただの草…w

 

こっちがトカゲでした。

 

これはw
老眼ではありませんw

老眼って言うのはね、どちらかと言うと近くが見えないんですよw

だから老眼じゃありません。

 

男児にはたまらないizoo(イズー)

トカゲやウーパールーパーと触れ合えるゾーンを抜けると、次は展示室のような場所に出ます。

 

触れ合えない展示だけのブースには、トカゲなどの他、蛇などがたくさんいます。

テンションが上がった息子、おもむろにマイカメラを出して撮影を始めました。

 

そんなに爬虫類に興味のない私は、カメラに夢中な息子を鑑賞するタイム。可愛いです。

息子が使っているカメラはこれ。

 

頑丈で落としても大丈夫ですし、簡単なゲームも入っていて旅行の暇つぶしになりますよ。

息子が撮った写真はこんな感じです。

ちょっとぶれちゃうんですけど、それもいい思い出。

 

 

izooは動物とたくさん触れ合えます

イズーの特徴は、爬虫類や両生類と触れ合う事が出来るということ。

 

普通、ふれあい動物園やふれあいゾーンと言うと、モルモットやウサギなどが多いですよね。

爬虫類や両生類に触れ合えるの機会はあまりありません。

 

例えばカメはこのように触れるゾーンがあるだけでなく…

 

 

 

大蛇に触ることができたり…

 

 

こんな風に当たり前にカメが歩いているので餌をあげる事が出来たり…

 

 

ふれあいコーナーでは、トカゲやワニ・ヤモリ・ヘビに触る事も出来ますよ!

 

 

こんな風に色々な爬虫類を触ったり手に乗せる事が出来るだけでなく…

 

こんな写真を撮る事も出来ます。

 

はい、ドン!

 

イズーでワニを持つ熟女

 

多分夫と一緒になって1番笑ってるわw

すっごい笑顔。
何なら遺影これにして欲しいぐらい。

このワニの口は、なんと紐?で縛られています。

 

他にもヘビを持たせてもらいました。

イズーでヘビを触る

 

ヘビはウニウニ動いてこちらの腕に巻き付こうとしてきますが、じっとしてれば大丈夫だそうです。

予想以上に強い力でウニウニして驚きました。

 

izoo(イズー)ではゾウガメに乗ることができます

イズーの中で子どもが一番興奮しそうなのが、ゾウガメの背中に乗れること!

先ほどのふれあいコーナーなどを出ると屋外になり、ゾウガメ牧場ともいえる広場があります。

 

ゾウガメとの記念撮影が出来ます。
1枚1000円。

時間が決められていますので、この広場の掲示板を確認してくださいね。

1家族ごとにぞうがめ広場の中に入ります。

 

まずは家族全員の写真をスタッフの方に撮影してもらい、現像している間は自由にゾウガメと触れ合う事ができます。

 

あっちこっちで体当たりしていたパワー系カメが、私たちの方に近づいてきました!!

 

ただね…

このゾウガメ広場のお兄さんが、くっそ疲れてるのよ…

露骨に疲れ果ててるのよ…

 

それが気になって気になって、ちょっとごめん、ゾウガメとの記憶がないw

 

カメレオンやクモ・ゴキブリゾーン

ゾウガメゾーンを抜けると、再び建物の中に。

ここではカメレオンやタランチュラなどのクモ、そして・・・ゴキブリが展示されています。

 

カメレオン系は探すのが楽しいですよ!

 

オット

見て見て!コウロギだよ~!ほら見てごらん!

 

そう言って息子を呼んだケースの中に展示されていたものはクモ!!

 


コウロギはただの餌です残念!!!

 

 

ゴキブリはちょっとリアルすぎるので…
これだけ載せておきます。

 

izooの滞在時間。1日中楽しめる施設なの?およその所要時間は

私たちがizooに到着したのはちょうどお昼ごろ。
最後に写真を撮影したのが14時頃になります。

私たちはのんびりゆっくり回るタイプではありませんので、普通にじっくり見て回れば3時間前後の所要時間になるでしょう。

でも1日滞在できるかと言うと微妙ですね。

小さめのレジャー施設なので、もう1つぐらい他のレジャーと組み合わせると良いと思います!

 

我が家は今回、下田の方の海を散策して立ち寄りました。

 

イズーのレストランやランチ事情と値段

イズーの駐車場から施設を見て右手の建物が【ドラゴンランチ】という、目下にゾウガメを眺めながら食事が出来るレストランです。

メニューはラーメンやスパゲッティなどの、レジャー施設によくあるメニューの他に、伊豆らしい海鮮丼なども置いてありました。

そしてここの目玉と言えばワニ肉やカンガルー肉などの料理が食べられます。

 

お子さまメニューには、ジュースだけでなくチョコレートのソフトクリームが付いてくるサービスっぷり。

ラーメン1000円程度、ランチプレートは1800円程度。
海鮮丼は2000円代。

 

我が家は昼頃到着して、イズーに入る前にこのドラゴンランチに入り昼食を済ませました。

結局、ワニ肉などは注文しなかったので…その辺で食べてからイズーに来れば安く済んだな…という感想に…

レジャー施設内のレストランはちょっとお値段張るので、もしワニ肉やカンガルー肉などを食べたいという目的がないのなら、近場で済ませてきてもいいと思います。

 

izoo(イズー)の子ども連れレジャーで気を付けたい点

子供連れでイズーを楽しむために、次の点に注意してくださいね。

  1. 館内はバーク(樹皮)が敷き詰めてありますので、階段など滑らないように注意。
  2. スタッフの注意をよく聞いて守ること。
  3. ゾウガメに踏まれると相当痛い。

 

床のバークで滑らないように注意

館内には樹皮のようなものが敷き詰められています。

これ自体が滑りやすい訳ではありませんが、足元には注意しましょう。

小さなお子さんは口に入れないように目を離さないでくださいね。

 

スタッフの注意をよく聞いて生き物と触れ合おう

爬虫類や両生類との触れ合いを大切にしているizooですが、子どもが興奮してスタッフの注意やお願いを聞かずに生き物の口元に指を出したりすると、思わぬ怪我に繋がります。

 

動物は恐怖を感じると咄嗟に攻撃します。

ばっと目の前に出たり、驚かせたりすると、噛みつかれない保証はありませんよ。

しっかりとお子さんに言い聞かせて、動物と正しいふれあいを促せると良いですね。

 

ゾウガメに踏まれると痛いです…

カメの餌やり体験のブースで、餌が欲しいゾウガメがのっそりのっそりこちらに近づいてきて、何と私の足の上を踏んできたんです!

それが予想以上に重くて痛い!!

ゾウガメは体重250キロにも達するそうですよ…

 


踏まれたらどかせないほど重いです

 

大人でも痛いのでお子さんの小さな足が踏まれないように気を付けて下さいね。

 

子どもと楽しむ体感型動物園izoo(イズー)まとめ

そういえばイズーのテーマソングってあのヒャダインさんが作ったんだそうです。

行けば間違いなく、子どもがずーーーーっと、エンドレスで口ずさむ事間違いなしのテーマソングをお聞きいただきながら、今回のまとめとさせていただきます!

 

あなたの旅のお役に立ちますように!

 

\1人200円割引/

家族3人で500円お得!

Copyrighted Image