育児・子育ての悩みは【ははらく】

【春休みの過ごし方】スタンプラリーはメリット沢山!体験談を元に注意点とコツ教えます

奥さま、春休みいかがお過ごしでしょうか!

息子が春休みを迎えてようやく5日。
たった5日。
まだ先が長い…

 

どうやって過ごしたらいいんだ…

 

庭の草むしりでもしてもらうか…

と思っていたその時、なんと鉄道会社のスタンプラリーという、素晴らしい催し物がある事に気付いたのです!

 
私の住むエリアでは2つの鉄道会社のスタンプラリーがあって、1つは行動範囲も狭く、もう1つは比較的広範囲を廻るスタンプラリー。

息子のチャレンジ精神も伸び盛りという事もあって、この春は2つのスタンプラリーに参加してきました!

 
そこで、今回初めてスタンプラリーを体験して感じたことをまとめていきたいと思います。

初めて小さなお子さんを連れてスタンプラリーにチャレンジするお母さんの参考になれば幸いです。

 

スタンプラリーに参加してみたいけど、何歳ぐらいから行けそうかなぁ?

 

途中で愚図ったりせずにスタンプラリーを廻るコツとかあるかなぁ…

 

私と子どもだけで行けるか不安…

 

そんなお悩み、解決します!
それではどうぞ!

 

何歳ぐらいからスタンプラリーを楽しめる?3駅~5駅は幼児向け、5駅以上は児童向け

 
今回2つのスタンプラリーに参加しました。

1つは全5つのスタンプがあり、3つのスタンプを押せば賞品がもらえるというもの。

1つは全12個のスタンプを集めればパーフェクト賞、6駅達成で6駅達成賞がもらえるというもの。

 
私が実際に5歳(もうすぐ6歳)の息子と体験してみて感じたのはこんな感じ。

  • 3駅でクリアのスタンプラリーは3歳ぐらいのお子さんでも楽しめそう。
  • 5駅になると聞き分けの良い4歳ぐらいのお子さんから。
  • 6駅以上になると、お子さんの性格に合わせて何日かに分けてチャレンジすると良さそう。

 
以上です。

全駅の距離にもよるので一概には言えませんが、とにかく歩く事になりますので体力勝負!

我が家は12駅のスタンプラリーをほぼ2日に分けてこなし、両日ともになんと10,000歩以上歩きました。

 
途中で抱っこをねだる様な年齢だと、お母さんがきついかも…

無理のない範囲で楽しみたいですね。

 

子どもとスタンプラリーを成功させるコツはルートにかかっています!

 
注意点とコツの中で、ここでは主にルートなどに関する事をまとめます。

 

  • ルートを考える際は、子どもが電車に乗っていられる時間配分を考慮しよう!
  • 出発する前にルートをメモに取っておくべし!
  • 電車で飽きてしまうお子さんは、気が紛れるものを持っていこう。
  • スタンプ駅でトイレの確認を。

 
以上です。

それではご説明していきます!

 

スタンプラリー出発前にルートを考える際、子どもが電車に乗っていられる時間を考慮しよう

 
今回は、最大で30分程度、電車に乗る時間がありました。

30分でも結構長いので、乗り換えやスタンプなどでこまめに電車を乗り降りする方が楽な印象でした。

 

30分というとちょうどうとうと気持ちよくなって来た頃に降りる感じなので、お子さんによっては愚図る可能性も…

 

一瞬でも眠れた方がすっきりするタイプのお子さんは、後半で少し眠れるように電車に長めに乗るルートを取ってもいい感じです。

その辺をいかに調節するかが、スムーズに回れるかどうかのカギ!

 

出発する前にルートをメモに取っておくべし!

 
せっかく自宅で考えたルートも、当日すっかり忘れてしまってはもったいないですよ!

というか私の場合、心配性すぎてぱにくって頭に入れておいたはずのルートを確実に忘れてしまうタイプなので…

 

メモだいじ

 

スマホじゃだめ。
メモがいいです。

スマホだと鞄から出して認証してっていう手間が掛かりますよね。

メモならポケットに入れておけばいいし、サッと出せます。

 

電車で飽きてしまうお子さんは、気が紛れるものを持っていこう

 
最長30分でルートを考えたとしても、途中で飽きてしまうお子さんもいらっしゃると思います。

そういう時のために、小さな絵本や図鑑を持参するといいですね。

シールブックでもいいかも。

 
混雑する電車に乗る可能性もありますので、できれば音が出ないものを持っていくといいと思います。

 

スタンプ駅で必ずトイレの確認を

 
こんな当たり前の事を…と思いがちですが、ついトイレを忘れがち。

途中下車するとその分、体力を消耗しますので、スタンプ駅で必ずトイレの確認をしておきましょう。

 

駅のトイレは混雑していることが多く個室内が狭い事がほとんど。商業施設内の綺麗なトイレを使用する事をお勧めします。

 

子どもと楽しむスタンプラリーのコツと注意点

 
次に飲食に関する事をまとめます。

お腹を空かせると子どもって機嫌が悪くなりますよね。
是が非でもスムーズにこなしたいところ。

 

  • 昼食をどこで済ませるか考えておこう。できれば11時30分頃にお店に入るべし!
  • おやつが必要なお子さんは、おやつ持参で行こう!
  • 水分補給のためのお茶を持参すべし。

 

昼食をどこで済ませるか考えておこう。できれば11時30分頃にお店に入るべし!

 
私たちは行き当たりばったりで食事を済ませましたが、出来ればあらかじめどの駅で昼食をとるか頭に入れておいた方が良いです。

店の予約までしてしまうと、予定通りに進まないストレスが産まれてしまいますし、子どもを急かしても本末転倒。

予約はせずにお店のあたりだけ付けておくことをお勧めします!

 
そしてレストランやフードコートなどで食事をする場合、入店は混雑する前の11時30分頃を目安にしましょう。

平日といえど、スタンプラリーで下車する駅の殆どは大きめの駅で混雑しています。

12時を過ぎるとお仕事をされている方たちでレストランはどんどん埋まっていきますので、その前に入店しておきたいですね。

 
もしお弁当を持っていく場合は、どこで食べるか事前に考えておきましょう。

出先で子どもを気に掛けながらスマホで場所を探すのは大変…

人ごみで子どもを見失ってしまう可能性もありますし、リサーチは自宅で行う事をお勧めします!

 

おやつ・水分補給用のお茶などがあると便利!

 
息子はもうすぐ6歳でお昼ご飯をがっつり食べられるため、特におやつは持参しませんでした。

でも、キシリトールタブレットぐらいは持って行った方が良かったな、というのが正直な感想。

 
こういうやつ↓

 

少しお腹が空いた時や、だれてきた時、パワーチャージに使えますよ!

 
また、春のスタンプラリーはその日によって気温がまちまち。
こまめな水分補給が必要な気温になりそうな場合は、お茶などを持っていた方がいいです。

 

ペットボトルはどうしても蓋を落としてしまいがちですからね…

 
我が家で使用している水筒はこちら。

 
この水筒は圧倒的に軽く、何よりパーツが少ないので洗うのが簡単。

 

実際に体験してみて感じたスタンプラリーのメリット

 
先にも少し話しましたが、2日それぞれ10,000歩以上歩きました。

これは日ごろ密室育児の我が家にとって最大のメリット。

運動不足解消になりました!

 
実際に私は今、ゆるゆるとダイエット中なのですが…

 

何とこの2日で体脂肪率が2%も減りました!

 

いやぁメリットでしょう?メリットでしょう?!

ほら、産後、運動不足になってません?!
あと食事を簡単に掻き込む生活で、炭水化物ばっかりとってるでしょ?!

子どもも楽しくてお母さんも運動不足が解消できるって相当いいでしょう!?

 
そして、もう1つのメリットは「目標を達成する」という事を、子どもが実感できること!

10,000歩歩くって子どもにとってもめっちゃ大変ですよ。
弱音を吐きつつ、スタンプを集めていき…

 

最後のスタンプを押す時の息子の顔、
めっちゃ良かった!

 

賞品をもらう時もはしゃいでいましたけど、私が特に心に残っているのは最後のスタンプなんですよね…

スタンプラリー舐めてましたほんと。

 

【春休みの過ごし方】スタンプラリーはメリット沢山!体験談を元に注意点とコツ教えますさいごに

 
子どもが親と一緒にスタンプラリーを廻ってくれるのなんて、ほんと数年ですよね。

だからこそ、この機会に(ダイエットもかねて)スタンプラリー、やってみて下さい!

子どもの意外な一面や成長を感じる事が出来る良いイベントですよ。

 
夏休みのスタンプラリーも楽しみです。

この記事があなたの役に立ちますように!

Copyrighted Image