更新情報をプッシュ通知でお知らせ

リトルキディーズ後ろ用Ver.2.2とVer.3の違いを実物画像と共に解説!

リトルキディーズver.2とver.3比較

閉塞感がないレインカバーという事で大人気のリトルキディーズ。

リトルキディーズは常に改良を重ねていて現在、ver.3が販売されています。

  • 現在ver2を使用していて新しいバージョンに買い替えを検討されている方。
  • ver2を譲り受けようとしている方。
  • 現行品と旧製品の違いが気になる方。

に、今回はver2.2とver3の違いを比較してお届けします。

ぜひ参考になさってくださいね。

 

私は子供乗せ電動自転車を購入した直後からリトルキディーズを使用していて、何と今では3代目リトルキディーズを使用しています。

 

ええっ?

そんなに頻繁に買い替えが必要なの?!

 

そう思った奥さま!
ちょっと待って!

リトルキディーズは何年ももちますのでご安心くださいね。

単に私がリトルキディーズファンで、新しいバージョンが欲しくなってしまい買い替えているだけなんですよ。

それでは、新旧比較どうぞお付き合いください!

 

 

リトルキディーズver2とver3(現行品)の1番の違いは前面の広さ!

まずリトルキディーズver2とver3、パッと気付いた違いが前面の幅です。

新リトルキディーズの変更点

装着した時に、今まで付けていたver2.2よりも黄色の矢印の部分の幅が広く感じられました。

比較せずとも付け替えただけで「おおー!広い!」と声を上げた程に違います。

でも真ん中のパーツを旧製品と比較してみたところ、予想外にも約1cmほどの違いしかないんですよね。

新リトルキディーズの変更点

装着すると確かに前の幅が広くなっていて、逆に後ろの幅が狭くなっている感じなのに…

リトルキディーズ新バージョンの違い

黄色の線の箇所がキュッとしまった感じ。

そこで旧製品の同じ場所を図ってみましたが、ほぼ変わっていませんでした。

リトルキディーズ新バージョンの違い

 

全てのパーツを比較した結果、大きく変わっていたのは足のパーツでした!

じゃん!

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

部屋が散らかり過ぎて全体像をお見せ出来ず申し訳ないのですが、旧ver2の上に新ver3の足カバーパーツを重ねています。

明らかに形が変わっているんです!

どうやら、足カバーパーツの形を変えた事で、組み立てるとカプセルの部分の全面幅が広くなるようですね。

旧バージョンのリトルキディーズよりも室内が広々として、よりお子さんにとって快適な環境になったと言えます!

 

 

装着部品も変更になったリトルキディーズver.3

今までのリトルキディーズは、チャイルドシートに固定した部品にスナップボタンで固定をしていました。

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

新しいver.3では、ボタンで装着するように変更されています。

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

付けやすさという点ではスナップボタンの方が付けやすいです。

私自身使用していてスナップボタンが外れてしまった事は1度もありませんし、パチッとハメられる旧バージョンの方が個人的には好きです。

でも付けやすいという事は外れやすいという事でもありますし、普通のボタンに改良されて「固定」という面では性能がアップした感じです!

あと旧製品より断然おしゃれ!

 

ますますオシャレになったレインカバー、新リトルキディーズ

子ども乗せ自転車のチャイルドシートレインカバーって、お洒落なものが少ないんですよね。

そもそもデザイン面が置いてけぼりになっているというか…

所がリトルキディーズは改良されるごとに、どんどんデザイン性も高まっています!

今まではプリントだったロゴが…

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

刻印に変更になりました!

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

高級感がより高まりましたね!

カプセルの形を保つためのバーも、ロゴが浮き出ています。

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

どんどんスタイリッシュに洗練されていきますね!

 

新リトルキディーズはパッケージ・説明書・保管袋も生まれ変わりました

今までのリトルキディーズはシンプルなパッケージでしたが、ver.3からはそのままプレゼントしても大丈夫な、可愛い箱に入っています。

リトルキディーズ旧バージョンと新バージョンの違い

中身は出しちゃってるんですけど、このような可愛い箱に入っています。

説明書も大幅に変わり、読みやすくなりました。

付属している袋は今まで巾着型だったのに対し、ver.3から手提げバッグ型に。素材も不織布に変更となりました。

常に改良され続けているリトルキディーズ、人気が高いのもわかりますね。

 

装着できる機種が国内外19機種に増えた新リトルキディーズ

今までのリトルキディーズで適合外で諦めていたあなた!

新バージョンのリトルキディーズはなんと、海外製品のhamax(ハマックス)やpolisport(ポリスポート)やyepp(イェップ)も適合となっている機種があります。

ヘッドレストがないチャイルドシートにも装着ができますので、ぜひ諦めていた方も確認をしてみてくださいね。

 

リトルキディーズ後ろ用Ver.2.2とVer.3の違いを実物画像と共に解説!さいごに

私がリトルキディーズを気に入っている理由は、単に視界が広くて便利というだけではありません。

私が初めてリトルキディーズを購入した数年前から、改良に改良を重ね、常により良いものを作り続けているというその企業努力が好きなんです。

だからこそ、少々値段は張りますが、あなたにもお勧めしたいレインカバーなのです!

この記事があなたの役に立ちますように!

 

\ ネットの正規販売店は楽天だけ /

標準で装着できるチャイルドシートが増えました

 

 

Copyrighted Image