全カテゴリ

冬休み、幼稚園児との過ごし方【2019年→2020年】我が家の全12日スケジュール大公開

MEMO
この記事は、読者の方のリクエストにより書かせていただいております。

さぁ全国の「やっば!!もうすぐ冬休みじゃん…この元気の塊のような幼稚園児が2週間もずっと家にいるってこと…?!うわ…考えただけでもクラクラしてきたわ…」とお悩みの奥さん。

 


冬休みがやってきますね

 

っはぁ~~~~!!!!

ストレス半端ないって!!!!

 

「そんなにストレスですかぁ?私は子どもと2度と来ない〇歳の冬休みをめっちゃ楽しみます☆」

…などと思った奥さんはちょっと一旦ここでブラウザを閉じて一刻も早く違うサイトを読むことを強くおすすめsh

 

幼稚園の冬休み、たった2週間だけどけっこう大変

いや、でも待って。2週間だから。2週間だから夏休みよりマシ、きっとマシ。夏休みなんて44日ですからね。

そう思っていた時期が私にもありました。

 

しかし夏休みと違って冬休みは、

  • 感染症が流行る時期だから、だいたい誰かしらが体調悪い。
  • 新しいクラスに慣れてワガママ言う余裕が出てくる。
  • 寒いから外に出たがらないor外遊びに付き合うのが辛い。

 

という特徴があります。

 

冬休みは体調管理が難しい!

2019年なんてインフルエンザが去年の6倍っていうじゃない?

今なんて私、この記事書いていて喉のえへん虫が凄いですからね。めっちゃイガイガしてる。

 

本格的な風邪までいかずとも、何となく体調が悪いなぁ…っていう状態になりがちなのが冬休み。

 

もちろんお子さんだけでなくお母さん自身もですよ?

自分が体調がすぐれない時に子どもの相手するのって容易じゃないし、逆に子どもが「寝込むほどでもない状態」で体調悪くすると、体調は悪いのに元気っていう状態になってしまって、これまた厄介なんですよね…

 

だから幼稚園児の冬休みは、たった2週間でも大変だったりする。

 

冬休みは、新しいクラスにすっかり慣れた頃だから

4月に入園や進級をして、遠足→運動会→発表会などの行事をクラスのお友だちと乗り越えて来た子ども。

行事目白押しの2学期を終えると、冬休みで気が抜けて、ワガママを言う余裕が出てくるというのかな…そんな感じ、ありません?

 

いやもちろん、お母さんの前でワガママ言えるなんて、大きなくくりで言えば健全な証拠だと思うし、信頼関係が出来ている証拠でもあると思いますよ。

 

でも毎日その相手をしなくてはならない私たちにとっては「健全~☆」だけでは済ませられない…

 

外に出なくても大変、外に出ても大変な冬休み

「寒いから外に出たくない!」というタイプのお子さんをお持ちの奥さんは、寒さからは逃れられますけど、かといって家の中でワチャワチャされるストレスってありますよね。

気分転換も出来ないし…

 

でも外遊びに付き合ったら付き合ったで寒い。

私は寒いのが苦手だから本当に無理。

 

子どものために我慢しろよったって本当に無理なものはムリ。

 

しかも冬って陽が落ちるのが早いから、うっかり夕暮れ時に広い公園にいたら子どもをすぐ見失っちゃうんですよ。幼稚園児ってめちゃくちゃ早いですからね、動きが。

 

冬休み、頑張らない冬休みの過ごし方全12日+前後の半日保育を公開

それでは我が家の冬休みの過ごし方を発表していきます。

ポイントは、

  • 無理をして外出しない。
  • 感染症予防のため人ごみに行かない。
  • 三が日や年末年始の土日は出掛けない。

 

です。

ちなみに我が家はゴールデンウィークやお盆、年末年始などハイシーズンの帰省はしません。

それではどうぞ!

※太字が冬休み期間です。

日にち 予定
12月18日(水) 半日保育初日、とりあえずダラダラする
12月19日(木) 幼稚園に行っている間はのんびり過ごして、帰ってきてから一緒に買い出しに。
12月20日(金)
12月21日(土) イオンとかに行くかも。
12月22日(日) スイミング教室
12月23日(月) 幼稚園に行っている間はのんびり過ごして、帰ってきてから一緒に買い出しに。
12月24日(火) クリスマスイブなので料理の手伝いなどをしてもらう。
12月25日(水) クリスマスプレゼントに夢中になっている予定。
12月26日(木) 駅探バリューDaysで安く映画を観に行く。
12月27日(金)
12月28日(土) この頃には届いてるはずのこどもちゃれんじを出してやり過ごす。
12月29日(日) 大掃除(子どもにも手伝ってもらう)。
12月30日(月)
12月31日(火) 水族館に行く。
  1月  1日(水) 初詣に行く。
  1月  2日(木) 無料お試し教材でワークする日。
  1月  3日(金) E-PARKスクールで予約して空手の無料体験練習。
  1月  4日(土)
  1月  5日(日) スイミング教室
  1月  6日(月) 無料お試し教材でワークする日。
  1月  7日(火) 駅探バリューDaysで安く映画を観に行く。
  1月  8日(水)
  1月  9日(木)
  1月10日(金)

 

以上!

今回は年末年始ということで、映画に2回行く予定です~!

ハイシーズンの帰省や旅行に比べたら安いもんよ!

 

買い出し・掃除などは子どもがいる時にしよう!

冬休みの前後には当然、半日保育というものがあるわけですが…

奥さんに1つ質問!

日々の買い出しや掃除、「子どもが幼稚園から帰って来る前に済ませておかなくちゃ!」って頑張りすぎていませんか?

 

長期休暇は長丁場!だから半日保育の日はお母さんも息抜きを

私は、子どもが幼稚園に行っている間は、お母さんは息抜きした方が良いと考えています。

いやw

ママ友ランチとかに足しげく通えって言ってるんじゃなくてw

 

半日保育なんかもうそれこそ幼稚園の準備の手間に見合わないぐらいソッコーで帰ってきちゃうじゃないですか。

やっと送り出したと思ったら、2時間で帰って来る…早い人なんて1時間半ですからね。

 

その時間、家事をして整った状態でお子さんの帰りを出迎えるのももちろんいいんですけど、ちょっとほら、お茶でもしてはどうでしょう。

ゆっくりとコーヒー飲むとか、子どもがいると「ボクもワタシもそれ食べたい!!!!」て言われがちな美味しいスイーツを堪能するとか。

観たかったドラマを観てもいいですし。

 

そういう時間が、少しあるだけで全然違うんで!

 

家の事は「子どもと一緒に」か「子どもが見ている時」

私が意識しているのは、なるべく家の事は子どもと一緒にするか、子どもが見ている時にするということ。

目が離せなかった乳児期から、幼稚園に入園して幼児期になり、自分が住んでいる家がどう保たれているのか、食事は誰がどう作っているのか、その辺を学んでも良い時期なんですよね。

 

でも、子どもが幼稚園に行っている間に全てお母さんが済ませてしまうと、それらを学ぶ機会ってないんですよ。

だから、子どもと一緒に買い物に行ったり掃除したりする機会を作る!

 

子ども専用の掃除道具とかあるとノリノリになりますよ。

ただこのダイソンはおもちゃなので、ほぼ吸い込みはしないんですけどねw

 

でも「家の事を手伝う」という行為自体が重要なので、子どもが率先して手伝ってくれればこういうツールもありですね。

 

買い物に関しては「連れて行く方がめんどくさい…」というパターンもあるかと思います。

そういう時は、子どもと事前に買う物を相談して決めてから買い出しに行く!そして子どもに選んでもらう!

…と結構スムーズに行ったりします。

 

それでも難しい場合は、時々ネットスーパーを利用するのもアリ。

子どもと一緒に選ぶの、結構楽しいんですよね。

 

手伝うのを嫌がるお子さんでも、お母さんが家事をしている姿を見せる事って大切。

幼稚園に行っている間に大急ぎで何もかもを終わらせなくても全然大丈夫なので、長期休暇の前後含め、とにかく息抜きできる時間を確保して、時に子どもと一緒に家の事をしていきましょ!

 

寒い季節は子どもと映画鑑賞が超おすすめ

子どもと一緒に映画、めっちゃいいですよ。

2019年の冬休みは12月にひつじのショーン、1月にシンカリオンを観に行こうかなと思っています。

映画って大人1,800円・子ども900円ぐらいなので、もちろん家で観るよりお金が掛かりますけど、旅行や帰省より断然安く済みますからね。

私は少しでも安く行きたいので、優待サービスを利用しています。後ほどいくつかピックアップしたものをご紹介しますね。

 

子どもと映画鑑賞をお勧めする理由は「楽だから」

映画っていうと尻込みしてしまう奥さんもいらっしゃると思うんですけど、1回行ったら癖になりますよ。

何しろ移動さえしちゃえば、少なくとも1時間は快適な場所で座って過ごすことが出来ますからね。

何ならポップコーンとかコーヒーとかもゆっくり堪能できちゃう。

 

ほら、流行ってたタピオカ?

あれなんて夏頃はどこも行列で、子ども連れてると並んでまで買えないじゃない?だから私の初タピオカは映画館でした。

映画館の売店て、期間限定で流行りの物も取り扱う事があるんですよね。

 

冬は暖かいし、子どもは映画に釘付けになってくれるし、ゆっくりコーヒーも飲めるし最高!

お子さんがじっと座ってられるか不安な方は、1番後ろの席や端っこの席がおすすめです。

 

冬休みに絶対使うべし!優待サービス

あとは優待サービスを活用して安くチケットを買う事が大事。

 

ぶっちゃけ優待サービスで受けられる内容はどこもそれほど変わらないです

 

私は登録が簡単だったので駅探バリューDaysを使っていますけど、奥さんの登録しやすいのを選べばOK。

だいたいが初月無料などのお得なキャンペーンを行っているので、上手に使いましょう!


駅探バリューDaysは、全国約140万件以上の優待特典が使えます。
月額330円 クレジットカードの他、楽天ペイ・ドコモ払い・auかんたん決済/au WALLET/UQ mobile・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバルまとめて支払いで登録が簡単。

デイリーplusはYahoo!が提供する優待サービス。
月額550円 Yahoo!IDが必要。IDがあれば簡単に登録できます。


dエンジョイパスはdocomoが提供する優待サービス。
月額550円 dアカウントをお持ちだと簡単に登録できます。

みんなの優待は会員登録しなくても優待内容が見られます。
月額490円 支払いはクレジットカードのみ。

映画だけではなく、レジャー施設も割引が受けられますし、ファミレスや写真スタジオなどの割引もあるので、活用の幅は広いですよ。

定価で支払うのが馬鹿馬鹿しいぐらい!

 

冬休みも無料お試し教材を有効活用!

ええ、ええ、今回も無料お試し教材をめっちゃ活用しますよ。

何といっても無料ですからね。

 

でもうちの子、ワーク好きじゃないんだよなぁ…

 

なら尚更、お試し教材がおすすめなのよ!

 

お試し教材というのは、お母さんが「うちの子に受講させよう!」と思うかどうかの入口です。

だから1番魅力的な部分がピックアップされていて、ワークが苦手な子どもに興味を持ってもらいやすいというメリットがあるんです。

 

幼稚園児の年齢に合った教材サンプルの申し込みが出来るのはこの5件です。

 

 

我が家はこどもちゃれんじもやっていますが、無料でもらえるサンプル教材で息子に合う家庭学習講座を選んできました。

ポピーは1,000円で出来ますし、お試し教材を取り寄せてみてぜひ家庭学習の参考にして下さい。

 

別の記事で「幼児ポピー」「まなびwith]「こどもちゃれんじ」「Z会」「スマイルゼミ」それぞれの教材の特徴を簡単に説明しています。

実物写真もありますよ。

 

冬休みは新しい習い事の無料体験教室で可能性を引き出す(仮)

冬休みこそ、子どもの将来の可能性をぐんぐん引き出してあげるチャンス!!!

…と言いたいところですが、子どもの可能性を引き出すっていう体で、60分前後子どもと少し離れる事が目的。

 

たった数10分でも離れるだけで、精神的に全然違います

冬休みの2週間、ずっと子どもとべったりだと本当に息が詰まってしまいますからね。

習い事でも何でも、1時間だけでも子どもと離れる時間があると精神的に全然違います

支度と移動に時間と手間をかけても、1時間離れた方が断然楽。

 

しかも、自分以外の人と我が子が触れ合う・学ぶ機会を見る事は、客観的に我が子を見る事が出来るので、「あぁまだこんなに小さいんだよなぁ…」って気付くことが出来たり、「うちの子、こんなに頑張ってるんだな…」と思う事が出来たりします。

家で近くにいるとすっかり成長したように思えて、つい多くを要求してしまったりするもの。

要求が多いから、私たち親も思うようにいかないストレスを抱えたりするんですよね。反省…

 

無料体験レッスン掲載数最大級のEPARKスクールを活用!

そうかといって、いきなり習い事にお金を掛けるのって抵抗ありますよね。

私の経験上、週1回の習い事でかかる月謝はおよそ6,000円から8,000円程度かな…という感じ。

失敗はしたくない金額ですよね…

 

うちはサッカーとスイミングをやっているのですが、最近、空手もいいなぁって思っているんです。

小学生からは通学もあるし、親がずっとついていてあげられるわけでもないので、心身ともに鍛えられる機会が欲しいところ。

かといって息子が空手に積極的ではなく、まだ探り段階。

 

こういう時は無料で受けられるレッスンが便利なんですよね。

EPARKスクールは、あのEPARKの姉妹サイトで、無料体験レッスンの掲載数が日本最大級。

うちは男の子なので空手を選びましたけど、他にも、

  • ピアノ
  • バイオリン
  • バレエ
  • リトミック
  • ダンス
  • 体操
  • そろばん
  • 英語
  • 幼児教育

などなど、色んなジャンルがありましたよ。

 

で、私がEPARKスクールが使いやすいと思った理由が、ウェブ上で「予約可能な日を見る」事ができる点。

この手のサービスの中で、「開催日は店舗にお問い合わせください」って電話番号だけ書かれたものも多いんですけど、子どもがいるとある程度の日にちを絞ってから問い合わせしたいんですよね。

電話だとなおさら、タイミングも難しいですし。

 

ぜひ気になるレッスンを探して下さいね。

もちろん、お母さん自身のレッスンも探せますし、託児・キッズスペース有のレッスンもあります。

 

無料レッスン掲載数国内最大級

EPARKの姉妹サイトです

 

冬休み、幼稚園児との過ごし方【2019年→2020年】我が家の全12日スケジュール大公開さいごに

幼稚園の冬休みは、とにかくまだ幼児なので子ども自身も体調を崩しやすく、その影響でお母さんも体調を崩しがち。

しかも子どもは入園や進級でクラスに慣れた時期でもあるので、ちょっと扱いに手こずったりするんですよね。

入園前のようにテレビとかに釘付けになってくれないし、自己主張も強くなっていくし、大人の矛盾を突いてくるし、「正しい事」を学んでくるのでごまかしが効かないし…

 

更にはまだ反抗期が続いているお子さんもいる時期なので、ツールを上手に取り入れて、お母さん自身が頑張りすぎず過ごす事が大切。

何もしないでもお母さんはつい頑張っちゃいますからね。

 

ストレスを最小限にして、2020年を迎えたいですね!

この記事があなたのヒントになりますように。

 

 

 

Copyrighted Image