Amazon12月1日までビッグセール   ママ向けアイテム一覧はここから

「子どもと行く〇〇」

そんなに高くない・行列に並ばない、でも大人も子どもも満足度の高い旅がモットー。

子どもも大人も楽しめる旅プランに自信あり!

我が家の旅とレジャーのモットーは、

  1. 高くない
  2. 行列に並ばない
  3. ハイシーズンの混雑を避けて
  4. 大人も子どもも楽しい

子どものためだけに親が我慢することも、子どもを大人に付き合わせることもしません。

小学校入学前までにガンガン旅行やレジャーに行くことを超おすすめします~!

主に伊豆の宿や群馬方面のレジャースポットをオリジナル写真とともに紹介します。

ブロガー様・ライター様へのお願い⇒当サイト内コンテンツの複製についてご一読下さい

親子3人1泊、3万円~高くて5万円台「宿の口コミ」

貧乏性なので高級宿に泊まって値段におののくよりも、お手頃な宿で豪遊したいタイプなんです。

だから我が家が宿泊する宿はだいたい、親子3人で1泊3万円~5万円台がほとんど!

今まで「クソッ!失敗した!」と思った宿は1件のみ。

それ以外はどの宿も素晴らしく、また泊まりに行きたい宿ばかりなんです。

1番のおすすめエリアは西伊豆。もう本当に西伊豆最高。

石和温泉は伊豆に比べると値段が安くて好き。また行きたいです。

そういえば我が家の選んだ宿で1番高かったのがヒルトン小田原。忍者のプラン最高でした。

だいたい珍事件が起きる「レジャースポットの口コミ」

整えられた最先端のテーマパークより、アスレチックや自然を感じられるレジャースポットが好きです。

味覚狩りは、我が家の1番大好きなレジャー!

一見地味そうなスポットも、実際に行ってみると空いていて快適、しかも思ったより楽しいじゃん!という事が多いんですよ。

「椎茸になんて興味ねーよ?」と言い放った夫を虜にした、小田原の「きのこ苑お山のたいしょう」。

忍者ショーがマジで半端ない、忍野忍びの里。

普通の動物園では物足りなくなる事請け合い、伊豆アニマルキングダム。

群馬サファリパーク、餌やり体験がマジでヤバいです。

現地で楽をするためだから…「旅行・レジャーの準備」

私は心配性なので、当たり前のように荷物が多すぎて…

子どもとの旅行にこれを持って行ってます!みたいなお役立ち記事は書けないんですけども。

考えだしたら止まらない性格なので、子連れ旅行でこういうのどうしてる~?と感じた事を書いています…(数は少ないです)

子どもと旅行に行く時にタイミングによって悩むのが、「布団ありなし」「食事ありなし」だったりしません?

海水浴にアレとアレとアレ持っていくと超便利なんです!

ライフジャケットは今や当たり前の時代ですよね。

それなりに美味しいものを食べている筆者による「名産品の口コミ」

こちらもまだそれほど記事数はないんですけど、名産品の口コミです。

割と美味しいところしか狙っていないので、基本的に美味しい!っていう感想しかないんですけども。

暇つぶしにお読みいただけると幸いです。

Copyrighted Image