MENU
ワタシメディア
当サイトでは、現役ママが実際に体験した一次情報を重視しています。

管理人は典型的なHSS型HSPです。高齢出産で子どもは1人。HSPの生きづらさや、子育ての困り事、暮らしの情報を発信しています。
\ 最大10%ポイントアップ! /

40歳で出産した私の後悔と、どこにも書かれていない高齢出産の真実

40歳で出産した私の後悔と、どこにも書かれていない高齢出産の真実

40歳で出産した私が後悔した理由と、どのメディアにも書かれていない高齢出産の真実を紹介します。ママになる前に知っておけば、子育てに向けての準備や対策、そして幸せなママライフを送るためのヒントになるかも。

40歳で出産して後悔はある?体力が厳しいとかママ友できないとか聞くけど…

体力やママ友ができない事なんて大した事じゃないわね。それよりも、子どもが可愛いからこそ後悔した事があるよ。

私が出産をしたのはちょうど40歳。

高齢出産になる理由は人それぞれですが、私の場合はキャリアを積んだわけでもなく、身体の都合だったわけでもなく、30代までなんとなく自由に過ごした結果の高齢出産でした。

なので、高齢出産に後悔があろうとも私の場合はまぁ自業自得なんですけどね。

この記事では、”高齢出産の後悔”という事で、どこにも書かれていない真実を、私の体験談を元に紹介します。

\ ここでいったん宣伝です /

この洗剤、ママの家事をラクにするために作られた洗剤。頑張り過ぎちゃうママも、もう頑張れないママも、絶対使ってみて!

クリックできるもくじ

40歳の出産で感じた後悔とは

40歳の出産で筆者が感じた後悔とは?

高齢出産の後悔というと、多くのメディアでは「体力が若いママより衰えていてきつい」「子どもの障がいの確率が上がる」「ママ友ができない」と書いていますが、そんな事は人それぞれなので、必ずしも高齢出産の人に当てはまるとは言えません。

体力に関しては、体力の衰えは確かにあって、子どもを追いかけ回す事は難しいですけど、その分子どもと違う過ごし方をすればよいし、ママ友ができないわけでもないです。

私が40歳の出産で感じた唯一の後悔とは、残された時間があまりにも短すぎるということ。

子の誕生とともに、命のカウントダウンが始まる

少し大げさな言い方かもしれませんけど、高齢出産って私は「子の誕生とともに命のカウントダウンが始まる」ようなものだと思っています。

子どもが1歳になった、子どもの七五三を迎えた、子どもが小学生になった、子どもが10歳になった。そんな喜ばしい思いと裏腹に、私に残されている時間も減っている事を実感しています。

30歳で産んだ子どもが20歳になるのは親が50歳の時。

40歳で産んだ子どもが20歳になるのは、親が60歳です。

まぁそこまでは誰でも簡単に想像できますよね。今では60歳もまだまだ若い…!なんていう人もいますしね。

ではそこからさらに時間を勧めてみましょうか。

30歳で産んだ子どもが30歳になるのは、親が60歳の時。

40歳で産んだ子どもが30歳になるのは、親が70歳。

ちなみに、私の父が亡くなったのは67歳です。つまり、もしも私が父と同じような年齢で亡くなった場合、子どもが30歳になる前にこの世からいなくなってしまうのです。

もしも私が健康でいられる年齢が75歳までだとすると、息子を支えてあげられるのは35年。

健康でいられる時間を考えると、今まで生きた40年、それよりも確実に短い年月しか残されていないんですよね。

子どもを支えてあげられる時間が短い

残された時間が短いということは、つまり子どもを支えてあげられる時間が短いということ。

私自身の人生を考えると、20代なんてまだまだ子どもだったし失敗だらけで、親に泣きつく事もありました。

30代になると親に泣きつくことも減りましたけど、それでもどうしようもない時はやっぱり親がいてくれて救われた事がありました。

私の場合、高齢出産が故に、将来我が子が本当に頑張っても頑張ってもどうしようもない時に、手を差し伸べてあげられないかも知れないのです。

周囲がまだ親に手助けをしてもらったり助言をもらう中、我が子は誰にも頼ることなく様々な事に立ち向かわなくてはなりません。

いやむしろ、私たち親の介護問題などで足枷になってしまう可能性すらあります。

将来、子どもの足枷にならないよう、今からできる事を最大限したとしても、親の立場から子どもを支えてあげられる時間が短いのは事実です。

これが、40歳で出産した私の、後悔です。

★高齢ママはママ友ができない? Coming soon

40歳で出産する後悔を先に知っていたら?

40歳で出産する事の後悔を先に知っていたら、私はどうしただろう

40歳で出産、子どもの人生を支えてあげられる時間が短いという後悔を感じた私ですが、ではもしもこの事を先に知っていたら。過去に戻ることができるのならどうしたでしょう。

ここからは想像上のお話になってしまいますが、なにかのヒントになれば幸いです。

もしも30歳で我が子を産むことができるなら、そうする

私がもしも過去に戻り、夫と出会い30歳で息子を産むことができるとするなら、そうしたいですね。

だってそうしたら今より10年も長く、子どもと同じ時代を生きられるのですから。

収入のピークを40代後半から50代とすると、ちょうどお金がかかる時期に私たち親の収入のピークが重なるし、子どもに今より多くの選択肢を与えることができるかもしれません。

ただ30歳の頃の私はまだやりたいことがたくさんあったので、その時に子どもを産んでいたとしたら、今とは違った悩みや苦悩があったのではと思います。

それを差し引いても、子どもと過ごせる10年という月日は大きいです。

今の私だからできることもあるけれど

とはいえ、今の私だからできることがあるのも事実です。

たとえば高齢出産のメリットである、経済的な余裕と精神的な余裕は、今の子どもの人格形成に大きく影響していると感じます。

20代30代でやりたいことを十分にやって迎えた出産ですからね。

もしも私が20代で出産していたら、今のように余裕を持って子どもに接することはできなかったと思います。

高齢出産にはメリットがあるのもまた事実なんですよね。

まとめ

  • 40歳で出産する後悔は「残された時間の短さ」。
  • 子どもを支えてあげられる時間が短い。
  • もしも10年早く我が子を産むことができると言われたらそうする。
  • でも40歳で出産したからこそ、今の子育てができている側面もある。

私の場合は、特に目標もキャリアもなく、なんとなく生きたいように生きて、39歳で妊娠をし40歳で出産しました。

人によって価値観は様々です。

でも50歳になった今感じるのは、「人生は、その年齢・その時にしかできない事がある」ということ。

逆を言うと、「その時じゃなくてもできること」もあるのです。

私は、その時じゃなくてもできることを20代30代で少し優先させすぎたような気がします。

お役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\ ここでいったん宣伝です /

この洗剤、ママの家事をラクにするために作られた洗剤。頑張り過ぎちゃうママも、もう頑張れないママも、絶対使ってみて!

クリックできるもくじ