使わないと損する無料サンプル・お試し・トライアル随時更新中!

夫の実家に行きたくない!嫁姑関係が良好でも義実家参りが嫌な理由

5 min
夫の実家に行きたくない!嫁姑関係が良好でも義実家参りが嫌な理由

夫の実家、つまり義実家に行くとだいたい嫌な気分になります。義母との関係は良好なのになぜ…と振り返ると、嫌な気分になるのには理由がありました。

夫の実家への帰省が嫌すぎて仕方のない私です。

私は夫の実家に帰省したくありません。

義父は既に亡くなっていまして、義母は義実家で1人暮らし。嫁姑関係は良好です

結婚をして義実家から高速で30分程度の場所に住んでいる義妹とも、まぁいい関係だと思います(育児の事で相容れない部分はあるけど年2回しか会わないので)。

それでも、義実家に行くのが嫌!!

え…?

「それって、義母さんや義妹さんがかわいそうすぎませんかぁ~?結婚したらご主人のお母様も家族ですよね?なのに、自分の親は良くて義実家だけないがしろにするなんて、ご主人の事を愛していないんですね。ご主人がかわいそう。私だったら義母さんが喜ぶ顔を見たら嬉しいけどなぁ☆夫を育ててくれた大切な人なんだし☆」

などと一瞬でも思った奥さんは一刻も早くブラウザをそっと閉じ乗車率200%の新幹線に乗り帰省を果たして下さいお願いします。

良好な関係でも帰省が嫌なのだから、姑や小姑と仲が悪い人なんて義実家参りはジゴクだと思いますよ。

この記事では、私自身がなぜ、嫁姑関係が良好なのにもかかわらず夫の実家に帰省するのが嫌なのかをまとめてみます。

共感していただけると嬉しいです。

私が夫の実家に行きたくない理由は、見たこともない夫の優し一面を垣間見るから〜!

どうしてこんなにも夫の実家に帰省をしたくないのか自分でも不思議でならなかったんですけど、結婚5年目ぐらいではっきりとその理由がわかりましたね。

それは、自宅では絶対に見る事のない夫の一面を、夫実家帰省で垣間見てしまうということ。

日ごろ「夫はこういう人だから仕方がない」そう自分に言い聞かせている事が、ことごとく覆されるから、義実家参りが大嫌いなんです。

妻である私の事は待たないのに、え…夫ってこんなに待てる人なんだ…

普段せっかちな夫は、出掛ける時に支度で時間がかかっていると、とっとと出掛けてしまうんですよ。

いやね、私、息子を産んでからほぼ化粧していないので、私がちんたらと身なりを整えているから遅いんじゃないですよ???

子どもが小さいと、あれを持ってこれを持って、帰り道に冷えるかも知れないから上着も必要かああだこうだと色々あるじゃないですか。

まぁそうですね、80%ぐらいの確率で置いて行かれるんです。

息子も連れて行っちゃうので、慌てて追いかけていく感じ?

それがですよ。

義実家帰省をして、義母・義妹・義妹子たちと出掛けようとすると、もうそれこそいつまでも。

いつまでも義母と義妹の支度が終わるのを、玄関先で待ってる

何なら、ちょっとワガママな義妹子が「ジョージ終わるまで行かない(>_<)」とか言おうものなら、いいよいいよ観ていいよ~にこぉ~みたいなオーラ醸し出してる。

ちがくね?

で、ある時、「ねぇ、どうせ別の車で行くんだし、私たち先に現地に向かってない?」って提案したんですよ。

そしたらね、何て言ったと思う???ねえなんて言ったと思う???

「家族なんだから一緒に行動するのが筋だろ!!」て…

あっ…うん…(家族とは)

帰省した時に義母や義妹と超会話が弾んでる…普段の態度はなに…

まぁよくある話ですけど、ふだんの夫は妻の話をうわの空で聞く感じ?

ちょっと相談したいことがあっても、丸で「そんな事どうでもいい事だ」と言わんばかりに生返事というか、空返事というか?

もう「妻の話=どうでもいい」みたいな構図になっちゃってるんですかね。ハハッこりゃ問題だ☆

結構だいじなお金の話とかも、うわの空で聞いてる時があるの。(今は解消されました)

あぁ私、ないがしろにされてるなぁって虚しく感じてるところに、義母と義妹とめっちゃ話が弾んでる姿を否が応でも目の当たりにするのが、私にとっての義実家帰省

へぇ…会話、できるんだぁ…って白目剥きながら見てる。

一体、私って何なんだろう、そんな思いが募る…私の心の中に木枯らしが吹く…

へぇ…私が作った時は文句言うのに、義母が作ったら「美味しい美味しい」って言うんだ…

ある時の帰省で、普段料理をしない(料理が苦手)な義母がハンバーグを作ったんですよ。

そのソースが、私が作るハンバーグと一緒だったんです。偶然。

でも夫は、私がそのソースのハンバーグを夕飯に出した時、それはそれはぐちぐち言ってたのよ。

こんなのご飯に合わなくない?とか俺違うソースで食べるわ!とかね。(ただのケチャップとウスターソース混ぜただけのアレだよ??)

義母が「ケチャップとソースでおいしいハンバーグソースできるって料理本に書いてあったからやってみた☆(料理苦手だから70にして初めて知った)」

ていうから、あっちゃーこれ夫が嫌いなやつじゃん…どうすんだろ…って思ったのは大きなお世話でした。

「これ、めっちゃ美味しい。美味しい!」

…こんなこと言いたくないけどわし、調理師免許持ってんのよ。料理だけはうまいのよ。

なぜこんなにも態度が違うのか。

褒めてくれとは言わない。黙って食え。

夫の故郷の観光も自由に出来ない!つまらなさ過ぎる義実家帰省

夫の故郷に帰省すると、夫自身に変なスイッチ入っちゃって、観光すらできなかったんです。

もうそれこそ群馬県に入ったら、義母の許可なくどこかに立ち寄るのは禁忌!!…ぐらいの勢いあった。

私はせっかく群馬県に来たのだから、義実家到着前にでもちょこっと観光名所とかに寄りたいなって思って提案した事があったんだけど、

待ってるだろ!!!

って怒られちゃったw

うちの実家に帰る時はいろいろ寄ってる…のに?

私の実家は神奈川の端っこなのでまぁ距離が違うといえばそうなんだけど、帰省する時にもいろいろ観光名所に寄ったりもするし、

何なら実家に泊まらないで宿に泊まったりしているんです。

新しい家族(という言い方は語弊あるけど)と、自分が小さなころに暮らした街の景色を観たり、懐かしい場所を巡るのって、素敵じゃない??

子どもに見せてあげたいし、夫にも紹介したい。

逆に言うと私も夫が小さなころに見た景色を息子と一緒に見たいし、懐かしい場所に行きたいのです。が…

ある日、義母・義妹が観光名所で待っていた

ある日事件が起きたのです…

どうしても行きたい場所があって、早めに家を出て観光することを夫も了承し、1時間ほど観光名所に寄ってから義実家に行く予定だった我が家。

これがスタンダードになったらいいなぁと思いながら、めちゃくちゃ楽しみにして到着すると…

義母・義妹・義妹子が待っていた。

なぜwww

なんでwなんでいるのwww

いやそりゃ夫が「ここに行くよ~」つったからよw「ここに行くよ~」をお誘いだと勘違いした義母が義妹と義妹子連れて待ち合わせ感覚で待ってたっつー仕組みよww

そうなるともはや、「私と夫と息子」で夫の故郷を巡るってより、義実家の観光に嫁がいる感じになっちゃうわけ。

…まあ正直、義実家の観光に付き添って喜ぶ嫁、世の中に1割もいないと思うんです。肌感覚ですけど思うんです。

あ、いやいるとは思いますよ?

そう、ここを読んでいるご主人、貴方の奥さんはもしかしたら喜んでいるかもしれませんよ、義実家の観光にプラスアルファで加わることを。

でも少なくとも私の場合は、全く全然一切楽しくない。

何が楽しくて義母と義妹とキャッキャウフフしている姿を荷物抱えて追いかけなきゃなんないんだって話なのね。

「夫にとって家族とは?」を否が応でも考えさせられるから、義実家帰省したくない

これらの事はごくほんの一例で、結局のところ、妻である私が最優先でないという事が嫌なんですよね。

妻である私が最優先じゃないとイヤなんてワガママ過ぎない??そう思うでしょう?

でもね、でも、夫はこれから誰と生きていくの?って話なんですよ。そう思っちゃうのよ。

「たまにしか会えない母ちゃんと妹に優しくして何が悪い。親孝行して何が悪い」って事なんでしょうけども、いやいやいやいや、パートナーを蔑ろにして親孝行もクソもあるかよ(口が悪い)って話の。

別に私の気持ち「だけ」を優先しろという話でも特別なにか素晴らしい事をしてほしいわけでもないんです。

でも私だって、夫と会話がしたいですよ?

2人の子どもの準備で時間がかかっているのだから、家を出るのを少し待ってもらいたいのです。

今まで『うちの夫は愛情表現が下手なのね』とか『こういう人だから仕方がない』とか『これが夫の平常時』と思って生活してきたわけですよ。

だってそうでしょう?
『大切にされてない』って思っちゃったら虚しくてやってられないですから。

なのにそれを全部、普段夫が私に見せる姿からは想像もつかないような愛情と優しさを溢れさせて義実家の面々に接する夫を見て、平常心でいられるわけがない。そういうことー!!

夫の実家に行きたくない!嫁姑関係が良好でも義実家参りが嫌な理由、さいごに

夫の実家に行って嫌な気分になる理由をまとめました♡

結局我が家の場合は、

  1. 帰省の前後に観光をする。
  2. 義母・義妹を敬うのと同じように妻も敬う(だいじ)。

話し合いの末、この2つを約束してもらい、義実家帰省で嫌な気分になる事も減っていきました◎

ちなみに、帰省ブルー解消法は別記事で紹介しています。読んでみて下さいね♡

ひがしむき

ひがしむき

子ども苦手でだらしがない(元汚部屋住人)、高齢母でママ友いない、誇れるものが何もない、子どもを産んでちゃんとした人生を歩み始めた、そんな主婦です。

過去ワンオペでぼっちママで余裕がなかった私が知りたかった【お母さんがちょい楽になる】子育てや暮らしの情報を発信しています。
⇒詳しいプロフィールはこちらから

カテゴリー:

Copyrighted Image