子連れ旅とレジャーは【ははらく旅】

炊飯器なし生活1年半経過!子持ち毎日弁当でも大丈夫?メリットデメリット大公開

炊飯器のない生活を送ってみたいけど、子どもがいる・毎日お弁当を持たせなくてはならない、などの理由でためらっている人!!!

子どもが幼稚園に入園した途端にキッチンがごちゃついて、耐え切れなくなり炊飯器を処分し、1年半が経過したこはくです。

 
炊飯器って何か納まり悪いし、デザインもイマイチ。

しかもパーツごとの手入れも結構手間なのに、出番も少ないんですよね。

 
この記事では、炊飯器なし生活のメリットデメリットとともに、園児1人に毎日お弁当を持たせる手間がどんな感じなのか、困った事はあるかまとめていきます。

 

結論:炊飯器はいらない!処分しても特に困ることはほぼなし!

 
それではまず結論から。

 


炊飯器、なくても別に困らない

 

毎日子どもにお弁当を持たせる生活を送っていますが、特に困る事はないです。

私は今、ステンレス多層鍋で炊飯をしていますが、炊飯にかかる時間は30分かかりませんし、どっちかというと炊飯器を捨ててからの方が手間が減りました。

 
でも我が家にも炊飯器を処分するまでさまざまな葛藤がありました…

 

『炊飯器、いらないんじゃ…?』と思うまでの過程

 
我が家のキッチンはオープンキッチン。

息子が生まれるっていう理由で購入したマンションなので、子育てしやすいよう、キッチンのどこに立ってもリビングが見渡せる、つまりリビングからも丸見えというわけです。

キッチンの閉塞感が嫌で開放的にしたために、リビングをどんなに整えても目に付くキッチンのごちゃつき。

 


こまめに片付けるのめんどくさいからどうにかしたい!!!!

 

そう思った時にまず目についたのが、オーブンレンジ。

 

見た目がもさっとしたオーブンレンジを買い替え

 
我が家が使用していたオーブンレンジはデザイン性が低く、大きかったんですよ。

何の愛着もないものだったので、この際99%見た目重視で買い替えようと選んだのがバルミューダザレンジ

 

 
ほぼ見た目だけで選んだだけあって、キッチンで威圧感を醸し出していた以前のオーブンレンジと違い、すっきりした印象になったまでは良かったのですが…

 
なおさら目立っちゃった炊飯器。

 

炊飯器の悪い部分ばかり目につくようになる

 
確かに炊飯器があると便利ですよね。

夜タイマーでセットしておけば朝にはご飯が炊けているし。

 
…でもですよ?

夏はそれ、無理じゃない?
炊飯器に、水に浸した米を入れて置いたら朝には傷んでるでしょ。

 
それに、よくよく考えてみたら、圧力釜だからなのかなんなのか、炊飯の時バッコンバッコンうるさい。

あと蒸気がでるところを毎日洗わないと臭う。

パーツも多いから、外して洗って乾かしてまたつけるっていう手間ね!!!!

 
あーもうなんか一気に炊飯器が「めんどくさいママ友」みたいな存在に思えてきました。

 
今まで散々炊飯器にお世話になっておいてなんて冷酷な女なんだ!!  

…そう思いますよね…

 
でも炊飯器って、ほら、ここ。

炊飯器なし生活のきっかけ

 
地味ーーーーーーーーーーに邪魔でしょう?

 
『もう少し端に寄ってくれたらな…』って時も、持ち手が出っ張ってさりげなくイラッとさせる。

更に、普段使用していない時に上に物をちょこっと乗せられるかというと乗せられない。曲線美が邪魔をして乗せられない。

更に更に、蒸気が噴射するから上部を広く開けとかなきゃなんないの。

奥さまも、そんなご経験あるはず!!

 
炊飯、ほぼその機会のためだけに、あれほど贅沢な空間を必要とするんですよ、炊飯器は。

 

『オーブンも買い替えたし、ついでに炊飯器も買い替えよう』と検討したけど…

 
せっかくオーブンレンジを買い替えたのだから、炊飯器だって買い替えよう。

もう少しおしゃれなやつを買おう。

そう思った私が検討したのが次の2点。

バルミューダザゴハンと…

 

バーミキュラライスポット。

 

すんなり決まったオーブンレンジと違い、炊飯器のレビューは賛否両論。

特に第一候補だったバルミューダの炊飯器は「圧力釜を使用した炊飯器のような炊きあがりではない」というレビューが多かった点が気になりました。

 
「おかずにめっちゃ合うご飯」「米粒がシャキッとしている」といったプラスの評価から、

「炊飯器を開けてもふわぁああと甘い香りがしない」「固い」といったマイナスの評価まで。

 
なんでも、ふっくらとせず、甘くもないらしいんですよね。

何しろ今まで圧力釜の炊飯器を使っていたので、全くピンときません。

 
そして同時期に「世界一美味しいご飯が炊ける」という、バルミューダザゴハンと同じようなキャッチフレーズで世に放たれたバーミキュラーライスポット。

バーミキュラの鋳物ホーロー鍋と、「理想の火加減を指先一つで可能にする」ポットヒーターが一緒になった製品だそうですね。

 
琺瑯鍋は他の調理にも活躍するでしょうし、ポットヒーターとの組み合わせで本来長時間煮込むような調理にも応用できそう。

炊飯後は鍋の部分をそのまま食卓に運べば、すっかりオシャレな食卓になりそうです。

 

ただ高い。

 

結局、考えるのがめんどくさくなり『炊飯器いらないんじゃ?』と考えるように

 
1週間ほど深く悩むと、考えるのもめんどくさくなり『炊飯器がなくても生きていけないか』という事を考えだしました。

 
実際、炊飯器を処分したとして炊飯に使える我が家の鍋は、丸で化石と化した炊飯用土鍋。

誰もおこげをこのまないという事。
こびりついたら水に浸しておかないといけないという点。
重い点。
かびる点。

などから、すっかり存在を忘れていた炊飯用土鍋があったんです。

でも…

 

よくよく考えたら…

 

我が家には…

 

ステンレス多層鍋のジオプロダクトがある!

はい、ドン!

味噌汁用に使っていましたけど、この鍋、炊飯もできるんです。

 

はい!決まった!!

炊飯器捨てよう!
捨てちゃおう!

超絶心配性の私は、炊飯器を不用品置き場へ置き、いつでも炊飯器に戻れるようにしつつ、炊飯器なし生活に入ったのです。

 

 

実際に炊飯器を捨てて実感した、炊飯器なし生活のデメリット

 
私が炊飯器を本格的に処分したのは、炊飯器を不用品置き場に置いて2週間後。

その間、1度も炊飯器を使わなくてはならないような事はありませんでした。

 
実際に感じたデメリットは次の通り。

  1. タイマー機能が使えない。
  2. 保温調理が少し手間になる。
  3. 炊飯の時、米をしっかり水に浸しておく必要がある。

詳しく見て行きましょう。

 

炊飯器なし生活の不便な点「タイマー機能が使えない」

 
これ最大のデメリットなんですけど、タイマー機能が使えません。

例えば朝起きて即、炊き立てのご飯が必要だとか、帰宅後すぐに炊き立てのご飯が必要、こういう生活の方は炊飯器を使用した方が良いです。

 
我が家の場合、まず朝に関してはお弁当用のご飯は起きてから炊き、朝食用に食べるご飯は冷凍しておいたものを食べているので、不便さは感じません。

 

炊き立てご飯を冷凍するのに使っているのがこれ。

薄型でめっちゃ便利です。

炊き立てを冷凍すれば、炊き立てと変わらない美味しさで食べることが出来ますよ。

 

炊飯器なし生活の不便な点「保温調理が少し手間になる」

 
例えばローストビーフや甘麹(甘酒)、今までは炊飯器があれば簡単にできました。

でも炊飯器なしせいかつになるとこれが出来なくなります。

 
我が家はステンレス多層鍋を使っていますので、ローストビーフは作ることが出来ますが…

炊飯器で作るよりお湯を多めに用意しなくてはならない点や、湯温をちょいちょい確認しなくてはならない手間が掛かります。

 
甘麹に関しては、炊飯器の蓋を半分開けておけば簡単に温度管理ができましたが、今はもう作らなくなりました。

 
とはいえ、ローストビーフなんてせいぜい年に1回か2回。

甘麹も必ずなくてはならないものでもないので、すっごく不便に感じているかというと、そうでもないんです。

 
ただ、ローストビーフや甘麹大好きだ!!!っていう奥さまは、炊飯器なし生活には不向き。

 

炊飯器なし生活の不便な点「米をしっかり水に浸しておく必要がある」

 
まぁこれも、炊飯器だって同じだろって感じなんですけど…

うっかり水に浸すのを忘れ、今すぐに炊飯をしなくてはならない事態に陥ったとき、鍋で炊くのと炊飯器で炊くのとでは、炊飯器の方が幾分マシな仕上がりになります。

 
朝いちで炊く必要があるお弁当用のご飯に関しては、前日の夜に研いで水に浸し、鍋に入れてそのまま冷蔵庫にしまっておきます。

朝起きたらそれをそのまま火にかけるだけ。

火を使うのは15分もかからず、蒸し時間含めて25分もあれば炊き上がります。

 
今のところ、前日にお米を水に浸しておくのを忘れたことはありませんが、忘れちゃったらちょっと面倒ですね。

 

実際に炊飯器を捨てて実感した、炊飯器なし生活のメリット

 
一方、メリットはどうでしょうか。

私が感じているメリットはこんな感じです。

  1. キッチンが広く使える。
  2. 炊飯器パーツ手入れの手間が減る。
  3. 鍋で炊いたご飯がめっちゃくちゃ美味しい。

詳しくご説明します!

 

炊飯器がなくなってキッチンが広く使えるように!

 
『今まで、なんで炊飯器置いてたんだろ?』てしみじみ思うほどに、広くて快適。

我が家はいわゆるII型キッチンっていうんですかね?

コンロやシンクのあるキッチンの後ろにもう1個、カウンターがあるタイプ。

 
広くないキッチンの限られたスペースで、今までは炊飯器が幅を利かせていたわけですよ。

それがなくなったので、作業スペースとして使える。
時々、ノートパソコン持ち込む事すらありますからね。

それぐらいに、快適。

 

炊飯器がないからパーツ手入れに要していた手間と時間が短縮できる!

 
炊飯器って便利ですけど、米を炊くに特化した調理器具の割に、パーツが多すぎるんですよ!!

内蓋でしょ?
蒸気の出入り口のパーツでしょ?
内釜。

外釜だって汚れるから手入れしなくちゃならないけど丸洗いはできないし…

 
これ、鍋炊飯にしたら洗うパーツ2つだけですからね。

めっちゃ楽。

 

鍋で炊いたご飯が炊飯器よりも格段に美味しい!

 
そしてこれはちょっと想定外の事なのですが…

ジオで炊いたご飯がめっちゃくちゃ美味しすぎるんです!

 
お米一粒一粒がシャキッとしていて、少々固め。
おかずとめっちゃ合います。

今までの圧力IH炊飯器で炊いていたご飯は甘くもっちりねっちょりした感じでしたが、ジオで炊いたご飯はさっぱりしていて、いくらでも食べられてしまう。

 
食べ過ぎてしまうので、むしろ安い炊飯器でも買った方がいいんじゃないかって話が出るレベル。

 

ちなみに夫の帰宅が遅い時には、おひつ代わりになるかもしか道具店ごはんの鍋に入れ替えてます。

この鍋で炊飯も出来ますよ。

 

炊飯器なし生活1年半経過!子持ち毎日弁当でも大丈夫?メリットデメリット大公開さいごに

 
私自身は炊飯器を処分して大満足。

心配な方は、まずは処分をせず、どこか目の届かない場所に移動させて1週間過ごしてみてはいかがでしょうか!

 
そこで『不便だな』と感じればまた炊飯器を使えばいいし、『思ったより不便じゃない!』と思えばもう1週間過ごしてみて処分をするか決めると失敗がないですよ。

 
私はミニマリストとは程遠い生活をしていますが、少しずつ生活を整えて、本当に気に入っているものだけに囲まれて暮らしていきたいなと思います!

この記事が、あなたの役に立ちますこと祈っています。

 

Copyrighted Image