MENU
ワタシメディア
当サイトでは、現役ママが実際に体験した一次情報を重視しています。

管理人は典型的なHSS型HSPです。高齢出産で子どもは1人。HSPの生きづらさや、子育ての困り事、暮らしの情報を発信しています。
\ ポイント最大3%アップ! /

車のシートヒーターはいらない?車酔いしやすくトイレが近い家族にメリットが

車のシートヒーターが必要か不要か意見がわかれるところ。いらないという意見が多いように見受けられますが、車酔いしやすく、トイレが近い私にとって、もはやなくてはならない必需品となっています。

車のシートヒーターは本来、冬場の本革シートのデメリットである冷たさを解消するためにあるようなものだと聞きました。

今ではオプションとしてチョイスできる車種も多く、「シートヒーターって本当に必要なのかなぁ」と悩まれる方も多いと思います。

結果からお伝えすると、ファブリックシートならよほど寒い地域でない限り、シートヒーターは必要とまで感じません(レザーならシートヒーターはついていることが多いし、ついてないとキツイです)。

でも、車酔いをするご家族・トイレが近いご家族がいるなら、シートヒーターがあると便利です。

我が家が所有していたボルボV40はフロントのみにシートヒーターが装備されていて、買い替えたV60クライメートパッケージというオプション装備車で、リアシートにもシートヒーターが装備されています。

ボルボのクライメートパッケージとは?

私は子どもと一緒に後部座席に乗る事が多いので、実質「シートヒーターがない車からシートヒーターがある車に乗り換えた」ようなものなのです。

当記事ではシートヒーターについて、私の感想をまとめます。

\ ここでいったん宣伝です /

この洗剤、ママの家事をラクにするために作られた洗剤。頑張り過ぎちゃうママも、もう頑張れないママも、絶対使ってみて!

クリックできるもくじ

車のシートヒーターはいらない?車酔い・トイレが近い家族がいるならメリット大

車のシートヒーターは、車酔いをする家族やトイレが近い家族がいるなら装備するメリットが大きいです。

車酔いしやすくトイレが近い私が言うのだから確実です◎

車酔いをひどくする暖房を最小限にできる

車酔いしない人にとっては全く理解できない事みたいなんですけど、車内が暖かいと酔いやすいんです。

車内全体が暖かいのも苦手なんですけど、エアコンの暖かい風がブワーッと顔に当たるのは本当に最悪…確実に車酔いしてしまいます。

なので、エアコンの吹出口を閉じたり、私の顔に当たらないような向きにするのですが、結局車内が暖まるとそれなりに気持ち悪くなってしまうので、冬の長距離移動は憂鬱でしかありません…

車内の暖かい空気とエアコンの風が苦手な私ですが、かといって寒くないわけではないのです。

車酔いと無縁!というタイプの方にはすごくめんどくさい事を言っているように感じられるかと思うのですがw

車の暖かい空気とエアコンの風には当たりたくないけど、身体は温まりたいのです…

シートヒーターがあれば、エアコンは最小限にして身体を温めることができるから、顔がボーッとする事もなく酔いにくいと感じます。

冷えを解消しトイレの回数を減らすことができる

車酔いにプラスして、もともとトイレが近い私にとって車のシートのひんやりが地味に辛いんです。

私だけじゃなく女性は椅子の冷たさに弱いので、冬の車のシートが冷たくて乗りたくない…っていう方、けっこういると思うんですよ。

我が家はトイレが近いのが私だけなので、しょっちゅうトイレに寄ってもらうのも気が引ける時もあったり、何より自分自身が煩わしい…

悪気なしに「さっき行ったばっかりなのにまた?w」と言われてしまうと、次は言い出しにくかったりしてw

でもシートが温まっていると、それだけでトイレの回数が減るんですよね。

もしかしたら気のもちようなのかな〜と思わなくもないんですけど、実際にトイレの回数が減っている事は確かだし、妙な安心感があるし、もはやシートヒーターなしでは考えられないです。

そう考えると、デートでドライブに行く時にシートヒーターでシートが暖まっていたら惚れ直すかも知れない…(もう私には縁のない話ですけど)

後部座席のシートヒーターは必要?

「フロントシートのシートヒーターは標準装備だからいいけど、後部座席にもシートヒーターってあったほうが良いの〜?」と疑問に感じる方もいらっしゃるはず。

我が家もV40からV60に買い替えた際、(他にも検討要素はありましたが)後部座席のシートヒーターが搭載された車と、フロントシートヒーターのみの車、どちらが良いか悩みました。

色んな意見を見ていると、主に運転する人が車を選ぶ場合は「後部座席にシートヒーターは不要」という意見が多かったし、それに賛同している意見も多かったです。

でも結局、我が家は(他にも検討要素はありましたが)後部座席のシートヒーターが搭載された車を選びました。

次に車を買い替える時も、レザーシートなら後部座席のシートヒーターは絶対つけます。だってあれって女性や子どもにこそ嬉しい装備だと思うんですよ。

ファミリーカーならシートヒーターはおすすめ

例えば子どもが車に乗りたがらないとか、奥さんが車に乗りたがらない時は、他にも色々と要素はあれど、モワンとした車の暖房が苦手だったり、冷たいシートが嫌なのかも知れません。

我が家は遠出の際、私と息子は後部座席に座ります。

別記事でV60のメリットとして後部座席の居心地の良さをあげましたが、子育て中の身としては車の中でストレスなく過ごせる事は、旅やレジャーを楽しく終えるための1つの要素だと感じています◎

前に所有していたV40は後部座席のシートヒーターはなかったしそれに対してそう不満はありませんでした。

子どもが学校に行っている間等に夫と2人で買い物に出掛ける時に助手席に座ってシートヒーターを使うと「ああ…すごく便利…」とは思っていましたけど、「車って寒いのが当たり前」みたいな意識がありましたしねw

性別でひとくくりにするのはおかしいかも知れないんですけど、女性にとって冷えは大敵。金銭的に許される範囲ならばシートヒーターはあった方が良いと感じます。

後部座席の居心地が良くなると、車で出掛けるのが好きになるかも

後部座席の居心地が良くなれば、家族全員が車でのお出掛けが好きになる可能性もありますね♡

実際に我が家は車内の居心地の良いV60に買い替えてから、出掛ける距離が遠くなりました。

子どもが親と一緒に旅行してくれる時期はあっという間に過ぎてしまうので、良い選択だったと思っています。

子どもだって冷えればトイレが近くなりますよね。

急なトイレであたふたしたり、「どうしてさっき行っておかなかったの!」なんて叱ったりする事は、レジャーや旅行で少ないに越したことはありません。

ただ、車で家族旅行等にほとんど出掛けず、普段買い物に使いぐらいだったら後部座席のシートヒーターは不要かな〜と思うんですけど、

レジャーや旅行にたくさん行きたい方は後部座席にもシートヒーターを装備する事をおすすめします◎

車のシートヒーターはいらない?車酔いしやすくトイレが近い家族にメリットが、さいごに

車のシートヒーターについてまとめました。

もし次に車を買い替えるとしたらシートヒーターは絶対につけます。

でもその頃は子どもがもう車にあまり乗らなくなって親と旅行してくれなくなる時期かも…そしたら後部座席にはつけなくてもいいかな。

この記事がヒントになれば幸いです♡

お役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\ お悩みは解決しましたか? /

当サイトのコンテンツを最後までお読みいただきありがとうございました。

お悩みは解決しましたか?

私の体験談が、子育てや夫婦関係で悩めるママのお役に立てれば嬉しいです。

子育てをしていると、「しっかりしなくちゃ」と何でも頑張ってしまいます。

子どもの健康のこと、発育のこと、食事のこと、環境のこと。

自分一人なら手を抜ける事も、子どもがいると程よく手を抜くのがなかなか難しいんですよね。

もう十分頑張ってきたあなたに、Lashikuの「わたしと時間を大切にする洗剤」をおすすめします。

界面活性剤・香料不使用、無刺激性でマタニティ期はもちろん、赤ちゃん期でも安心して使える酸素系多用途洗剤です。

洗浄・漂白・除菌・脱脂・脱臭が1つででき、使い方も簡単。水にもシュワッと溶けて、大量の酸素のチカラでみるみる汚れが落ちるから、圧倒的に家事が楽になります。

商品を詳しく知りたい方はコチラ

クリックできるもくじ