子連れ旅とレジャーは【ははらく旅】

ハンドメイド入園グッズはメルカリラクマで売れる?【売り上げも公開】体験談

子どもが小さくてパートには出られないから、せめてハンドメイドの幼稚園グッズを売って家計の足しにしたい!とお考えの奥さまはいますか!!

 


私です

 

パートには出られないけど、あと数万円あったらな…

 

手先が器用なのをどうにか生かしてお金にできたらな…

 

夫にとやかく口出しされずに自由に遣えるお金がもう少しあったらな…いや、いっそ万が一の時のためにへそくり増やしておこうかな…

 

という想いは、私たち子育て中の主婦にとって切手は切り離せないもの。

 
何を隠そうわたくしは、小学生の頃の夏休みに何十枚ものきんちゃく袋を作成し、洗濯をして外に干して置いたところ野猿に全て持っていかれるという経験をしたほどの人物。

袋ものならお任せください。

 
今回は、こんな事をまとめました。

  • 手作りの入園グッズをメルカリやラクマで出品して売れるのか。
  • どんなアイテムを出品したのか。
  • 何月頃売れたのか。
  • 割に合うのか。
  • 結局、いくらぐらいになったのか。
  • 売れたもの・売れなかったものの考察。
  • 購入者の評価はどうだったか。

 
ぜひ、奥さまのご参考になりますように!

 

今回は私がアシストします!お付き合いください!

 

手作り幼稚園グッズは本当に売れる?!まずは結論!

 
それではまず結論です。

 

「丁寧に作れば作るほど割に合わない」

 

はい、いきなり希望を根こそぎ奪うような事を言ってすみません。

でも、これが結論です。

 

購入者にはある一定までのクオリティしか伝わらない

 

私はかなり器用なので、今回の出品にあたり息子に作ったのと同レベルのクオリティにしました。

例えば布端を全て隠す方法で巾着を作ったのですが、布端にジグザグミシンをかける方法より数工程多くなりますので時間も手間もかかります。

 

でもジグザグミシンで処理しても、布端を完全に隠しても、購入者は『購入時には』違いに気付きません。

 

ジグザグミシンで処理しただけの巾着は、1回洗濯すればほつれた糸が出てきますし縫い代が汚くなりますが、購入する時にそこまで気にして購入する人はまずいません。

 
私は「息子が使うのと同じクオリティ」という視点で製作しましたので、当然3年間、買い替える必要のないように作りました。

でも実際、説明に書いたとしても、購入する人は洋裁が苦手な人が殆どなので、ある一定の品質を超えるとピンと来ないんです…

 

ハンドメイドグッズはクオリティに拘り過ぎず、お手頃価格で売るべし

 
ですから、もしもあなたがハンドメイド入園グッズを販売するのであれば、品質にこだわり高額で出品するよりも、ある程度の品質でお手頃価格で出品した方が売れます。

 
でも粗悪品を売るのは絶対ダメ。

随時、評価がついていきますので、悪い評価がついた時点でハンドメイドグッズはまず売れなくなります。

 

ハンドメイド入園グッズ、実際にどんなものを作ってどう売った?

 
私が実際に作って販売したのは次のアイテム。

 

  • レッスンバッグ
  • 上履き入れ
  • コップ入れ
  • 縄跳び入れ
  • 巾着小
  • 体操服入れ
  • お弁当巾着
  • ランチョンマット
  • ミニティッシュケース

 
以上の9点。

最初はこれをセットにして販売しました。

 
多く出品されているのは3点セットなどの少数セット。

でもそれでは絶対に買い足しが必要だし、買い足すためにいちいち考えるのもめんどくさい人もいるのでは?と思ったからです。

 
あとは9点セットにしたら、トップ画像にインパクトが出るのではないかって思ったんです。

買ってもらうためにはまず、探している人の目にとまらないといけませんからね。

 

ハンクラ新参者の立場を活かし「作品」ではなく「実用品」を作るよう心がけました

 
私がメルカリやラクマでハンドメイドグッズを売ろうと思ったのは、『自分の器用さを活かしてお金が稼げたら…』と思ったのもあるんですけど、もう1つ。

「いける!」って思ったから。

 
ハンドメイドの世界にどっぷりな方の入園グッズは、本当に失礼で申し訳ないのですが…

 


お母さんのニーズと掛け離れちゃってる!!!

 

作品化しちゃってるものがとても多い印象。

 

実際に私が息子を入園させる時に『これなら欲しいな』と思ったものはありませんでした。

 
レースこてこて、リボンこてこて、更に花柄そしてチェックを合わせる。

こういうデザインが好きな人はもちろん一定数いますが、実際幼稚園では滅多に見掛けません。

 
入園させてみると、袋物はかなり頻繁に洗う事になります。

装飾は洗うと取れたり劣化する可能性が高く、実用性があるとは言えません。

ですのでレースやリボンの装飾で差別化を図るのではなく、子どもが一目見て『自分のものだ』とわかるカラーや柄にしてあげる方がいいんです。

 
装飾なしとともに気を付けたのが持ち手も共布で作るという点。

通常、入園グッズで多く使われている持ち手はアクリルテープですが、個人的に安っぽく見えて好きじゃないので使いませんでした。

 

ハンドメイド入園グッズの値段設定

 
肝心な値段設定ですが、おざっぱな性格なので入念なリサーチ…はせず、レッスンバッグ・上履き入れ・巾着の3点セットで3990円当たりの価格をよく見かけたので、9点セットで7000円で出品する事に。

ばら売りの希望が来ることを想定して、個々の値段も設定しておきました。

 
ばら売りの値段設定はセット販売より割高に設定します。

 

いざハンドメイド幼稚園グッズを製作!材料費はいくらぐらい?作る手間はどうだった?

 
次に、材料の入手から製作の段階についてお話しします。

何しろこの時期は、1つでも多くの入園グッズを完成させようと必死だった記憶があります…

 

生地や材料の入手はどうした?実際の材料費はいくらぐらい?

 
問題は材料の入手。

偶然、近所の手芸店が閉店するという事でセールを行っていて、生地などをかなり安く入手することが出来たんですけど、結局楽天市場Yahoo!ショッピングで探した方が、実店舗で買うより安いです。
 

検索をして安い順に見て、いいなと思う生地を片っ端から購入しました。

 
表地となる布は全てコットン100%のオックス生地を使用しました。

下のボタンから各モールの検索結果ページを見られます。

 

\ここから検索結果へジャンプ/

 

オックス生地のプリントが探せます

 
他にも材料としてこのようなものを買いました。

  • ミシン糸
  • 接着芯
  • しつけ糸
  • チャコペン
  • チャコペーパー
  • 巾着紐

などなど…

ざっくりと20,000円ほど材料費が掛かっています。

 

完璧主義が仇となり1セット完成させるまでに約4日!割に合わない事を実感…

 
もともと完璧主義の傾向がある私は、最初に作ったものと後から作ったものとでクオリティーが違って自分で嫌になって作り直したり…

ミシン目が綺麗じゃないと縫い直したり、自ら手間を増やしなんとか10セットほど完成させました。

 

1セット作り上げるのに最低4日かかる事に途中で気付いて、『あぁもう絶対これ割に合わないな』って悟りました…

 

裏地付きレッスンバッグや上履き入れよりも時間がかかるのが巾着。

先程も少しお話しましたが、布端を全て隠す方法で作ったため工程が多く時間が掛かりました。

その分、ガシガシ洗ってもほつれる事はありません。

 
また、初めてお母さんから離れた子供が巾着から物を出し入れしやすいように、巾着の両サイドの開き止まりと言われる部分を深くして、口が大きく開くようにしました。

それも2工程ぐらい増える。

 
逆にレッスンバッグや上履き入れは大きな分、細かな工程が少なく、面倒なのは共布でハンドルを作る所とハンドルを取り付けるところぐらいでした。

 
レッスンバッグと上履き入れのセットなら1日あれば作れそうでした。

 

ハンドメイドグッズをメルカリやラクマに出品した後はこんな感じ!

 
次は、実際にハンドメイドグッズをメルカリやラクマで出品してからのお話です。

 

「いいね」は付くけどなかなか売れない!そんな時は迅速に価格見直しを

 
9点で7,000円。

クオリティはかなり高いです。

手前みそですが「自分が持っても可愛い」を基準に柄と色を合わせ、パッと目を引く色使いにしましたので、そんじょそこらの入園グッズより可愛い自信がありました。

 


でも売れない。

 

「いいね」ばかりがどんどん増えて行きます。

でも、メルカリやラクマでいいねが増えていき売れないのはつまり「高い」というサインです。

 

 

そこで価格を見直し、6,000円台に変更。

 

すると!変更した途端に北欧風の柄が売れたんです!

 

北欧系の柄は、入園グッズとして出品されているものがまだまだ少なく、次々と売れました。

でも他の柄は反応がいまいち…

生地によって値段を変え、「いいね」も少ない柄に関しては5,000円台で出品をしました。

さすがに9点セットで5,990円だと、次々に売れて行きました。

 
この時点で人気の柄を追加で製作したりもしました。

 

ハンドメイド入園グッズのオーダー希望には綿密な打合せと希望価格のすり合わせをし、柔軟に対応

 
いくつか売れてきて、入園の時期が近付くにつれ、嬉しい事にオーダーは出来ないか?という声掛けをいただくように!

メルカリやラクマで最もトラブルを嫌う私は、正直受けるかどうか悩みましたが…

初めてオーダーしたいと声掛けして下さった方が、とっても感じの良い方だったためお受けすることに。

 
ちなみにオーダーを何件かお受けしましたが、どの方も寛大でした。

価格も私が想定しているより高めに予算を組んでいる方が多く、一週間の製作期間に対しても「もっとゆっくりでいいですよ」と声を掛けて下さる方が多かったのを覚えています!

 

購入する方が不安にならないように、また途中で心変わりしないように、経過を逐一報告させていただき、全て無事お届けする事ができました。

 

追加購入するリピーターさんもいます。ばら売りの価格設定は明確にしておくべし!

 
ばら売り用の価格を設定しておきましょうというお話は先ほどもしましたが、不公平感をなくすためにばら売り価格はかなり大切。

というのも、1セット購入した後で追加購入をする人も多く、思い付きで販売していると『あの人には安く売ってましたよね』とトラブルの原因になるからです。

 
アイテムの性質上、値下げ交渉をしてくる方は殆どいませんでしたが、ハンドメイドだからと足元を見てくる人もいますので、しっかりと価格設定をしておきましょう。

 

ハンドメイド入園グッズ2月3月でも売れる?

 
今回、私が製作を開始したのはなんと1月下旬。
 

途中、息子がインフルエンザになってしまい、出品が出来たのが2月でした。

 

正直、もう遅いよな…売れないよな…って思ったのですが…

何と!実際に売れたのは3月!

 


つまり年明けの今からでも全然遅くない!

 

これからで間に合うかどうか気になっているあなた!
ぜひすぐにでも製作に取り掛かりましょう。

ピークは3月ですが4月上旬まで売れます!

 

ハンドメイド入園グッズ、利益を大発表!割に合う?結果と感想

 
それでは奥さま大好きお金の話!

私が2月から4月にハンドメイド入園グッズで得た利益は…

 

約42,000円!

 

どうでしょう!

労力はさておき40,000万円って大きいですよ!

でも製作していた時は家の中を走り回っているような状況でしたので、あれで40,000円かー!うーん…っていう気もしなくもないですが…

 

誰かの役に立てるという点で満足度がかなり高いです!!

 

私たち主婦は、日ごろ何をしてもそうそう感謝ってされないですし…

社会との繋がりや人とのかかわりが薄く、何だか孤独に感じてしまう事ってありますよね。

 
入園グッズは喜びのその門出のお手伝いが出来ます。
そしてとっても感謝されます。

その点で金額には代えられない価値がありました!

 

ハンドメイド入園グッズ売れたものと売れなかったもの考察

 
今回は数種類の生地で作りましたが、やはり「売れるな」とか「これ可愛いな」と思ったものは売れました。

逆に「安いから買っとくか」ってな感じて買った生地は売れ残りました。

 

売れているものには共通点があるので、売れる生地なのか売れない生地なのか、生地の読みがかなり大切。

 

また、私のようなハンドメイド素人(但し器用)がハンドメイドで食べている人に敵うとしたら、ハンドメイドの世界観に浸り過ぎていないって所だと感じました。

 
確かにものすごい装飾とかついているものも売っていて可愛いんだけど…

これじゃない感ありますよね。

あなたが感じた『これじゃない感』そこを上手く改善して製作すると良いです。

 
私は普段レディースの洋服を主に出品していますが、そもそもそのジャンルにそったお母さんたちが購入している事にも気付きました。

お母さんたちはハンクラ職人さんの「作品」はいらないんですよね。
純粋に可愛いのが欲しい。
普段、送り迎えの時に自分が持っても可愛いものがいいです。

 
となるとやはり、私が見て可愛いものでないとダメなんですよね。

そして、対面販売ではありませんので、冒頭でお話ししたとおり、どんなにクオリティを高めても、それをスマホ越しに閲覧している人に伝えるのは非常に難しいです。

ジグザグミシンでがーーーーっと縫って早く作れるものを数百円で出品した方が多分売れます。

 

手作り入園グッズを購入した方の評価

 
全員の方から良い評価をいただきました!

 

しかも皆さんから「本当に可愛くて早く幼稚園に行かせたい」「家族みんなで感動しました」などの思いもよらぬ嬉しいメッセージ付きの評価をいただきました!

 

今まで人のためになるような事は一切してこなかった私ですが、多分人生で初めてでしょうね…人の役に立つ事をしたような気になりました。

評価をいただく前はかなり不安でしたが、売ってみて良かったなと思いました。

 

ハンドメイド入園グッズはメルカリラクマで売れる?【売り上げも公開】体験談のまとめ

 
それではまとめです。

 

  • ある一定以上のクオリティは購入者は求めていません。
  • 品質が良く高価なものより、ほどほどの品質でお手頃価格な方が売れます。
  • 価格設定は実際にメモに書き出して単品用価格も用意しておきましょう。
  • お母さんが求めているのは「作品」ではなく「実用品」です。
  • 少し出品し「いいね」が付くけど売れない場合は価格を見直しましょう。
  • オーダーメードはサイズや価格、納期の綿密な打ち合わせをし、逐一連絡を取り合いましょう。
  • 売れるピークは3月でも4月まで売れ続けます。
  • 子ども子どもしたデザインよりお母さんが好む北欧柄などが人気です。

 
以上です。

ぜひあなたもチャレンジしてみて下さいね。

成功を祈っています!

 

\ここから検索結果へジャンプ/

 

オックス生地のプリントが探せます

 

Copyrighted Image