今年最後の ビッグセールはここから

【国道沿いVS線路沿い】どっちがいい?11回の引っ越し実体験を元に比較!

今回は国道や県道など交通量の多い幹線道路沿いと線路沿いを比較します!

 
私は分譲マンションに住んでいます。

当時はまだお腹に息子がいて、生まれる前に住環境を整えたかったので、探し出してから4ヶ月ほどで引き渡しまで済ませました。

 
数ヶ月でマンションを購入できたのは、不動産会社に10年務めた経験と、無駄に多い引っ越し経験があったからこそなんです。

私のような、思い付きで暮らしていた根無し草ならともかく、普通は人生の中でそう何回も引っ越しなんて経験しませんし…

住宅購入するのに生きた情報・本当の情報を収集するのは難しい事ですよね。

 

そこで!

 
不動産会社に10年勤務していた経験と!

20歳から40歳まで通算11回もの引っ越しを経験した中で感じたことや【実体験】を元にまとめていきたいと思います。

 

賃貸VS分譲についてはこちらの記事にまとめました
【賃貸vs分譲】子育てするならどっち?11回の引っ越し実体験を元に比較!

 

\2分で一括資料請求/

無料で利用できます。

 

国道沿い・県道沿い、住んでみてわかった実際のメリット

 
それではまず、国道沿いのメリットから。

  • 車生活には便利。
  • コンビニ・ホームセンター・大きなスーパー・ファミレスが充実している。
  • バスで思わぬ場所まで行ける事が多い。
  • 夜景が綺麗だったりする。

 

幹線道路沿いは車生活に便利!買い物も大型店舗が近く外食産業も豊富

 
私が国道沿いのマンションに住んでいたのはまだうら若き乙女だった頃ですので、国道沿いにあるファミレスなどには大変お世話になりました。

ちなみに住んでいたのは国道1号沿いや246沿い、世田谷通り沿いです。

スーパーも近くにあり、大抵が大型店舗ですね。
外食と買い物で困る事はないでしょう。

 
移動の際にもすぐに広い道路に出られるのは便利です。

大きな道路まで入り組んだ住宅地の狭い道を、自転車や歩行者にピリピリしながら走行する事がなくなるのである意味、快適。

 

幹線道路沿いに住むなら路線バスをチェック!思わぬ場所まで行動範囲が広がることも

 
そして大きな道路沿いに住むなら、路線バスをチェックしてみましょう。

電車だと乗り換えが2回必要で面倒な場所に、バス1本で行けちゃうことも。

また私の場合、バスが運よく会社近くを走っていたというラッキーパンチまで経験しましたので、侮れませんよ!

 

幹線道路沿いの高層マンションは夜景が綺麗

 
タワーマンションまで行かなくても、道路を見下ろすことが出来る高さに住むなら、夜景が綺麗な事が多いですよ。

つまりこういう感じ。

 
これを横から眺める事になるので、けっこう幻想的なんです。

 

国道沿い・県道沿い、住んでみてわかった実際のデメリット

 
それでは幹線道路沿いに住むデメリットはどうでしょう。

  • 騒音は車の音だけでなく、珍走団・救急車やパトカー、更に事故そのものの音も。
  • 排気ガスが気になる。
  • 混雑する道路の場合、渋滞が気になる。

 

国道沿い・県道沿いなど幹線道路沿いの騒音は…

 
正直、騒音は諦めるしかありません。

今は窓もだいぶ良くなっているので、2重サッシなど騒音対策がしっかりしている物件は、窓を閉めればそれほど気にならないと思います。

でも、100%無音にする事は難しいです。

 
そして大きな道路沿いの騒音の何が問題かというと、規則性がないためいつまでも慣れないという点。

 
例えば騒音は車が走行する音だけでなく、こんな感じの事があります。

  • トラック通過によるドスンドスンという音と地響きや振動。
  • 緊急車両のサイレンの音。
  • 暴走族や珍走団の音。

 
そして私が実際に経験した中できつかったのが、事故。

事故が起きやすい道路の前のマンションに住むと、割と頻繁に遭遇することになります。

 

国道沿い・県道沿いなど幹線道路沿いの排気ガス、洗濯物は干せる?

 
昔よりは排気ガス問題も良くなってきていますが、どうしても気になりますよね。

これはもう場所と住む人によるとしか言いようがありません。

平気で干せる人もいるし、やっぱり干したくないという人もいますし、タワーマンションならそもそも外に干せませんしね。

 
私は幹線道路沿いに住んでいた時は外に洗濯物は干しませんでした。

排気ガスが気になるっていうより、10階だったのでそれなりに風が強く、飛んで行ってしまいそうだったからなんですけどね。

 

渋滞する道路だとキツイ

 
常に家の前で渋滞が起きていたらちょっとキツイですね。

家出てすぐ渋滞に巻き込まれることになりますし、そもそも渋滞しているとイライラしているドライバーもいますしね。

 
なるべく合流地点や交差点から離れた場所の物件を選ぶと良いですね。

 

国道・県道沿い総評

 
便利さを重視したい人・車での移動が主な移動手段の人には良いでしょう。

静かな環境やのんびりとした住環境が好きな人・子育て世帯にはあまり向いていない環境かと。

また、賃貸で一時的に住むなら別ですが、分譲住宅を購入するとなると、歳を取ってから国道沿いって落ち着かなそう。

 

線路沿い、住んでみてどうだった?実際のメリット

 
お次は線路沿いです。まずはメリットから。

  • 線路にはほぼ永久に建物が立たない。
  • 日当たりが良く視界が開けている事が多い。
  • 子育て世帯は線路沿いや高架下の公園が便利。

 

線路にはほぼ永久的に新しい建物が立たないので、ずっと視界が開けて日当たりがいい!

 
という事はつまり、「遮るものがなく視界が開けているからこの分譲住宅を買ったのに、数年たったら目の前にデカい建物が建てられて圧迫感が!!!」という事が、ほぼ起こらないということ。

後から目の前に大きな建物が建っちゃた!って、現実的に起こり得ることなんですよね。

ですので、絶対そうなりたくない方は線路沿いおすすめです。

 

線路沿いは子育て中に何かと便利なんです

 
私が今住んでいる地域の高架下や線路沿いにはちょっとした公園があります。

これ子育て中、便利ですよね。

公園って家の近所にないと、わざわざ出かけて行かないといけないじゃないですか…

子どもって、公園行きたがりますし、遠いとお母さんの負担になっちゃう。

 
子育てで言えば、そもそも線路沿いに住む人は騒音耐性が高い人が多いですし、電車の音で子どもの声や子どもの出す騒音もかき消してくれるというメリットも。

 

線路沿い、住んでみてどうだった?実際のデメリット

 
ではデメリットをお話ししましょう。

  • 電車の音がうるさい。
  • 踏切が近くにあると更にうるさい。
  • 事故が無きにしも非ず。

 

電車の音だけでなく、踏切が近いと更にうるさい

 
電車の音はまだいいんですよ。
問題は踏切。

以前、住んでいた線路沿いのマンションは、線路と道路が交差する場所にあるマンション。

更に踏切に1番近い角部屋に住んでいましたので、それはもううるさかったです。

 
ただ若い頃に住んでいたので日中は不在でしたし、夜も遅く帰宅するため1日のうちほんの数時間うるさく感じる程度でしたけどね。

電話中に電車が通ると遮られます。

 

線路沿い、事故がないとも言い切れない

 
福知山線の脱線事故が起こた時のような事は滅多に起きない事ですし、そうそう起きてはならない事ですけど…

100%起こらないとも言えないのが現実。

 

線路沿い総評

 
日当たりも良く、線路沿いにリビングが面している場合は視界が開けて開放的な点は非常にいいですね。

マンションの低層階や戸建てだとそこまでメリットを感じませんが、中層階から上層階は良いと思います。

 
そもそも線路沿いの物件は騒音対策もしっかりしていますしね。

 

幹線道路沿いVS線路沿い、どっちが暮らしやすい?結果は…

 
私の実体験から、独断と偏見で決めさせていただきます!

 

どちらか選ぶとしたら・・・・

 

・・・・・・・・

 


線路沿い!

 

実は、車の不規則な騒音より、電車の規則的な騒音の方が慣れやすいんです。

耳や身体が覚えてくれますので、そこまでストレスに感じません。

 
更に、幹線道路沿いは最悪の場合24時間騒音が続く事もありますし、いつうるさくなるか予想もつきません…

その点、線路沿いは、夜中に整備車両などが走る事もありますが基本的に周辺住民への配慮がありますし、終電以降はうるさくありません。

 
という訳で、幹線道路沿いVS線路沿いは線路沿いの勝ち!

 

この記事が、あなたの住まい探しのヒントになりますように願っています。

 

賃貸VS分譲についてはこちらの記事にまとめました
【賃貸vs分譲】子育てするならどっち?11回の引っ越し実体験を元に比較!

 

\2分で一括資料請求/

無料で利用できます。

Copyrighted Image