子連れ旅とレジャーは【ははらく旅】

【体験談】夜用おむつ・おねしょケット・おねしょシーツ・安心パッド、1番使えるのはこれ!

子どものおねしょにストレスを感じていませんか?

 
お母さんやお父さんがストレスに感じていると、子どもはプレッシャーに感じてしまい、ますますおねしょをしてしまうという悪循環…

冬はおねしょをすると本人だけでなく、後始末をするお母さんも就寝中に寒い思いをしますし、夏は夏で日中、しっかりと水分補給をさせるためにおねしょの心配が多くなる季節。

 
我が家も息子がおむつを卒業した直後、おねしょに悩まされました。

おねしょをしても朝まで眠ってしまう子ならまだしも、息子はおねしょに気付いて何時でも目を覚ますタイプ。

途中で睡眠を妨げられて、地味なストレスになったのを覚えています。

 
おねしょガードおねしょシーツ夜用おむつ安心パッド

様々なアイテムを使用しては失敗し、ようやく、親も子もストレスが少なく済むアイテムにたどり着いたのです。

 
この記事をお読みのあなたが、最短で快適なおねしょ対策にたどり着けるように記事にしました。

お子さんもお母さんも、お互いが気持ちよく過ごせますように!

 

【結論】1番楽だったアイテムは「おねしょズボン」!

 

 
これです。

ズボンタイプのこれ。
これがめっちゃ使えます。

これ実際に我が家で購入したのと同じ商品です。
漏れたことありません。

 
おねしょズボンが1番使いやすいと感じた理由はこちら。

 

  • おねしょシーツのようにずれない。
  • 寝相が悪くても大丈夫。
  • 夜用おむつや安心パットより、子どもの自信に繋がる。
  • カエル脚で眠る子の姿勢を妨げない。

 
以上です。

 
昼間はトイレができるけど、おねしょが心配…という時に、パジャマの上からスポッと履かせておねしょの漏れをカバーします。

おねしょシーツやプロテクター、防水シーツでは、寝ている間にあちこち動き回るお子さんには不向き。

息子は寝付くまでにかなり動き回るタイプなので、大きなおねしょシーツでないと意味がない上、大きなおねしょシーツを敷いていると夏場は通気性の問題で寝心地が悪いんですよね…

 
そこで何か良い物がないかと探して辿り着いたのが、おねしょズボンというわけ!

 

 

夜用おむつ・安心パッド・おねしょシーツは使い勝手が悪い!おねしょズボンが優れている理由

 

 

それでは、夜用おむつ・安心パッド・おねしょシーツ・おねしょケットなどはなぜ使い勝手が悪いのか、実際に使用してみて感じた点をご説明します。

 

おねしょケット

 

 

これは実際に我が家でも購入したおねしょケットです。

スカートのようになっていて、真ん中にスナップボタンがついています。

スナップボタンを留めればずり上がりや捲れをを防いでくれます。

 

カエル脚で寝る子には不向き!!

 

脚を開いて寝ると、上にずり上がってしまうんです。

小さなうちはまだいいんですけど、3歳や4歳ぐらいになると脚の力の方がスナップボタンより強くなって弾いてしまい、寝ている間にウエスト辺りにずり上がり、意味のない状態に…

 
ですので、おねしょケットは「脚を開いて寝ないお子さん向け」と言えます。

 

 

 

夜用おむつやおやすみマンは、日中おむつが取れた子どものプライドが傷付く…

 

引用元:Amazon

 

昼間のおむつが外れていないうちは大人しく履いてくれるのですが、日中のオムツが外れると夜だけ履かせようと思ってもなかなか難しいです。

 
うちはトイレトレーニングが3歳で遅めだったので、自分の意思もあるしお口もしっかりしている状態。

 

おむつなんて恥ずかしい!

 

こんな事を言い出して、なかなか履いてくれなくなる事も…

 
「おむつを嫌がる子には、パジャマの上からおむつを履かせるといい」とかいう育児情報ありますけど、これ全然ダメ。

やってみましたけどメリットゼロ。
まずパジャマのズボンに染みて結局ベッド濡れます。

さらに、おむつの中でパジャマとパンツがごわついて、めっちゃ寝心地悪そう。

 

おやすみパンツ・おねしょパンツ

 
おねしょパンツはパンツ型なので履いてくれやすいというメリットがありますが、実際に使用してみたら、「履いてくれる」という以外、なんのメリットもありませんでした。

 
ある程度大きくなってくると、おむつでも漏れるほどの量になりますよね。

おむつで漏れるのに、この小さな面積で食い止めようという事にそもそも無理があります…

 
結局はおねしょシーツ等との併用になり、洗濯物が増えて面倒!

 

おもらしパット・トレーニングパット・安心パット

 

引用元:Amazon

 

これはですね、めっちゃ面倒です。

子供ってぴったりしたパンツ履かないですよね?

ゆとりがあるサイズ感で履かせてこのパットを付けると…

 

漏れます。高い確率で。

 

起きている時は、万が一間に合わなかった時のためにパッドを付けるというのは非常に有効。

でも寝ている間、特に男子はほら…

ポジションの問題があるから…

 
そして1回使ったら、漏らしていなくても再利用できない点もちょっと問題。

ごみも増えるしコスパが悪いです。

 

おねしょシーツ・おねしょマット・マットレスプロテクター

 

引用元:Amazon

 

上の画像のものはコットン100%のおねしょシーツなんですが、寝心地は良いのでしょうけど布団やマットレスに染み込む前に気付いて処理しなくてはならないという諸刃の剣。

 
防水シーツは滲みないというメリットはありますが、水を通さないという事は蒸れるという事。

夏場はちょっとキツイんですよね。

 
仮に蒸れるのが気にならないという場合でも、動き回るうちにずれていくか、どんどん1方に寄って行ってしまう。

そして気付いたら防水シーツのない場所で寝てる。

 
寝る前に儀式のごとくゴロゴロ転がる息子には不向きでした。

 

【おねしょズボンの選び方】肌に触れる面がコットン素材のものを選ぼう

 
おねしょケットやおねしょズボンには、コットン100%のものや防水生地を使用したものなど、色んな種類があります。

  • コットンは吸水性はあるが滲みる、洗濯の際乾きが遅い
  • 防水生地が肌に触れるタイプは吸水しないため汗疹に注意
  • 防水タイプは吸水しないので漏れに注意
 

防水生地は水分を吸いません。
そのためケットやズボンの隙間から流れ出てきます。

コットンは吸ってくれるのですが、タオルの様に厚みを持たせた生地が多いため、おねしょをしてしまった後洗濯をして乾くまでに時間がかかります。

 

おすすめは【防水素材を綿でサンドイッチした】おねしょケット

 
肌に触れる面がコットンだと、おねしょをしてしまっても吸ってくれ、その上に重ねてある防水素材が滲み出すのを防いでくれます。

おねしょをしなかった日も汗を吸ってくれるため比較的快適です。

そもそも防水素材が肌に触れるとペタペタしたりシャカシャカしたりして子供が嫌がるケースもありますので、お肌のためにも綿が使われたものがお勧めです。

 

我が家が実際に使用していたおねしょズボンが、冒頭でもご紹介したこちら。

 

 

お肌に触れる面がパイルです。

お腹の締め付けもきつくなくて腹巻付きなのでお腹も隠せますよ。

冬は冬で、布団をはいでしまう子のお腹を冷えから守ってくれますし、夏場はエアコンを使いますのでやっぱり冷え対策が必要。

1年中使用できます。

 
1枚だと不便なので、洗い替えに2枚用意しておくと便利です。

厚みのあるアイテムなので、どうしても乾くまでに薄手のトレーナーと同程度、時間が掛かります。

おすすめはこちら。

 

 

こちらもパイルとパイルの間に防水生地を挟んだタイプです。

 
おねしょズボンの良い点は、子どもの自尊心をくすぐる点です。

子どもながらに「おむつは卒業したのだ」という自信を、夜用のおむつで台無しにしてしまう事も、ベッドや布団を濡らしてしまう罪悪感を与えることもなく、親も最小限の手間でおねしょ対策ができるアイテムです。

 

【体験談】夜用おむつ・おねしょケット・おねしょシーツ・安心パッド、1番使えるのはこれ!さいごに

 
おねしょは「して当たり前」ぐらいの気持ちでいる方が楽です。

子どもに変なプレッシャーを与えてしまうと余計に遠回りになる事もありますしね。

 
自分がおねしょをした時の事を思い出してみると、自分自身が一番、ショックだった記憶があります。

そんな時にお母さんが普通の顔でササっと後始末してくれたら、子どもも安心するのではないかなと思うんですよね。

 
寝る前に必ずトイレに行かせる事と、おねしょをしても大丈夫なようにしておく事。
これで余計な手間を省くことが出来ますよ。

 
親子揃ってぐっすり安眠し、素敵な朝を迎えられることを願っています!

 

 

Copyrighted Image