全カテゴリマップ

咳の音がいつもと違う!【子どもの熱なしクループ症候群体験談】病院に行くタイミングは?

あれ?咳がいつもと違うな…

そんな違和感からスタートした息子のクループ騒動。

 

子供の様子が何となく変。

 

この親のカン、結構当たります。

でも『こんな事で救急病院に行くなんて大げさかな…』そう思ってしまいがちですよね。

今回はクループ症候群の体験談をまとめます。

 

注意
この記事は、一人でも多くのお母さんに「クループ症候群や仮性クループ」について知って欲しいという思いで、実際の体験談を書いた記事です。

そのため、本来は意味が違ったり判断基準が違う、という事もあると思いますので、あくまでもご参考までにお読み下さい。

正しい判断は医師に委ね、救急外来を受診するかどうか判断に迷ったり心配な時は#8000にすぐ相談してください。

 

参考になったクループ症候群の動画

 
息子の咳がいつもと違うと感じた時、私はまず動画で咳の音を確認しました。

参考にした動画(映像なし)はこちらです。

お子さんが泣いていてちょっと聞くのも辛いんですけど、合間合間にオットセイのような鳴き声みたいなものが聞こえるのわかりますか?

あれがクループ症候群の特徴です。

ここまで酷くなくてもケンケンケンというような咳で、実際に自分の子どもに起こってみると、明らかにいつもと違う事がわかります。

 
梨花さんの息子さんが生後8ヶ月の頃に救急搬送された事で広く知られるようになったクループ。

私はちょうどこの頃お腹の中に息子がいたので、梨花さんのブログを読んでいたのが幸いしました。

梨花さんの息子さんは呼吸困難になり救急搬送されましたよね。

短い時間で呼吸困難になるまで悪化する怖い病気、これが私のクループへのイメージ。

この時にクループについて自分なりに調べ、ケンケンケンと犬が吠えるような咳、オットセイの鳴き声のような咳が特徴だという予備知識を持っていました。

 

クループかも知れない、そう思うまでの息子の経過

 
日中、元気だった息子が急激に体調に変化をきたした時の流れはこのような感じでした。

 

18時頃
いつも寝ない時間にソファーで寝てしまう
日中元気だった息子が、夕飯後ソファで寝てしまいました。
19時頃
途中起きるが、目覚めの良い息子には珍しく寝ぼけて再びその場で寝てしまう
寝室に連れて行こうとしましたが珍しく抵抗されたため、もう少し様子を見る事に。
20時頃
やっと目を覚ましたらおかしな咳をする。声がガラガラ
珍しく寝ぼける。あまりにも酷いガラガラ声と聞いたことのない咳に少し驚きました。
20時15分頃
寝室で苦しがり横になるのを嫌がる
パジャマに着替えさせて寝室へ。横にならせると「息が苦しい」と言います。
20時半頃
咳がおかしい!YouTubeで音を確認して#8000に相談
息子のガラガラ声は酷くなる一方。咳は普段と違い細かく連続するような咳。自信がない私はYouTubeで確認をして確信した後#8000に電話。

 
 

突然ガラガラ声とオットセイのような咳を出した息子

 
夫が海外出張から帰国した翌日は家族三人で過ごす久し振りの休日でした。

雨でしたので自宅で過ごし、庭の草むしりをしたり、そうめんスライダーでそうめん流しをしたり、日中は元気に過ごしていました。

夕飯後、ソファーに座る夫にもたれ掛かっていた息子がウトウトし、寝てしまいました。
1時間後に起きましたが、酷く眠がり、寝室へ行きたがらなかったので、そのままソファーで寝かせることに。

そこからまた少し寝て目を覚ました息子は、いつもより寝ぼけている様子でした。

寝起きが良い息子には珍しい事でしたが、そうめんスライダーでよっぽどはしゃぎ疲れたのかな、と思い微笑ましく思っていましたが、次の瞬間、
 
 
「ケンケンケンケン」
 
 
と、聞き慣れない咳を出したのです。

ケンケンケンというより、オットセイの鳴き声のような咳。
いつもの咳と違って細かく連続するような感じでした。

そして息子の声は、昼間の元気さが信じられないほどガラガラに掠れていました。

庭で草むしりをしている時に蚊取り線香を焚いていたので、その煙にやられたのかな…その時はまだそんな風に思っていたんです。

とりあえずマスクをさせ寝室に連れて行くと、ヨコになるのを嫌がります。

息が苦しい、と言うのです。

 

クループかも・・・?でもまさか、という気持ちもあった

 
心配性の私は、息子の様子が少しでもおかしい時すぐに熱を測ります。
この時の熱は37.1℃。

クループの場合、突然38度以上の熱が出ると言われています。

この時の私は、頭の中に『クループかも知れない』という考えと、『いやでも熱もないし、自分は心配症だから気にしすぎなのではないか』という気持ちがありました。

 

クループの特徴をYouTubeで聞く

 
息子の咳はどう考えでもいつもの咳と違う…

かかりつけの小児科の先生から、急を要さない咳と急を要す咳の見分け方として、胸が膨らんでいるか凹んでいるかを見るように教えてもらった事があります。

息子が咳をすると必ず胸を確認するのですが、今回は確認する間もなく「ケンケンケンケン」とテンポの速い咳をするのです。

 
私はどうしても心配で、YouTubeでクループの咳を聞いてみることにしました。
 

 

聞いた時の感想はサーーッと血の気が引く感覚。
全く同じとは言えませんが、かなり似ていたのです。

 

やっぱりクループかも知れない、そう思った私の頭に思い浮かんだのは『確か呼吸困難になるケースがあるはず』。

でも自分の判断に自信が持てない、そう思った私は#8000に相談することにしました。

 

小児救急相談は「翌日を待たずに小児救急を受診」

 
小児救急相談の#8000に電話をして相談をした結果は次のとおり。

  • 急激に悪化する可能性もある。
  • ガラガラ声もクループの特徴。
  • すぐに小児救急病院へ問い合わせの上行くように言われる。
  • 区市町村の小児救急病院がダメだった場合#7119で探してもらうようにとのこと。

 

心配な時はまず小児救急相談#8000

 
私は小児救急相談を何度か利用したことがあります。

いつも優しくて、私たち保護者が落ち着くように話してくれますし、必要事項を聞いてアドバイスしてくれます。
 

今回伝えた事は、

  • いつも寝ない時間に急に寝てしまったこと。
  • 起きたらオットセイのような咳、ガラガラ声。
  • 本人が苦しがる。
  • いつもと咳の音が違う。
  • ネット上で聞けるクループの咳と似ている。
  • 熱は37.1度。
 

この6点です。

クループは夜に突如発症する事が多く、急激に悪化して呼吸困難になるケースもあるため、すぐに小児救急を受診するようにとの事でした。

ガラガラ声かすれ声もクループの特徴で当てはまっているそうです。

 
私の住む区市町村の夜間小児救急受け入れがある病院を教えてくれ、まずそこに連絡をし、受け入れてもらえない場合は#7119(東京消防庁救急相談センター)で当日小児夜間救急の受け入れ可能な病院を紹介してもらうように、と指示されました。

 

住んでいる区市町村の小児救急受け入れ可能な病院に連絡

 
同じ区市町村の夜間小児救急受け入れがある病院は、我が家から7キロ弱ぐらいの場所にあり、普段は利用していません。

急いで連絡をし、#8000子供の健康相談室(小児救急相談)で受診を勧められた事とクループのような症状が出ている事を伝えました。

 
小児科の先生に、すぐに来院した方が良いかどうか確認を取ると言われ、数分電話が保留になりました。

 
我が家は<マイカーなし生活のため、保留中にタクシー会社をどこにするか決めたり、持ち物の準備をしていました。

 

すぐに来院するように言われ、タクシーを手配。

 
病院へ向かう時の持ち物は次のとおりです。

  1. 母子手帳
  2. 保険証
  3. 医療証
  4. お薬手帳
  5. バスタオル(寒がったりタクシーを汚しそうな時に使用するため)

 

病院へ向かう間に咳が止まり、かすれ声が治る息子

 
タクシーで20分程度の距離にある総合病院へ向かう間、息子の症状は徐々に良くなっていきました。

病院に到着した頃には咳はすっかり治まり、声がかすれる症状もほぼなくなっていまい、『あれ・・・・やっちゃったかな?』と内心思いました。

本当はすぐに治まる咳だったのに、心配性が故に大袈裟にとらえすぎたのかなと思ったのです。
 

受付をし、救急外来の待合に入ります。

救急外来の処置室の中から心電図モニターの音が聞こえてきて、もう何だか非常に場違いな気さえしてきました。

小児救急の診察室の中からは赤ちゃんが大泣きする声が聞こえ、その後管に繋がれた赤ちゃんがお母さんに抱かれて出てきたのです。

 
一方、息子は、待合室の絵本を読む元気すら持ち合わせていました。

息子は自力歩行もできますし、もうこの頃になるとなぜ小児救急外来に来たのかすらわからないぐらいに回復していたのです。
 
 
本当にここに来てしまって良かったのだろうか・・・
 
 
苦しそうな様子も、咳すらも殆どなく、ちょっと大袈裟でしたね、と言われてしまうのかもしれない、そんな事を考えていました。

 

小児救急病院での診察やクループについて実際に受けた医師の説明と処置

 
病院での診察は次の通りでした。

  • 看護師さんの問診
  • 体温、血圧、脈拍、サチュレーション計測
  • 医師の問診
  • 聴診器で診察
  • クループ診断
  • 薬を服用

 
あくまでも軽度のクループだった息子の場合です。

 

クループでも熱なしの事がある

 
この時点で息子の体温は37.7度。

ネット上でよく見かけた情報「クループは急激に熱が上がる」は当てはまりません。

 
サチュレーションというのは血液中に溶け込んでいる酸素量の事で、呼吸器に異常があり取り入れる酸素が少なくなるとサチュレーションが低下します。

息子は高いとも低いとも言われず、すぐに看護師さんは診察室に戻りました。

 
暫くして診察室から呼ばれ、状況を出来るだけ詳しく説明して欲しいと言われました。

私は、息子がソファーで寝てしまってから寝室での出来事や、咳の様子が自分が予備知識として知っていたクループと似ている事などを説明しました。

そしてもう1つ気になったこと。

タクシーの中で症状がどんどん快方に向かい、今ではすっかり治まっている事を伝えたのです。

 
先生は頷きながら息子の診察をしました。

 

医師の説明:クループは病院へ向かう間や診察を待っている間に快方に向かう

 
クループは診断が難しいそうです。

上体を起こして暫く過ごしていると快方に向かう事が多く、自宅で症状が出て病院へ向かうまでの間や病院の待合室で待っている間に座らせていると、咳がすっかり治まってしまい、クループ症候群だと診断が付かないケースがあるとのこと。

 
例えば、

乾いた咳
夜だけ咳
いつもと違う咳
横になるとひどい
寝ると咳が悪化
咳で眠れない
 

この辺のキーワードで簡単に思い浮かぶのはまさに私自身の持病である咳喘息。

お医者さんは症状などから大まかにあたりを付けて処置していきますが、クループの場合、問診が診断の手掛かりになるケースも多いそうです。

 

確かに、クループで何度も病院に担ぎ込まれたお子さんのケースをネットで見ると、最初からクループだと診断されるケースより、ただの風邪ではないかと診断され、その後悪化するケースを多く見かけますね。

 

診察を待っている間にすっかり良くなってしまう、これがまさにクループの特徴だと、先生が言っていました。

 

クループ症候群は容態が急変し真夜中に呼吸困難に陥る場合も

 
普通の風邪で喉が痛くなる場所よりもっと奥、声門の下あたりにウィルス感染し、炎症や浮腫みで気道が狭くなるのがクループで、クループというのは一般的には仮性クループのことを指し、別名「声門下喉頭炎」と言われています。
 

クループ症候群について

先生が紙に書いて説明してくれました。

 
仮性クループというのは【クループ症候群のうちの1つ】で、クループ症候群の中には他に【急性口頭蓋炎】というものがあります。

この急性口頭蓋炎は、普段は誤飲を防ぐために気管支をふさぐ役割の蓋のような物が腫れてしまうため、数時間で急速に悪化し窒息する可能性がある怖い病気。

 

急性口頭蓋炎は通常、HIBワクチンを接種していれば予防できるそうですよ。

 
仮性クループの場合は上体を起こしていれば軽減する事が多く、ステロイド内服薬で快方に向かい一過性の事が殆どとの事。

でも【急性口頭蓋炎】や仮性クループで急激に重症化する事もあるため、クループ症候群の特徴である「ケンケンケン」という咳をするようなら、早急に受診、これが正しい対処法だそうです。

 

仮性クループは経過や特徴的な症状から診断する

 
今回、血液検査もレントゲンも行いませんでした。

小児の場合、診断のための検査で泣き叫んで悪化させてしまうケースもあるようで、基本的には最低限の検査しかしないとのこと。

例えば先ほどの急性喉頭蓋炎や気道に異物が入っている可能性がある場合は検査が必要となるそうですが、診察を待っている間に快方に向かうような仮性クループの場合は、経過と症状で診断するそうです。

 

仮性クループにおけるステロイド剤の内服について

 
今回は吸入薬は使用せずステロイド内服薬のみの治療となりました。

吸入剤のボスミンを使用する事もあるそうですが、それぞれ作用する時間が違うため症状により使用を決めるとの事でした。
 
 
ボスミン → 早く効くが効く時間が短い
ステロイド → 効くまでに2時間~3時間かかるが効果が続く
 
 

  • シロップか粉か選択できました。
  • シロップはちょっと驚く量が出ます(風邪で処方されるシロップ薬の全量ぐらい)。
  • 甘い飲み物に粉を混ぜて飲ませる方が少なくて済むかも…との事でしたが、少し苦みがあるそうです。
  • 服用した夜は就寝中に6回もトイレに行きました。副作用に多尿があるようです。

 

ステロイド剤を大量に飲むという事で抵抗がある親御さんも多いそうですが、急性的な腫れを取り去るために必要な治療で1回だけの服用になります。

副作用よりも薬によるメリットの方が断然大きいです。

 

息子が仮性クループになり救急病院へ駆け込んで感じた事、気付いた点

 

今回はたまたまクループをしっていたためすぐに行動できました。

もしクループの存在を知らなかったら、恐らく一晩様子を見ていたと思いますし、運良く一晩過ごせたとしても翌日は日曜日でしたので日中に休日診療所へ行かなかったでしょう。

そうなるといつ、どのタイミングで重症化していたかもわかりませんし、それを考えると早い段階で手を打つことが出来たのはラッキーでした。
 

そして一番身に染みた事は、自宅にいた時の症状やどのように変化していったか、必要な情報は私達親が医師に伝えなくてはならないし、一つでも多く伝えた方が良いという事です。

 
先生の診断を受け身で待つだけでなく、先生がより正しい診断を下すための情報をこちらから提示する事、先生は必要な情報をその中から拾ってくれます。
 

以前、梨花さんの息子さんがクループで呼吸困難になった際、救急車を呼んだのにも関わらず受け入れ先の病院が決まらず、梨花さんご自身が以前息子さんがクループで掛かった事がある病院を伝え、そこで受け入れてもらえることになった、という話もありましたね。

 
親である私達は慌てておろおろしてしまいがちですが、深呼吸して冷静に対処しなくてはなりませんね。

この記事があなたの役に立ちますように祈っています。

 

ではまとめです。

  • オットセイの鳴き声のような咳、犬の鳴き声のような咳をしたら#8000へ電話。
  • 仮性クループは、息子の様に熱がないケースもある。
  • 夜間救急病院は必ず電話してから受診する。
  • 病院へ向かっている間に良くなっても病院へ行く。
  • 医師に正確に経過を伝える。

 

ちなみに、ケンケンケンが犬の鳴き声と例えられますが、私はオットセイの鳴き声の方が近いと思いました!

Copyrighted Image